• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2016年
    08月15日

    国際交流領域:ゼミ東京研修報告①

    国際英語学科の専門領域に「国際交流領域」があります。国際交流という視点からプロフェッショナルの職場を訪問し、現場の声を聴く試みが川端ゼミで毎年行われています。

    川端教授は2013年に本学に赴任するまで、国連本部(NY, USA)政治局政務官として25年間国際紛争解決に携わってきました。ゼミ生は国際的な紛争の原因や国際交流の重要性について学んでいます。

    2016年7月31日から2泊3日で東京研修を実施しました。今回の研修は2部構成で、第1部では国連機関で働く現役国連職員の話を聞き、第2部ではテレビ朝日と朝日新聞社を訪ねて国際報道の現場を体験しました。上の写真は東京にある「国連大学」の正面です。

    国連オフィス訪問の概要はチームリーダーのM.N.さん(国際英語学科3年)がまとめました。以下M.N.さんの報告です。

    2016年8月1日(月)午前 国連大学(United Nations University)訪問

    図書館室長の松木麻弥子様の案内で、大学図書館やウタント国際会議場を見せて頂きました。図書館では「国際連盟」(League of Nations)時代からの会議の資料が保管されていたことに驚きました。会議場は広く設備が充実しており、大統領を含め世界中から人々が集まるということに感銘を受けました。

    川端16:2.jpg
    ウタント国際会議場 前列右端が松木様

    その後同じ建物内の UNICEF(United Nations Children's Emergency Fund:国連児童基金)を訪問し、資金調達スペシャリストのロビンソン麻己様からお話を伺いました。UNICEFでは全ての子ども達の権利が守られる世界を実現するために途上国の自立を支援しています。

    川端16:3.jpg
    UNICEF 前列中央がロビンソン麻己様

    午後は UNDP(United Nations Development Programme:国連開発計画)を訪問して、安部由紀子広報担当官からお話を伺いました。UNDPは世界を変えるための17の目標を掲げ、民間企業とも協力して途上国の持続的発展を支援しているとのことでした。

    川端16:4.jpg
    UNDP 前列右から3人目が安部由紀子様

    続いて UNIC(United Nations Information Centres:広報センター)を訪問して Knowledge Management Assistant の千葉潔様からお話を伺いました。広報センターは国際連合という組織及び活動をより多くの人々に理解してもらえるように精力的な広報活動を行っています。

    川端16:5.jpg
    前列中央が千葉潔様

    今回の研修を通して国際連合という組織が様々な機関と協力しながら世界の平和と安全の維持に努めていることを強く実感しました。国際社会に貢献できる仕事をしたいと考えている私にとって、実に多くのキャリアパスがあることが分かり、将来自分が目指すべき道が見えてきました。

    国際社会や世界の出来事に関心のある皆さんはぜひ国際英語学科で私たちと共に学びましょう。

    次回は報道機関を訪問した際の報告を行います。

    2016年
    08月03日

    1年間でTOEICスコア310点 UP!その後留学

    国際英語学科の3年生 H.H.さん(熊本県出身)のTOEIC学習法と留学体験記を紹介します。

    Hさんは本学での1年間の学習でTOEICスコアが310点伸び、2年次夏に720点を取得しました。文部科学省が英語教員に求める英語力が730点以上なので、入学から1年半でほぼこの基準をクリアしたことになります。

    留学前にしっかりと英語力をつけ、その後 the University of Auckland(ニュージーランド)に留学しました。

    □留学する前にTOEIC IPスコアが310点伸びました。勉強法について教えてください。

    私は洋画が好きなので字幕で観た後に字幕なしで観るようにしたり、TOEICの単語帳を購入してできるだけ多くの単語を覚えるようにしました。また、TOEIC公式問題集を購入して実際に問題を解いてみたり、リスニングパートを毎日何度も聴くよう心がけていました。

    □留学先を UA に決めた理由は何ですか。また、実際に留学しての感想を聞かせてください。

    まず、ホームステイであったということです。ホームステイをすることで現地の文化や生活を学びたいと感じました。また、ニュージーランドは治安も良く、費用も割安だったので決めました。実際、とても住みやすく自然も豊かで人の優しさに触れることができ、とても素敵な経験になりました。

    □留学することでどんな力が付きましたか。

    英語力はもちろん、コミュニケーション能力がかなり伸びたと感じています。現地の人と英語でコミュニケーションをとるのは簡単なことではありませんが、少しずつ慣れニュージーランドのなまりや発音も聞き取れるようになりました。

    SA15本田4.jpg

    □留学経験を今後どう活かしていきたいと考えていますか。

    留学で学んだ英語力をもっと伸ばすためにも、TOEICの勉強を続けていきたいと考えています。また、外国人とコミュニケーションをとれるような国際交流会などにも積極的に参加していきたいと思います。

    □将来の夢があれば教えてください。

    将来は海外の旅行会社で働きたいと考えています。

    SA15本田3.jpg

    ※ H.H. Thank you for your report. Your comments are quite valuable. Please keep on studying and make your dream come true.

    2016年
    07月30日

    教員採用試験一次合格速報

    国際英語学科の前身である人文学部英語学科(2013年度募集停止)の4年生が「熊本県公立学校教員採用選考考査」一次試験に合格しました。

    熊本県は募集定員が14名(内、小・中学部門6名以上)であるため、中学校のみの募集定員は7〜8名という極めて倍率の高い県の1つです。今後二次試験でさらに絞られますが、一次試験に合格しただけでも高く評価できます。

    その中で英語学科4年生(細川ゼミ)が一次試験を通過しました。3年次のTOEICスコアは750点で、文部科学省が英語教員に求める英語力730点を昨年時点でクリアしています。卒業までに900点以上(990点満点)を目指して勉強に励んでいます。

    国際英語学科では人文学部英語学科の教職課程を引き継ぎ英語教員養成にあたっています。特に力を入れているのが、英語を使ったコミュニカティブな指導法です。指導教官の細川教授はオックスフォード大学出版社、ブリティッシュ・カウンシル等主催の英語教員向けワークショップで全国的に講演活動を行っています。

    将来英語教員をめざす高校生は是非「国際英語学科」を志望校としてご検討下さい。

    2016年
    07月22日

    2016 Study Abroad: Students' report No.3

    国際キャリア学部では2年次に「Study Abroad」科目を設けています。1学期間の留学で16単位、2学期間の留学で32単位が取得できます。

    今回は国際英語学科から St. Mary's University(カナダ)に留学している M.K. さんの留学レポートを紹介します。

    □ なぜSMUに留学したのでしょうか

    大学のある敷地内に語学学校や寮があることが魅力的だったからです。また、留学費用や治安の良さなどからSMUに決めました。

    □ 授業は順調に進んでいますか

    基本的にテキストを使って授業が進められますが、特にコミュニケーションや実践的なことを中心とした内容に力が入れられています。ペアワークやグループワークがメインなので発言できる機会が多いところが特徴です。

    吉瀬SMU2.jpg

    □ クラスの雰囲気を教えてください

    自由に発言できる雰囲気があり楽しく授業に参加しています。私のクラスには日本人を始め、韓国、サウジアラビア、クウェート、シリア、メキシコなど様々な国から学生が来ています。皆とてもフレンドリーでアクティブなので放課後や週末を一緒に過ごすこともあり毎日が充実しています。

    □ 授業以外の活動について教えてください

    毎週末に楽しいイベントが開催されるので参加しています。パレードやフェスティバル、ローラースケートなどのアクティビティが行われ毎週末暇な時間を過ごすことがありません。また、大学内にジムやサウナが設備されているのでよく利用しています。

    □ 留学することで何が勉強になりましたか

    コミュニケーションと自立心です。お互いの文化、人種、価値観などを尊重し合いながら意見を交換し合うことでかなり視野が広がりました。また、寮生活では身の回りの生活に欠かせないことは自分でしなければならないという責任感から自立心を学び、留学前より自分に自信を持つことができたと思います。

    吉瀬SMU3.jpg

    ※ M.K. Thank you for your report. Your comments are quite valuable. Please keep on studying and enjoying your life at SMU.

     

    2016年
    07月16日

    出張講義紹介:明光学園中学高校 2016/7/14(木)

    明光学園中学高等学校(福岡県)
    講師:細川博文教授(国際キャリア学部長)
    テーマ:人を動かす英語力

    「英語を使って仕事をする」そこで求められる英語力とは一体なんでしょうか。単語の意味は分かっているのに文章が理解できない。また、英語力はあるのにコミュニケーションがとれない。こうした笑うに笑えぬ現状を克服するためには、英語力を越えた総合力・人間力をつけるほか道はありません。

    これはまさにOECDが提案する「21世紀コンピテンシー」と重なってきます。「技能的英語学習」から「人を動かす英語力」、一歩先を見つめた英語学習について一緒に考えてみましょう。

    後日談:35名の中学3年生〜高校生3年生の皆さんが参加しました。こちらの中高では毎年お話をさせて頂いていますが、とにかく真面目な生徒の皆さんです。講義中のペアワークもしっかり行い学年を越えて話し合っていたのが印象的です。頑張って下さい。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE