• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2017年
    05月24日

    Study Abroad report: UTM

    2017年度が始まり17名の国際英語学科の学生が「Study Abroad」(留学科目)を履修し海外で学んでいます。今回は University of Tennessee, Martin(テネシー州立大学マーチン校)に留学中の M.G.さんのレポートを紹介します。

    □ なぜUTMに留学することを決めたのですか

    私がUTMに留学を決めたのには2つの理由があります。1つ目の理由は、少人数のクラスで授業を受けられるということです。1クラスの学生数は10人程度なので、先生の指導もしっかり受けることができます。2つ目は、他の大学に比べて滞在期間が長く費用も割安なことです。

    権藤2 (1).jpg

    □ 授業は順調に進んでいますか

    基本的に教科書に沿って授業があります。毎日、宿題が出され、頻繁にクイズやユニットテストがあるので、初めの一か月は大変でしたが、次第に慣れてきました。

    □ クラスの雰囲気を教えてください

    クラスは少人数なので疑問に思ったことを質問しやすい環境です。クラスメイトには韓国、中国、サウジアラビア出身の学生もいます。先生方もとても優しいので授業以外でもお話ができ、スピーキング、リスニングの練習にもなっています。

    権藤3 (1).jpg

    □ 授業以外の活動について教えてください

    TIEPのイベントが頻繁にあるのでそれに参加しています。また Japanese Clubの活動にも参加して、日本の文化について一緒に学んでいます。私は毎週、教会に行きSunday Schoolと礼拝に参加しています。教会では色々な方と繋がるいい機会になっています。
     
    □ 留学することで何が勉強になりましたか

    外国の方とコミュニケーションをとる上で「積極的な姿勢」が一番大切だと思いました。アメリカの方たちは、すれ違う時でも気さくに話しかけてくれるので、それに応えることができる積極的なコミュニケーションが必要です。

    Miss M.G. is going to study at UTM for two terms, 35 weeks, and coming back to Japan in December. She will receive 32 credits after successfully completing her study.

    Thank you, Miss M.G. I hope you keep enjoying your study at UTM. 
     

    2017年
    05月17日

    全日本模擬国連会議 参加報告②

    2016年12月26日〜29日にかけて行われた「全日本模擬国連会議」に国際英語学科3年生 S.I. さん(現4年生)が参加しました。今回はその報告の2回目です。出場した感想を紹介いたします。

    場所:池袋ホテルメトロポリタン会議室

    全日本模擬国連会議とはその名の通り、これまでに行われた国際会議を数日間に凝縮して模擬会議を行うものでした。私が参加した「核兵器不拡散条約(NPT)再検討会議」とは5年に一度締約国が一堂に会して核軍縮について議論を行う会議です。今回は2015年度再検討会議を4日間に渡って行いました。

    会議は2つの委員会に分けて開かれ、「委員会1」では核軍縮に関する論点を取り上げ、核兵器の非人道性や中東問題等に対して一国の代表としての意見を述べました。また、限られた会議時間内だけでなく夜遅くまで交渉は続きました。

    「委員会2」では核の平和利用が大きく取り上げられました。原子力発電などの原子力の平和利用やその権利、技術の相互協力について、国益に基づいて議論を重ねました。

    会議では個人と切り離して一国の代表という異なった視点から問題と向き合い発言することで貴重な体験をすることができました。また、普段交流する機会が少ない学生たちと共に問題に取り組んだことはとてもよい刺激になりました。

    伊藤2.jpg

    第28回模擬国連会議全日本大会閉会式

    現在は国際連合本部(New York)で政務官を務めた川端教授の国際外交ゼミで、様々な国際問題の背景と解決方法を研究しています。そのなかでも核軍縮の研究について研究を続けているところです。

    以上、S.I. さんからの報告でした。国際英語学科は国際交流・関係分野や英語教育・英語学分野などをとおして英語を使って国際キャリア力を身につける学科です。2018年3月に1期生が卒業します。

    学部の基となった人文学部英語学科では90%が企業に就職しており、国際英語学科も同様の進路が期待されます。「高度な英語を使ってキャリアを形成する」そのような夢を持っている皆さんをお待ちしています。

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE