• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    07月05日

    (授業紹介) International Exchange:   学生と米朝首脳会議を読み解く!!

    3年生以上の専門選択科目であるInternational Exchange (来年度科目名 International Affairs) は、国連本部で25年間にわたり政務官を務めた川端清隆教授が担当しています。

    国際英語学科の教員の一人でもある川端教授
    国際英語学科の教員でもある川端清隆教授


    授業では主に「Basic Facts about the United Nations」(42nd Edition)を使用して、原書(英語)で国連総会や国連安全保障理事会の機能や権限をつぶさに勉強します。国連の基礎知識に加えて、授業では時々の重要な国際問題を取り上げて、その背景や解決法を学生とともに考えます。
    textbook.png

    例えば先月は、6月12日にシンガポールで行われた米朝首脳会議で、トランプ大統領と金正恩委員長によって署名された合意文書の原書を読解しました。

    その過程で、北朝鮮の核放棄に向けた米朝合意の可能性や危うさ、そして日本への影響を掘り下げて議論してみました。また、メデイアによる米朝首脳会議の評価を理解するため、ニューヨークタイムズ紙が掲載した風刺画を取り上げ、学生に「何がおかしいのか」、「何を風刺しているのか」をじっくりと考えてもらいました。

    この授業ではどんな事を勉強していますか?授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えて下さい。

    H.R.さん (福岡県立三池高等学校 出身) 
    2年次 短期 オーストラリア留学を経験

    この授業では、国際連合の機能を中心に世界で起きている問題について学習しています。今までは日本の視点でしか考えていなかった問題に対して、他国の異なる見解を知ることができ、とても勉強になります。この授業によって、思考の幅を広げることができました。
    授業では、生徒自身が最近気になっているニュースも取り上げるため、新聞などを日頃からチェックすることを意識しています。関心のある問題に対して、先生の意見が聞け、新聞やネットだけでは分からなかったことも知ることができ、とても楽しいです。

    class1.JPG 
    class4.JPG

    T.M.さん (川島学園れいめい高等学校 出身)
    この授業では、国連にはどのような機関があるのか、どのような役割を果たしているのかについて英語で書かれた教科書を自分たちで訳しながら勉強しています。使われている英語には専門的なものが多く、訳するのは難しいですが、先生が国連にいた時の話も交えながら進めてくださるため、興味深く、勉強になります。
     授業の初めで、先生が今起こっている国際的なニュースについて質問をされます。そのため、ニュース番組を観たり、新聞を読んだりする機会が増え、それらのニュースについて自分なりの考えを持つようになりました。クラスの人たちも予習をしてきて積極的に授業に参加しているため、周りから良い刺激を受けているように感じます。
     tb1.JPG tb2.JPG 

    class3.JPG class2.JPG

    G.M.さん (久留米信愛女学院高等学校 出身) 
    2年次 前後期 アメリカ留学を経験

    この授業では、国際連合の存在意義や国際問題について学んでいます。この授業を通して、国際連合は戦争の悲惨さや将来の理想の平和を語る場ではなく、今、そこにある紛争を政治的制約の中で、どう具体的に解決するか考え、行動に移す場所であるということが分かり興味深いなと思いました。その中で綺麗ごとだけでなく、グローバル化した世界で、どのように国同士が相反する国益を調整しているのかを、最新ニュースなどをとおして先生と議論するのが私は好きです。
    グローバル化し、国と国とが密接に関わり合っている現在、私は国内だけでなく、海外の出来事も密接に関係しあっていると理解できるようになりました。主に日本の新聞とCNN10ニュース、BBCニュースから情報を収集しています。またその中でも気になった記事などがあればニュースのウェブサイトに飛んで詳しい情報を得ています。クラスでは、疑問に思った事や自分の意見を言いやすい雰囲気で、なかなか授業が進まないほど毎回盛り上がっています。
    class10.JPG

    class7.JPG
     
    class6.JPG

    2018年
    07月04日

    (授業紹介) 1年生必修科目 Reading Skills

    1年生の必修科目の1つとしてReading Skillsという科目があります。この授業では英文の読解力をつけるためのスキルを学びます。授業外でも多読を続けることで文法や多くの語彙にふれ、より高度な読解力の修得を目指します。
    rh.JPG


    IMG_4363.JPG

    □ この授業ではどんな事を勉強していますか?また、授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください。

    K.M.さん (福岡県立鞍手高等学校 出身)
    この授業の前期と後期それぞれで21万語を超える英語の本を読む「多読」と言う課題が大変ですが、この課題で多くの単語と触れ合う良い機会になり、分からない単語があると、すぐに調べるようにしているので、新たな単語を知っていく事がとても楽しいです。
    先生が英文を読んでいるときはネイティブの音をしっかりと聞くようにしています。授業はペアワークで取り組むことが多いので、英語を読む時はそこで積極的に声を出して読むようにしています。また難しい単語が出てきたときには、先生が発音を教えてくれたり、意味を教えてくれたりするなど、先生とのコミュニケーションは取りやすく、楽しい授業だと思います。
     pw1.JPG

    2.JPG1.JPG3.JPG

    M.Y.さん (大分鶴崎高校 出身)
    この授業での英語の読解は堅苦しい内容ではなく学生の興味を引く内容や日常生活に役立ちそうな内容となっています。また、アプリを使って3~4人チームで英単語のゲームをするところも楽しいです。このゲームでは、どれだけ早く終われるかが重要となってくるのでたくさん単語を覚えてチームの力になりたいという気持ちが芽生えてきます。そのため、休み時間など空いてる時間を使ってたくさんの単語を覚えるようになりました。
    また、高校の授業と違って、先生と学生が英語でコミュニケーションをとりながら授業をするので、最初の方はクラスメイトや私も緊張していたり、英語を間違えたりしたら嫌だなという気持ちが勝ってしまい、そのため先生とうまくコミュニケーションがとれなかったりしていました。しかし、とてもフレンドリーな先生なので、皆が徐々に心を開いて一生懸命英語で話そうとするようになっていきました。そして、宿題などについての英語がわからなかったりしたらクラスメイト同士で教えあったりするようになり、クラスの雰囲気もとても良いです。英語を勉強するにはとても良い環境だと思います。
     ke4.JPG

    IMG_4356.JPG

    T.M.さん (九州産業大学付属九州産業高校 出身)
    この授業では多くの英語の長文を読み、読解力をつけています。英語の本を21万語読むことを目標に日々多くの本を読んでいます。英語の本を読むことはとても大変ですが、全部読み終えた時は達成感があります。また高校の授業とは異なり授業は英語で行われるので、読解力だけでなくリスニング力や正しい発音も学ぶことができ、楽しく英語力を身につけることができます。
    少人数クラスなので、分からないことがあればすぐ先生や友達に聞くことができるので、積極的にコミュニケーションを取ることができる良い機会だと思います。また、ペア学習もあるので、友達と楽しく授業を受けています。
     
    pw2.JPG

    IMG_4374.JPG

    M.S.さん (朝倉高校 出身)
    この授業の良いところは、毎回違う文章を読めるので、その本から学ぶ場面が多くあり、自分自身を成長させてくれます。また、日本についての文章だけでなく、様々な国の文化や歴史についても知ることができます。英文を理解できるようになると、早く読めるので、英語を学ぶことが楽しいです。他にも、高校では経験したことのなかった教科書だけでなく、携帯のアプリを使っての授業もあるので、便利で新鮮でした。グループを作って話し合う機会が多く、お互いを高め合いながら楽しく学習しています。これからもたくさんの本を読んで、たくさんの語彙力をつけていきたいと思います。
    クラスの雰囲気はとても良いです。クラスの1人1人が皆集中して授業に参加しています。周りの雰囲気や環境が良いからこそ、授業が楽しいと思うことができます。中でも、先生がネイティブスピーカーなので、明るい雰囲気にしてくださり、英語を積極的に話す機会をたくさん与えてくださいます。質問すれば、理解できるまで熱心にご指導してくださいます。クラスの人数が少ないので、クラスメイト1人1人が顔見知りで、先生との距離も近くて勉強しやすいです。

    IMG_4370.JPG

    2018年
    06月29日

    英語力を武器に世界で活躍する卒業生②

    今年の3月に国際英語学科では第1期生となる卒業生を送り出しました。
    2017年度の卒業生の6割近くが大手企業へ就職し、業種別では3割近くが航空業界へ進んでいます。
    このコーナーでは、この春に新しいスタートを切って夢を追いかけているその卒業生たちをシリーズでご紹介します。

    第2回目は、
    楽天カード(上場グループ企業)に就職したK.M.さんです。

    K.M.さん (大分県立大分舞鶴高等学校 出身)

    km.jpeg

    □ 近況を教えて下さい 

    今年4月から6月までは研修期間ですが、配属先で既に日々の業務に携わっています。仕事では、売り上げやキャンセルの金額など毎日数字を見ていて覚えることも多いですが、周りの方の恵まれた環境のなかでのご指導頂けているので安心して取り組めています。

    □ どのような就職活動をしましたか?就職活動をするにあたって重要だと感じた事を教えて下さい。

    私は、初めは旅行業界に絞って就職活動をしていましたがなかなかうまくいかず、他業種にも視野を広げてみると自分にあっていそうと思えるものが多くあることに気づきました。初めから絞るより、様々な仕事を知った上で決めると可能性も広がると感じました。

     □ 国際英語学科を目指そうとしている高校生へのメッセージをお願いします。

    英語が好きで、留学に興味のある方にとってはとても充実した日々を過ごせる学科だと思います。私は、大学2年生の時に学部の留学プログラムを利用してオーストラリアに8ヶ月間留学をしました。そこでの学びや生活は、自分を良い方向に変えることの出来た大切な経験になっています。

     


    国際英語学科は、前身である人文学部英語学科(2014年募集停止)時代を含め毎年100%近くの高い就職率を維持している学科です。
    高度な英語力を武器に、世界へつながる就職を目指す皆さんを全力で応援します。


    国際英語学科の卒業生達の活躍については、
    国際英語学科パンフレットオープンキャンパスの学科ブースで、より詳しくご紹介しています。

    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_e/archives/146

    2018年
    06月28日

    国際英語学科のパンフレットが出来上がりました!

    国際英語学科は、今年3月に初めての卒業生を送り出しました。
    第1期生となる彼女達の卒業に合わせて、国際英語学科のパンフレットを作りました。
    表紙.jpg

    こちらのパンフレットでは、学科の目的や学生達の活動の様子、また昨年の就職実績などをご紹介しています。
    ・・・例えば、
    国際英語学科はどんな学科?
    国際英語学科で修得できる高度な英語力について

    充実した留学プログラムについて
    世界を目指す研修制度について
    抜群の就職実績の紹介

    国際英語学科について、たくさんの写真や学生からのコメントと合わせて より詳しくご説明しています。

    こちらのパンフレットにご興味がある方は、
    大学入試広報課(電話:092-575-2970)までお問い合わせください。


    国際英語学科パンフレット表紙.png
     
    また今週は引き続き、
    下記の日程にて、高校教員の方対象の2019年度入学試験説明会を行っており各会場でもこちらのパンフレットをお渡しております。
    6月28日(木) 15:00-17:00 ソラリア西鉄ホテル鹿児島 (鹿児島)
    6月29日(金) 14:30-16:30 ホテル日航大分オアシスタワー (大分)
    *入学試験説明会へのご参加については、大学入試広報課までお問い合わせください。

    2018年
    06月27日

    留学報告②:オーストラリア N.S.さん(佐賀県立鳥栖高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!



    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

     
    オーストラリア(パース)
    The University of Western Australia

    N.S.さん(佐賀県立鳥栖高等学校 出身)
    国際英語学科 2年生

    今年4月から留学中


    UWA1.jpg

    □ なぜこちらの大学にしましたか

      一番の理由はホームステイをしたかったからです。次にパースだったからです。日本人が少ないうえ、都会すぎず勉強しやすい環境だときいて自分に合っていると思いました。今はここを選んで良かったと心の底から思います。

     授業や現地での生活は順調に進んでいますか

      友人やホストファミリーのおかげで楽しい毎日を送っています!困ったこともありましたが、現地のコーディネータの方がすぐに対応してくれました。Perthで出会う人たちは驚くくらいフレンドリーで親切な人が多いです。

    UWA2.jpeg

     授業での取り組み方や教室の雰囲気を教えてください

       授業では英語だけの環境にする為に外国人の隣に座るようにしています。少人数なうえ、授業中発言するのが当たり前の雰囲気なので能動的に学習することができ楽しいです。また、週に1回Grammar(文法)のテストがあり前回よりも頑張るぞと向上心をかき立てられます。

     授業以外の活動を教えてください

       学校で自由参加の活動に参加したときにできた友達やルームメイト、買い物をしている際に知り合った方、クラスメイト、日本人と遊びに出かけたり、1人で町を歩き回ったり、地元のサッカーチームに参加したりして楽しんでいます。

    UWA3.jpeg

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えてください

       自立心を養えていると思います。Wi-Fi環境下でしか携帯が使えないため出かける場合は下調べをしたり、もし迷ったら人に聞いたりしています。また、日々の洗濯や皿洗い、掃除、買い物を自分で行い、いつ何をするのか何を優先すべきか考えながら生活しています。


     
    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。
     
    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。
     
    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

     
     

     昨年度の留学報告や卒業生達の活躍
    国際英語学科パンフレットオープンキャンパスの学科ブースで、より詳しくご紹介しています。

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE