• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    10月16日

    留学報告⑧:オーストラリア M.A.さん(福岡県立八幡中央高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

    オーストラリア(パース)

    University of Western Australia

    M.A.さん(福岡県立八幡中央高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年4月から留学中

     

    kokusai101618-1.JPG
    現地でホストファミリーと迎えた二十歳の誕生日

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    西オーストラリア大学への留学を決めた理由は4点あります。1点目はビーチや公園が多く自然豊かでリラックスできる環境であること、交通機関が充実していて通学に便利な環境であること、2点目に、図書館が充実している点です。州立図書館は開放的で設備も充実しているため放課後や休日には学習スペースを利用し、課題やレポートの作成に励んでいます。3点目は日本人や日本語サービスが少ない環境であることです。大都市に比べ日本語サービスや留学生、駐在員が少ないため英語環境に身を置きやすく、海外の友達と過ごす時間が多く、英語力の向上につながります。4点目は留学エイジェントの方が日本の方という点です。普段英語環境の中で生活している分、病気やトラブル、ホームステイや学習面で悩みを抱えた時に安心して相談することができるからです。 

    kokusai101618-2.JPG

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

     とても充実した日々を送っています。始めは授業についていくのに必死で先生や学生の英語を理解することで精一杯でしたが、現在は自ら積極的に発表しディスカッションやプレゼンテーションなど活発的に取り組んでいます。さらに、パースは多国籍のため人がとても温かく過ごしやすい環境です。
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

     授業はタイムスケジュールに沿って行われるので、前日に家で授業内容を確認し、わからない単語や文法を下調べしておくとよりスムーズに授業に参加できます。クラスの雰囲気は明るく前向きな姿勢で、自分の意見や考えなど積極的な発言が必要とされます。また質問や悩みなど先生に相談すると熱心にサポートして下さいます。

     kokusai101618-4.JPG

    □ 授業以外の活動について教えてください

     毎週月曜日の放課後にsinging clubやUWAのメインキャンパスである Japanese club に参加しています。そこでは他国の生徒と一緒に歌を歌って楽しみながらコミュニケーションをとったり、協力して作品を作り卒業式で卒業生へ思いを込めたパフォーマンスを披露します。Japanese club では日本について勉強をしている現地の大学生と交流しお互いに文化や伝統、言語について分かち合い、学習しています。

     kokusai101618-3.JPG

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

     一番の強みになった点は英語力の向上はもちろん、コミュニケーション力や精神力の向上をとても実感しています。現地の学校は日本での教育方針とは全く違い、ディスカッションやプレゼンテーションが多く、自らの意見や考え、発表が重要視されます。この経験から一つのトピックに対しあらゆる視点から深く思考し、何事にも積極的に参加し発言するようになりました。さらに、他国の学生と交流することで様々な国の文化や伝統を学ぶことができ、日本の食、おもてなしの文化の美しさや魅力をも外国の方々に伝えることができました。
     最後に、オーストラリアでの生活で積極的に海外の方と交流し、共に英語学習に励み生活する内に様々な国の友達やハウスメイトができました。さらに二十歳の誕生日には、日本では最大のお祝い行事ということでホストファミリー、学校ではクラスメイト、放課後には多くの外国の友達がケーキを作って集まりサプライズパーティーを開催してくれました。出身国は違えど家族のように温かく迎えてくれる彼らとの出会いは、留学において大きな財産であり素敵な経験と思い出です。留学は勉学だけでなく人間性や人の温もりとの出会い、他国や日本の文化や伝統など幅広い分野で成長できるとても良い学習機会です。

     

    kokusai101618-5.JPG
    一緒に前期留学した女学院のクラスメイト達と
     


     


    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    2018年
    10月12日

    留学報告⑦:カナダ T.M.さん(宮崎県立妻高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

    カナダ(ハリファックス)

    St. Mary's University

    T.N.さん(宮崎県立妻高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年4月から留学中

    kokusai10122018.png

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

     私がこの大学を選んだ理由は、一人一人にカンバセーションパートナーをつけることができる制度があり、イベントが豊富にあるからです。そのため、多くの人と英語でコミュニケーションをとる機会がたくさんあります。

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

     私は寮で生活しており、外国人のルームメイトがいるため、文化の違いに戸惑うことがありました。しかし、一緒に料理を作ったり、毎日英語でコミュニケーションをとったりすることで、一緒に協力しながら多くのことを学ぶことができています。

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

     私は、前期はEPPC、後期はEAPのクラスで授業を受けています。後期は前期に比べ、よりアカデミックな授業内容です。また、週に2日の午後のクラスは、ボランティアのクラスをとっています。どのクラスも雰囲気が良く、自分の意見を言える機会が多いので、とても素晴らしい環境だと思います。

    □ 授業以外の活動について教えてください

     私には、学校外でも自分の英語能力を向上させ、異文化を学ぶという目的があったため、ほとんど毎日外に出かけています。アクティビティーに参加したり、カンバセーションパートナーやクラスメイト、ルームメイトと外に出かけたりすることで、授業以外でも英語を話す環境にしています。

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

     英語力はもちろん留学前と比べて上達しているのを感じます。しかし、それ以上に、たくさんの文化に触れ、多面的視点で物事をとらえることで自分の価値観も大きく変わり、人間的に成長できていると思います。

     

     

    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    2018年
    09月20日

    留学報告⑥:オーストラリア M.R.さん(九州産業大学付属九州産業高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。
     

    オーストラリア(メルボルン)

    Monash University

    M.R.さん(九州産業大学付属九州産業高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年4月から留学

    080920-1.jpeg

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    私は高校生の時に一度オーストラリアに一か月滞在した経験から、この自然がいっぱいのオーストラリアが大好きです。そしてここメルボルンは様々な国からの移民も多く、英語力を伸ばすことはもちろん、様々な文化と触れ合うことで価値観を広げることもできる最高の場所だと思います。
     

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

    はい。ここではアルバイトをすることもないですし授業以外での自主勉強の時間、そして週末には好きなことをする時間がしっかりと確保できます。定期内で沢山の有名な観光地が回れるので、勉強も日常生活もとても充実しながら過ごすことができています。
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    私はこの約三か月を通し、はっきりとクラス内で主張することの大切さを一番身に染みて感じます。自己主張をはっきりとするクラスの雰囲気にに最初は戸惑いを感じましたが、様々な国の方々と過ごすというのはこういうことなんだと今は素晴らしく思います。そして、この主張性はきっとプレゼンなどで活きてくるはずです。
     

    □ 授業以外の活動について教えてください

    モナシュ大学に、ジャパニーズ部という主に日本語会話や文化、そして食を体験する部活があります。私はその部活に参加しているのですが、日本のことが大好きな現地の学生と沢山触れ合うことのできるとても良い機会ですし、外国で食べる日本食はやはり少し日本のものとは違い、現地の方の好みに少し寄せてあるので面白い発見ができると思います。
     

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    英語力はもちろんですが、全く違う文化や考えに触れ合うことで自分の価値観が広がったと強く感じます。違う国の子と接していると日本人の謙虚という良さが身に染みてわかることがあります。しかし、それとは反対に他の国の子達は日本人よりも若いうちから視野がしっかりと世界に向いてます。良くも悪くも色んなことを学べるし、そのたびに「そういう考えもあるんだな」と価値観を広げることができました。

    080920-2.jpeg
     


     

    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    2018年
    08月08日

    留学報告⑤:アメリカ F.K.さん(近畿大学付属福岡高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

    アメリカ(テネシー州)

    The University of Tennessee at Martin

     

    F.K.さん(近畿大学付属福岡高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年3月から留学中
     

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    私がこの学校を選んだ理由は、少人数制で授業を受けることができ、語学コースの一番上のレベルを修了すれば、学部の授業を聴講することが出来ると出発前の留学説明会で聞いたからです。そして、前期後期を合わせると他の 留学先よりも長く留学できることに気づき、また、前年度に留学していた先輩たちから現地の人たちと交流する機会が多いと聞いたため、この学校を選びました。実際に、私が住んでいる寮は様々な国から来た人も住んでいて、定期的にイベントも開催されるため、交流する機会は多いと思います。

     

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

    授業や現地での生活には、すぐに 馴染む 事が出来ました。これも、Martinの人たちがフレンドリーで親切なおかげだと思っています。先生方や寮の人たちが様々なイベントを企画してくれたり、自宅へ招待もしてくれます。この距離感はなかなか、日本にはない光景だと思います。そのおかげで、英語を話す機会が多く、はじめは知らないうちに疲れていることが多かったですが、今では慣れました。今は、現地のアメリカ人の学生達の他に、私と同じく留学しに来ている韓国人や中国人、サウジアラビアの人たちと交流すること も増え、様々な慣習や文化を学んでいます。

     
    report.image1.jpg

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    授業は、説明会で聞いたとおり少人数制で先生と生徒との距離が近く、授業中ではほとんど沈黙が起きることなく、みんなが発言し、お互いに高め合うというような授業雰囲気です。プレゼンテーションやディスカッションなどの課題が多く、少しずつではありますが、クラスメイトの前で発表することに抵抗がなくなりつつあります。つい先日、STEM Poster Presentationが開催され、私のグループはテクノロジーの分野でプレゼンを行いました。この授業では、学部生だけでなく、教授や一般の方々も見にこられて、どのプレゼンが良かったのか投票を行い、表彰を受けるという授業でした。私のグループは、一位を獲得することができ、努力が報われた瞬間でした。
     
    report.image2.jpg
    1位の表彰を受けたプレゼンテーション

    □ 授業以外の活動について教えてください

    毎週末には 学校 が計画して下さるアクティビティに参加したり、毎週日曜日の午前中は教会へ行って、礼拝やバイブルスタディーに参加するなどして地元の方々と交流しています。今までで、一番印象に残っているアクティビティは、ホースバックライディングです。馬に乗って林の中を歩き回り、Martinの自然をすごく感じることができた日でした。他にも、アメリカ人にとって大事な独立記念日のセレモニーに参加するなど、アメリカの歴史を感じたイベントもありました。

     

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    留学することで、自分から話しかける積極性が大切だということを日々を感じています。特に今は、大学が夏休みに入っているため、自分からコンタクトを取ろうとしないと、現地の方と会うことが難しく、英語を話す機会を失ってしまいます。今まで、人見知りをして自分から話しかけることができなかった以前に比べると、少しはいい方向に変わったのではないかと思います。



     

    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

     
     

     昨年度の留学報告や卒業生達の活躍
    国際英語学科パンフレットオープンキャンパスの学科ブースで、より詳しくご紹介しています。

    2018年
    07月24日

    留学報告④:カナダ K.M.さん(福岡県立香住丘高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!
     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

    カナダ(ハリファックス)
    St. Mary's University
     
    K.M.さん(福岡県立香住丘高等学校 出身)
    国際英語学科 2年生
    今年4月から留学中
    km1-0724.jpeg

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    世界一住みやすい国と呼ばれるほど治安がよく、英語が綺麗でわかりやすく、移民者に対しての差別が少ないため、留学はカナダでしてみたいと考えていました。その上Saint Mary’s Universityに設けられているEPPCという会話力の向上を主体としたコースに興味があったからです。
     

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

    日本では実家暮らしだったので、初めて親元を離れての生活で戸惑うことも多かったですが、今ではそんな生活にも慣れ、ルームメイトたちと助け合い家事も楽しみながら、勉強との両立に勤しんでいます。
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

    必ずクラス全員が自分の考えを発言しやすい環境です。そして、先生が一人ひとりに気を配ってくださるので、わからないことも気軽に相談することができます。また、韓国やメキシコ出身のクラスメイトとも仲良く、教室はいつもアットホームな雰囲気です。
     km2-0724.JPG

    □ 授業以外の活動について教えてください

    放課後や週末はカヌーやローラースケートや、町のお祭りや観光地を巡るといった様々なアクティビティに参加し、クラスを超えて様々な留学生との交流を楽しんでいます。その他にも、インド出身のカンバセーションパートナーと遊びに行ったりととても充実しています。
     

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

    カナダに来た当初は自分から英語を話すことへのためらいがありました。しかし、この2ヶ月を通して徐々に英語を話す楽しさを実感し、たくさんの外国人ともっと交流したいという気持ちが芽生えました。

    km3.JPG
     


    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

     
     

     昨年度の留学報告や卒業生達の活躍
    国際英語学科パンフレットオープンキャンパスの学科ブースで、より詳しくご紹介しています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求