• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2014年
    12月26日

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン1 受験での英語面接のツボ

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン1
    受験での英語面接のツボ(その1-英語例文付)


    kc_20141226_01.gif受験生の皆さん、そして高校生1・2年生の皆さん、受験シーズンがやってきました。
    受験生の皆さんは目前に、その他の高校生の皆さんは近い将来、英語面接を受ける方がいるかもしれません。留学をせずに日本で勉強してきた皆さんにとって、これは悩ましい問題かもしれません。
    しかし、面接を選んだとするなら悩むことなく準備にとりかかりましょう。

    このシリーズでは英語面接のツボを紹介します。
    とは言っても大学によって求められる英語レベルは様々なので、ここでは一般的な心構えと英語表現を紹介します。

     

    1.やさしい英語を使うこと

    英語面接は受験生と面接官とのコミュニケーションを総合評価します。したがって、面接を通してやさしい英語で、つまり自分の言葉で考えを表現することが大切です。
    難しい表現を使って完璧に英語を覚えたとしても、面接官の質問で口ごもってしまえばかえって印象を悪くします。これは絶対に避けたい。
    「失態は避ける!」これが英語面接の鉄則です。やさしい英語で表現できる、とは実は難しいことなのです。

     

    2.発音・イントネーションを大切に

    英語は日本語と違ってイントネーションのある言語です。また、子音+母音の日本語と異なり、英語は子音が続く単語も多くあります。
    例えば、splendid(すばらしい)。子音が3つ続いて初めて母音が現れます。個々の単語をしっかり発音すると共に文のイントネーションにも注意を払って下さい。
    文章を覚えるときはイントネーションに注意して練習するということです。短時間の面接は「印象」がものを言います。面接官にいかによい印象を与えるか、これが勝負です。短い会話文の暗記、教科書の音読をしっかりやって下さい。

     

    3.自己紹介①

    さていよいよ自己紹介。ここで大切なことは「あわてない」ことです。そのためにはやさしい言葉で順を追って話しましょう。例えば、

    My name is Sakura Fukuoka. I am from Oita city. Actually I was born in Nagasaki, but I moved to Oita when I was one. Since then I have lived in Oita. 

    こんな調子で始めてよいのです。出身地は言わなくても構いません。日本語面接では触れないこともあります。

    ただし、出身地を述べる場合は具体的に伝えることを勧めます。つまり「Oita」と言っても「Oita city」なのか「Oita prefecture」なのか分かりません。
    また、生まれが異なる場合は、どこで生まれてどこに移ったのか、などを具体的に説明すると面接官に伝わりやすいですね。

    また、上の例文ではしっかり「過去形」と「現在完了形」が使われています。適切な文法が使われているか、これも審査の対象になり面接官が目を光らせています。

     


    自己紹介①をまとめると、(1)あわてない、(2)具体的に、(3)正しい文法で、でした。

    次回は高校での生活について紹介しましょう。お楽しみに。

    2014年
    12月18日

    川端教授が国際シンポジウムでパネリストとして参加しました

    国際キャリア学部国際英語学科の川端教授が、先日大阪大学大学院で開かれた国際シンポジウム「国連安保理改革はなぜ進まないのか:現状と展望」にパネリストとして参加しました。

    川端ゼミの学生も自主参加し、デイビット・マローン国際連合大学学長(国連事務次長)や 外務省関係者の講演を聴き、安保理の現況や日本の置かれた立場などを学びました。
    当日は、基調講演をされたマローン国際連合大学学長と川端先生を囲んで記念撮影!!
    国際社会で働くことを目標とする学生たちにとって、大いに刺激を受けた1日となりました。
    ne_20141216_02.jpg

    2014年
    12月16日

    細川教授 聖和女子学院で英語教員対象 Workshop

    国際英語学科 細川教授が聖和女子学院中学高等学校で開催された英語教員を対象とする私学支援事業ワークショップに講師として招聘されました。

    聖和女子学院中学高等学校(長崎県佐世保市)は1953年設立のカトリックの女子校です。在学生の語学教育、及び英語教員の研修を積極的に行っている学校です。今回のワークショップは長崎県の支援を受けた「輝く私学支援事業」の一環として開催されました。

    細川教授の専門は応用言語学。学科では英語教育分野、特に英語教職科目を中心に授業を行っています。今回のワークショップは「How to Elicit Students' Responses: Basic Teaching Skills」と題して、英語で英語を指導するコミュニカティブな指導法の実践について講演を行いました。参加者は小学校から中学・高校の先生、塾講師や大学院生と多岐にわたりました。

    学習指導要領の改訂を受け、高等学校では「英語で英語を」教えることが期待されています。この方針は近い将来中学校でも採用されると考えられています。そこで、日本語訳に頼らないコミュニカティブな指導法について90分間話しをしました。

    将来、教育職(英語)につきたいと考えている皆さんは、是非本学をご検討下さい。

    2014年
    12月11日

    川端教授 国際シンポジウムに参加

    国際英語学科 川端教授が大阪大学で開催された国際シンポジウムにパネリストとして参加しました。下記の情報は大阪大学HPから一部転載したものです。詳しくは大阪大学のHPをご覧下さい。http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/ja/event/2014/11/2014121114401700.html
     

    OSIPP創立20周年記念講演会シリーズ第10回
    (第68回OSIPP政策フォーラム)
    国際シンポジウム「国連安保理改革はなぜ進まないのか:現状と展望」

     
     国連は、来年2015年に創設から70周年を迎えます。また、2016年は日本の国連加盟から60周年となります。そのためもあり、国連の主要機関の中でも、特に安保理が現状を反映しておらず、制度疲労を起こしているとの声さえ聞かれます。しかしながら、安保理の改革をめぐる議論や機運はアナン事務総長時代の10年前と異なり、改革の中身の議論が深まっていないのが現状です。日本国内では、常任理事国入りの強い願望があるように見受けられるものの、国民世論も思うほどは盛り上がっていない印象があります。
     本シンポジウムでは、デイビット・マローン国連大学長(国連事務次長)や外務省関係者などをお招きし、安保理改革をめぐる議論の現況や可能性、そして日本の立場・考えを議論することで、安保理改革を再度考える機会にしたいと考えています。
     
    日時:2014年12月11日(木) 14:40-17:00 (開場:14:00) 
    場所:大阪大学大学院基礎工学研究科国際棟シグマホール 
    使用言語:英語、日本語(同時通訳あり) 
    主催:大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP) 

    基調講演 (以下敬称略) 
    デイビット・マローン(国際連合大学学長、国際連合事務次長) 
    リチャード・ゴーワン(ニューヨーク大学教授、同国際協力センター副所長) 

    パネリスト (上記2名のほかに) 
    有馬裕 (外務省総合外交政策局国連政策課長) 
    川端清隆(福岡女学院大学教授、元安保理担当国連政務官) 
    星野俊也(大阪大学副学長・国際公共政策研究科教授、元国連代表部公使・参事官) 

    司会 
    竹内俊隆(大阪大学国際公共政策研究科教授)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE