• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2014年
    05月12日

    国際キャリア学部OPEN DAY:2014.5.18

    2014年5月18日(日)11.00-16.00 今年最初のOpen Dayを開催します。
    このお知らせは学部全体に関する情報を記載しています。

    国際キャリア学部は人文学部英語学科(2003年開設、2013年学生募集停止)を母体にして2014年4月に開設されました。初年度より多くの志願者があり「グローバル人材」育成に対する皆さんの関心の高さを実感しました。

    まず学部・学科名を覚えて下さい:FICD, EAGL, ICD

    国際キャリア学部(Faculty of International Career Development)
    国際英語学科(Department of English as a Global Language)
    国際キャリア学科(Department of International Career Development)

    FACTを覚えて下さい:「Faculty Act」のことで、学部としての実行力をお約束します。

    FACT 1:女性のリーダーを育成します

    女性の社会進出が強く求められていますが、本当に必要なのは「女性のリーダー」です。欧米においても女性がリーダーの地位に就くことの難しさが指摘されています。女子大だからこそこの事実を真剣に受け止めているのです。
    特徴1:女性のリーダーを育成します。

    FACT 2:グローバル人材の育成は「学部」で行います

    グローバル人材には「高度な英語力」と「実践的批判思考力」が求められます。こうした力を育成するためには各分野の専門家集団と教育指導ノウハウの有機的統合が必要です。人文学部英語学科が10年かけて築いた英語指導法と海外から加わった専門職教員による新たな教育が始まろうとしています。
    特徴2:共通基盤は学部で作る。

    FACT 3:専門領域は「学科」で深めます

    国際英語学科の専門領域:
     国際交流、英語教育、英語学
    国際キャリア学科の専門領域:
     国際ビジネス、異文化コミュニケーション、地域研究・国際協力

    ただし、狭い領域の専門家を作るのが最終的な目標ではありません。異なる文化や習慣を超えて仕事で世界につながる力を育成します。
    特徴3:専門領域は手段、人材育成が目的

    当日は235教室で学部・学科の特徴を展示します。在学生が皆さんをお待ちしています。また、進学相談室では教員が皆さんの疑問に答えます。是非この機会をご家族の方と共にご利用下さい。

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE