• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2017年
    11月30日

    海外留学先からの報告82:S.Nさん(カナダ:セントメアリーズ大学-福岡県立春日高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。82回目の今回は今年度後期からカナダのセントメアリーズ大学に留学しているS.Nさん(福岡県立春日高等学校出身)からの報告です。

    S.Nさん(福岡県立春日高等学校出身)​からの留学報告

    カナダのセントメアリーズ大学に留学して3ヶ月が過ぎました。留学をする前は不安な気持ちもありましたが、今では毎日楽しく生活しています。

    学校の授業は午前中が9時から12時まで、午後が13時から15時半までで途中で休憩があります。日本の大学の授業と同じくらいの長さなので集中することが出来ます。クラスは自分のレベルにあった少人数制で、カナダ人の先生と様々な国からの留学生と一緒に学んでいます。最初は先生がおっしゃっていることの半分も聞き取れないこともありましたが、少しずつ慣れ、わかるようになってきました。

    P5291075.JPG

    毎日、授業は15時半に終わります。放課後は友人と街に出かけたり、ご飯を食べに行ったり、大学のアクティビティに参加したりしています。アクティビティではカナダの文化について知り、有名な場所を訪れたりすることができます。アクティビティには他の国の留学生も参加しており、係はカナダ人の学部生なので、積極的に話しかけるようにしています。係の方たちはとても優しく、フレンドリーなのですぐに打ち解けることができ、様々な現地の言葉や文化について教えてもらいました。

    image3.jpg
    親切なカナダ人の学部生たちと

    授業だけでは足りないと思うので、通学時間になるべく本を読むようにしています。また、日本人の友達と遊ぶ時も極力、英語で話すようにし、お互いのクラスで習った表現を教え合ったりします。留学先にはカンバセーションパートナーという制度があります。私は中国系のパートナーの方と毎週1時間会って、その週にあった出来事やお互いの文化のことを話しています。様々な表現が学べ、とても充実しています。終わった後は思っていたことをうまく話すことができなくて落ち込むこともありますが、そのおかげでもっと頑張ろうという気持ちにもなれます。また、初めの頃より会話が弾むと嬉しいし、楽しいと思えるようになることが多くなりました。

    カナダでの生活も残り少なくなり、危機感を感じることが多くなりました。残りの留学期間、後悔しないようにもっと積極的に話しかけたり、たくさんの表現を学んで、英語力が向上するような、有意義な留学にしたいと思っています。そして、日本に帰ってからも英語の勉強を続けたいと思っています。  
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 


     

    2017年
    11月30日

    海外留学先からの報告81:H.Hさん(オーストラリア:モナシュ大学-福岡市立福岡西陵高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。81回目の今回は今年度後期からオーストラリアのモナシュ大学に留学しているH.Hさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)からの報告です。

    H.Hさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)​​からの留学報告

    私は高校生の頃から海外留学を希望しており、一昨年、福岡女学院大学のオープンキャンパスを訪れた際、国際キャリア学科の3年生だった先輩に数多く質問し、カリキュラムの中に充実した留学制度があることを知り、魅力を感じて入学しました。

    私は英語が好きなのですが、留学前までTOEICなどの点数にはあまり反映されませんでした。特に英作文が苦手でした。そのため、大学の先生方にご指導いただきながら、英作文の力をあげようと取り組みました。その結果、ネイティブの先生からも「君の英作文の力は上がったよ」と褒めていただきました。クラス外でも福岡に住んでいる外国人の方々とと交流したり、ネイティブの先生方とクラスでご飯に行ったりしてリスニング力やスピーキング力を上げようと取り組みました。

    このように日本にいても英語力を伸ばすことはできます。それでも一度は自分の目や身体で海外の生活や文化を経験したいと思い、留学を選択しました。私が留学しているモナシュ大学の英語学習では 、Writing、 Speaking、 Reading、 Listeningをまんべんなく勉強します。学ぶユニットに必要な単語学習では個人対抗やチーム対抗になってゲームで競いながら、楽しく学んでいます。私のクラスには中国からの留学生も多く、彼らは皆、何でも思ったとおり発言し、正しくない文章はすぐに指摘してくれるので、とても刺激になり、私も思ったことをすぐに発言するようになりました。中国の人の話す英語は聞き取りづらいところもありますが、長い間、一緒にいると分かるようになりました。

    様々な国から移民してきた人が多いオーストラリアでは、ホームステイ先だけでなく、登下校中のバスや電車、トラムの中でも色々な英語を聞くことができます。母国語が英語でも国や地域によってアクセントや表現の仕方が違うので、自分が知らなかった話し方や単語の使い方などの表現を学ぶことができます。学校はメルボルンの中心地区に位置していて、近くには有名な図書館や博物館、教会など壮麗な建物が並んでいます。英語を学びにきている学生を対象にしたミートアップも街の各所で開催されてて、学外にも英語を学ぶことができる環境です。残る留学期間でできるだけ英語力を伸ばしていきたいと思っています。

    H1.jpg
    同性結婚を認めるための運動が町全体でありました。これは運動の一つで、白いドレスを着た人は男性です。このように市民の多くが参加していました。
    H3.jpg
    目抜き通りから少し入った小さな通りには素敵なお店が並んでいます。
    H2.jpg
    ホストファミリーの方々が私の誕生日にオーストラリアでは定番のRed Velvetケーキでお祝いしてくれました。
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    11月29日

    海外留学先からの報告80:H.Kさん(カナダ:セントメアリーズ大学-福岡県立春日高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。80回目の今回は今年度後期からカナダのセントメアリーズ大学に留学しているH.Kさん(福岡県立春日高等学校出身)からの報告です。

    H.Kさん(福岡県立春日高等学校出身)​からの留学報告

    私は今、カナダのセントメアリーズ大学(Saint Mary’s University)に留学しています。

    こちらに来て、早くも2ヶ月以上が経ちました。日本を出てすぐの頃は、ホームステイ先のことや学校生活のことで不安があり、緊張していました。しかし、生活するなかで新しい環境にも慣れて、日々、ワクワクした気持ちでいっぱいになり、今では充実した毎日を送ることができています。

    私は、日本人と韓国人の学生たちと一緒にホームステイしていて、計6人で生活しています。ホストファミリーやハウスメイトともすぐに打ち解けることができたので、今では家族のように互いに助け合いながら楽しく暮らしています。

    1505343814534.jpgクラスには中国、イラク、韓国など世界各地から来た学生がいて、様々な発音の英語が飛び交っています。ネイティブの英語を聞き取るのも難しいのですが、様々な国の人たちの英語もそれぞれ異なっていて、聞き取るのも正しく伝えるのも難しいと感じました。また、国によって文化や習慣が異なるので、戸惑うこともありますが、それぞれの国の事情について話をしたり、意見交換ができるので、毎回、新しい発見に喜びを感じています。(右の写真は前期の担任の先生です。)

    IMG-6934.jpg学校の近くにはダウンタウンがあり、バスでショッピングモールに行くこともできます。放課後や週末には友人たちとよく出かけています。大学のあるハリファックスは自然がいっぱいなので、公園や港で気分をリフレッシュすることもできます。(左は学校の友達と近くの公園に行ったときの写真です。 )

    一日一日があっという間に過ぎていくため、正直、少し焦りも感じていますし、まだまだ帰りたくないという気持ちでいっぱいです。しかし、この留学をより意味のあるものにするためにも、自分にできる精一杯の努力を尽くし、残りの留学期間を有意義に過ごしたいと思います。

    1505071762553.jpg
    ハウスメイトと地域のカラーフェスティバルに参加したときの写真です
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    11月29日

    海外留学先からの報告79:R.Nさん(オーストラリア:モナシュ大学-筑紫台高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。79回目の今回は今年度後期からオーストラリアのモナシュ大学に留学しているR.Nさん(筑紫台高等学校出身)からの報告です。

    R.Nさん(筑紫台高等学校出身)​からの留学報告

    オーストラリアにきて早くも3ヶ月以上が過ぎました。来て間もない時は、ホストファミリーとも思ったことをうまく話せない毎日が続き、悔しい思いをしていましたが、最近では楽しく会話できるようになったことに達成感を感じます。
     
    image5.jpgimage3.jpeg

    学校では少人数のクラス編成のため一人一人が発言する機会が多く、発言力も身につくと感じています。先日は市内で開催された国際交流のイベントに参加しました。メルボルンにはたくさんのバックグラウンドを持つ人々がいるため、多くのことを学ぶことができました。

    残りの留学期間、英語をさらに磨き、またできるだけ多くのイベントに参加したり、ボランティア活動に参加したりして、英語力はもちろんのこと、さらに多くのことを学べることができればと思っています。

    image4.jpg
    アリアナ・グランデのコンサートで友人たちと
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

     

    2017年
    11月28日

    海外留学先からの報告78:H.Uさん(カナダ:セントメアリーズ大学-福岡県立春日高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。78回目の今回は今年度後期からカナダのセントメアリーズ大学に留学しているH.Uさん(福岡県立春日高等学校出身)からの報告です。

    H.Uさん(福岡県立春日高等学校出身)​からの留学報告

    私はカナダのセントメアリーズ大学に留学しています。

    カナダに来て3ヶ月が経ちました。この3ヶ月は私にとってとても濃厚な時間でした。初めの1週間は、周りのもの全てが新鮮で、刺激的でした。しかし、ホストマザーの言っていることがほとんど分からず、適当に相槌を打ってしまっている状況でした。このままでは駄目だと思い、積極的に自分からホストマザーに話しかけるよう日頃から意識するようにしました。すると、以前より遥かに会話が理解できるようになり、私自身のエピソードや学校での出来事を英語で話すこともできるようになりました。ホストマザーは親切な方で、週末にはカナダの名所にドライブに連れて行ってくださいます。その場所に関する歴史も解説してくださるので、カナダの歴史や文化を知ることができ、とても嬉しいです。
    IMG_2791.jpg
    親切なホストファミリーの方々と

    image1.jpgクラスはテストの結果によって編成されます。そのため、自分のレベルに適したクラスで授業を受けることができます。日本人以外のクラスメイトも多くいるため、英語で話さざるを得ない環境です。写真左はクラスの担当の先生です。写真のとおり、とても明るく、親切な方です。また、セントメアリーズ大学にはカンバーセーションパートナーという制度があり、週に1度、カナダ人のパートナーと会って会話を重ねています。私はパートナーから文化やお薦めのスポットなど、新しい情報を教えてもらっています。

    授業を受けるだけではなく、自主勉強がこの留学をより有意義なものにできると考えています。映画を英語の字幕付きで見たり、休憩時間に率先して先生と会話をするようにして、自分なりの努力をしています。残りの期間、今まで以上に気合を入れて英語学習に取り組んでいきたいと思います。
    image3.jpg
    スクールアクティビティでセントメアリーズ大学の学生たちと
    P5291073 (1).jpg

    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE