• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    06月13日

    TOEIC®挑戦レポート⑮(M.Dさん-純真高等学校出身:735点)

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科の英語学習カリキュラムはレベルごとに編成した少人数のクラスで、英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており(*)、授業の多くは英国、米国、カナダ、ニュージーランドなど英語圏出身のネイティブスピーカーの教員が担当しています。
     
    img01.jpg
    三先生.jpg

    そして、多くの企業が海外駐在員派遣等の目安としているTOEIC® 730点以上を目標にしています。2年次には9カ国・地域、16の海外提携校に留学するプログラムもあり、現2年生以上では計104名の学生が米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンの提携大学に半年から1年間、長期留学しました。さらに、国内及び海外でのインターンシップや研修でも英語を使う機会が豊富にあります。こうしたカリキュラムを通じて、TOEIC®の得点を大幅に伸ばし、700点台から800点台の成績をあげる学生も相次いでいます。

    15回目となる今回は1年次最後に受けたTOEIC®で学科の目標である730点を上回る735点を達成したM.Dさん(純真高等学校出身)の報告を紹介します。

    M.Dさん(純真高等学校出身)のTOEIC® ​挑戦レポート

    私が初めてTOEICを受けた大学1年生の夏でした。初めてだったので、時間内に全ての問題に目を通すことさえできませんでした。それがとても悔しかったので、リスニングとリーディングの部門ごとに学習しました。
     
    IMG_5631.JPGリスニングでは、とにかく先読みが大切です。問題が書かれているところは先に読んでおいて、すぐにマークし、あとの時間は次の問題を読みます。私はこれだけで点数が大幅に上がりました。他には音読も行いました。発音できない単語は聞き取りも難しいので、発音や文章の区切り、リンキングなどを意識し、同じ文章を繰り返し、音読しました。これは1日数十分と決めて、毎日、行うことが重要だと感じました。ある程度、聞き取れるようになったら、アメリカ英語だではなくイギリス英語やオーストラリア英語なども聞くようにしました。

    リーディングでは、塾講師のアルバイトをしていたので、英文法を生徒に教えることで、自分自身も勉強になることが多かったです。高校生のときは感覚で解いていた問題も教える前に予習をすることで論理的に考えて解けるようになり、間違いも減りました。しかし、限られた時間内で大量の問題を解く集中力を持続するのはとても難しいです。1問にかける時間を自分で事前に決めておくのもひとつの手かもしれません。忙しくてなかなか勉強する時間が取れない人は大学のTOEIC対策の講義をとるのもいいと思います。
     
    私は、卒業までにTOEIC800点台後半までスコアをあげたいと考えています。海外留学の予定はありませんが、旅行が好きでさまざまな国に行っています。そこでの経験を日々のモチベーションに変えて勉強に励んでいます。将来はまだ明確には決めていませんが、社会に貢献できる人材になれるように、今のうちに自己投資と研鑽を積み重ねていこうと思います。

    *国際キャリア学科の他の主な英語授業の紹介は下記をご参照ください。

    授業紹介: Reading and Writing SkillsⅡ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当:Allan Williams)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/638
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Arthur Nakano)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/574
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Philippa Nugent)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/575
    授業紹介: Reading and Writing Skills(1年生必修科目、担当:Ian E. Kenyon)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/561
    授業紹介:Communication Skills (1年生必修科目、担当:Paul Shimizu)
      
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/506
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Ian E. Kenyon)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/583
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/262
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/515
    授業紹介:Senior Seminar(4年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/514
    授業紹介:Presentation Skills(1年生必修科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/602
    授業紹介:Analysis and Discussion (2年生選択科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/597
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:蘭紅艶)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/492
    授業紹介:Analysis and Discussion Ⅱ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
     IMG_4471.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg 

    2018年
    06月08日

    夏季に国内と海外6カ国で国際ビジネス・インターンシップを実施します!

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科では、3年生を対象に国際ビジネスの現場を体験するインターンシップやフィールドワークを国内外で実施しています。このうちインターンシップは九州インターンシップ推進協議会を通じた大学全体でのプログラムのほか、学科独自の科目としてBusiness Internship(国際ビジネス・インターンシップ)を前期及びに後期に開講しています。

    昨年度の国際ビジネス・インターンシップ
    IMG_3748.JPG
    アシアナ航空客室乗務員研修(韓国・ソウル)
    IMG_4891.JPG
    ホテル日航福岡
    DSC00937.jpg
    ドーワテクノス

    DSC01122.jpg
    門菱港運
    EGL(2017)①⑤.JPG
    EGLツアーズ(香港)
    IMG_3680.JPG
    H.I.S.九州営業本部
    モルガンスタンレー(2017)①.jpg
    三菱UFJモルガンスタンレー証券

    コンベンション(2017)③.JPG
    福岡観光コンベンションビューロー
    イタリア.jpg

    ワイナリー カッサーレ・マルケーゼ(イタリア・ローマ)
    ADPCIMG_5758.jpg

    アジア大規模災害防止機構(タイ・バンコク)

    今年度前期開講のBusiness InternshipⅠは、今年7月から9月にかけて国内のほか、カナダ、マレーシア、タイ、香港、台湾、韓国の6カ国・地域で実施し、対象となる現3年生の8割以上に相当する85名が受講する予定です。海外では、ソウルのアシアナ航空本社研修施設「アシアナ・アカデミー」での客室乗務員研修のほか、エイチ・アイ・エス株式会社の海外支店(バンクーバー、トロント、コタキナバル)や香港の旅行会社EGLツアーズ(東瀛遊旅行社有限公司)、台湾のパーソル・グループ、タイのAsian Disaster Prevention Center(アジア大規模災害防止機構)でのインターンシップを実施。国内では証券、旅行、ホテル、貿易商社、外資系ビジネス・コンサルティング会社、メディア、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)、福岡市の観光誘致機関である福岡観光コンベンションビューローなどでのインターンシップを実施します。

    ____________.jpg
    H.I.S.コタキナバル.jpg
    S.Kさん(北筑高等学校出身)、H.Sさん(佐賀北高等学校出身)ら10名が研修を受けるH.I.S.コタキナバルとご指導くださる同社の皆様 
    Selamat datang ke Kota Kinabalu!
    HIS Vancouver 5.JPGHIS Vancouver 6.JPG
    H.Kさん(春日高等学校出身)ら6名が研修を受けるH.I.S.バンクーバー
    HIS Tronto 2.jpg
    S.Hさん(大分舞鶴高等学校出身)が研修を受けるH.I.S.トロント
    (写真提供:株式会社エイチ・アイ・エス)

    今年度前期ビジネス・インターンシップ受入企業と参加予定者

    アシアナ航空客室乗務員研修
    (韓国・ソウル)
    M.Iさん(福岡県立久留米高等学校出身)
    M.Iさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)
    M.Kさん(福岡県立八幡高等学校出身)
    N.Kさん(福岡県立香住丘高等学校出身)
    M.Hさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)
    K.Mさん(佐賀県立佐賀西高等学校出身)
    A.Tさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)
    M.Oさん(早鞆高等学校-山口-出身)
    S.Kさん(愛媛県立新居浜西高等学校出身)
                   など21名
    ADPC(アジア大規模災害防止機構)
    (タイ・バンコク)
    A.Iさん(長崎県立長崎北高等学校出身)
    T.Kさん(くるめ国際交流学院出身)
    EGLツアーズ
    (香港)
    C.Iさん(長崎県立佐世保南高等学校出身)
    M.Iさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)
    パーソルグループ
    (台湾・台北)
    K.Mさん(福岡県立春日高等学校出身)
    HISカナダ
    (バンクーバー)
    H.Hさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)
    H.Kさん(福岡県立春日高等学校出身)
                  など6名
    HISカナダ
    (トロント)
    S.Hさん(大分県立大分舞鶴高等学校出身)
    HISマレーシア
    (コタキナバル)
    R.Kさん(宮崎県立妻高等学校出身)
    S.Kさん(福岡県立北筑高等学校出身)
    H.Sさん(佐賀県立佐賀北高等学校出身)
                 など10名
    HIS九州営業本部
    (福岡)
    A.Kさん(福岡県立伝習館高等学校出身)
    N.Hさん(自由ヶ丘高等学校出身)
    F.Mさん(福岡県立香住丘高等学校出身)
                 など10名
    HIS沖縄 M.Mさん(沖縄県立普天間高等学校出身)
    ハルトラベル M.Yさん(福岡県立新宮高等学校出身)
    阪急交通社 H.Kさん(福岡県立筑紫高等学校出身)
    福岡観光コンベンションビューロー M.Sさん(福岡県立三池高等学校出身)
    K.Iさん(鹿児島県立大島高等学校出身)
    九州農産物通商 Y.Tさん(福岡県立伝習館高等学校出身)
    ドーワテクノス T.Eさん(福岡県立柏陵高等学校出身)
    S.Bさん(弘堂国際学園出身、ネパール出身)
    ホテル日航福岡 A.Uさん(熊本信愛女学院高等学校出身)
    A.Tさん(福岡県立福岡中央高等学校出身)
    K.Fさん(福岡県立光陵高等学校出身)
    A.Mさん(筑紫女学園高等学校出身)
    ザ・ルイガンズ M.Oさん(福岡県立八幡南高等学校出身)
    M.Nさん(福岡女学院高等学校出身)
    K.Kさん(福岡県立京都高等学校出身)
    E.Sさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)
    R.Oさん(福岡県立柏陵高等学校出身)
    アゴーラ山の上ホテル K.Aさん(福岡県立嘉穂高等学校出身)
    H.Nさん(大分県立大分舞鶴高等学校出身)
    ディサント M.Tさん(佐賀県立三養基高等学校出身)
    M.Fさん(福岡県立直方高等学校出身)
    N.Sさん(福岡県立香住丘高等学校出身)
    R.Iさん(弘堂国際学園出身、スリランカ出身)
    三菱UFJモルガンスタンレー証券 M.Kさん(福岡県立山門高等学校出身)
    N.Kさん(福岡県立新宮高等学校出身)
    M.Tさん(福岡県立京都高等学校出身)
    Fukuoka Now M.Kさん(福岡県立筑紫高等学校出身)
    M.Sさん(大分県立大分西高等学校出身)
    日本貿易振興機構 H.Nさん(福岡県立春日高等学校出身)
    弓場貿易 Y.Iさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)

    一昨年度、第1回の国際ビジネス・インターンシップを経験した国際キャリア学科一期生(2018年卒)は航空会社(日本航空、全日本空輸、アイベックスエアラインズ、アシアナ航空、マカオ航空の客室乗務員やグランドスタッフ)、旅行会社(エイチ・アイ・エス、JTB、東武トップツアーズ)、ホテル(ホテル日航福岡、ヒルトン福岡シーホーク、ルートイングループ)、製造業(新日鐵住金、朝日エティック)、金融・証券・保険(東海東京フィナンシャル・ホールディングス、福岡ひびき信用金庫、第一生命保険)、貿易(不二貿易)、運輸(JR東日本)など、それぞれ第一志望の企業への就職を決め、現在、第一線で活躍中です。

    福岡女学院大学国際キャリア学科、そこには「世界への扉」「夢へのステップ」があります。

    IMG_5496.JPG
    事前協議のため来訪されたH.I.S.カナダの実政様、同九州営業本部の山口様とH.I.S.カナダでのインターンシップ参加予定者。昨年度、H.I.S.カナダでのインターンシップを経験したK.Aさん(日田三隈高等学校出身、左から二人目)も駆けつけてきました。
    IMG_5547.JPG
    事前研修でのアシアナ航空客室乗務員研修参加予定者と同航空スーパーバイザーの横山様
    IMG_5633.JPG
    ホテル日航福岡での事前研修:池田副主任にご指導いただくA.Tさん(福岡中央高等学校出身)ら4名
    IMG_5634.JPG
    福岡観光コンベンションビューローでの事前研修:ご指導いただく総務企画課の峰課長、永峯係長とM.Sさん(三池高等学校出身)、K.Iさん(大島高等学校出身)

    393452B5-77FD-4F52-B874-A5B90E22588B.jpeg
    事前研修でのハルトラベルの古賀社長とM.Yさん(新宮高等学校出身)
    IMG_5636.JPG
    九州農産物通商での事前研修:ご指導いただく波多江社長、甲木海外事業部長とY.Tさん(伝習館高等学校出身)
    IMG_5705.JPG
    独立行政法人日本貿易振興機構での事前研修:ご指導いただく山岡所長とH.Nさん(春日高等学校出身)

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    06月05日

    (授業紹介)First year English(国際キャリア学科1年生必修科目、Alan Williams先生)

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の英語科目は定期的に実施するテストに基づき、レベルごとにクラスを編成しています。カリキュラムは英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており、授業の多くは英語圏のネイティブの教員が担当しています。
     
    6______________Nakano_______N_10929.jpg3______________Nugent_N_11137_(1).jpgIMG_2867.JPG
    三先生.jpg

    以下は1年生を対象とし、レベルごとに分けられた三つのクラスで学ぶ「First Year English(国際キャリア学科1年生必修科目)を担当しているアラン・ウィリアムズ先生(Mr. Alan Williams、英語教育センター講師、ニュージーランド出身)による授業紹介です。

    授業紹介:First Year English(Alan Williams先生)

    4______________Alan_N_11155.jpgThe overall aim of the introductory classes to English is to foster an environment where students feel comfortable using English with their classmates. To help meet this end, they usually engage in a variety of pair-work tasks that, among other things, require them to gather information, pose questions, and quiz each other. Hopefully these activities stimulate their interest in English so that they will willingly learn on their own.

    IMG_2278.JPG

    以下では受講している学生(1年生)の感想のいくつかをご紹介します。

    S.Kさん(福岡県立八女高等学校出身)

    First year English の授業は、英語でのコミュニケーション能力だけでなく、チャレンジ精神を身につけることができると思います。アラン・ウィリアムズ先生はペアワークを重視されていて、ほとんど英語でコミュニケーションを取ります。最初はなかなか会話を続けることができず、悔しい思いをすることもありましたが、少しずつ慣れてきて、以前より英語を話し、聞き取れるようになりました。これからも英語学習に取り組み、さまざまなことにチャレンジして、将来は世界で活躍できる女性になれるよう努力していきたいです。

    N.Fさん(福岡県立筑紫高等学校出身)

    アラン・ウィリアムズ先生のFirst year English の授業は、英語でのペアワークが中心となっています。毎回の授業で必ず英語を話す機会があり、実践的な英会話の練習になっています。クラスメイトと一緒に会話をするので、楽しく英語を学ぶことができます。先生はとても優しく、しかも面白い方なので、授業もいい意味でリラックスして受けることができます。

    R.Kさん(福岡大学附属若葉高等学校出身)

    アラン・ウィリアムズ先生のFirst Year Englishでは、主にクラスメイトとペアになって、テキストを使って英語で読み書きや聴き取りをしています。毎回の授業の終わりの時間帯には、英語の本を読んで感想を書くブックレポートと洋楽を聴いて歌詞を埋める課題があります。さらに、毎回、単語の問題を10問ほど解きます。いつも60分の授業が、あっという間に終わります。

    A.Tさん(長崎県立佐世保商業高等学校出身)

    アラン・ウィリアムズ先生のFirst Year Englishのクラスでは、ペアワークを中心として、楽しく英語を勉強しています。パートナーと英語で会話をしたり、問題を解いたりするので、授業中は英語を話す時間が多いです。先生もいつもおもしろい授業をしてくださいます。授業はほとんど英語で行われますが、難しいところはわかりやすく解説してくださいます。また、毎回、授業の最後に英単語の小テストがあるため、語彙力アップにもつながります。この科目は週に2回ありますが、毎回、面白い授業なので楽しみです。

    A.Tさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)

    アラン・ウィリアムズ先生の授業では、主にペアワークを通して英単語や文法を学び、リスニング力を養います。常に隣の席の人とのペアで授業が進んでいくので、分からないことがあったらペアの人に聞いたり、助け合ったりして英語力を高めることができます。また、音楽を聴く課題や英文を読む課題などの宿題もたくさんありますが、自分のレベルに合ったものを選び、自分のペースで進めることができるので、コツコツと日々積み重ねていけば着実に英語力の向上につながると思います。授業はユーモアを交えた楽しい空間で進んでいくので、緊張することなくリラックスした気持ちで英語を学ぶことができます。

    M.Kさん(宮崎県立宮崎大宮高等学校出身)

    First Year Englishの授業ではペアワークを中心に学習しています。ペアワークでは、会話をしていくうちに新しい表現を学ぶことができます。さらに1つの英単語には1つの意味だけがあるわけではないため、新しい意味を知ることもできます。英語を学習する目的のひとつとして、会話できるようになるということもあると思います。その会話力を身に付けることができる授業でもあります。会話の内容も実用性のあるものが多いため、とてもためになる授業です。

    R.Sさん(鎮西学院高等学校出身)

    アラン・ウィリアムズ先生の授業では、ふたり一組のペアで教科書の問題を解いていくので、高校までの授業とは異なり、英語でのコミュニケーションに重点を置いた学習をすることができます。「勉強」という感じがなく、友人とコミュニケーションを取る中で学習できるのでとても楽しい授業です。

    H.Yさん(福岡海星女子学院高等学校出身)

    アラン・ウィリアムズ先生の授業は、全て英語で行われます。 高校までの授業とは違い、ペアワーク・アクティビティが多く、楽しく英語を学ぶことができています。友達とペアワークを行うので、お互い助け合いながらできます。わからない箇所などは先生が丁寧な英語で教えてくださるので、安心して授業を受けられます。毎回、行われる単語テストでは、自分の知っていた単語はもう一度見直すことができ、知らなかった単語は習得できます。回数を重ねるごとに力がついています。何よりアラン先生はおもしろくて、いつも授業が楽しいです。

    IMG_2263.JPG
    IMG_2264.JPG 

    *国際キャリア学科の他の主な英語授業の紹介は下記をご参照ください。

    授業紹介: Reading and Writing SkillsⅡ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当:Allan Williams)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/638
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Arthur Nakano)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/574
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Philippa Nugent)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/575
    授業紹介: Reading and Writing Skills(1年生必修科目、担当:Ian E. Kenyon)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/561
    授業紹介:Communication Skills (1年生必修科目、担当:Paul Shimizu)
      
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/506
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Ian E. Kenyon)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/583
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/262
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/515
    授業紹介:Senior Seminar(4年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/514
    授業紹介:Presentation Skills(1年生必修科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/602
    授業紹介:Analysis and Discussion (2年生選択科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/597
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:蘭紅艶)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/492
    授業紹介:Analysis and Discussion Ⅱ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
     
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    06月04日

    海外留学留学先からの報告88:R.Iさん(オーストラリア・モナシュ大学-福岡県立武蔵台高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。88回目の今回は今年度前期からオーストラリアのモナシュ大学に留学しているR.Iさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)からの報告です。

    R.Iさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)​​​​からの留学報告

    私がモナシュ大学に留学して、約1ヶ月が経とうとしています。

    オーストラリアについてからこの一月の間に送迎バスに貴重品が入ったリュックを忘れたり、ビーチで携帯を紛失したりなど、たくさんのハプニングがありました。いずれも自己責任であり、そのトラブルに対応するなかで成長することができたと思っています。初めはとても不安を感じましたが、終わってみると自分自身が成長できたいい機会だったと思います。
     
    ________________________monika).jpgこちらの大学の授業では一人一人が発言する機会がとても多く、私も毎日、積極的に発言しています。私のクラスは中国からの留学生が多く、いつも積極的に発言します。最初の授業では圧倒されていましたが、今では負けずに発言するようにしています。そのためには、しっかり自分の意見を持たないといけません。概して中国人の学生はスピーキング・スキルが高いですが、日本人学生はライティング・スキルの方に優れており、お互いに得意な分野を教えあうことがあります。日本の授業よりも発言の機会が多いので、これからもそれを最大限に活用していきたいと思います。(右はクラスの先生です。)
     
    ホームステイ先では、とても優しいファミリーと犬と猫に囲まれて、毎日、楽しく過ごしています。最初はホストファミリーとうまく話すことができずにいましたが、ホストマザーがとても陽気な方で、たくさん話しかけてくださいます。三つ下のホストブラザーからは、課題でわからないところがあったら教えてもらったり、たわいもない話をしたりしています。ホストファーザーは仕事であまり家にいませんが、とてもフレンドリーです。隣の家は娘さんの家で、そこに中国人の留学生がいます。ホストマザーは、私のスピーキングスキルを上げるためにとても協力的です。「前よりもリスニング力が上がったね」などと、よくほめてくださるのでモチベーションアップにもつながります。
     
    今週の土曜には友達とオーストラリアで人気のあるフットボールの観戦に行きます。土日は無駄な時間を過ごしたくないため、なるべく出かけるように心がけています。残り7ヶ月の留学生活もあっという間に過ぎると思うので、1日1日を大事に過ごしていきたいです。スピーキング・スキルを上げるために、これからもクラスメイトや先生方、ホストファミリーとたくさんコミュニケーションをとり、様々なアクティビティに参加していきたいと思っています。また、ご報告します。

    ___________________________________________________.jpg
    オーストラリアのスタジアム。迫力満点です。
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    06月03日

    海外留学留学先からの報告87:Y.Yさん(米国・テネシー大学マーティン校-筑陽学園高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。87回目の今回は今年度前期から米国のテネシー大学マーティン校に留学しているY.Yさん(筑陽学園高等学校出身)からの報告です。

    Y.Yさん(筑陽学園高等学校出身)​​からの留学報告

    私は今年3月から米国のテネシー大学マーティン校に留学して、英語を学んでいます。
    ①.jpg
    テネシー大学マーティン校

    勉強の内容は主にスピーキング、リーディング、リスニング、グラマー、ライティングで、月曜日から金曜日まで毎日、授業を受けています。クラスはレベル1からレベル6にまで分けられていて、私のクラスは7人という少人数で、先生やクラスメイトとの距離も近く、自然と英語を使う機会が増えます。グループワークもあり、お互いの意見を言う機会もたくさんあります。成績評価はA.B.C.D.Fの五段階評価で、C以上は上のクラスに上がることができ、Dは同じクラス、Fをとるとクラスのレベルを下げられます。クラス替えのテストはそのセメスターで行われた授業の総復習です。先日あったリスニング・アンド・スピーキングのテストはプレゼンテーションでした。パワーポイントを使って英語でのプレゼンテーションです。

    UTM Y②.jpg
    教室の様子です

    テネシー大学マーティン校にはたくさんの施設が揃っています。図書館では勉強スペースやカンバセーション・スペース、パソコン・スペースなどもあります。また、ジム、室内プールなど体を動かせる設備も十分に揃っていて、学部生たちと様々なアクティビティを行なっています。キリスト教を信仰する人たちとは、バイブル・スタディを行なっています。福岡女学院もミッション・スクールですので、この機会にキリスト教についてもより学びを深めたいと思っています。

    UTM Y③.jpg
    アメリカ人の学部生や様々な国からの留学生とバスケットボールをしました!

    大学があるマーティンは都会ではないので不便な事も多々ありますが、先生方や友達はとても親切な人ばかりで、勉強をするには最適な環境だと思います。また、大学企画のアクティビティがたくさんあり、そこで現地の人と話したり、自然に触れたりする事もできます。まだ2ヶ月ほどしか経っていませんが、いろいろな国籍の友達もたくさんできました。サウジアラビアやコロンビアなど、日本にいたらなかなか出会えない国から来ている留学生とも友達になりました。残る7か月の留学生活で、さらに多くの友人をつくり、できるだけ英語力を高めていきたいです。

    UTM Y④.jpg
    楽しく、親切な友人たちと!
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE