• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    07月25日

    (授業紹介)Freshers Seminar: 「独立行政法人 都市再生機構(URであ〜る)」海外展開支援室の方からの「まちづくりと海外支援」についての特別講義

    国際キャリア学部・国際英語学科では、主に1年生を対象としたFreshers Seminarと称する科目の中で、社会の第一線でご活躍なさっているビジネスパーソンをお招きし、講演をお願いしています。今回は、「URであ〜る」でお馴染みの、独立行政法人 都市再生機構(UR都市機構)の海外展開支援室より、森田道比呂様にご登壇いただきました。

    PHITO-1.JPG
    UR都市機構 森田道比呂様、ご登壇

    まず、冒頭10分間で、UR都市機構様のご紹介をいただきました。UR都市機構様は、旧住宅・都市整備公団と旧地域振興整備公団が2004年に合体して、政府出資の独立行政法人となった組織であり、テレビのCM等での「URであ〜る」で宣伝中の企業とのご紹介をいただきました。森田様は、主に大都市圏での都市計画など、国内で幅広くご活躍されておりますが、加えてアジアやロシアでの都市開発事業にもご参画されるなど、海外でも幅広くご活躍されています。この日はご自身の国内外の都市計画最前線でのご経験も踏まえたお話をいただきました。
    PHOTO-2.JPG
    ご講演では、UR都市機構様の今までの事業実績として、ニュータウン事業で281プロジェクト(広さにして41,500ヘクタール)、住宅供給事業で158万戸という膨大なご実績がご紹介されました。また、森田様ご自身のご経験の中から、千葉ニュータウンのデザインや福岡市等の国内での都市開発に係るご参画実績のご紹介がなされたほか、タイ国バンコック市、及びロシアのモスクワに於ける都市開発事業へのご参画経験についてのお話をいただきました。

    森田様がご経験された都市計画・都市開発事業という業務分野は、土木工学や都市工学の分野に属するものであり、聴講した学生達にとっては普段の授業の中では触れることのない、新鮮な話題に溢れていたことと思われます。そんな話題に関連して、多くの質問が学生達から森田様に向けて出されました。その中から主な質問を、以下にご紹介いたします。

    Q1:人口減少の時代にある今、都市が縮小していかないための方策には、どのようなことが考えられるのでしょうか。

    A1:子供をたくさん出産できるような社会的環境づくりが大切だと思います。その場合、我が国が単独でそうした環境を整えるのが困難な場合は、例えば外国人の受け入れという方策も有りかと思います。ただ、その場合は街の魅力に加え、受け入れる地域のルールを外国人にも遵守いただく仕組みづくりが大切ですね。

    PHOTO-3.JPG

    Q2:私は、近い将来に留学を希望しております。森田様はタイ、ロシアに数多く行かれておられるとのお話を伺いましたが、渡航に際しての不安はなかったのでしょうか。また、海外渡航ではどういうことに気をつけたら良いのでしょうか。

    A2:海外渡航で気をつけなければならないことは色々ありますが、まずは無理をしないことだと思います。渡航先の選択指標として、治安が良好であることはとても大事。そういう意味では私が訪れたタイは、初めて海外赴任するビジネスパーソンが海外経験を積み易い国でもあるので、心配は少なかったですね。ロシアは少し冒険したかも知れません。

    Q3:ビジネス英会話の上達法についてのアドバイスをお願いします。

    A3: 私はテレビニュースの英語を頻繁に聴くことで耳を鍛えました。あとは、どうにか機会を作って英会話を実践することが大事ですね。
    PHOTO-4.JPG

     

    Q4:UR都市機構様の今後の事業展開としては、どのような分野を想定されていますでしょうか。

    A4: グローバルに見ると、エコシティ、スマートシティのコンセプトに基づいたまちづくりが世界的潮流。UR都市機構はまさにこの分野での事業展開を図ってきています。

    Q5:海外には多数の都市が存在しますが、例えば日本の首都東京の良い点と悪い点を、どのようにお考えでしょうか。

    A5: 東京はインフラ面でも充実し、都市機能の蓄積が確実に図られてきました。しかし、アミューズメント性に乏しい点が欠点ですね。通勤の場面でも殆どの人がスマホに釘付け。東京という街に人々の関心を惹きつけるものが少ないからですよね。それから、住民が自分達の住む街に対して無関心であることも良くないことですね。

    PHOTO-5.JPG

    Q6:インターネットの普及で、世界のどこに居ても他の国のことを知ることができるようになりました。だから、移動することなく、様々な都市の価値を得ることができてしまうと思います。

    A6: 移動の必要性は確かに少なくなってきたかも知れませんが、やはりいつの時代になっても対面でのコミュニケーションでしか得られない価値はあると思います。例えば、物流。物の移動や受け渡しは、事的な世界と密接に関係するし、インターネットだけでは経験できないことがあると思います。

    国際キャリア学部国際英語学科では、英語力を基本にして様々なグローバルシーンの第一線で活躍する国際キャリア・パーソンを育てるために、社会人諸先輩方との交流を通じた実学ベースでのビジネス教育を実践しています。

     

    2018年
    07月24日

    留学報告④:カナダ K.M.さん(福岡県立香住丘高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!
     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

    カナダ(ハリファックス)
    St. Mary's University
     
    K.M.さん(福岡県立香住丘高等学校 出身)
    国際英語学科 2年生
    今年4月から留学中
    km1-0724.jpeg

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    世界一住みやすい国と呼ばれるほど治安がよく、英語が綺麗でわかりやすく、移民者に対しての差別が少ないため、留学はカナダでしてみたいと考えていました。その上Saint Mary’s Universityに設けられているEPPCという会話力の向上を主体としたコースに興味があったからです。
     

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

    日本では実家暮らしだったので、初めて親元を離れての生活で戸惑うことも多かったですが、今ではそんな生活にも慣れ、ルームメイトたちと助け合い家事も楽しみながら、勉強との両立に勤しんでいます。
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    必ずクラス全員が自分の考えを発言しやすい環境です。そして、先生が一人ひとりに気を配ってくださるので、わからないことも気軽に相談することができます。また、韓国やメキシコ出身のクラスメイトとも仲良く、教室はいつもアットホームな雰囲気です。
     km2-0724.JPG

    □ 授業以外の活動について教えてください

    放課後や週末はカヌーやローラースケートや、町のお祭りや観光地を巡るといった様々なアクティビティに参加し、クラスを超えて様々な留学生との交流を楽しんでいます。その他にも、インド出身のカンバセーションパートナーと遊びに行ったりととても充実しています。
     

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    カナダに来た当初は自分から英語を話すことへのためらいがありました。しかし、この2ヶ月を通して徐々に英語を話す楽しさを実感し、たくさんの外国人ともっと交流したいという気持ちが芽生えました。

    km3.JPG
     


    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

     
     

     昨年度の留学報告や卒業生達の活躍
    国際英語学科パンフレットオープンキャンパスの学科ブースで、より詳しくご紹介しています。

    2018年
    07月23日

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!
     

    前期の授業が終わろうとしていますが、国際英語学科の1年生の多くは来年度(2年次)の留学を検討中です。

    国際キャリア学部全体で先週、その1年生達の質問や不安を少しでも解消できるように、昨年留学を経験してきた3年生に留学経験談を話してもらいながら1年生達と交流する時間を作りました。

    ke0712-1.JPG

    ke0712-2.JPG

    ke0712-3.JPG


    参加した1年生達は、留学先の国や学校についてや現地での勉強や生活に関する疑問や不安などを熱心に質問していました。

    3年生達も留学中に撮った写真や授業の資料を見せながら、とても頼もしい姿を見せてくれました。


    ke0712-4.JPG

    ke0712-5.JPG ke0712-7.JPG

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。
     

    国際英語学科の昨年度(2017年度)実績をみると、2年生の約64%にあたる学生がこの留学プログラムを通して留学を経験しました。
    毎年2年生の半数以上は、学科のStudy Abroad プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得します。

    ↓↓昨年度の留学報告は、国際英語学科のパフレットの↓↓2ページ目↓↓ や8月のオープンキャンパスでもご紹介しています↓

    パンフレットp2.png


     【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

     

    現在も20名以上の国際英語学科の2年生が世界6カ国に留学中で、いよいよ来月からは、後期留学する2年生達も次々と世界各国へ出発して行きます。


    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

     

    2018年
    07月19日

    留学報告③:ニュージーランド A.R.さん(福岡雙葉高等学校 出身) 

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。
    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。
    ニュージーランド(オークランド)
    The University of Auckland
     
    A.R.さん(福岡雙葉高等学校 出身)
    国際英語学科 2年生
    今年4月から留学中

    ar3.png

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    私は中学生の頃から大学生になったら長期留学をすると決めていました。プログラムの資料には沢山の国がありましたが、ホームステイをしたかったので必然的にニュージーランドとオーストラリアに絞られました。どちらの国にするか申込書を提出締切日まで悩みましたが、先輩方の報告会に行き、両親と何回も相談を重ねた上、滞在期間が1ヶ月間長いニュージーランドに決めました。
    UoA.jpeg

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

    こちらの生活でまず苦労したことは買い物です。NZではお会計をする時、スーパーマーケットでもその他のお店でも会話をしながら会計をすませます。最初は現地の方の英語のスピードが速くついて行くことに苦労していましたが、良いリスニングとスピーキングの練習になりました。

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    時期によっては日本人が沢山いるときもありますが、私は勉強のために授業中は他の留学生達と一緒に過ごすようにしています。
    クラスメイト達と
    クラスメイト達と

    □ 授業以外の活動について教えてください

    休日は学校の友人と観光地に出掛けるか、ホストファミリーと過ごしています。私は2歳になったばかりと3歳のホストブラザーがいます。そのため休日には動物園やレジャースポットに出かけるなど休日に外出することが多いです。また、ホストペアレンツがとても良い方々なので毎日とても楽しく過ごせています。 ar5.png

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    臨機応変な対応ができるようになりました。例えば、様々な国籍の生徒が学校にいるので、その国の文化にそった対応や、ホームステイをしているので家事の手伝いを自分から積極的にするようにしています。
     
     

    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。
     
    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。
     
     【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

     
     

     昨年度の留学報告や卒業生達の活躍
    国際英語学科パンフレットオープンキャンパスの学科ブースで、より詳しくご紹介しています。

    2018年
    07月11日

    英語力を武器に世界で活躍する卒業生④

    今年の3月に国際英語学科では第1期生となる卒業生を送り出しました。
    2017年度の卒業生の6割近くが大手企業へ就職し、業種別では3割近くが航空業界へ進んでいます。
    このコーナーでは、この春に新しいスタートを切って夢を追いかけているその卒業生たちをシリーズでご紹介します。

     

    第4回目は、
    日本航空(西鉄エアサービス)の地上職(GS)に就職したT.M.さんです。


    T.M.さん (福岡工業大学附属城東高等学校 出身)
    オーストラリア 短期留学を経験

    □ 近況を教えて下さい

    北九州空港で日本航空の地上業務を行っています。
    現在チェックイン業務のOJT(現場研修)を行っています。学ぶことがとても多く、時間管理と責任感が重要な仕事で大変ではありますが、目標とする先輩の近くで学び、ご指導頂けているというこの環境に感謝をして、1日でも早く先輩方のように、お客さまに寄り添うことができるスタッフになりたいという思いで、毎日の訓練に取り組んでいます。

     どのような就職活動をしましたか?就職活動をするにあたって重要だと感じた事を教えて下さい。

     大学3年生の夏にインターンシップに参加したり、企業研究を始めました。自己分析、SPIの勉強も含めて、早めの取り組みが大切だと感じました。なかなか面接で通過できない事が続くと、「この業界は自分には向いてないのではないか」と悩むこともありましたが、航空業界へ進みたいと最後までブレずに目標を持って取り組めた結果が今に繋がっていると思っています。どうしても周りを気にしてしまうとは思いますが、自分には自分だけの良さがあると信じて、最後まで諦めないことが大切です!

     国際英語学科を目指そうとしている高校生へのメッセージをお願いします。

    私は国際英語学科のオーストリアへ約1ヶ月間の短期留学のプログラムを通して、現地の語学学校で英語を学び、ホームステイを経験しました。留学することで自分の英語力を見直すことができましたし、学生時代にとても良い経験ができて本当によかったと思っています。また、就職活動においては、国際英語学科には同じように航空業界を目指す友人が多く、お互いに情報共有をしながら頑張れる良い環境だと思います!
     
     

    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。

     

    国際英語学科の卒業生達の活躍については、
    国際英語学科パンフレットオープンキャンパスの学科ブースでも、より詳しくご紹介しています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求