• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2017年
    10月17日

    夏季インターンシップ(株式会社ウォーターマークホテル長崎)ご報告

    2017年度、9月4日(月)〜8日(金)に於きまして、株式会社ウォーターマークホテル長崎様にご協力を戴き、夏季インターンシップを受け入れて戴きました。参加された学生のY.I.さんはとても貴重な経験を積むことができ、将来の社会人生活についての知識の獲得に、ますます意欲が感じられたとのことでした。以下は、Y.I.さんのご感想です。 
    WMH_1.JPG

    Q1.インターンシップ履修を決めた理由はなんでしょう。また研修を終えての感想はいかがですか。

    A1.私は将来何になろうかとても迷っていたので、色々なインターンシップに参加して実際に体験してみようと思ったのと、接客業に興味がありその一つであるホテル業について、知ることのできるチャンスだと思ったからです。実際に想像していたこともありましたが、それ以上に知らないことがたくさんあり、経験してみないと知ることのできなかったことばかりでした。責任をもって行動する、お客様お一人お一人へのおもてなし、その方に合ったサービス、お客様が何をすれば喜んでいただけるかを、チーム全体で日々考え行動しているところを、この目でみて体験してみて感じました。私は一人で参加したので不安もありましたが、現地の大学生の方と一緒に活動し、同じ就活への悩みや思いを話すこともでき、とても刺激を受けました。新たな出会いもあり参加して心から良かったと思っています。

    WMH_2.jpg

    Q2.研修を通じてどんな力が付きましたか。


    A2.まわりをみて判断し、自分から行動する力です。実際にフロントやレストランに立たせていただいたのですが、お客様のご案内をすることだけに集中してしまうときもあり、臨機応変に対応する難しさも感じました。まわりをみて今何をしたらいいかを判断することが、大切だと思いました。私が一番頑張ったのは、困っているお客様や迷われているお客様に、自分から声をかけることです。お客様にありがとうといっていただけたときが、とても嬉しかったです。是非、ありがとうと言っていただけるように、頑張ろうと思い行動することができました。

    WMH_3.jpg

    Q3.今後、インターンシップの経験をどう活かしていこうと思いますか。

    A3.このインターンシップに一人で参加したときはとても不安でしたが、チャレンジしてみないと分からないこともたくさんあり、経験することで自分の将来がみえてくると思うことができ、参加して良かったと思えました。今後は他の様々なインターンシップにも、参加したいと思います。また、今回のインターンシップ参加で自信もつきましたので、どんどん自分から行動していきたいです。


    WMH_4.jpg

    Q4.将来の夢は何ですか。

    A4.まだはっきりとは決めていませんが、このインターンシップを通して人と接する楽しさを感じましたので、サービス業など接客の仕事のことをもっと知っていきたいと思います。悔いのないように、今、様々な職業について調べたり、他のインターンシップに参加したりして決めていきたいと思います。


    国際キャリア学部国際英語学科では、サービス業、製造業、金融業等の短期勤務、また企業様の海外支店での短期就業などの多彩なインターンシッププログラムを用意して、学生の皆さんのスムースな社会への船出を応援しています。

    2017年
    10月15日

    TOEIC 300点以上アップ!「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ、国際英語学科の英語教育の実践

    国際キャリア学部では、TOEIC730点以上の取得を目指した英語教育指導を実践しています。在学生4年生の今夏のTOEICのスコアも、800点以上取得者も出ており、とりわけ1年次時点のスコアと比較して、375点アップ、330点アップなどの、点数アップが顕著に見られました。
    国際英語学科では、実社会での英語力実践の場を想定し、英語DVDの聞き取り、英字文献の読み取りから、英語でのプレゼンテーション、ショート・スピーチなど実務現場で「使える英語」を身につける教育カリキュラムを多数用意し、日々の授業に導入しています。このほか、語学研修のための欧米・オセアニアの大学留学制度など、多彩なプログラムを通じて、英語「を」学ぶことから、英語「で」学ぶことへ、グローバルシーンの第一線で活躍する女性社会人の育成に向け、国際英語学科は日々取り組んでいます​。
    TOEIC-Score.jpg

    2015年
    11月21日

    TOEIC 15ヶ月の成果 38%600点以上到達

    TOEIC(Test of English for International Communication)スコア報告

    国際キャリア学部(国際英語学科・国際キャリア学科)では、毎年7月に TOEIC IP テストを実施し卒業までの4年間英語力の伸びを測定します。

    目的:測定の目的は高度な英語力育成に向けた学生への個別指導、教育カリキュラム及び指導法研究のため。

    報告:2015年7月現在の国際英語学科スコア
    受験:45名(15名は留学中のため未受験)(在籍者数60名)
    平均:552.7点(990点満点)

    700点以上:3名
    600点〜699点:14名
    600点以上取得者の割合:38%
    全受験者の1年間の平均スコア上昇:87.7点

    企業で海外部門に所属する人材の平均が679点(TOEIC公式サイト参照)と言われています。

    2年次7月といえば入学して僅か15ヶ月。学部全体として卒業までに730点以上のスコアを求めていますが、800点以上の英語力をつけて社会で活躍することを願っています。

    TOEIC Annual Score Report

    The Faculty of International Career Development (the Department of English as a Global Language, the Department of International Career Development) provides students with a free TOEIC IP test for four years while they study at college. The following are the results of the EAGL students.

    Report: Test taken in July 2015
    Students: EAGL
    Number: 45 students (Other 15 students were studying abroad) 
    Average: 552.7 points (Max. 990 points)

    Over 700 points: 3 students
    600 to 699 points: 14 students
    Percentile of over 600 points: 38%
    Average score improvements of all students: 87.7 points

    According to the TOEIC official site, the average score of company employees in the oversea sections is 679 points.

    The test was taken in July 2015, which means that the students studied in the department only for 15 months after enrolling the college. This improvement is significant. 

    The EAGL department expects students to get more than 800 points by the time they graduate.

    2015年
    10月21日

    ​国際英語学科2年生が英語スピーチコンテストで1位を受賞!

    ke_20151021_03_01.jpg国際英語学科2年生のM.F.さんが、10月10日(土)「第3回活水女子大学エリザベス・ラッセル杯英語スピーチコンテスト」に参加し、1位を受賞しました。活水女子大学のホームページによりますと、このスピーチコンテストは、日本全国の大学から応募を募集し、予備審査を通過した10名の出場者たちが、英語で自分たちの表現力を6分以上8分未満のスピーチで競い合うコンテストです。今年度のテーマは、「平和」(Peace)でした。M.F.さんの今後さらなる活躍に期待されます。

    M.F.さんのスピーチは、活水女子大学の下記の動画をご覧ください。


    ke_20151021_03_02.jpg

    2015年
    08月07日

    英語学科卒業生がTOEIC最高得点の990点を取得:後輩たちもチャレンジ!!

    TOEIC IP Photo.png

    英語学科卒業生の中に、本学在学中にTOEIC満点の990点を取得した学生がいます。国際英語学科の学生たちは、TOEIC満点を取得した先輩を目標に常にチャレンジし続けています。7月11日に実施したTOEIC IP テストの結果によりますと、国際英語学科2年生の38%(17名)が600点以上のスコアを取り、その内3名が700点以上のスコアを取りました。1年次に受けた時に比べ、スコアが300点以上伸びた学生もいます。TOEICのスコアが高いと、就職活動において非常に有利と考えられています。国際英語学科では、これからもきめ細かな指導を実践し、学生の英語力向上を目指します。
    (人文学部英語学科 2013年募集停止)
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE