• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    07月18日

    TOEIC®挑戦レポート⑰(A.Iさん-長崎県立長崎北高等学校出身:790点)

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科の英語学習カリキュラムはレベルごとに編成した少人数のクラスで、英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており(*)、授業の多くは英国、米国、カナダ、ニュージーランドなど英語圏出身のネイティブスピーカーの教員が担当しています(*)。
     
    img01.jpg
    三先生.jpg

    そして、多くの企業が海外駐在員派遣等の目安としているTOEIC® 730点以上を目標にしています。2年次には9カ国・地域、16の海外提携校に留学するプログラムもあり、現2年生以上では今年度前期までに計119名の学生が米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンの提携大学に半年から1年間、長期留学しました(今年度後期からはさらに10名が長期留学の予定)。さらに、国内及び海外でのインターンシップや研修でも英語を使う機会が豊富にあります。こうしたカリキュラムを通じて、TOEIC®の得点を大幅に伸ばし、700点台から800点台の成績をあげる学生も相次いでいます。

    今回は2年次のニュージーランド留学での学びを活かして、帰国後の今年4月に受けたTOEIC®で790点を達成したA.Iさん(長崎県立長崎北高等学校出身)の報告を紹介します。

    A.Iさん(長崎県立長崎北高等学校出身)のTOEIC® ​挑戦レポート

    私は、昨年度、国際キャリア学科の留学プログラムでニュージーランドのオークランド大学に9か月間、長期留学しました。そして、帰国後に受けたTOEIC®で790点まで伸ばすことができました。
     
    IMG_5626.jpg②.jpg留学中は実用的で“使える英語”を重視して勉強に取り組みました。そのおかげか、Listeningで約9割の得点を取ることができました。留学先の生活は英語にどっぷりとつかれる期間でした。そういう環境に身をおく努力をしたことと、英語を常に口に出して使っていたことが今回の結果に繋がったのでないかと思います。やはり自分の母国語を話すことには楽ですが、留学中は留学に来た意味と初心を思い出しながら、できるだけ現地の友達と英語を使うように心がけていました。

    ホームステイ先に3人の子供達がいたことも支えになりました。夕食を囲みながら毎日の出来事を話したり、宿題を教えたりと、日々、英語に触れることができました。子供に発音や使い方を習えることもホームステイの良さで、よりネイティブな環境のもとで力が伸ばせたと思います。ホストマザーとは教育問題や環境問題などの難しいテーマについても意見を交わしました。通学に片道1時間弱かかっていたのですが、その道中はYouTubeの海外の動画と、TED talk(様々な分野におけるアイディアをシェアする英語のスピーチ・演説)を字幕なしで視聴していました。この習慣は現在も続けています。字幕ありだと、結局、目からの学習になってしまうので、極力、耳から英語を取り入れるようにしています。

    IMG_4749.jpg
    留学先のニュージーランドで様々な国からの友人たちと(右端がA.Iさん)
    IMG_1491.jpg
    ニュージーランドのホストファミリーと

     
    帰国後、自分の英語の実力試しと海外の文化を知るという目的のため、6週間、一人でヨーロッパへ行きました。そこでいろんなアクセントに触れたり、困難な状況に出くわしたことは、新しい発見と共に自分の英語の弱点を見直すきっかけになりました。
     
    ヨーロッパからの帰国後、公式問題集と文法書の2冊に絞って勉強に取り組みました。時間を図って本番に似せた練習をし、自分にあった時間配分を見つけ、なおかつそのなかでできなかった部分を文法書でカバーするようにしました。Listeningは、自分で発音できない部分は聞き取れないと思ったのでスクリプトを見ながら音読しました。Readingは今まで最後まで解き終わったことがなかったので、Skimming(速読)の練習をしました。また、毎日、今日の出来事をひたすら英語で独り言をして、英語脳を定着させています。
     
    これからは、ListeningとReadingの点数の差を埋めるために、Readingにおいて“早く正確に”解けることが目標です。目標点数にまだ届いていないので、勉強の継続とモチベーションの維持という意味でもこれからTOEIC®を定期的に受験しようと思います。また、留学中にIELTSの授業も受講していたので、卒業までにIELTSにも挑戦したいです。将来はぜひ国際的な企業で海外勤務をしたいと思っており、何より英語を話すことが好きなので、これからも自分にあったやり方を模索しながら、結果も残せる勉強を続けていきたいと思います!

    IMG_3397.jpg
    ニュージーランドで!

    *国際キャリア学科の他の主な英語関連授業の紹介は下記をご参照ください。

    授業紹介: Reading and Writing SkillsⅡ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、 担当:Philippa Nugent​)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/639
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当:Allan Williams)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/638
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Arthur Nakano)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/574
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Darcy de Lint
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/652
    授業紹介: Reading and Writing Skills(1年生必修科目、担当:Ian E. Kenyon)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/561
    授業紹介:Communication Skills (1年生必修科目、担当:Paul Shimizu)
      
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/506
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Ian E. Kenyon)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/583
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/262
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/515
    授業紹介:Senior Seminar(4年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/514
    授業紹介:Presentation Skills(1年生必修科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/602
    授業紹介:Analysis and Discussion (2年生選択科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/597
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:蘭紅艶)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/492
    授業紹介:Analysis and Discussion Ⅱ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593

    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg 

    2018年
    07月18日

    (学生の活躍)国際キャリア学科3年のA.Aさん(筑紫高等学校出身)が博多織PRの着物モデルを務めました!

    kc_hed3.gif

    topics_170517[1].jpg国際キャリア学科3年のA.Aさん(福岡県立筑紫高等学校出身)が写真家の二石光正様が経営する株式会社nicographyと博多織の織元の井上絹織株式会社が共同で進めている博多織PRの着物モデルを務めました。

    A.Aさんは昨年、「ミスジャポン」に選ばれ、日本の伝統文化である着物の歴史や技法を学び、 着付けや作法を習得し、国内外で開催される着物ショーに出演するなど、日本文化を世界に向けて発信する活動に従事してきました(*1)。また、昨年11月に開催された国際会議、西日本国際ビジネスフォーラムでも着物を着てレセプションの司会進行を務めました(*2)。今回、こうした実績を二石様と井上様に評価いただき、博多織をPRするモデルに選ばれました。
    IMG_1295 (1).jpg20180712_0004.jpg

    *1.http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/459
    *2.http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/566

    A.Aさんは昨年3月には福岡県国際交流センターと国連ハビタット福岡本部が実施している「国際協力リーダー育成プログラム」の最年少団員としてミャンマーでの国際協力研修を体験するなど(*3)、積極的に様々な活動に参加しています。得意の語学力と行動力、そして「ミスジャポン」として深めた日本の伝統文化に関する学びを活かし、今後、ますますの活躍が期待されます。

    *3.http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/420

    以下は撮影を終えたA.Aさんのコメントです。

    博多織PRの着物モデルを務めて

    国際キャリア学科3年 A.A

    今回は株式会社nicography様と井上絹織株式会社様が提携された博多織PRプロジェクトにモデルとして参加させていただきました。

    クルマなどから人物まで幅広い撮影をこなされる写真家の二石様が音楽をかけながらテンポよく進めてくださったので、楽しく撮影できました。真顔、睨んだ顔など笑顔以外の顔も求められ、自分の新しい一面が発見できた気がします。

    また、博多織を着ての撮影は今回が初めてだったので嬉しかったです。博多織は縦糸で柄を出し、締めやすいのが特徴です。こんな可愛い色があるのはびっくりでした。着付けはレンタル着物の「ゆずの木」の方にご指導いただきました!

    本当に貴重な経験ができました。ありがとうございました。

    20180712_0007.jpg
    スタジオで、とても楽しい撮影でした!
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

     

    2018年
    07月17日

    (授業紹介)First year English(国際キャリア学科1年生必修科目、 担当:Philippa Nugent)

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の英語科目は定期的に実施するテストに基づき、レベルごとにクラスを編成しています。カリキュラムは英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており、授業の多くは英語圏のネイティブの教員が担当しています(*)。
     
    6______________Nakano_______N_10929.jpg3______________Nugent_N_11137_(1).jpg4______________Alan_N_11155.jpg
    三先生.jpg

    以下は1年生を対象とし、レベルごとに分けられた三つのクラスで学ぶ大学英語の基礎的な授業である「First Year English(1年生必修科目)を担当しているフィリッパ・ニュージェント先生(Ms. Philippa Nugent、英語教育センター講師、英国出身)による授業紹介です。

    授業紹介:First Year English(Philippa Nugent先生)

    3______________Nugent_N_11137_(1).jpgIn my First Year English classes I focus on the students having a comfortable and pleasurable experience using English. Students activate the language skills they already have as well as adding to their knowledge of how to use English in a communicative context. Being able to talk face to face with someone in English is the most important skill-set they can learn, so classes are based on pair work activities involving real communicative exchanges between partners. Games, quizzes and information exchange activities keep students active whilst offering genuine reasons for communication.

    IMG_2217.JPGIMG_2207.JPGIMG_2233.JPG

    F.Nさん(福岡県立宗像高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生はいつも私たちに分かりやすいようにゆっくりと聞き取りやすく英語を発音してくだいますので、理解しやすく、リスニング力もアップしたと実感しています。また、授業中は常に英語を使うように指導してくださり、学生たちも英語を話そうと努力するため、コミュニケーション力も上がったように感じています。ペアワークでクラスメイトと楽しく英語を学習でき、ペアワーク中も先生が私たちのところを回って分からないところを教えてくださいますので心強いです。何よりフィリッパ先生の授業はとても明るく、先生の指導への情熱が伝わってきて私たち学生もとてもやる気が出ます。

    Y.Oさん(宮崎県立宮崎南高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生のFirst Year Englishの授業は、とても活発で、いつも笑顔に溢れています。授業はすべて英語で進められるため、初めは緊張したり、難しいと思うこともありましたが、繰り返すうちに慣れてきて、今では毎回の授業が楽しみになっています。先生との距離が近く、ペアワークの相手も毎回、変わるように工夫されていて、知らないうちに英語で積極的にコミュニケーションを取れるようになってきているなと感じています。

    K.Hさん(山口県立華陵高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生の授業は全てが英語で行われます。いつも授業のテンポが良く、楽しく英語を学ぶことができています。ペアワークでは毎回、違う人と学習するので、クラスの仲間とのコミュニケーションを深めることもできます。私はこの授業を通して、英語でのコミュニケーション能力をさらに向上させていきたいと思っています。

    S.Kさん(愛媛県立新居浜西高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生のFirst Year Englishの授業はペアワーク中心で、様々な分野の英単語を使って会話します。私は単語を覚えることが苦手ですが、先生のネイティブの発音を聞きながら真似したり、相手と会話したりすることで、自然と頭に入ってくるようになりました。ペアワークが多く、毎回、ペアも変わるので、たくさんの人と仲良くなれます。自分の家族や地元の話をテーマに会話することもあり、より深く相手のことを知ることができます。フィリッパ先生の授業はあっという間に時間が過ぎるくらい夢中になれます。毎回の授業がとても楽しみです。この授業を通してもっとスピーキング力、コミュニケーション力を高められるように頑張ります。

    C.Yさん(福岡市立福岡女子高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生の授業は全部、英語で行われていますので、毎回、ずっと英語と接することができます。先生の英語もとてもわかりやすいので、楽しく学んでいます。授業はだいたいペアになって英語で話し合う感じなので、自然と英語になれることができ、自分の伝えたいことを英語で表現する練習にもなっています。今は基本的な英語から学んでいますが、どんどん慣れて、どんどん難しい会話もできるようになれると思うので、楽しみです。

    A.Yさん(福岡舞鶴高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生の授業は英語だけで行われます。初めのうちはあまり聞き取れませんでしたが、今ではきちんと聞き取れるようになり、リスニング力が上がったと実感しています。授業もわかりやすく、毎回、ペアが変わって英語でコミュニケーションをとるため、色々な人の英語を聞けることもとても楽しいです。最初は英語で話す時、発音があっているかどうかが不安で、積極的に話せませんでしたが、今では自分から積極的に話すことができるようになって良かったと感じています。

    A.Oさん(久留米市立久留米商業高等学校出身)

    フィリッパ・ニュージェント先生の授業では、英語を使ったコミュニケーションを楽しく学習できます。毎回、ペアが変わるので、そこも楽しいです。私は英語を話すことがあまり得意ではなかったのですが、この授業を通して英語を使ったコミュニケーションが楽しいと感じるようになりました。

    IMG_2229.JPG

    *国際キャリア学科の他の主な英語関連授業の紹介は下記をご参照ください。

    授業紹介: Reading and Writing SkillsⅡ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当:Allan Williams)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/638
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Arthur Nakano)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/574
    授業紹介: First Year English(1年生必修科目、担当: Darcy de Lint
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/652
    授業紹介: Reading and Writing Skills(1年生必修科目、担当:Ian E. Kenyon)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/561
    授業紹介:Communication Skills (1年生必修科目、担当:Paul Shimizu)
      
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/506
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Ian E. Kenyon)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/583
    授業紹介:Business Reading2年生必修科目担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/262
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/515
    授業紹介:Senior Seminar(4年生ゼミ、担当:中島千春)
     
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/514
    授業紹介:Presentation Skills(1年生必修科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/602
    授業紹介:Analysis and Discussion (2年生選択科目、担当:中島千春)
      http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/597
    授業紹介:Junior Seminar (3年生ゼミ、担当:蘭紅艶)
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/492
    授業紹介:Analysis and Discussion Ⅱ(2年生選択科目、担当:Darcy de Lint
     http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/593
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    07月13日

    (授業紹介)Freshers Seminar(担当:山口)

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科1年生を対象とした「Freshers Seminar」では、南川(国際協力)、山口(国際経済、地域研究)、中島、蘭(英語・異文化コミュニケーション)の4名の教員でローテーションを組んで、各分野に関する入門的な授業を行っています。このうち、山口が担当する前期の授業では各学生に将来の目指す進路(キャリア)とそのために大学生活で取り組むことをまとめたキャリア・プランを作成する授業を進めています。

    はじめに昨今の日本の経済情勢や企業の採用動向など人的資源管理の状況、そしてキャリア・プランの作り方について説明を受けた後、学生たちはそれぞれ自らのキャリア・プランを検討して、作成します。作成したキャリア・プランは担当教員との個別面談の後、加筆し、最後の授業ではグループに分かれて学生間で発表します。発表では、学生たちはお互いの夢について時に真剣に、時に笑いながら語り合い、刺激を受けているようです。

    IMG_5506.JPGIMG_5886.JPG
    IMG_5503.JPGIMG_5499.JPG IMG_5775.JPGIMG_5773.JPGIMG_5884.JPG
    キャリア・プランの発表会の様子

    こうして完成したキャリア・プランはちょうどカルテのように卒業まで保管し、その後の面談などで加筆していきます。そして、キャリア支援や外部講師による講義、インターンシップ、実務研修などの企画に活用しています。

    kc_20160810_02_05.jpg
    現在、就職活動を行っている4年生のキャリアプラン

    例えば、今春、卒業した国際キャリア学科一期生の例を挙げると、1年前期に作成したキャリアプランで旅行業界を目指していたA.Nさん(福岡市立福翔高等学校出身)は3年次に福岡市の観光誘致機関である福岡観光コンベンションビューローと日本に最も多くの外国人観光客を送り出している香港の旅行会社EGLツアーズでのインターンシップを経験し、4年次には旅行業界を中心に就職活動を行い、現在は大手旅行会社の東武トップツアーズに勤務しています。

    【A.Nさん(一期生、福岡市立福翔高等学校出身)の例】

    (3年次)
    クルーズ船受入対応②20160909 (2).jpg).jpg
    前期:福岡観光コンベンションビューローでのインターンシップを経験
    IMG_2411.jpg
    後期:EGLツアーズでのインターンシップを経験(同社の袁文英社長、末廣様と、一緒にインターンシップを経験したK.Tさん:聖和女子学院高等学校出身はJTBに就職)
    (現在:東武トップツアーズに勤務)

    IMG_5510.jpg

    1年前期に作成したキャリアプランでホテル業界を目指していたY.Kさん(福岡県立小倉西高等学校出身)は2年次に長期留学プログラムで海外提携校に留学し、英語力を高めたうえで、3年次にはホテル日航福岡でのインターンシップを経験。4年次にはホテル業界を中心に就職活動を行い、現在、第一志望だった日航福岡に勤務しています。

    【Y.Kさん(一期生、福岡県立小倉西高等学校出身)の例】

    (2年次)
    image1 (1).jpeg
    アメリカのセントラルワシントン大学に留学
    (3年次)
    IMG_2405.jpg
    ホテル日航福岡でのインターンシップを経験(一緒にインターンシップを経験したY.Sさん:福岡大学附属若葉高等学校出身はヒルトン福岡シーホークに就職)
    (現在:
    ホテル日航福岡で勤務)
    IMG_5508____________.jpg
     
    1年前期に作成したキャリアプランで外資系のファッションブランド、なかでもイタリア・ブランドのフルラを目指していたK.Hさん(大分県立大分雄城台高等学校出身)は英語に加え、イタリア語の勉強を行うとともに販売士などの資格を取得、3年次にはイタリアのトリノにある国際交流機関でのインターンシップを経験し、フルラジャパンへの就職を決め、現在、同社で活躍中です。

    【K.Hさん(一期生、大分県立大分雄城台高等学校出身)の例】

    (3年次)
    DSC_0059.jpg
    イタリアのトリノでのインターンシップを経験
    (4年次)

    IMG_4073.jpg
    フルラジャパンへの就職が内定し、同社の倉田社長による特別講義の司会を務める
    (現在:フルラジャパンに勤務)
    IMG_2352.jpg

    オフの日に大学を訪問し、ファッション産業を目指す4年後輩の現1年生にアドバイス


    4年間のカリキュラムを通して英語力など語学力を高め、国際情勢や経済、経営に対する知識を身につけ、さらに国内外でのインターンシップや実務研修で国際ビジネスの現場を体験することで、学生たちは大きく成長しています。福岡女学院大学国際キャリア学科、そこには「世界への扉」「夢へのステップ」があります。

    P1200312.JPG
     
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    07月12日

    海外留学留学先からの報告96:M.Mさん(オーストラリア・モナシュ大学-筑陽学園高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。96回目の今回は今年度前期からオーストラリアのモナシュ大学に留学しているM.Mさん(筑陽学園高等学校出身)からの報告です。

    M.Mさん(筑陽学園高等学校出身)​​​からの留学報告

    私はこの4月からオーストラリアのメルボルンにあるモナシュ大学に留学して、英語を学んでいます。

    私のクラスには、中国、オマーン、サウジアラビア、ベトナム、日本の5ヶ国から留学生が集まっています。クラスは17人ですが、日本人は私だけなので、常に英語を使わざるを得ない環境です。

    授業では、Listening、Writing、Reading、Speakingの英語の4技能を幅広く学んでいます。授業では、よく前日に出された宿題をもとにグループでディスカッションするので、きちんと内容を理解したうえで、自分の意見を持っておかなければなりません。Speakingがまだまだ苦手な私は言いたいことがうまく伝わらずに苦戦しています。それでもクラスメイトは耳を傾けてくれたり、助言をしてくれたりします。Speakingの授業では、グループに分かれてそれぞれのテーマに沿ったプレゼンテーションをしていますが、クラスメイトは用意していた内容だけでなく、聞き手の興味をひくために臨機応変にプレゼンテーションをしていました。とても自然体で、ついつい引き込まれました。

    授業はもちろんですが、クラスメイトから学ぶこともたくさんあります。それと同時に自分に足りないことが明確にわかるので、課題を発見しやすいです。毎日、早めに学校に行き、前日に終わらなかった宿題をしたり、昼はクラスメイトと食事をとりながら話したりしています。クラスメイトのほとんどが日本に興味を持っているので、日本語を教えることもあります。

    ____________________________________.jpg
    プレゼンテーションの授業で
    7AE74A4E-80F1-42E9-9CC7-A19C31FC2C1D.jpg
    仲良しの中国からのクラスメイトと

    ホームステイ先はホストマザーお一人なので、お皿を洗ったり、掃除をしたりなど、自分にできることを手伝っています。夕食のときはその日に起こった出来事を話してコミュニケーションをとっています。たまにホストマザーの娘さんやお孫さんが訪ねてきます。先日は客室乗務員の娘さんが仕事帰りに訪ねてきて、お仕事のお話やご家族のお話をたくさんしてくれました。休日は友人たちとシティに買い物に行ったり、カフェに行ったりして楽しんでいます。どこに行っても英語に触れることができるので、常に学ぶことがたくさんあり、一日一日がとても濃いです。

    IMG_7738.jpg
    サッカーの試合を観戦

    オーストラリアに留学して数か月ですが、伝えたいことがあるのに相手にうまく伝わらなかったことが何度かあり、とても悔しい思いをしました。しかし、その悔しさはもっとたくさん学びたいというやる気につながっています。これからもより自分にあった英語の修得方法を見つけ、頑張っていきたいです。

    94FEE6CE-E492-45A8-A3EF-B24CE393631E.jpg
    メルボルン中央駅前で
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE