• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2018年
    10月16日

    留学報告⑧:オーストラリア M.A.さん(福岡県立八幡中央高等学校 出身)

    国際英語学科では、毎年半数以上の2年生が海外へ!

     

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、Study Abroad 科目を設けています。国際英語学科の在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。この留学プログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって単位認定がなされるので、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業が可能です。

    ここでは、現在、海外で勉強をしている国際英語学科の学生をシリーズでご紹介していきます。

    オーストラリア(パース)

    University of Western Australia

    M.A.さん(福岡県立八幡中央高等学校 出身)

    国際英語学科 2年生

    今年4月から留学中

     

    kokusai101618-1.JPG
    現地でホストファミリーと迎えた二十歳の誕生日

    □ なぜこちらの大学に決めましたか

    西オーストラリア大学への留学を決めた理由は4点あります。1点目はビーチや公園が多く自然豊かでリラックスできる環境であること、交通機関が充実していて通学に便利な環境であること、2点目に、図書館が充実している点です。州立図書館は開放的で設備も充実しているため放課後や休日には学習スペースを利用し、課題やレポートの作成に励んでいます。3点目は日本人や日本語サービスが少ない環境であることです。大都市に比べ日本語サービスや留学生、駐在員が少ないため英語環境に身を置きやすく、海外の友達と過ごす時間が多く、英語力の向上につながります。4点目は留学エイジェントの方が日本の方という点です。普段英語環境の中で生活している分、病気やトラブル、ホームステイや学習面で悩みを抱えた時に安心して相談することができるからです。 

    kokusai101618-2.JPG

    □ 授業や現地での生活は順調に進んでいますか

     とても充実した日々を送っています。始めは授業についていくのに必死で先生や学生の英語を理解することで精一杯でしたが、現在は自ら積極的に発表しディスカッションやプレゼンテーションなど活発的に取り組んでいます。さらに、パースは多国籍のため人がとても温かく過ごしやすい環境です。
     

    □ 授業への取り組み方やクラスの雰囲気を教えてください

     授業はタイムスケジュールに沿って行われるので、前日に家で授業内容を確認し、わからない単語や文法を下調べしておくとよりスムーズに授業に参加できます。クラスの雰囲気は明るく前向きな姿勢で、自分の意見や考えなど積極的な発言が必要とされます。また質問や悩みなど先生に相談すると熱心にサポートして下さいます。

     kokusai101618-4.JPG

    □ 授業以外の活動について教えてください

     毎週月曜日の放課後にsinging clubやUWAのメインキャンパスである Japanese club に参加しています。そこでは他国の生徒と一緒に歌を歌って楽しみながらコミュニケーションをとったり、協力して作品を作り卒業式で卒業生へ思いを込めたパフォーマンスを披露します。Japanese club では日本について勉強をしている現地の大学生と交流しお互いに文化や伝統、言語について分かち合い、学習しています。

     kokusai101618-3.JPG

    □ 留学することで何が勉強になりましたか、一番自分の強みになった点や変化したところを教えて下さい

     一番の強みになった点は英語力の向上はもちろん、コミュニケーション力や精神力の向上をとても実感しています。現地の学校は日本での教育方針とは全く違い、ディスカッションやプレゼンテーションが多く、自らの意見や考え、発表が重要視されます。この経験から一つのトピックに対しあらゆる視点から深く思考し、何事にも積極的に参加し発言するようになりました。さらに、他国の学生と交流することで様々な国の文化や伝統を学ぶことができ、日本の食、おもてなしの文化の美しさや魅力をも外国の方々に伝えることができました。
     最後に、オーストラリアでの生活で積極的に海外の方と交流し、共に英語学習に励み生活する内に様々な国の友達やハウスメイトができました。さらに二十歳の誕生日には、日本では最大のお祝い行事ということでホストファミリー、学校ではクラスメイト、放課後には多くの外国の友達がケーキを作って集まりサプライズパーティーを開催してくれました。出身国は違えど家族のように温かく迎えてくれる彼らとの出会いは、留学において大きな財産であり素敵な経験と思い出です。留学は勉学だけでなく人間性や人の温もりとの出会い、他国や日本の文化や伝統など幅広い分野で成長できるとても良い学習機会です。

     

    kokusai101618-5.JPG
    一緒に前期留学した女学院のクラスメイト達と
     


     


    この留学プログラムを利用して海外で異文化に触れ、より高度な英語コミュニケーション能力などを獲得することが出来ます。その後、国際英語学科の学生の多くは世界へ繋がる就職を目指しています。

     

    国際英語学科では、在学生の異文化交流の実践と国際感覚の研磨のための多彩な留学プログラムを用意して、グローバルシーンで活躍するキャリアパーソン形成を応援します。

    【 過去の国際英語学科の学生達の留学報告はこちら

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE