• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    01月03日

    2017年度福岡県・市 中学校英語教諭採用試験の合格リポート

    福岡県、及び福岡市の中学校英語教諭採用試験に於きましては、筆記試験、実技試験、模擬授業、面接等 多岐にわたる試験が実施されます。採否にあたっては英語力のみならず、教員としての高い資質・能力が求められます。2017年度の英語教員志願・採用状況を見ると、福岡県では134名が受験し、うち、46名が合格(合格倍率は3倍)、福岡市では142名が受験し、うち、29名が合格(合格倍率は5倍)となっており、試験内容の難しさに加えて競争率も高く、難関と言える就職先となっています。そんな中で、2017年度、国際キャリア学部国際英語学科の教職課程で学んだC.H.さんが福岡県中学校英語教諭採用試験に、そしてM.Fさんが福岡市中学校英語教諭採用試験に、それぞれ、見事、合格を果たされました。今回、このコーナーでは、お二方の合格体験記をご紹介いたします。

    1.福岡県 中学校英語教諭採用試験に合格のC.H.さん
    C.H._face.jpg

    〇教員を目指したきっかけを教えて下さい

    私は福岡女学院大学に入学してから、国際英語学科に英語教員のための教職課程があることを知りました。はじめは、自分の将来の可能性を広げることを主目的にして勉強していました。しかし、ボランティアとして中学校に行き、生徒に英語を教えることを通して、教える楽しさを感じさせられることが何度もありました。生徒に「先生のおかげでわかったよ!」と笑顔で言われることがうれしくて、教員になることを決めました。

    〇国際英語学科で英語力アップの為に頑張った事を教えて下さい。

    字幕付きで映画を見たり、洋書をたくさん読みました。最初はわからない単語が多くて苦労しましたが、続けていくうちに慣れました。福岡女学院大学の図書館には、たくさんのDVDや洋書が置いてあります。みなさんも、福岡女学院大学の図書館で、是非、自分のお気に入りのDVD、洋書を見つけてみてはいかがでしょう。

    〇大学での採用試験の対策や準備について教えて下さい。

    本学の教育支援センターの先生方にご指導を戴きながら、試験対策を進めました。教育支援センターには学校現場を経験された先生方が多くいらっしゃいます。わからないことは何でも聞けたので、非常に安心できました。模擬授業の練習や論作文指導などで、夏休みといえども毎日勉強するのはきつかったですが、国際英語学科の先生方をはじめ、多くの先生方に応援して戴いたことで、最後まで諦めずに頑張ることができました。

    〇これからの目標や、今から教員を目指そうとしている後輩へのアドバイスをお願いします。

    今後は、英語を学ぶことが楽しいと感じる生徒を育てていきたいです。そのためにも、残された学生生活の中での模擬授業を通して、「英語の授業の進め方」をしっかり学びたいです。国際英語学科の教職課程では、多くの先生方がサポートしてくださいます。また、大学周辺の小中学校とのつながりも深いため、教職課程での活動の一貫として、ボランティアとして学校現場を知ることもできます。英語教員を目指すにはとてもよい環境だと思います。
    C.H..png
    国際英語学科・教職課程の模擬授業でのC.H.さん

    2. 福岡市 中学校英語教諭採用試験に合格のM.F.さん 
    M.F._face.jpg

     

    〇教員を目指したきっかけを教えて下さい。

    純粋に高校時代の先生方に憧れたからです。実は、国際英語学科に入学した後に英語の点数が伸び悩み、教師になることを諦めかけた時期もありました。ですが、中学校への学校インターンシップで知り合った多くの先生方とのお話の機会を得たり、色々な子供たちと触れ合う中で、教師という仕事に強い魅力を覚え、いつしか「絶対に教師になる!」と考えるようになりました。

    〇国際英語学科で英語力アップの為に頑張った事を教えて下さい。

    国際英語学科の授業の大半は英語で行われます。そのため、ひとつひとつの授業を大切にしました。授業では必らず一番前の真ん中の席で講義を受け、分からないことはすぐに質問をするようにしていました。さらに、ESS(英語部)に入部し、顧問のネイティブの先生の指導の下、何度も英語のスピーチ大会に参加したり、他学科の学生たちと英語のミュージカル制作にも挑戦することで、英語力をつける努力をしました。

    〇大学での採用試験の対策や準備について教えて下さい。

    採用試験では模擬授業がありましたが、それは英語で行うものでした。国際英語学科の教職課程の児童英語教員コースや英語科教育法という授業で、何度も英語での模擬授業を行っていたので、本番も落ち着いて模擬授業を行うことが出来ました。また、本学の教職支援センターからは、実際に学校現場に赴く機会を何度も与えて戴き、採用試験前には書類確認から試験対策の為の講座など、手厚いサポートをしていただきました。私の力だけではなく、国際英語学科の先生方、実際の教育現場の先生方、教職支援センターの皆様のおかげで、合格できたと思っています。

    〇これからの目標や、今から教員を目指そうとしている後輩へのアドバイスをお願いします

    周りにいる人達を幸せにすることができる先生になることが目標です。その為に、在学中はもちろん、先生になってからも英語や教育について、学び続けたいと思っています。また小さな事にも全力を注ぐことで様々なことを吸収していきたいと思っています。教員を目指している後輩には、与えられた機会を大切にし、色々な事を経験してほしいなと思います。私自身、在学期間中に、何かに一生懸命に取り組むことで、必ずものに対する考え方が変わり、自信に繋がることを肌で実感することができました。ときに失敗することがあっても、その失敗は必ず解決策を引き連れてくるので、投げ出さずに取り組むことが大切です。二度と戻ってくることのない大学生活を中身の濃い、実りのあるものにしてもらえたらと願っています。

    M.F..png
    国際英語学科・教職課程の模擬授業でのM.F.さん

    国際キャリア学部国際英語学科では、多彩なカリキュラムを擁した教職課程を用意して、英語教諭を目指すガッツある学生の皆さんを、お待ちしております。
     

    2017年
    12月30日

    University of Baguio(フィリピン)留学報告

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、"Study Abroad" 科目を設けており、在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。このプログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学などの措置をとることなく、通常の4ヶ年の学期中での留学が可能です。

    今回、このコーナーではフィリピンのバギオ大学(
    University of Baguio)に留学をされた、N.R.さんからの報告です。

    P-1.jpg

     

    〇なぜこちらの大学(留学先)に決めましたか。

    私は発展途上国に興味がありました。日本はフィリピンに比べると生活はしやすく、ものに恵まれていますよね。そんな中で、私は発展途上国に住む人々がどんなことを考え、どんな生活をしているのかについて、興味が湧きました。発展途上国と環境に恵まれている日本とを比べたり、未知の文化に触れ人々と交流することで、世界に対する自分の視野を広げようと考え、フィリピンのバギオ大学への留学を決めました。

    授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください。

    バギオ大学は語学学校ではなく、現地の学生が専門的な知識を身に着ける、私立大学です。そのため、授業は英語で進められるとともに専門単語が次々と出てくるので、授業中は先生の講義や学生の発表する意見を録音し、家や図書館で復習を欠かさず行いました。また、授業では自分の意見を発表する機会が多かったので、現地のクラスメイトを見習いながら、積極的に取り組みました。

    P-2_2.jpg
     

    授業以外の活動について教えてください。

    今回フィリピンのバギオ大学に留学したのは、私を含め3名のみでしたので、専攻した学部も違えばクラスも違うことも多く、最初は孤独でしたが、その中でたくさんの現地の学生と友達になることが出来ました。彼らは授業の空き時間や週末にバギオの有名スポットへ案内してくれたり、フィリピンでしか味わえない食べ物をたくさん教えてくれました。私はそうした機会を常に大切にしました。

    P-5.jpg
     

    留学することで何が勉強になりましたか。一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい。

    私は海外に行くことが今回の留学で初めてだったこともあり、留学当初はストレスに感じることがほとんどでした。言葉が違えば文化も違い、人とのコミュニケーションの中で自分が英語を流暢に話せないことが辛いと感じることも多々ありました。しかし、いかに正しい文法で英語を話すかではなく、いかに異文化を受け入れて、人とのコミュニケーションを大事にするかが、本当に大切なことだということに気づくことができました。

    P-3_2.jpg
    クラスメイトと一緒に N.R.さん(写真、右端)
     

    〇将来の夢やこれからの目標を教えて下さい。

    私はフィリピンで多くの素晴らしい人々に出会えたとともに、道端で物乞いをする人を見ることも多く、貧富の差という現実を初めて目にしました。これからはそういった発展途上国が抱える問題をもっと知り、向き合うために、海外ボランティアなど国際協力活動に積極的に参加しようと考えています。

    P-6_3.jpg
    クラスメイトと一緒に N.R.さん(写真、左端)

    国際キャリア学部国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアウーマン形成の応援をしています。

     

    2017年
    12月28日

    (授業紹介)Freshers Seminar:財務省福岡財務支局の方々からの「日本の地域金融の今」についての特別講義

     
    国際キャリア学部・国際英語学科では、主に1年生を対象としたFreshers Seminarと称する科目の中で、社会の第一線でご活躍なさっているビジネスパーソンをお招きし、ご講演をお願いしています。今回は、2017年12月13日の授業のご紹介で、当日は財務省福岡財務支局より、理財部金融監督官の原崇様、そして管財部国有財産管理官の角登麻子様のお二方にご登壇いただきました。
     
    まず、ご講演の前の冒頭15分間、本学教員とのトークを通じて原様のご経歴や、これまでの財務局、財務省本省、金融庁本庁でのお仕事ぶりなど、肩肘張らない形でのお話をいただきました。原様は、財務省入省後に米国への留学や外務省在フランクフルト総領事館での勤務、更には数年間のベトナム勤務など、地方財務局勤務にとどまらない豊富なバックグラウンドをお持ちでおられることからも、ご自身の海外経験も踏まえたお話をいただきました。
     1-Talk.JPG

    本題のご講演では、今まさにご担当なさっている地域金融について、基本的なところから最新のお話まで、踏み込んだお話をいただきました。本学卒業生の就職先には、大手メガバンク、地方銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関が含まれます。原様のお話は、金融機関への就職を考える学生にとっても、大変参考になる内容でした。

    2-Presen.JPG

    以下、ご講演内容のポイントをご紹介しましょう。

    1.そもそもの疑問として、金融とは何でしょう。

    字面から見ると難しく見える用語ですが、「金融」とはそもそもお金の余っているところから不足しているところへと融通することです。このような、お金の融通を仲介する代表的な機関が銀行であり、証券会社、保険会社です。

    2.地域に根ざす地域金融機関には何があるのでしょう。

    地域金融機関には、地方銀行、信用金庫、信用組合のほか、地場証券会社や保険代理店などがあります。福岡市内にも、こうした金融機関がたくさん存在して、ビジネスをしています。

    3-Gakusei.JPG
     

    3.現在、地域金融機関が置かれた現状はどうなのでしょう。

    昨今、人口減少による顧客(お金の借り手)の絶対数の減少、日本銀行による超低金利政策により金融業で利益が出にくい状況にあるなど、地域金融機関が直面する現状には大変厳しいものがあります。

    4-Kyousitu.jpeg
     

    4.今後の地域金融機関の進むべき道は。

    地域金融機関には、今、生き残りをかけた取組が求められています。そもそも、金融機関は企業活動の後押しをすることを通じて、自分たちの利益を獲得していくべきものです。従って、厳しいながらも成長性のある企業、産業をよく見て、地元地域のことを真剣に考え、そこで一所懸命に頑張っている企業に対して適切な融資を行って行くことが、地域金融機関には求められます。また、地域の中小企業の中にはグローバル展開を進めており、安価な労働力を求めて支社や工場を途上国へ移転させている、又はそういった希望を持っているところも多くあります。地元中小企業の国際展開を後押しする意味でも、地域金融に求められる役割は重要です。

    この日のお話の主題は、原様が実際に日々携わっている地域金融のご紹介、ご説明でしたが、一緒にお越しになった角登麻子様からは、福岡財務支局での職場環境、お仕事の内容についてお話をいただきました。角登様は、本学院の中学校・高等学校の卒業生でもあり、久しぶりに本学を訪れたとのこと。

    財務省というと非常に堅苦しいイメージが付きまといますが、角登様が勤務なさっておられる職場は女性職員に対する配慮が行き届いており、比較的自由度の高い業務内容にやりがいを感じているとのコメントをいただきました。


    5-Woman.JPG

    ご講演の後には、学生から質問が出されました。主な質問をご紹介いたしましょう。

    Q1:金融というと、難しい印象を抱いてしまいますが、就職先に選ぶ際に、学生時代に習得すべき知識や勉強内容についてアドバイスをいただけますか。

    A1:確かに、金融論といった話になるとハードルが高いと思います。ただ、大学生の間にそんなに難しいことを習得する必要はなく、銀行などに就職した後に知識を習得する機会は多々あります。むしろ、大切なのは問題意識をしっかり持つことだと思います。金融業は単なる金貸業ではありません。企業活動への融資などを通じて、企業の発展やグローバル化、ひいては地域活性化などに間接的に貢献できる業態です。金融機関は何をしているのか、自分は何をしたいのか、ご自身でよく考えることが重要です。金融機関を目指すのであれば、そういった問題意識と強い自覚を持っていくことが重要だと思います。

    Q2:財務省という職場の魅力や、アピールポイントは何でしょう。


    A2:色々ありますが、自分自身できちんと問題意識を持って事に当たれば、とてもやりがいのある仕事ができるということでしょうか。これまで色々な仕事をしてきましたが、どれも面白い仕事でした。また、海外に出る機会にも恵まれています。福岡財務支局で採用になった職員は、本省庁勤務の機会がありますし、これまでには海外の国際機関に長期間赴任した(女性)職員の事例などもあります。比較的自由度の高い職場だと思います。どの職に就くにしても、大切なことは自分の考えや信念をきちんと持つことですが、そういう方にとっては、財務局は面白い、魅力的なところだと思います。

    国際キャリア学部国際英語学科では、様々なグローバルシーンの第一線で活躍する国際キャリアウーマンの育成を図るために、社会人諸先輩方との交流を通じた実学ベースでのビジネス教育を実践しています。

     

    2017年
    12月17日

    【授業紹介】Discussion Skills、English as a Global Language:実践(戦)的英語力の習得を目指します 

    今回、このコーナーでは、国際英語学科のカリキュラムの中で、特に実践的、あるいは、実「戦」的英語力の習得に取り組んでいる科目を二つご紹介いたします。一つは、「Discussion Skills」、もう一つは「English as a Global Language」です。二つとも英語表記の科目ですね。授業内容は一体どういうものなのでしょうか。少し具体的にご紹介しましょう。

    ▪️Discussion Skills 
    この授業での使用言語は英語のみです。ネイティブ教員との意思疎通、及び学生同士のディスカッションも、原則として英語によってのみ行われます。また、机の配置が縦一列のスクール形式から、グループ・ディスカッション用に互いが向き合える形に変えられます。次に、教員からグループ毎にいくつかのテーマが与えられます。それは、日常生活に関するもの、趣味に関するもの、スポーツに関するもの、社会的ニュースに関するものだったりします。

    IMG_3769.JPG


    学生はグループ・ディスカッションを通して、最も関心のあるテーマを一つ選び、選んだテーマに即して短いプレゼンテーションの文章を起こします。プレゼンテーションの準備は、グループ単位で行われます。ネイティブ教員がひとつひとつのグループを回って、プレゼンテーション準備をサポートします。教員との会話はもちろん、全て英語です。

    IMG_3775.JPG

    グループ毎のショート・プレゼンテーション準備に余念がありません。

    IMG_3774.JPG

    授業では、教員から文法や翻訳内容を一方的に伝えるだけの方法を回避して、学生が自分達で考え、文章を起こし、クラス全員に向けて発信するという能動的行為の育成を基本としています。人の前でしかも英語で話すという行為は、実は私たち日本人が最も不得手としているスキルですよね。

    IMG_3782.JPG


    ▪️English as a Global Language
    この授業では、学生の英語聞き取り能力の鍛錬を目標とした内容となっています。私たち日本人は、英語の読み書きについては小学校から授業を通して学んできましたが、ネイティブの英語表現を的確に聞き取る練習は十分に行われて来ておりません。コミュニケーションの基本は、まず相手が何を話しているかをリアルタイムで聞き取るところから始まります。授業では、ネイティブが話す英語ニュース、講演会、日常会話に関するショートビデオが流され、それを聞き取る練習を行います。ビデオは、ネイティブの表現、スピード、単語が用いられます。少し、高度な内容かも知れませんが、学生は聞き取りに集中します。

    IMG_3753.JPG

    聞き取りに際しては、ビデオの内容に関する質問文が事前に配られます。学生は、聞き取りの内容を質問に答えられるように、解釈し、英文で回答を作成します。ビデオの終了後、各自が作成した英文回答を、グループ毎に意見交換を行い、最終案を取りまとめます。グループディスカッションは、原則として英語での会話のみとなります。

    IMG_3761.JPG


    各グループの代表者が、英文回答をショートプレゼンテーションの形式で、クラスの前で発表します。教員は、回答の妥当性についてのコメントを与え、関連事項を英語で補足します。

    IMG_3762.JPG


    国際英語学科では、英語を国際社会でのコミュニケーション手段として改めて明確に位置づけ、このコミュニケーション手段を様々なビジネスシーン、あるいはアカデミックシーンに於いて実際に使用し、英語力をグローバル戦力とすることを目標にしています。

    国際英語学科はビジネス界に於ける女性に対するグローバル人材ニーズに応えるために、実践(戦)的英語力の習得を応援します。

     

    2017年
    12月15日

    Monash University(オーストラリア)留学報告 帰国後のTOEICスコアが190点アップ!!

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、"Study Abroad" 科目を設けており、在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。このプログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって、単位認定がなされるので、休学などの措置をとることなく、通常の4ヶ年の学期中での留学が可能です。

    今回、このコーナーではオーストラリアのモナシュ大学(Monash University)に15週間の留学をされた、R.M.さんからの報告です。
    MNS-1.JPG

     

    Q1: 留学前と留学中に英語力をつける為に工夫したことはありますか?

    A1: 留学前は単語帳を1冊覚えてみようとしたり、YouTubeで英語関連の動画を観たりと、基本は見る・聞くといった形で力をつけようとしていました。でも留学中は、相づちでも簡単な単語を使っての会話でもいいから、とにかく英語を口に出すようにしていました。簡単な単語だからと言って伝わるわけではないので、その時は相手が何とか汲み取ってくれて、後でどんなふうに言ったら伝えられたかなと、考えていました。また、友達が考え出した案で、登下校中に英語でしりとりをしたり全部英語で話したりもしていました。これらは話す練習には持って来いでした。
    MNS-4.jpg

    Q2: 留学を通して、一番の自分の強みになった点や変化したところ、勉強になったところを教えて下さい。

    A2:留学をしてからは、自分の中で物事に対する考え方が増えたと感じます。それは向こうでみんな自分とは違う考えをたくさん持っていて、それに影響を受けたのだと思います。だから、今は考え方なんて沢山あるのだと思うようになって、留学前より自分の意見をストレス感じることなく言えるようになっています。また、留学先の人たちはなんだか自分に素直に生きているようで、それが魅力的で、私はあまり周りの目を気にしないようになりました。この考えは凄くて、私は人生が以前よりも楽しくなりつつある気がしています。なんだか人生の楽しみ方を学んだみたいです。

    MNS-3.JPG

    生活の中で勉強になったことは生活のリズムを作って充実した毎日を送ることです。これは学校の先生から言われたことで、試したら勉強も遊びもできて本当に中身ある日々を過ごすことができました。勉強面での変化として一番よかったと思うところは、気になったらすぐに調べるようになったことです。人に聞いてばっかりだった私がこんなに調べるようになったのは自分でも驚きです。

    MNS-2.JPG

    Q3: 将来どのような職業に就きたいですか?夢があれば教えて下さい。

    A3: 私は将来、自宅で英会話教室を持つことが夢です。子供たちと色々なアクティビティをしながら、楽しく英語が話せる環境を作れたらいいなと考えています。その為に、まずはTOEICは800点以上を目指し、児童英語の授業で少しでも将来活かせる知識や実践を習得しようと、履修しています。

    MNS-5.jpg

    R.M.さんは、帰国後に受験されたTOEICでは、スコアが留学前と比べて190点もアップするという好成績を残されました。15週間の海外生活によって、英語力が短期間に格段のアップを見ることとなりました。

    国際キャリア学部・国際英語学科は、多様な異文化コミュニケーションの場を留学プログラムという形で提供し、在学生の国際キャリアウーマンへの道を応援しています。


     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE