• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    01月16日

    University of Reading(イギリス)留学報告

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、"Study Abroad" 科目を設けており、在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。このプログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学などの措置をとることなく、通常の4ヶ年の学期中での留学が可能です。

    今回、このコーナーではイギリスのレディング大学(
    University of Reading)に留学をされた、K.N.さんからの報告です。


    1.jpeg

    Q1: なぜこちらの大学(留学先)に決めましたか。

    A1: レディングの中心街や大学周辺は比較的治安が良く、海外渡航が初めてであり安全面に不安があった私にとって、大きな決め手となりました。また、現地の学生が学ぶ建物と同じ建物内で学ぶことができ、学生寮もシェアタイプを選択することが可能なことも魅力的な点でした。

    2-1.jpeg

    Q2: 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください。

    A2: 私が所属していたPre-sessional course 3、4、1では、主にライティング力を伸ばすことに力を入れていました。また、多国籍のクラスメイトがいる中でのディスカッションタイムは、語学力の向上だけでなくアウトプットの大切さも教えられました。

    2-2.jpeg
    2-3.jpeg

    Q3: 授業以外の活動について教えてください。

    A3: 大きな駅が近くにあり、イギリス国内であれば電車を利用すればほとんどの都市に簡単に行くことができるので、休日にはイギリスならではの歴史溢れる街を訪れました。また、コースがオーガナイズしている日帰り旅行に参加して、友達との仲を深めることができたことも良い思い出です。

    3-1.jpeg
    3-2.jpeg

    Q4: 留学をしたことで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい。

    A4: 私が8か月の留学生活で最も印象に残っている事は、文化や価値観が違う友達と同じことで笑い合い、違いや似ている点を共有できる楽しみを知ることができたことです。それにより、以前よりも違いに対する適応能力を上げることができました。

    4.jpeg

    Q5: 将来の夢やこれからの目標を教えて下さい。

    A5: 時間に余裕がある今、留学経験で培った力を生かして、色々なことに挑戦して将来の可能性を広げていきたいです。また、英語力、特にスポークン力を維持するために、積極的に英語を使える場に参加していきたいです。

    5.jpeg

    国際キャリア学部国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアウーマン形成を応援しています。

    2018年
    01月14日

    【授業紹介】「English for Young Learners Fieldwork」をご紹介します

    2020年から小学校でも英語が必修化されることとなり、注目を集めておりますね。福岡女学院大学には、児童英語指導員養成コースという独自の資格コースがあります。この資格コースは児童英語教育分野の理論や技術を学び、子供達に英語を教えるための総合的な力を育成するコースです。本コースでは、子供の第2言語習得の知識、子供の発達段階に応じたカリキュラム、教材、授業づくり、効果的な指導法などを専門的に学んでいきます。様々な授業で基本的なスキルや知識を身につけた後、「English for Young Learners Fieldwork」という科目を履修します。この科目では近隣の小学校で実際にゲストティーチャーとして英語を教えるという実習を行います。そのために大学の授業では、レッスンプランを立て、教材を作成し、模擬授業を重ねていきます。加えて、授業時間外でも空き時間を利用してグループで授業の準備をすることが求められます。担当は、国際キャリア学部国際英語学科の大橋由美教授です。

    今回のコーナーでは、この科目を履修されているOTさんのご活動内容等をご紹介致します。

     

    Q1: このFieldworkに向けて、どのようなご準備をされましたか。

    A1: クラス毎に授業内容の差が出ないように、実習のメンバーや担当の大橋先生と授業中は勿論授業外でも情報の共有を、その都度行いました。又、指導対象の小学生低学年の授業態度をある程度予想したり、先生や教職を履修しているメンバーからのアドバイスを参考に、準備を進めました。

    Q2: 今回のFieldworkの模擬授業で上手くいったところ、上手く行かなかったところがあれば教えて下さい。(この授業で学んだ事、楽しかったところ、大変だったところなど)

    A2: 各メンバーの役割分担(指導案の作成と提出、教材の作成等)が明確にされていないことがありました。そのため、一部のメンバーに負担がかかることがあり、焦ったことがありました。その一方で、実習先の児童が私達の名前を覚えてくれていたり、授業後の廊下などの場で、クラスに関係なく習った英語で、児童が私たちに話しかけてくれたりした時は、とても嬉しかったです。

    1.png
    小学校での実習の模様(その1)

    2.png
    小学校での実習の模様(その2)

    3.png
    小学校での実習の模様(その3)

    4.png
    小学校での実習の模様(その4)

    Q3: 大学での模擬授業の時の様子を教えて下さい。

    A3: 大学での模擬授業は、担当クラス毎に行われます。そして、履修している他の学生を児童とみなして、模擬授業が行われました。後期では実習メンバーが不足していたため、複数の学生に補助教員として参加してもらいました。模擬授業後には先生と学生とからフィードバックをその都度もらい、より良いものにすべく、修正を重ねました。

    EYL fieldwork1.png
    大学のクラスでの模擬授業風景(その1)

    EYL fieldwork2.png
    大学のクラスでの模擬授業風景(その2)

    Q4: どのように将来に役に立てたいですか。

    児童に対してだけではなく、一般に人に対して何かを教える時には、相手の立場になって考えなければならないことの重要性を、この授業を通して深く学ぶことができました。又、このFieldworkはメンバーと協力して初めて成り立つものであり、その意味ではチームワークを大切にし、お互いの意見を尊重することの大切さも学べました。これらのことから、授業を通して得た客観的に物事を見る力、そしてチームワーク力を、将来に於いては特に役立てたいと考えています。

    国際キャリア学部・国際英語学科では、児童英語教育分野の理論や技術を踏まえて、子供達への英語教育に向けた総合力を備えた教員の育成に取り組んでいます。

    2018年
    01月10日

    国際英語学科第1期生の英語力:顕著な伸びと実力

    国際英語学科の第1期生(2014年度入学)が今年3月に卒業します。グローバル人材育成を目指して教育を行ってきましたが、4年間を通して顕著な英語力の伸びがありました。

    TOEICの公式サイトによれば企業で「国際部門の社員に期待されるスコア」が「660点〜840点」と報告されています2013年上場企業における英語活用実態調査結果報告)。

    また
    「730点〜860点」内の能力はどんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」と定義されており、文科省が英語教員に求める英語力も730点以上です。

    第1期生(59人)中「730点〜860点」の高いレベルに属する学生は21名(全体の35.6%)でした。2017年12月現在の数値ですので卒業までの3ヶ月間でさらにこの数字は伸びると予想されます。

    また、伸び率で言えば192%が最高でした。410点(1年7月)→790点(4年12月)で、この学生はホテル業界に就職が内定しました。他の学生についても大手航空会社を始め順調に就職内定を頂いています。

    教育職員(英語科)採用についても顕著な結果がでました。教職採用試験受験者7名中、1次試験合格者6名(合格率85.7%)、最終合格者2名(合格率28.6%)と難関試験を通過し4月から正教員として現場に入ります。また、教職課程履修者の1名は教育大学院へ進学します。

    国際英語学科の定員は50人(1期生59人)です。上記の結果を他大学と比較して下さい。その場合「数」ではなく「率」で比較してみて下さい。小規模の学科と大規模の学科では母数が全く異なるからです。

    国際英語学科は2018年度から定員を50人から「60人」に変更しました。これからも「グローバル人材育成」を目指して教育を行います。英語力をつけ4年後にはグローバルに活躍する「志し」と「夢」を持っている皆さんを応援しています。


     

    2018年
    01月03日

    2017年度福岡県・市 中学校英語教諭採用試験の合格リポート

    福岡県、及び福岡市の中学校英語教諭採用試験に於きましては、筆記試験、実技試験、模擬授業、面接等 多岐にわたる試験が実施されます。採否にあたっては英語力のみならず、教員としての高い資質・能力が求められます。2017年度の英語教員志願・採用状況を見ると、福岡県では134名が受験し、うち、46名が合格(合格倍率は3倍)、福岡市では142名が受験し、うち、29名が合格(合格倍率は5倍)となっており、試験内容の難しさに加えて競争率も高く、難関と言える就職先となっています。そんな中で、2017年度、国際キャリア学部国際英語学科の教職課程で学んだC.H.さんが福岡県中学校英語教諭採用試験に、そしてM.Fさんが福岡市中学校英語教諭採用試験に、それぞれ、見事、合格を果たされました。今回、このコーナーでは、お二方の合格体験記をご紹介いたします。

    1.福岡県 中学校英語教諭採用試験に合格のC.H.さん
    C.H._face.jpg

    〇教員を目指したきっかけを教えて下さい

    私は福岡女学院大学に入学してから、国際英語学科に英語教員のための教職課程があることを知りました。はじめは、自分の将来の可能性を広げることを主目的にして勉強していました。しかし、ボランティアとして中学校に行き、生徒に英語を教えることを通して、教える楽しさを感じさせられることが何度もありました。生徒に「先生のおかげでわかったよ!」と笑顔で言われることがうれしくて、教員になることを決めました。

    〇国際英語学科で英語力アップの為に頑張った事を教えて下さい。

    字幕付きで映画を見たり、洋書をたくさん読みました。最初はわからない単語が多くて苦労しましたが、続けていくうちに慣れました。福岡女学院大学の図書館には、たくさんのDVDや洋書が置いてあります。みなさんも、福岡女学院大学の図書館で、是非、自分のお気に入りのDVD、洋書を見つけてみてはいかがでしょう。

    〇大学での採用試験の対策や準備について教えて下さい。

    本学の教育支援センターの先生方にご指導を戴きながら、試験対策を進めました。教育支援センターには学校現場を経験された先生方が多くいらっしゃいます。わからないことは何でも聞けたので、非常に安心できました。模擬授業の練習や論作文指導などで、夏休みといえども毎日勉強するのはきつかったですが、国際英語学科の先生方をはじめ、多くの先生方に応援して戴いたことで、最後まで諦めずに頑張ることができました。

    〇これからの目標や、今から教員を目指そうとしている後輩へのアドバイスをお願いします。

    今後は、英語を学ぶことが楽しいと感じる生徒を育てていきたいです。そのためにも、残された学生生活の中での模擬授業を通して、「英語の授業の進め方」をしっかり学びたいです。国際英語学科の教職課程では、多くの先生方がサポートしてくださいます。また、大学周辺の小中学校とのつながりも深いため、教職課程での活動の一貫として、ボランティアとして学校現場を知ることもできます。英語教員を目指すにはとてもよい環境だと思います。
    C.H..png
    国際英語学科・教職課程の模擬授業でのC.H.さん

    2. 福岡市 中学校英語教諭採用試験に合格のM.F.さん 
    M.F._face.jpg

     

    〇教員を目指したきっかけを教えて下さい。

    純粋に高校時代の先生方に憧れたからです。実は、国際英語学科に入学した後に英語の点数が伸び悩み、教師になることを諦めかけた時期もありました。ですが、中学校への学校インターンシップで知り合った多くの先生方とのお話の機会を得たり、色々な子供たちと触れ合う中で、教師という仕事に強い魅力を覚え、いつしか「絶対に教師になる!」と考えるようになりました。

    〇国際英語学科で英語力アップの為に頑張った事を教えて下さい。

    国際英語学科の授業の大半は英語で行われます。そのため、ひとつひとつの授業を大切にしました。授業では必らず一番前の真ん中の席で講義を受け、分からないことはすぐに質問をするようにしていました。さらに、ESS(英語部)に入部し、顧問のネイティブの先生の指導の下、何度も英語のスピーチ大会に参加したり、他学科の学生たちと英語のミュージカル制作にも挑戦することで、英語力をつける努力をしました。

    〇大学での採用試験の対策や準備について教えて下さい。

    採用試験では模擬授業がありましたが、それは英語で行うものでした。国際英語学科の教職課程の児童英語教員コースや英語科教育法という授業で、何度も英語での模擬授業を行っていたので、本番も落ち着いて模擬授業を行うことが出来ました。また、本学の教職支援センターからは、実際に学校現場に赴く機会を何度も与えて戴き、採用試験前には書類確認から試験対策の為の講座など、手厚いサポートをしていただきました。私の力だけではなく、国際英語学科の先生方、実際の教育現場の先生方、教職支援センターの皆様のおかげで、合格できたと思っています。

    〇これからの目標や、今から教員を目指そうとしている後輩へのアドバイスをお願いします

    周りにいる人達を幸せにすることができる先生になることが目標です。その為に、在学中はもちろん、先生になってからも英語や教育について、学び続けたいと思っています。また小さな事にも全力を注ぐことで様々なことを吸収していきたいと思っています。教員を目指している後輩には、与えられた機会を大切にし、色々な事を経験してほしいなと思います。私自身、在学期間中に、何かに一生懸命に取り組むことで、必ずものに対する考え方が変わり、自信に繋がることを肌で実感することができました。ときに失敗することがあっても、その失敗は必ず解決策を引き連れてくるので、投げ出さずに取り組むことが大切です。二度と戻ってくることのない大学生活を中身の濃い、実りのあるものにしてもらえたらと願っています。

    M.F..png
    国際英語学科・教職課程の模擬授業でのM.F.さん

    国際キャリア学部国際英語学科では、多彩なカリキュラムを擁した教職課程を用意して、英語教諭を目指すガッツある学生の皆さんを、お待ちしております。
     

    2017年
    12月30日

    University of Baguio(フィリピン)留学報告

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、"Study Abroad" 科目を設けており、在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。このプログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学などの措置をとることなく、通常の4ヶ年の学期中での留学が可能です。

    今回、このコーナーではフィリピンのバギオ大学(
    University of Baguio)に留学をされた、N.R.さんからの報告です。

    P-1.jpg

     

    〇なぜこちらの大学(留学先)に決めましたか。

    私は発展途上国に興味がありました。日本はフィリピンに比べると生活はしやすく、ものに恵まれていますよね。そんな中で、私は発展途上国に住む人々がどんなことを考え、どんな生活をしているのかについて、興味が湧きました。発展途上国と環境に恵まれている日本とを比べたり、未知の文化に触れ人々と交流することで、世界に対する自分の視野を広げようと考え、フィリピンのバギオ大学への留学を決めました。

    授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください。

    バギオ大学は語学学校ではなく、現地の学生が専門的な知識を身に着ける、私立大学です。そのため、授業は英語で進められるとともに専門単語が次々と出てくるので、授業中は先生の講義や学生の発表する意見を録音し、家や図書館で復習を欠かさず行いました。また、授業では自分の意見を発表する機会が多かったので、現地のクラスメイトを見習いながら、積極的に取り組みました。

    P-2_2.jpg
     

    授業以外の活動について教えてください。

    今回フィリピンのバギオ大学に留学したのは、私を含め3名のみでしたので、専攻した学部も違えばクラスも違うことも多く、最初は孤独でしたが、その中でたくさんの現地の学生と友達になることが出来ました。彼らは授業の空き時間や週末にバギオの有名スポットへ案内してくれたり、フィリピンでしか味わえない食べ物をたくさん教えてくれました。私はそうした機会を常に大切にしました。

    P-5.jpg
     

    留学することで何が勉強になりましたか。一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい。

    私は海外に行くことが今回の留学で初めてだったこともあり、留学当初はストレスに感じることがほとんどでした。言葉が違えば文化も違い、人とのコミュニケーションの中で自分が英語を流暢に話せないことが辛いと感じることも多々ありました。しかし、いかに正しい文法で英語を話すかではなく、いかに異文化を受け入れて、人とのコミュニケーションを大事にするかが、本当に大切なことだということに気づくことができました。

    P-3_2.jpg
    クラスメイトと一緒に N.R.さん(写真、右端)
     

    〇将来の夢やこれからの目標を教えて下さい。

    私はフィリピンで多くの素晴らしい人々に出会えたとともに、道端で物乞いをする人を見ることも多く、貧富の差という現実を初めて目にしました。これからはそういった発展途上国が抱える問題をもっと知り、向き合うために、海外ボランティアなど国際協力活動に積極的に参加しようと考えています。

    P-6_3.jpg
    クラスメイトと一緒に N.R.さん(写真、左端)

    国際キャリア学部国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアウーマン形成の応援をしています。

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE