• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    07月25日

    (授業紹介)Freshers Seminar: 「独立行政法人 都市再生機構(URであ〜る)」海外展開支援室の方からの「まちづくりと海外支援」についての特別講義

    国際キャリア学部・国際英語学科では、主に1年生を対象としたFreshers Seminarと称する科目の中で、社会の第一線でご活躍なさっているビジネスパーソンをお招きし、講演をお願いしています。今回は、「URであ〜る」でお馴染みの、独立行政法人 都市再生機構(UR都市機構)の海外展開支援室より、森田道比呂様にご登壇いただきました。

    PHITO-1.JPG
    UR都市機構 森田道比呂様、ご登壇

    まず、冒頭10分間で、UR都市機構様のご紹介をいただきました。UR都市機構様は、旧住宅・都市整備公団と旧地域振興整備公団が2004年に合体して、政府出資の独立行政法人となった組織であり、テレビのCM等での「URであ〜る」で宣伝中の企業とのご紹介をいただきました。森田様は、主に大都市圏での都市計画など、国内で幅広くご活躍されておりますが、加えてアジアやロシアでの都市開発事業にもご参画されるなど、海外でも幅広くご活躍されています。この日はご自身の国内外の都市計画最前線でのご経験も踏まえたお話をいただきました。
    PHOTO-2.JPG
    ご講演では、UR都市機構様の今までの事業実績として、ニュータウン事業で281プロジェクト(広さにして41,500ヘクタール)、住宅供給事業で158万戸という膨大なご実績がご紹介されました。また、森田様ご自身のご経験の中から、千葉ニュータウンのデザインや福岡市等の国内での都市開発に係るご参画実績のご紹介がなされたほか、タイ国バンコック市、及びロシアのモスクワに於ける都市開発事業へのご参画経験についてのお話をいただきました。

    森田様がご経験された都市計画・都市開発事業という業務分野は、土木工学や都市工学の分野に属するものであり、聴講した学生達にとっては普段の授業の中では触れることのない、新鮮な話題に溢れていたことと思われます。そんな話題に関連して、多くの質問が学生達から森田様に向けて出されました。その中から主な質問を、以下にご紹介いたします。

    Q1:人口減少の時代にある今、都市が縮小していかないための方策には、どのようなことが考えられるのでしょうか。

    A1:子供をたくさん出産できるような社会的環境づくりが大切だと思います。その場合、我が国が単独でそうした環境を整えるのが困難な場合は、例えば外国人の受け入れという方策も有りかと思います。ただ、その場合は街の魅力に加え、受け入れる地域のルールを外国人にも遵守いただく仕組みづくりが大切ですね。

    PHOTO-3.JPG

    Q2:私は、近い将来に留学を希望しております。森田様はタイ、ロシアに数多く行かれておられるとのお話を伺いましたが、渡航に際しての不安はなかったのでしょうか。また、海外渡航ではどういうことに気をつけたら良いのでしょうか。

    A2:海外渡航で気をつけなければならないことは色々ありますが、まずは無理をしないことだと思います。渡航先の選択指標として、治安が良好であることはとても大事。そういう意味では私が訪れたタイは、初めて海外赴任するビジネスパーソンが海外経験を積み易い国でもあるので、心配は少なかったですね。ロシアは少し冒険したかも知れません。

    Q3:ビジネス英会話の上達法についてのアドバイスをお願いします。

    A3: 私はテレビニュースの英語を頻繁に聴くことで耳を鍛えました。あとは、どうにか機会を作って英会話を実践することが大事ですね。
    PHOTO-4.JPG

     

    Q4:UR都市機構様の今後の事業展開としては、どのような分野を想定されていますでしょうか。

    A4: グローバルに見ると、エコシティ、スマートシティのコンセプトに基づいたまちづくりが世界的潮流。UR都市機構はまさにこの分野での事業展開を図ってきています。

    Q5:海外には多数の都市が存在しますが、例えば日本の首都東京の良い点と悪い点を、どのようにお考えでしょうか。

    A5: 東京はインフラ面でも充実し、都市機能の蓄積が確実に図られてきました。しかし、アミューズメント性に乏しい点が欠点ですね。通勤の場面でも殆どの人がスマホに釘付け。東京という街に人々の関心を惹きつけるものが少ないからですよね。それから、住民が自分達の住む街に対して無関心であることも良くないことですね。

    PHOTO-5.JPG

    Q6:インターネットの普及で、世界のどこに居ても他の国のことを知ることができるようになりました。だから、移動することなく、様々な都市の価値を得ることができてしまうと思います。

    A6: 移動の必要性は確かに少なくなってきたかも知れませんが、やはりいつの時代になっても対面でのコミュニケーションでしか得られない価値はあると思います。例えば、物流。物の移動や受け渡しは、事的な世界と密接に関係するし、インターネットだけでは経験できないことがあると思います。

    国際キャリア学部国際英語学科では、英語力を基本にして様々なグローバルシーンの第一線で活躍する国際キャリア・パーソンを育てるために、社会人諸先輩方との交流を通じた実学ベースでのビジネス教育を実践しています。

     

    2018年
    07月05日

    (授業紹介) International Exchange:   学生と米朝首脳会議を読み解く!!

    3年生以上の専門選択科目であるInternational Exchange (来年度科目名 International Affairs) は、国連本部で25年間にわたり政務官を務めた川端清隆教授が担当しています。

    国際英語学科の教員の一人でもある川端教授
    国際英語学科の教員でもある川端清隆教授


    授業では主に「Basic Facts about the United Nations」(42nd Edition)を使用して、原書(英語)で国連総会や国連安全保障理事会の機能や権限をつぶさに勉強します。国連の基礎知識に加えて、授業では時々の重要な国際問題を取り上げて、その背景や解決法を学生とともに考えます。
    textbook.png

    例えば先月は、6月12日にシンガポールで行われた米朝首脳会議で、トランプ大統領と金正恩委員長によって署名された合意文書の原書を読解しました。

    その過程で、北朝鮮の核放棄に向けた米朝合意の可能性や危うさ、そして日本への影響を掘り下げて議論してみました。また、メデイアによる米朝首脳会議の評価を理解するため、ニューヨークタイムズ紙が掲載した風刺画を取り上げ、学生に「何がおかしいのか」、「何を風刺しているのか」をじっくりと考えてもらいました。

    この授業ではどんな事を勉強していますか?授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えて下さい。

    H.R.さん (福岡県立三池高等学校 出身) 
    2年次 短期 オーストラリア留学を経験

    この授業では、国際連合の機能を中心に世界で起きている問題について学習しています。今までは日本の視点でしか考えていなかった問題に対して、他国の異なる見解を知ることができ、とても勉強になります。この授業によって、思考の幅を広げることができました。
    授業では、生徒自身が最近気になっているニュースも取り上げるため、新聞などを日頃からチェックすることを意識しています。関心のある問題に対して、先生の意見が聞け、新聞やネットだけでは分からなかったことも知ることができ、とても楽しいです。

    class1.JPG 
    class4.JPG

    T.M.さん (川島学園れいめい高等学校 出身)
    この授業では、国連にはどのような機関があるのか、どのような役割を果たしているのかについて英語で書かれた教科書を自分たちで訳しながら勉強しています。使われている英語には専門的なものが多く、訳するのは難しいですが、先生が国連にいた時の話も交えながら進めてくださるため、興味深く、勉強になります。
     授業の初めで、先生が今起こっている国際的なニュースについて質問をされます。そのため、ニュース番組を観たり、新聞を読んだりする機会が増え、それらのニュースについて自分なりの考えを持つようになりました。クラスの人たちも予習をしてきて積極的に授業に参加しているため、周りから良い刺激を受けているように感じます。
     tb1.JPG tb2.JPG 

    class3.JPG class2.JPG

    G.M.さん (久留米信愛女学院高等学校 出身) 
    2年次 前後期 アメリカ留学を経験

    この授業では、国際連合の存在意義や国際問題について学んでいます。この授業を通して、国際連合は戦争の悲惨さや将来の理想の平和を語る場ではなく、今、そこにある紛争を政治的制約の中で、どう具体的に解決するか考え、行動に移す場所であるということが分かり興味深いなと思いました。その中で綺麗ごとだけでなく、グローバル化した世界で、どのように国同士が相反する国益を調整しているのかを、最新ニュースなどをとおして先生と議論するのが私は好きです。
    グローバル化し、国と国とが密接に関わり合っている現在、私は国内だけでなく、海外の出来事も密接に関係しあっていると理解できるようになりました。主に日本の新聞とCNN10ニュース、BBCニュースから情報を収集しています。またその中でも気になった記事などがあればニュースのウェブサイトに飛んで詳しい情報を得ています。クラスでは、疑問に思った事や自分の意見を言いやすい雰囲気で、なかなか授業が進まないほど毎回盛り上がっています。
    class10.JPG

    class7.JPG
     
    class6.JPG

    2018年
    07月04日

    (授業紹介) 1年生必修科目 Reading Skills

    1年生の必修科目の1つとしてReading Skillsという科目があります。この授業では英文の読解力をつけるためのスキルを学びます。授業外でも多読を続けることで文法や多くの語彙にふれ、より高度な読解力の修得を目指します。
    rh.JPG


    IMG_4363.JPG

    □ この授業ではどんな事を勉強していますか?また、授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください。

    K.M.さん (福岡県立鞍手高等学校 出身)
    この授業の前期と後期それぞれで21万語を超える英語の本を読む「多読」と言う課題が大変ですが、この課題で多くの単語と触れ合う良い機会になり、分からない単語があると、すぐに調べるようにしているので、新たな単語を知っていく事がとても楽しいです。
    先生が英文を読んでいるときはネイティブの音をしっかりと聞くようにしています。授業はペアワークで取り組むことが多いので、英語を読む時はそこで積極的に声を出して読むようにしています。また難しい単語が出てきたときには、先生が発音を教えてくれたり、意味を教えてくれたりするなど、先生とのコミュニケーションは取りやすく、楽しい授業だと思います。
     pw1.JPG

    2.JPG1.JPG3.JPG

    M.Y.さん (大分鶴崎高校 出身)
    この授業での英語の読解は堅苦しい内容ではなく学生の興味を引く内容や日常生活に役立ちそうな内容となっています。また、アプリを使って3~4人チームで英単語のゲームをするところも楽しいです。このゲームでは、どれだけ早く終われるかが重要となってくるのでたくさん単語を覚えてチームの力になりたいという気持ちが芽生えてきます。そのため、休み時間など空いてる時間を使ってたくさんの単語を覚えるようになりました。
    また、高校の授業と違って、先生と学生が英語でコミュニケーションをとりながら授業をするので、最初の方はクラスメイトや私も緊張していたり、英語を間違えたりしたら嫌だなという気持ちが勝ってしまい、そのため先生とうまくコミュニケーションがとれなかったりしていました。しかし、とてもフレンドリーな先生なので、皆が徐々に心を開いて一生懸命英語で話そうとするようになっていきました。そして、宿題などについての英語がわからなかったりしたらクラスメイト同士で教えあったりするようになり、クラスの雰囲気もとても良いです。英語を勉強するにはとても良い環境だと思います。
     ke4.JPG

    IMG_4356.JPG

    T.M.さん (九州産業大学付属九州産業高校 出身)
    この授業では多くの英語の長文を読み、読解力をつけています。英語の本を21万語読むことを目標に日々多くの本を読んでいます。英語の本を読むことはとても大変ですが、全部読み終えた時は達成感があります。また高校の授業とは異なり授業は英語で行われるので、読解力だけでなくリスニング力や正しい発音も学ぶことができ、楽しく英語力を身につけることができます。
    少人数クラスなので、分からないことがあればすぐ先生や友達に聞くことができるので、積極的にコミュニケーションを取ることができる良い機会だと思います。また、ペア学習もあるので、友達と楽しく授業を受けています。
     
    pw2.JPG

    IMG_4374.JPG

    M.S.さん (朝倉高校 出身)
    この授業の良いところは、毎回違う文章を読めるので、その本から学ぶ場面が多くあり、自分自身を成長させてくれます。また、日本についての文章だけでなく、様々な国の文化や歴史についても知ることができます。英文を理解できるようになると、早く読めるので、英語を学ぶことが楽しいです。他にも、高校では経験したことのなかった教科書だけでなく、携帯のアプリを使っての授業もあるので、便利で新鮮でした。グループを作って話し合う機会が多く、お互いを高め合いながら楽しく学習しています。これからもたくさんの本を読んで、たくさんの語彙力をつけていきたいと思います。
    クラスの雰囲気はとても良いです。クラスの1人1人が皆集中して授業に参加しています。周りの雰囲気や環境が良いからこそ、授業が楽しいと思うことができます。中でも、先生がネイティブスピーカーなので、明るい雰囲気にしてくださり、英語を積極的に話す機会をたくさん与えてくださいます。質問すれば、理解できるまで熱心にご指導してくださいます。クラスの人数が少ないので、クラスメイト1人1人が顔見知りで、先生との距離も近くて勉強しやすいです。

    IMG_4370.JPG

    2018年
    06月12日

    (授業紹介) 1年生必修科目 Communicative Grammar

    国際英語学科の1年生が入学して約2ヶ月が過ぎました。
    学生達は多くの授業を英語で学んでいます。その中でも学科教員の一人でもあるSherriff先生が担当しているのがCommunicative Grammarです。

    CG2-1.JPG

    この授業では、英語の文法を英語で学び、より理解を深めます。
    新しい語彙やイディオムを取り入れた練習を繰り返しながらコミュニケーションスキルの向上を目指し、英語の総合力の底上げを目指します。

    CG(i).JPG

    CG(iv).JPG

    □ この授業ではどんな事を勉強していますか?また、授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください。

    E.H.さん (大分東明高等学校 出身)
    この授業では、「授業中積極的に英語を話せば90分で必ずあなたの英語は上達する」という先生の教えのもと、会話を通して英文法を学んでいます。ペアワークが多いので、躊躇することなく英語が話せてとても楽しいです。また高校の時とは違い質問がしやすい環境のため、わからない問題はそのままにせず、その場で解決することの大切さに気づくことができます。授業は会話が多いため、積極的にコミュニケーションが取れます。またクラス自体が少人数なので、みんなで意見や質問を共有し、解決できる良さがあると思います。授業に活気があり、常に英語と笑い声が飛び交っています。
     
    CG-2.JPGペアワークで授業に活気があり,常に英語と笑い声が飛び交っています

    I.N.さん (北筑高校 出身)
    この授業ではペアワークで相手に英語で話す機会が多いです。そのため基礎的な会話力が身につきます。また授業の始めに出席確認をする時は先生と英語でコミュニケーションを取るので自然と英語で話せます。
     
    M.Y.さん 
    この授業では英語の文法を英語で勉強しています。文法と言っても、正しい語順などの勉強ではなく、ひとつひとつの文法事項をネイティブがどのような感覚で使っているのかが学べるので、とても勉強になります。これまで分からなかった微妙なニュアンスの違いが分かると楽しいです。また、何か分からないことがあったら、すぐに先生に聞ける環境なので、とても話しやすいです。
    すぐに英語が出てこなかったり、言葉が詰まっても、多少は待ってくださるので考えながら自分の言葉で話せる点が良いです。また、ペアワークではクラスメイトに英語で自分のことについて話すので、英語というコミニュケーションツールを通してお互いのことを知ることができるのは、貴重な体験だと思います。
     
    CG-1.JPG
    英語というコミュニケーションツールでクラスメイトとの会話を楽しんでいます

     O.S.さん(福岡県立筑紫高校 出身)
    この授業では、英語の文法について学んでいます。
    まず、高校とは違い授業自体が英語なので先生が何を説明しているのかを注意深く聞いたり、理解しなければならないので、最初の方はその授業についていくことが大変でした。でも、授業ではペアワークをするので、分からない所があれば相談をすることができるし、会話も英語がメインなので積極的に英語を話そうという意識にもなります。そして、クラスの雰囲気はとてもいいと思います。ペアワークでは積極的に話し合う所などが多く見られるので、自分も話そうという意識が高められます。分からない時でも、クラスメイト同士で聞きあったりしています。友達同士なので、気軽に質問しあえるし、先生も優しく教えてくれるので積極的に授業に参加することができます。みんな、英語を学びたくて受けている授業なので目標が一緒だと自分も頑張れます。 
     
    CG4.JPG
    英語を学びたいという同じ目標をもったクラスメイト同士なので頑張れます

    CG-3.JPG
    クラスの雰囲気は良く、積極的に英語で話そうという意識になります

    F.N.さん (福岡大学附属若葉高等学校 出身)
    現在形や現在進行形などを英語で説明することが難しいと感じました。また、何か聞きたい時に英語でなんて言うのかわからず結局日本語を話してしまいがちですが、その時は先生に聞くと優しく教えてくれるので、英語表現をさらに身に付けることができます。クラスのみんなは誰かが発表するときは、きちんときいてくれるので、発表しやすく、楽しいです。
    CG5.JPG
    先生に質問をして新しい英語表現を身につける事ができます

    2018年
    02月08日

    (授業紹介)Freshers Seminar: 国連アドバイザーによる特別講義の開催

    国際キャリア学部・国際英語学科では、主に1年生を対象としたFreshers Seminarと称する科目の中で、社会の第一線でご活躍なさっているビジネスパーソンをお招きし、特別講義をお願いしています。今回は、2018年1月17日(水)に元国連開発計画(UNDP)職員で、現在も国連アドバイザーとしてご活躍されている森田宏子様にご登壇いただき、特別講義を開催致しました。現在、ニューヨーク在住の森田様ですが、東京に一時帰国された折に福岡まで足を伸ばして戴き、今回の特別講義をお願い致しました。

    FS4.JPG

    ご登壇いただいた、国連アドバイザーの森田宏子様

    講義では、先ず、国連の基本情報として、全世界で193ヶ国が加盟する最大の国際機関であり、職員数は44,000名に上ることなどをご紹介いただき、国連で働くことは、夢や理想を求めるキャリアであることをご自身のご経験に照らしてお話し戴きました。また、国連における日本人職員の63%が女性職員であるとのことで、国際キャリアを追い求める日本人女性が、多数、国連で働いている実態についてもご紹介戴きました。また、国連で働く意義として、平和、開発、環境、人権といった分野で国際貢献を果たすことのできることをあげておられました。

    FS5.JPG

    その中で、英語力は円滑なコミュニケーションの遂行、交渉、外交手段として欠かすことのできないスキルですが、それ以上に、個々人が自我をきちんと確立し、夢をしっかり持ち、明確なビジョンを持つことが大切であることをご教示戴きました。最後に、国連職員に求められる能力について、①専門知識に裏打ちされたプロ意識、②企画力、③コミュニケーション力、④チームワーク、⑤クライアント(被援助国)志向、⑥多様性を尊重できる意識、⑦リーダーシップ、⑧創造力、⑨責任感 を上げていただきました。


    FS7.JPG

    学生からは多数の質問が寄せられました。主なものをご紹介いたしましょう。

    Q1: 多数の国でお仕事をなさってこられたことと思いますが、一番ご苦労されたこと、また最も良かったと思われたことは何でしょう。

     
    A1: 先ず、苦労話ですが、職場には様々な国籍を持つ人がいます。そういう、価値観も物の見方も異なる人たちとのチームワークを図る中では、先が読めなかったり、真意をつかむことが難しかったことが多かったですね。良かったことですが、一緒に一つの目標に向かって仕事をした時に、ゴールに到達できた時の達成感は格別でした。仕事を遂行する上で、チームワークの大切さをしみじみ実感しました。また、仕事現場となる場所は、通常の観光旅行では足を踏み込むことのできない特別な地域であったりしますが、そういう場所を訪問することができたりなど、普通の人にはできない貴重な経験を積ませてもらいました。

    Q2: 途上国の経験が無いのですが、例えば渡航先としての途上国について、どこかお薦めの国はありますでしょうか。

     
    A2: 私自身は、全世界60ヶ国余りを回っていますが、例えばフィリピンはどうでしょう。フィリピンはASEAN加盟国ですが、フィリピン人は英語能力が極めて高く、英語力を研磨する渡航先としてお薦めです。インドも面白い国ですが、ややハードルが高いかも知れませんね。身近なところという観点からは、やはりアジア諸国が先ずはお薦めというところでしょうか。


    FS8.JPG

    Q3: 国連の公用語は何語でしょう。

     
    A3: 6つあって、①英語、②スペイン語、③フランス語、④ロシア語、⑤中国語、⑥アラブ語です。私は、最初の配属国はハイチでしたが、そこはフランス語圏でした。英語が通じない日々で、しかも生活用品が不足していたり、市場では外国人だからということで高値をふっかけられたり、傭上した現地のメイドさんに家の中のものを盗まれたりと、色々と苦労した思い出があります。

    Q4: 海外に出ていくに際して、大学で学ぶべきことについてアドバイスをいただけますか。

     
    A4: 若い時にしかできないことがたくさんあります。先ず、国際時事問題に関心を持って、英語のニュースなどをどんどん視聴すること。また、英語をマスターすることはもちろんですが、そのほかにもう一つ、二番目の外国語を勉強することも良いことです。それから、可能な限り、途上国を訪れることや、海外でのボランティアやインターンシップの機会を持つことといったところでしょうか。とにかく、貪欲にアクティブに動いてみてください。

    JS6.jpg

    森田様には、今回、福岡においでいただいた機会を活用して、Freshers Seminarでの特別講義に加えて、国際英語学科の川端教授のゼミでも、国際関係を学び始めた3年生のために、経済・社会開発分野での国連の活動や目的を詳しくお話して戴きました。ゼミ生一人一人が発言する機会を持つことができ、森田様とのインタラクティブな学びの場を持つことができました。


    JS3.JPG
    3年生の川端ゼミで、森田様と学生とのセッション風景

    国際キャリア学部国際英語学科では、英語力を基本にして様々なグローバルシーンの第一線で活躍する国際キャリアウーマンを育てるために、社会人諸先輩方との交流を通じた実学ベースでのビジネス教育を実践しています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE