• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2016年
    11月01日

    2016年度インターンシップ報告 Watermark Hotel ①

    国際英語学科では Huis Ten Bosch(ハウステンボス)内の Watermark Hotel Nagasaki 様とインターンシップ協定を結び研修を行っています。

    正式には「Internship」という学科選択科目で、履修者には単位が与えられます。今年から始まったこの科目に本学科から4名の学生が参加し、2016年9月5日(月)〜9月9日(金)まで5日間研修を受け貴重な経験を得ることができました。ここにそのリポートを紹介します。参加者名はイニシャルで記載しています。

    □インターンシップ履修を決めた理由は、また、研究を終えて感想を聞かせてください

    Y.S.:企業・業界研究をしている中でサービス業に興味を持つようになりました。お客様が「利用してよかった」と感じていただけるようなサービスとは何かを学ぶためにインターンシップへの参加を決めました。研修を終えてホテル業界についてはもちろん、サービス業を目指すにあたっての心得を知ることができました。

    A.K.:私はホテル業務について知識を深めたいと思い今回のインターンシップに参加しました。研修ではホテルの様々な部門の方のお話を聞くことができ、参加理由であったホテル業務についての知識を深めることが出来たと思います。

    A.M.:就職活動を来年に控え進路や将来就きたい職業のことをじっくり考えたときに、自分は人と直接かかわる接客の仕事がしたいと思い、間近でお客様に接することができ、おもてなしを体験できるホテル業界がどのようなものか自分の目で確かめたいと思ったことがきっかけです。また、通常のホテルとは違い、大型観光施設にあるホテルというのも1つの決め手でした。研修を終えて大変なこともありましたが、多くのことを学んだだけでなく研修先の従業員の方々の優しさやサポートに恵まれまた自分の視野が広まったという点でとてもいい経験になりました。

    A.N.:私はサービス業でのインターンシップへ参加したいと思っておりました。ハウステンボスという観光地の中にあるリゾートホテルだということを知ったため参加することを決めました。

    □研修を通してどんな力が付きましたか

    Y.S.:フロントでの実習を通して先のことを考えながら計画的に行動することができるようになったと思います。臨機応変に対応することが社会人になっていくうえで必要な能力の1つだと改めて実感しました。

    A.K.:私はフロント業務を見学させていただく中でお客様がシャトルバスをご利用になるかそうでないのかなど、お客様の次の行動を予測して動くことの大切さを学びました。お客様の行動を観察しより良いサービスを提供できるよう頑張りたいと思いました。

    A.M.:やはり「人のことを考えて働く力」や自分が求められているものだけでなくその範囲を超えた臨機応変に対応できる力・心からのもてなしを行う能力が実際にフロント業務を体験して身についたと思います。また、インターンシップ初日に自分のミスで履いていたヒールの靴が壊れて研修の途中で指導員の方に伝えると、すぐに私の足に合った靴を用意してくださった出来事がありました。指導員の方から社会人になると「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」が重要だと教えていただきました。

    A.N.:今回の研修では座学だけでなくフロントで実際に就業体験をさせていただくなどの数々の貴重な体験を通して、常に周りを見て多くのことに柔軟に対応する力やサービス精神を身につけることができました。

    報告の2回目は「研修経験を今後どう活かしていきたいか」「将来の夢」について語ってもらいます。

    なお、Watermark Hotel Nagasaki 様のホームページをご紹介します。

    http://watermarkhotelnagasaki.com/ja/

    次回の報告をお楽しみにしてください。


     

    2016年
    10月26日

    国際交流に関する特別講義 Australia

    2016年10月12日(水)にオーストラリア留学センターの早川真由様をお迎えして国際交流に関するお話を頂きました。

    国際英語学科の専門科目群には「国際交流分野」があります。この分野は国連など国際機関が担う国際関係から民間の国際交流まで幅広く学ぶことができます。

    今回の講演は日本の大学を卒業して、長くオーストラリア(パース)で留学支援事業を行っている早川様に国際交流活動の現場についてその実情を話して頂きました。
     
    早川16:2.jpg

    お話の中で国際交流事業を立ち上げるまでのエピソード、実際の業務(留学相談、手続き、現地サポートなど)について具体的な事例を上げて詳細な紹介がありました。特に「グローバルな人材って何だろう」という素朴な問いかけは、受講者にとって考えさせられる質問であったようです。

    早川16:3.jpg

    また、講演終了後は学生達と熱心な質疑応答が交わされました。
     
    早川16:4.jpg


    早川16:5.jpg

    国際交流は海外で留学する人、働く人、そして生活する人を支援する事業です。英語を学習してこうした仕事に就きたいと考える学生の皆さんも多くいることでしょう。今回の講演は国際交流事業を将来の職業と考える皆さんに有益な情報を提供できたのではないかと考えています。

     
     

    2016年
    10月17日

    出張講義紹介:門司学園高校 2016/10/21(金)

    学校:門司学園高等学校(福岡県)
    講師:細川博文教授(国際キャリア学部長)
    テーマ:人を動かす英語力

    「英語を使って仕事をする」そこで求められる英語力とは一体なんでしょうか。単語の意味は分かっているのに文章が理解できない。また、英語力はあるのにコミュニケーションがとれない。

    こうした笑うに笑えぬ現状を克服するためには、英語力を越えた総合力・人間力をつけるほか道はありません。これはまさにOECDが提案する「21世紀コンピテンシー」と重なります。

    「技能的英語学習」から「人を動かす英語力」、一歩先を見つめた英語学習について一緒に考えてみましょう。

    2016年
    10月07日

    川端教授「元職員が語る国連の裏舞台」The Huffington Post にも掲載

    前回のブログでご紹介した川端学科長(元国連本部政務官)の記事が The Huffington Post(日本版)でも紹介されました。

    詳しくは下記のURLをご覧下さい。
    http://www.huffingtonpost.jp/unic/the-un_b_12347774.html

    国際英語学科は「高度な英語力」の育成を求める皆さん、将来「国際機関・国際交流事業」などで働きたい皆さん、「英語教師」として次の世代の若者の英語力を育成したい皆さんの入学を期待しています。

    2016年
    10月07日

    川端教授「元職員が語る国連の裏舞台」国際連合広報センターHP

    国際英語学科学科長 川端教授(元国際連合本部政務官)の記事が「国際連合広報センター」(東京)のホームページに掲載されました。

    日本は1946年12月18日に国連に加盟して今年で60周年を迎えます。これを受け国連広報センターは国連で長年働いた日本人元職員にインタビューを行い、国連業務を通した歴史観、体験などをホームページ上で紹介しています。関心のある方は是非ご一読下さい。

    □「ニュースプレス」URL
    http://www.unic.or.jp/news_press/info/17269/

    □「連載記事第5回 川端清隆さん」URL
    http://blog.unic.or.jp/entry/2016/10/05/120040

    記事では1988年に国連入りして25年にわたり政治局に勤務し、長年安全保障理事会を支える安保理部を中心に仕事をしてきた川端教授の体験談が詳細に紹介されています。

    アフガニスタンでの和平交渉、イラク戦争への対応、冷戦、シリア紛争などについて詳しく述べられており、世界情勢に関心のある皆さん、また、将来国際機関で働きたいと考えておられる皆さんにとっては貴重な情報となるでしょう。

    国際英語学科では「英語教育」「英語学」といった英語に特化した専門分野の他に、「国際交流」分野をおいています。国際交流分野では国際情勢まで含めて広く「世界を知ろう」というねらいがあります。

    企業も含めて卒業後は社会に何らかの形で貢献したいと考えている皆さんは是非「国際英語学科」を検討して下さい。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE