• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2015年
    08月31日

    ​Summer English Camp報告②

    Summer English Campもいよいよ最終日を迎えました。

    この日の午後は、学生たちによるプレゼンテーションを行いました。プレゼンテーションは各グループ15分から20分程度で行われ、学生たちは一週間の学習成果を披露しました。
    ke_20150831_02.jpg
    それぞれのプレゼンテーションについて、今回お招きしたネイティブの先生からアドバイスをいただき、学生たちはプレゼンテーションのノウハウを学びました。
    ke_20150831_03.jpg
    プログラムの最後には、Summer English Camp参加者全員に修了証書がわたされ、今年度のSummer English Campも無事に終了することができました。
    ke_20150831_04.jpg
    ke_20150831_05.jpg

    2015年
    08月27日

    Summer English Camp 報告①

    国際英語学科では選択必修科目の1つとして海外留学科目を履修しない学生を対象に「Summer English Camp」(2単位)を開講しています。今年は8月24日(月)〜29日(土)まで行われます。この間学生達は大学での授業の他に学内の寮に泊まり込み、まさに「英語づけ」の生活を送ります。また、講師は短期プログラムを専門とする教師をイギリスから招聘します。

    今日で開始から4日目。受講生も生活に慣れ午前9時〜午後6時30分まで学習、夜は寮で最終日のプレゼンテーションに向けた準備を行います。最終日のプロジェクトの様子は次回の報告でお伝えします。以下、授業の様子です。

    SEC15:2.jpg

    SEC15:4.jpg

    SEC15:3.jpg

    SEC15:6.jpg

    The Department of English as a Global Language (EAGL) has a special programme called "Summer English Camp" for the students who do not study abroad. The SEC is held this year from the 24th to the 29th of August. Two credit hours will be given to this programme.

    The students study from 9.00 am till 6.30 pm in the classroom. They stay at a residence hall on campus during this camp, and even there they study to prepare for the presentation on the final day. They use English literally "from morning till night", i.e. "all day long".

    The final presentations and others will be reported in the next blog article.

    2015年
    08月23日

    Mini Open Campus 2015.8.23 報告

    本日(2015/8/23)Mini Open Campus が本学で開催されました。

    国際英語学科は多数の皆さんの来場を頂きました。福岡市の留学生協会から外国人学生の訪問もあり、高谷学科長が中国語で学科紹介を行いました。ちなみに高谷学科長は日本語、英語、中国語の3カ国語を母語として話します。

    MOC2.jpg

    以下本日のMOCの様子をご紹介します。

    MOC4.jpg

    MOC6.jpg

    MOC5.jpg

    和やかな雰囲気であっという間に終わりましたが、途中高谷学科長とSherriff 教授が深刻な打ち合わせを始めました。国際英語学科は、母語話者を問わず学科内では「英語」を公用語として使っています。

    MOC3.jpg

    次回 Mini Open Campus は 2015/10/4(日)午後1時〜4時です。入試相談も受け付けていますので、多くのご来場をお待ちしています。

    The Mini Open Campus was held today. We thank all the students who participated in this event. 

    Today a lot of Chinese students visited the department booth, for whom Dr Takaya, department chair, explained department education in Chinese. Dr Takaya is a trilingual, and speaks Japanese, English and Chinese as his native languages.

    English is an official language in the EAGL department. The teachers and the students use English as a communication tool inside and outside the classrooms.

    The next Mini Open Campus is to be held on Sun. 4 October from 1 to 4 pm. We will welcome any questions including entrance examinations. We look forward to seeing a lot of students again. 

    2015年
    08月23日

    模擬授業 English for Young Learners

    本日(2015/8/23)Mini Open Campus が開催されました。

    国際英語学科では平田准教授が「English for Young Learners」と題して本学の「児童英語教育指導員養成コース」の紹介を行いました。

    平田2.jpg

    現行学習指導要領では小学校5・6年生が外国語活動として週1時間英語を勉強しています。文部科学省は近い将来小学校3年生から外国語活動、5年生から教科として英語を導入することを検討しています。

    平田4.jpg

    平田3.jpg

    本学科は児童英語教育指導員養成講座を開講しており、2名の教員が担当しています。国際化の流れで児童英語教育の重要性が増すと共にその分野の専門家が求められる時代になります。将来の職業の選択肢としてぜひご検討ください。

    The Mini Open Campus event was held today. Dr Hirata gave a workshop titled "English for Young Learners". The Department of English as a Global Language (EAGL) has a teacher-training course for young English learners.

    The present guidelines by MEXT (the Ministry of Education) require primary schools to have a class called foreign language activities. It is said, however, that the MEXT will introduce foreign language activity classes at the third-grade and English classes at the fifth grade at primary schools in the near future.

    The EAGL has two instructors in this field. As globalisation proceeds, professional teachers in this field will be needed at schools. The department provides opportunities to study this area as one of your career choices.

    2015年
    08月21日

    川端教授 報道記事紹介 2015.8.12 毎日新聞

    川端教授の記事が「毎日新聞(朝刊)2015.8.12(水)」に掲載されました。

    ke_20150629_01.jpg
    (元国際連合政務官安全保障理事会担当)

    記事タイトル:どうする安保
    「対米依存に危うさも。集団安全保障 国連を通し強化を」

    現在安全保障法制が国会で審議されています。その中でも集団的自衛権に関しては多くの反対意見が報道等を通じて紹介されています。本記事では日米同盟及び国連との関係から現状を分析し、「国連を通した集団安全保障の強化」について意見を述べています。詳しくは毎日新聞朝刊(8月21日)23面をご覧下さい。

    国際英語学科は学問領域の1つに「国際交流分野」を置いています。民間レベルの交流から国際機関による高度な国際関係調整まで幅広い分野を研究対象にしています。世界の動きを知ることは、すなわち自国の歴史を知ることでもあり、積極的に社会にコミットすることを意味します。高度な英語力と併せてグローバルな視点を育成します。

    Professor Kawabata's opinion on collective security was introduced in the column of Mainichi Shinbun on 12 August 2015. He maintained in the article that it would be significant to strengthen the role of collective security through the United Nations.

    One of the study areas in the Department of English as a Global Language (EAGL) is international relations and exchanges. It covers a broad area from exchange programmes by private sectors to high-level political negotiations by international organisations.

    Learning current affairs in the world encourages you to understand a history of your own countries. In other words you will more actively commit yourselves for the prosperity of the world. The EAGL department has a wide range of programmes to enhance your English abilities and your ability to analyse international affairs. 

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE