• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    01月10日

    国際英語学科第1期生の英語力:顕著な伸びと実力

    国際英語学科の第1期生(2014年度入学)が今年3月に卒業します。グローバル人材育成を目指して教育を行ってきましたが、4年間を通して顕著な英語力の伸びがありました。

    TOEICの公式サイトによれば企業で「国際部門の社員に期待されるスコア」が「660点〜840点」と報告されています2013年上場企業における英語活用実態調査結果報告)。

    また
    「730点〜860点」内の能力はどんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」と定義されており、文科省が英語教員に求める英語力も730点以上です。

    第1期生(59人)中「730点〜860点」の高いレベルに属する学生は21名(全体の35.6%)でした。2017年12月現在の数値ですので卒業までの3ヶ月間でさらにこの数字は伸びると予想されます。

    また、伸び率で言えば192%が最高でした。410点(1年7月)→790点(4年12月)で、この学生はホテル業界に就職が内定しました。他の学生についても大手航空会社を始め順調に就職内定を頂いています。

    教育職員(英語科)採用についても顕著な結果がでました。教職採用試験受験者7名中、1次試験合格者6名(合格率85.7%)、最終合格者2名(合格率28.6%)と難関試験を通過し4月から正教員として現場に入ります。また、教職課程履修者の1名は教育大学院へ進学します。

    国際英語学科の定員は50人(1期生59人)です。上記の結果を他大学と比較して下さい。その場合「数」ではなく「率」で比較してみて下さい。小規模の学科と大規模の学科では母数が全く異なるからです。

    国際英語学科は2018年度から定員を50人から「60人」に変更しました。これからも「グローバル人材育成」を目指して教育を行います。英語力をつけ4年後にはグローバルに活躍する「志し」と「夢」を持っている皆さんを応援しています。


     

    2017年
    01月05日

    受験生の皆様へ:国際英語学科は英語力が伸びる学科です

    国際キャリア学部(国際英語学科、国際キャリア学科)は「グローバル人材の育成」を目標に2014年4月に開設されました。今年の4月で4年目の入学生を迎え完成年度となります。両学科ではグローバル人材の基本として「英語教育」に力を入れています。

    今回は「国際英語学科」の3年生の英語力進捗状況を報告します。本学部は毎年7月に TOEIC IP テストを実施して学生の英語力の伸長を確認しています。昨年2016年7月に実施した試験結果は次の通りでした。

    700点以上:14.8%
    600点以上:55.3%(累計)

    3年生の在籍者数は60名ですが、実習等の欠席者数を除いた受験者数は47名でした。上記の結果は47名の結果であり、欠席学生も含めるとさらに良い結果になると考えられます。

    TOEIC の公式データによると「英語を専攻する」大学3年生の平均点は554点、4年生の平均点は570点です。本学科は3年7月の段階で平均点が既に590点を超えています。

    本学科は帰国子女が集まるような学科ではありません。高等学校で真面目に勉強し、大学入学後に学科の授業に真剣に取り組み、長期・短期の留学制度を利用したり、学部が提供する e-learning を使って自学した結果、英語力が伸びていく学生たちの集まりです。中には入学後2年半で TOEIC の成績が350点伸びた学生もいます。

    国際英語学科は皆さんに「高度な英語力が身につく環境」を提供しています。教師と学生の皆さんとの距離が近いのも特徴の1つと言えるでしょう。4年生には TOEIC で800点以上(990点満点)の成績を期待します。

    また言うまでもなく、英語ができればグローバル人材になれるわけではありません。異なる文化習慣に関心を持ち、批判的な思考力と自分の考えを論理的に発信できる力、そして人と協調しながら仕事ができる人間の幅が不可欠です。

    高校生・社会人の皆さん、上記の学科方針に賛同できる方は是非受験を検討して下さい。一緒に夢をかなえましょう。
     

    2016年
    01月05日

    HNY! 国際英語学科のその次は

    Happy New Year!
    The year 2016 has begun. I wish you all peace and prosperity.

    2016年度「一般入試(前期)」についてお知らせします。
     
    出願期間:2016.1.7.(木)〜1.21.(木)
    試験日:2016.1.31.(日)(大分会場・鹿児島会場でも受験可能)
    ※詳細は大学ホームページ、入試要項でご確認ください。
     
    出願にあたって考えて頂きたいことがあります。

    1.国際英語学科で何を学ぶか

    国際キャリア学部は「グローバル人材の育成」を目指して2014年に開設されました。国際英語学科・国際キャリア学科とも「小さな専門家」を育てる学部ではありません。それぞれ学科の持つ専門分野の学びを通して国際人として活躍できる「人間力」を育てます。したがって、両学科とも高度な英語力の育成(TOEIC 730点以上)に力を入れています。

    その上で国際英語学科には「国際交流分野・英語教育分野・英語学分野」の専門領域を置いています。3・4年次のゼミ、また専門選択科目を通して関心のある分野を徹底して学びます。ほとんどのクラスが少人数・対話形式で授業を進めるので、専門分野の理解を深めることができます。

    2.体験的教育カリキュラム

    本学部の特徴は何といっても体験的教育プログラムの充実でしょう。学部全体の長期・短期留学者は73.6%(国際英語学科83.3%)(2015年度実績)です。留学プログラムは学部主催のオリエンテーションの基で進められます。また、留学中も学部アドバイザーに英語でレポートを提出します。こうしたきめ細かい指導は本学部ならではの特徴です。3年次からは「Fieldwork」や「Internship」プログラムも始まります。

    また、教職プログラムの授業指導は徹底して行います。文科省は「英語の授業は英語で」という指導方針を出しました。今後教師になるためには英語を使ってコミュニカティブに指導することが求められています。本学科は1年間の模擬授業を通してきめ細かに指導します。2015年度の現役採用試験合格者3名は受験者の約50%にあたります。

    3.国際英語学科のその次は!

    大学へ進学するにあたり一番大切な問題がこの問いです。多くの受験生、また、大学生が「大学は社会勉強をする場」と考えています。聞こえはよいですが「働く前にのんびり大学生活をエンジョイしたい」、これが本音でしょう。

    国際キャリア学部はこうした価値観に「No!」と宣言します。就職活動は3年次の終わりから始まります。就職活動に備えるためにはわずか3年しか与えられていないのです。また、女性を取り巻く労働環境は全く楽観できるものではありません。どうしてのんびりできるのでしょうか。

    60歳まで働き続けるとすれば大学を卒業して約40年のキャリア人生が待っています。その第一歩を踏み出す最後の仕上げが大学の4年間なのです。ここで頑張り、まだ知らぬ自己と出会うことで卒業後の人生が大きく変わるのです。「英語を使って世界で活躍する」こんなエキサイティングなことはありません。

    国際キャリア学部は今年で開設3年目を迎えます。まだ卒業生はいませんが、学部の基を築いた人文学部英語学科(2013年度で募集停止)は航空関係を初め多くの分野で卒業生が活躍しています。どの学科を選ぶか?それは学びたい研究領域で選んでください。どこに就職するか?それは学科に関係ありません。学科で何を学び、どれだけ骨太の人間になれるか、それがものを言うのです。

    皆さんの受験をお待ちしています。
     
    新入生オリエンテーション
    オリエンテーション.jpg

    国連大学(東京)訪問。担当者から講義を受ける。
    UNICEF1.JPG

    教職課程(英語科教育法の模擬授業)
    教職6.jpg

     

    2015年
    09月26日

    公募推薦・AO入試のご相談受け付けます

    2015年10月4日(日)に「Mini-Open Campus」(午後1時〜4時)を開催します。

    進学相談コーナーでは各学科の教員が「公募推薦入試」「コミュニケーション入試」(AO入試)に関する受験生の質問にお答えし、両入試で実施される「小論文」のサンプルを配布します。また、受験生の皆さんの希望や現状にあった入試のアドバイスも行います。

    (1)公募推薦入試:2015.11.14(土)試験日
    (2)コミュニケーション入試:2015.12.12(土)試験日

    ※国際キャリア学部の「コミュニケーション入試」は12月の1回のみです。他学部と異なりますので注意して下さい。

    上記以外にも下記の入試を実施します。

    (1)一般入試(前期):2016.1.31(日)試験日
    (2)一般入試(後期):2016.3.9(水)試験日
    (3)大学入試センター試験利用入試:出願期間3回実施

    どの入試が適しているか、また、それぞれの入試でどのような能力が求められるのか等に関するアドバイスも行いますので、ぜひご参加ください。

    外国人留学生を対象とした入試としては次の入試を実施します。

    (1)指定校推薦入試:2015.11.7(土)試験日
    (2)一般入試:2016.2.27(土)試験日

    英語能力、日本語能力、そして面接試験などについて質問を受け付けます。

    今年最後の「Mini-Open Campus」となりますので、是非この機会を利用して進路選択に役立てて下さい。

    2015年
    02月21日

    Think Globally. You Hold the Key.

    受験生の皆様へ

    福岡女学院大学の歴史は1885(明治18)年に設立された福岡英和女学校に遡ります。創立者はアメリカ人宣教師 Miss Jennie Gheer(ジェニー・ギール)です。1885年とはどのような時代だったのでしょうか。明治期における日本を代表する国際人・文人たち4名を例に考えてみましょう。

    新渡戸稲造:23歳 札幌農学校を卒業しアメリカ留学中
    『武士道』の著者で国際連盟事務次長を務めた
    岡倉天心:22歳 専修学校教官
    『茶の本』の著者で日本の芸術をアメリカに紹介
    森鴎外:23歳 ドイツ留学中
    作家であり陸軍軍医総監を務めた
    夏目漱石:18歳 大学予備門予科学生
    東京帝国大学教諭、後に作家となる

    Gheer 女史は当時39歳。「日本の少女達が新しい生き方を見つける学校」を創設したいという理想を掲げて太平洋を渡りました。この小さな一粒種が女子の学校として成長し今年130周年を迎えます。福岡女学院はグローバルな視野に立つ宣教師によって創られたのです。

    国際キャリア学部はグローバルに活躍できる人材を育成します。世界を見つめ、国際人として活躍できる基礎を育てます。そのためには高度な英語力、思考力、そして異なる文化に対応できる柔軟性が求められます。

    上に紹介した4名の日本人は日本文化を深く理解し、日本人としてのアイデンティティを確立していました。Global は Local の延長線に築かれるのであり、外を見るだけでは根無し草に終わってしまいます。

    大学はこれからの人生をいかに生きるかを考える場です。自分の夢を探し実現する、その鍵は皆さん一人一人が持っています。国際キャリア学部は皆さんが主体的に生きるお手伝いをします。Think Globally. You hold the key to your success. 夢を叶えたい皆さんをお待ちしています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE