• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2017年
    10月31日

    (授業紹介)「Current Business」:HITOYOSHI株式会社 竹長一幸取締役工場長による講義

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科3年生を対象とする「Current Business」(担当:山口)は、世界とつながるビジネスの第一線で活躍されてきた様々な業種の方を招き、実務の視点から日本の産業や企業経営、国際展開などについてご講義いただくオムニバス形式の授業です。

    IMG_3997.JPG第4回目の講義には高品質のシャツの製造で知られるHITOYOSHI株式会社の竹長一幸取締役工場長をお招きして、繊維・アパレル産業についてご講義いただきました。HITOYOSHI株式会社は2009年に大手シャツ・メーカーのトミヤアパレルが経営破綻したことに伴い、同社の吉國武代表取締役と竹長工場長が企業再生ファンドの支援を受けて設立された企業で、高品質のシャツ造りが評価され、地域発の世界的ブランドとして注目されています。

    講義では、はじめに製造コストの上昇と最新流行を採り入れながら低価格に抑えた衣料品を短い商品サイクルで大量に販売するユニクロやH&M、ZARA、GAPなどに代表されるファストファッションの伸張などで日本の繊維産業が生産量、企業数、従業員数とも縮小を続けきたこと、中国、ベトナム、インドネシア、最近ではバングラデシュ、カンボジア、ミャンマーなどからの低価格の製品の流入で、国内で流通するアパレルに占める国産品の比率が2009年には4.5%にまで低下しているなど、繊維産業を取り巻く厳しい状況について解説いただきました。
    IMG_3982.JPG

    IMG_3970.JPG

    HITOYOSHI株式会社のビジネスの現状については、当初、100%OEM生産(*)からスタートしたものの、2011年の銀座阪急メンズ館開業時の共同企画商品に取り上げられたことを機に自社ブランドでの販売が増え、販売店との直接取引により中間マージンを省き、価格帯を抑えたことなどが奏功し、現在では1日、約550枚のシャツを生産し、その売り上げの30%を自社ブランドでの販売、残る70%をビームスやシップス、ポールスミス、ユナイテッド・アローズなどのOEM生産が占めていることをご説明いただくとともに、小泉進次郎衆議院議員や俳優の藤原竜也さん,佐々木希さんなど、同社のシャツを愛用されている著名人についてもご紹介いただきました。

    OEM(original equipment manufacturer)とは相手先ブランド名での生産

    IMG_3984.jpg

    IMG_3971.JPG

    IMG_3999.jpg続いて、それまで40工程で行っていたシャツ造りをあえて100工程に増やすなど手作業を重視し、100%綿の生地や貝ボタンなど自然素材にこだわる一方で、納期が短い、ロッドが小さい、仕様が複雑など海外のメーカーが嫌がる仕事をあえて受注するなど、価格競争に対抗するため日本ならではのきめ細かいモノづくりに注力されている現状について映像を見せながら解説いただき、人材の確保、若手の育成と技術の継承など、現在、抱えておられる経営課題についてもお話しいただきました。

    今後の同社の目標については、旅行用トランクの工場からスタートしたルイ・ヴィトンやカバンの修理からスタートしたグッチなどの例をあげながら「世界に通用する一流のファクトリーブランドになることです」と語られました。講義の最後には美しいシャツの選び方、着方についてご説明いただくとともに、家庭でもできるシャツの上手なアイロンのかけ方を実演しながらご教示いただきました。学生たちは笑顔でソフトに、しかし情熱を込めてお話される竹長先生の講義に真剣に耳を傾け、活発に質問していました。

    M.Iさん(福岡市立福翔高等学校出身)

    HITOYOSHI株式会社については、前期のJapanese Industry(日本産業論)の講義で成功している地域のモノづくり企業の一つとして学んでいたので、どんな講義になるのかなと、とても楽しみにしていました。講義のなかで特に素晴らしいと感じた点は、HITOYOSHIの事業内容ももちろんですが、竹長先生の意思の強さとお人柄です。最後に同社の目標をおっしゃったときに、とても力強さを感じました。世界に進出していくという決心と地元を一緒に盛り上げていきたいという気持ちがとても伝わってきました。

    M.Uさん(中村学園女子高等学校出身)

    アパレル業界について詳しく学ぶことができ、大変ながらも様々な人々が支えあっている服作りの魅力について知ることができました。以前、何気なく見ていたテレビ番組でHITOYOSHI株式会社のことを知り、魅力のある会社だと思っていましたが、まさかその工場長さんから直接、お話を聴けるとは思っていませんでした。どれも興味が湧くお話でしたが、特にベトナム企業との連携や協力に強い関心を持ちました。

    M.Kさん(福岡県立筑紫高等学校出身)

    とても興味深い講義でした。特に、普段あまり目にすることのない、私たち消費者が商品を手に取るまでの製造・流通過程のお話を聴けたことが面白かったです。HITOYOSHI株式会社の商品を企画しているのは東京支店で、作っているのは人吉の工場とベトナムのホーチミンにある協力会社、販売している場所は阪急百貨店や岩田屋、BEAMS、ユナイテッド・アローズなど普段、よく見かけるお店だということを知って驚きました。私もいつかHITOYOSHIのシャツを買って着たいと思います。

    M.Oさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)

    よく「企業が目指している方向性を見て、自分と照らし合わせて就職活動するように」と言われますが、HITOYOSHI株式会社のように経営者の方が具体的な夢を持たれていて、自分もその夢を叶えることに一生懸命になれる会社に就職したいと思いました。

    A.Eさん(熊本学園大学附属高等学校出身)

    日本の製造業には高い技術を有している企業も多いですが、竹長先生も同社の課題として指摘されていたように技術を持つ人がどんどん高齢化しています。製造業は人材不足にも悩まされています。これを解決するカギとなるのが私たち若者です。技術を継承する若者が増えていくことでMade in Japanのモノづくりの伝統を受け継いでいくことができると思います。

    H.Tさん(福岡県立久留米高等学校出身)

    倒産という辛い過去を乗り越えてHITOYOSHI株式会社を今日のような有名な企業に成長させた竹長先生の講義から、何事にも諦めず、自信を持って日々、努力することが成功への近道であると学びました。私も毎日、やるべきことを続け、努力していきたいです。

    S.Sさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)

    竹長先生は最後に目標は「世界に通用する一流のファクトリーブランド」だとおっしゃっていました。映像にもあった社員の方全員が高みを目指してドレスシャツを作り上げていく姿は素晴らしかったです。九州から世界へ、夢をぜひ実現していただきたいです。

    H.Fさん(福岡県立光陵高等学校出身)

    務めていた会社が倒産したにも関わらず、人吉工場と従業員の方々の技術を信じて、会社を再建するなんて素晴らしいと思いました。困難な状況でも諦めず、どうしたら解決するのか考え、積極的に行動に移す姿勢を見習いたいと思います。

    K.Nさん(日向学院高等学校出身)

    講義の最後に竹長先生からアイロンがけについても教えていただきました。とても丁寧で、きれいな仕上がりで、勉強になりました。私も実家に帰ったときに父のシャツのアイロンがけを頼まれることがありますが、これまではしわが伸びればいいというくらいの気持ちでかけていました。これからは日頃の感謝の気持ちを込めて丁寧にアイロンをかけたいと思います。そして、そのシャツを着る父がこのシャツなら頑張れるという気持ちになってくれたら嬉しいです。

    IMG_4006.JPG
    IMG_4010.JPG
    アイロンがけの実演:皆、真剣な表情で学んでいました
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    10月31日

    (学生の活躍) 国際キャリア学科2年のA.Aさんが「KIMONO PROJECT」のモデルとして活躍しています

    kc_hed3.gif

    topics_170517[1].jpg国際キャリア学科2年のA.Aさん(福岡県立筑紫高等学校出身)は今年5月、「miss JAPON2017」に選ばれ(*)、日本の伝統文化である着物について学び、 国内外で開催される着物ショーに出演するなど、着物を通じて日本文化を世界に向けて発信する活動に従事しています。
    IMG_5853.jpgまた、そのご縁でA.A.さんが新たにモデルとして参加しているのが「KIMONO PROJECT」です。日本の伝統技術の継承と普及のための活動を行っている一般社団法人「イマジン・ワンワールド」が進めるこのプロジェクトは、2020年に向けて世界各国の文化や歴史、風景をイメージしてKIMONOとOBIを制作し、おもてなしすることを目指しています。KIMONOとOBIの制作には日本を代表する老舗の染元や織元、染色作家の方々が携わっています。

    先日は九州の著名な経済人が出席されるイベントで、これまでに制作されたKIMONOとOBIを披露し、A.Aさんはベルギー王国の歴史と文化をモチーフにした着物のモデルとして出演しました。

    「KIMONO PROJECT」は2020年までに196カ国それぞれの国をモチーフにしたKIMONOとOBIを完成させる予定でモデルとして参加しているA.A.さんのさらなる活躍が期待されます。

    「KIMONO PROJECT」のご紹介(国際キャリア学科2年A.A)

    IMG_5810.jpg私は現在、「miss JAPON」という着物を通した人づくり事業の2017年度モデルとして活動しており、そのご縁で、一般社団法人「イマジン・ワンワールド」が進めている「KIMONO PROJECT」に参加させていただいております。このプロジェクトでは「世界はきっとひとつになれる」「日本の技術でおもてなしをしたい」という想いで、2020年に向けて世界各国をモチーフにしたKIMONOとOBIを制作しています。先日行われたお披露目で私はベルギー王国のモデルを担当しました

    東京友禅の西森和美さんにより制作されたこのKIMONOは、北部、南部、首都と三つの文化圏を持つベルギー王国のそれぞれの良さを取り入れてデザインされ、彩色もベルギー人の好みを反映しています。ラーケン王宮の温室の誕生の文様やフクシアの花、レース文様、南部の祭りの衣装、ロードレース自転車、アールデコ文様など、文化や歴史、自然のデザインも随所にちりばめられています宮内庁御用達の龍村美術織物が制作したOBIは背景にベルギー王国の名物のワッフルを文様化し、2年に一度、首都ブリュッセルの世界遺産、グランプラスを生花で埋めつくす人気イベント「フラワーカーベット」で使われるベゴニアや、アントワープに研磨産業が集積しているダイヤモンドをモチーフに織り上げてあります。
     
    今後も世界をつなぐプロジェクトのKIMONOを着られることに感謝し、活動を続けていきたいと思います!ぜひ、Facebookで「イマジン・ワンワールド」と検索してください。
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 


     
     

    2017年
    10月26日

    Dream Comes True(就職内定者の声)④:K.Tさん(聖和女子学院高等学校出身)-株式会社JTBワールドバケーションズ

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科の第一期生である現4年生からは目指す業界や企業様への就職が内定したとの嬉しい知らせが相次いでいます。このコーナーでは志望していた企業様より内定をいただいた4年生(代表)の体験談をシリーズでご紹介します。

    第4回は「つながりを大切にされている企業」を軸として就職活動を行い、第一志望であったJTBグループの株式会社JTBワールドバケーションズ様から内定をいただいたK.Tさん(聖和女子学院高等学校出身)の喜びの報告です。

    Dream Comes True:K.Tさん(聖和女子学院高等学校出身)-株式会社JTBワールドバケーションズ内定

    私は「つながりを大切にされている企業」を軸として就職活動をしました。そして、これまでで学んできた英語とインターンシップでの経験を活かすことができるJTBワールドバケーションズ様から内定をいただきました。

    IMG_2821.jpg

    私はもともと人前で話すことがあまり得意ではありませんでしたが、大学生活のなかで1年次からオープンキャンパスや夢ナビ(高校生を対象とした大学説明会)などの学生スタッフを務め、国際キャリア学科のインターンシップに積極的に参加するなど、自ら人前に立つ機会をつくってきたおかげで、結果的には楽しいと思える面接をすることができました。

    面接では思ったことを伝えることができるように、「素直」に受け答えするようにしていました。フィリピンのバギオ大学への長期留学から帰ってすぐに就職活動を控えていたので、とても不安でしたが、ゼミの先生が親身になって相談に乗ってくださいました。私が無事、内定をいただくことができたのは、友人や学科の先生方、大学の進路就職課の方々、そして両親の支えが大きかったと強く感じています。

    就職活動では自分のことを知らないと相手の方にも知っていただくことができません。実際、私は大学でオープンキャンパスの学生スタッフやカンボジアでの国際協力研修、日本航空様と香港のEGLツアーズ様でのインターンシップ、学科のクリスマス・タレントショーや運動会の実行委員長、フィリピンへの留学など、多くのことに挑戦してきました。この様々な経験が就職活動で活かせました。

    You can do whatever you want! 
    高校生の皆さん、福岡女学院大学国際キャリア学科はこんな学科です。

    自分が思ったことは先生方、同級生など周りの人を巻き込んで実行することができます。自分で考え、思考力を磨くことができます。様々な業種でのインターンシップや研修の機会が豊富なので、夢を持っている方はその夢をかなえることができ、夢がはっきりしていない人も様々なプログラムを通してそれが見えてきます。皆様もぜひ国際キャリア学科で夢への一歩を踏みだしましょう!

    ☆The Path to Her Dream☆

    1年生:オープンキャンパスで活躍
    625.jpg
    2年生(8月):タイ、カンボジアでの国際協力研修-一緒に参加したN.Yさん(下写真、筑陽学園高等学校出身)は大手生命保険会社に内定 
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/198
    2015-09-02 001 192.jpg
    2015-09-02 001 165.jpg
    2年生(12月):学科のクリスマス・タレント・ショーで実行委員長

    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/239
    086.JPG
    3年生(前期):ゼミで英語学・異文化コミュニケーションを研究-下写真で一緒に学んでいるN.Iさん(カナダGolden Secondary School出身)は貿易商社への就職が内定

    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/514
    IMG_1954.jpg
    IMG_1712.jpg
    3年生(後期):フィリピンのバギオ大学に長期留学、観光学を専攻 
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/363
    3.jpg
    4.jpg
    3年生(3月):香港を代表する旅行会社EGLツアーズでのインターンシップ(同社の袁文英社長、末廣様と)、一緒に参加したA.Nさん(福岡市立福翔高等学校出身)は東武トップツアーズ様に内定 http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/436
    IMG_2411.jpg
    IMG_2415.jpg
    jennie2.png
    次回は入学以来、向上に努力してきた英語力を活かして世界とつながる仕事を目指し、第一志望であった世界有数の鉄鋼メーカー、新日鐵住金株式会社様から内定をいただいたM.Mさん(江戸川女子高等学校出身)からの報告をご紹介します。

    福岡女学院大学国際キャリア学科、そこには「世界への扉」「夢へのステップ」があります!
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    10月25日

    (学生の活躍)国際キャリア学科の学生8名が西日本国際ビジネスフォーラムの運営スタッフに選ばれました

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の8名の学生が西日本国際ビジネスフォーラムの運営スタッフに選ばれました。

    選ばれたのはイタリア語を学んでいるK.Hさん(4年、大分県立大分雄城台高等学校出身、イタリア系企業フルラ・ジャパンに就職が内定)とN.Kさん(3年、福岡県立城南高等学校出身)、そして国際ビジネスに関心の深いA.Aさん(2年、福岡県立筑紫高等学校出身)、S.Aさん(2年、福岡県立筑紫中央高等学校出身)、E.Uさん(1年、筑紫女学園高等学校出身)、Y.Hさん(1年、福岡市立福岡西陵高等学校出身)、Y.Bさん(1年、筑紫女学園高等学校出身)、M.Mさん(1年、熊本市立必由館高等学校出身)の計8名で、事前研修を経て、11月6日に開催される西日本国際ビジネスフォーラムの運営に携わります。

    日伊経済連合会が主催する西日本国際ビジネスフォーラムは西日本地域の経済界とヨーロッパ諸国とのビジネス交流の促進のために開催されている国際会議で、5回目となる今年はジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使など内外の要人多数が出席し、福岡市内の西日本新聞ビル「天神スカイホール」で開催されます。

    3年前から国際キャリア学科の学生が同フォーラムの運営補助業務に携わってきましたが、主催者である日伊経済連合会のダニエレ・ディサント会長からもその貢献を高く評価していただき、特に昨年、一昨年は総合司会も国際キャリア学科の学生が務め、出席されていたローデリック・ウォルス在大阪・神戸オランダ王国総領事にも「しっかりしていて、プロのアナウンサーのようだった」と褒めていただきました。

    今年も主催機関の方々のご指導のもと、1年生から4年生まで協力して運営補助業務に携わります。内外の要人が出席する国際会議を体験することにより、学生たちがさらに大きく成長するのが楽しみです。
    P1200312.jpg
    西日本国際ビジネスフォーラムの運営スタッフに選ばれた8名 
    ☆Buon lavoro!☆

    (昨年度の西日本国際ビジネスフォーラム)
    Ic-0289.jpg
    総合司会を務めたY.Iさん(久留米市立久留米商業高等学校出身)
    Ic-0253.jpg
    IMG_1994[1].jpg

    Ic-0489.jpg
    Ic-0271.jpg
    Ic-0508.jpg
    Ic-0482.jpg
    現2年生、3年生がイタリアの大学からのインターン生と一緒に大活躍しました
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 
     

    2017年
    10月24日

    (インターンシップ)海外でのインターンシップに参加した学生の報告です④(イタリアのワイナリーCasale Marchese)☆Tirocinio Formativo in Italia☆

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科では、3年生を対象に国際ビジネスの現場を体験するインターンシップやフィールドワークを国内外で実施しています。このうちインターンシップは九州インターンシップ推進協議会を通じた大学全体でのプログラムのほか、学科独自の科目として「Business Internship」(国際ビジネス・インターンシップ)を前期及びに後期に開講しています。

    このうち51名の学生が受講した前期開講のBusiness InternshipⅠは、海外ではソウルのアシアナ航空本社研修施設での客室乗務員研修のほか、エイチ・アイ・エス株式会社カナダ支店や香港の旅行会社EGLツアーズ、イタリアのワイナリー、カンボジアの国際協力機関Khmer Foundation、タイのAsian Disaster Prevention Center(アジア大規模災害防止機構)で実施し、国内では金融、旅行、ホテル、貿易商社、外資系ビジネス・コンサルティング会社、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)、福岡市の観光誘致機関である福岡観光コンベンションビューローなどで実施しました。http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/512

    海外でのインターンシップのうち、イタリアでは日本とイタリアをはじめとする欧州諸国とのビジネス交流を促進しているディサント株式会社とローマにあるワイナリーのCasale Marchese(カッサーレ・マルケーゼ)社の協力を得て実施しました。参加したのは1年生の時からイタリア語を学んでいるN.Kさん(福岡県立城南高等学校出身)で、イタリアのビジネスや文化に関する事前学習(*)を経て、インターンシップに臨みました。http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/480

    Casale Marcheseは18世紀創業の由緒あるワイナリーです。N.Kさんは、同社経営者ファミリーのアレッサンドロ・カルレッティ様や5ヶ国語を操るクラウディア様などのご指導のもと、日本向けのHPに掲載するため、同社の歴史やワインについての説明を日本語に翻訳する業務を中心に体験しました。以下ではN.Kさんからの報告をご紹介します。

    N.Kさん(福岡県立城南高等学校出身)-Casale Marchese(イタリア・ローマ)でのインターンシップ報告

    福岡女学院大学国際キャリア学科に入学して2年半が経ちますが、私はそもそもこの学科のブログを見て入学を決めました。

    私はイタリアのユヴェントスというサッカー・チームが大好きでイタリア語の勉強を始めましたが、九州では本格的にイタリア語を学べる大学はありません。そんな時、国際キャリア学科のブログを見ていると「イタリアから外部講師をお招きして講義を行いました」という記事を見つけ、ここなら何かできるかもしれないと思い、入学しました。

    入学以来、イタリア語に触れられる機会を見つけるとすぐに参加しました。福岡では毎年、西日本国際ビジネスフォーラムという国際会議が開催されています。ヨーロッパと九州、主にイタリアと福岡をビジネス面においてつなげていく目的で開催されている会議で、セミナーや商談、ビジネス・マッチングなどが行われており、2014年から毎年、国際キャリア学科の学生が運営スタッフを務めています(*)。私は毎年、この会議にスタッフとして参加させていただき、商談のお手伝いや司会など、普段では絶対に得られない経験をしました。そして同時に、ビジネスにおける英語やイタリア語にも触れることができ、近い将来「外国語を使って働く」という夢もはっきりとしてきました。http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/401

    そして、今年9月には国際キャリア学科の国際ビジネス・インターンシップで、ローマの郊外にあるCasale Marchese(カザーレ・マルケーゼ)という歴史の古いワイナリーでインターンシップを経験しました。
    イタリア.jpg
    カザーレ・マルケーゼの経営者のフェルディナンド・カルレッティさん(左)、アレッサンドロ・カルレッティさん(右)と

    初日にワイナリーを見学しながら説明を受け、日本に輸出する際に必要な資料や日本人観光客向けの文章を翻訳するお仕事をいただきました。最初の説明は聞き取ることに必死でなんとなく理解したつもりでしたが、専門用語が引っかかってパンク寸前でした。しかし、与えられた文章をしっかり読み込んで日本人に理解してもらえる日本語にする作業をしていくと、最初に受けた説明がどんどん頭の中で整理されていっていることに気づきました。「あぁ、この経営者ファミリーはとても古い歴史があるって言ってたな」「このワインはこんな風だと言ってたな」など、理解が深まっている状態を客観的に感じ取れたのです。それと同時に、日本語の複雑さを再認識しました。辞書に載っているまま訳をしても、日本語の意味がつながらないですし、主語が行方不明になることもありました。意味不明な文章に訳して今後の商売に影響してはいけないという責任感がありました。
    イタリア⑨.jpg
    カザーレ・マルケーゼの製品:グラッパやオリーブオイルも生産しています
    ローマ①.jpg
    収穫前のブドウ:幹は残して枝から手作業で摘んでいきます

    ローマ③.jpgイタリアというと「憧れの国」としていつも人気の国です。その半面、「イタリア人は大雑把でいい加減だ」というステレオタイプも存在します。このインターンシップで、こういった一般的なイメージとは全く逆の印象を受けました。確かに、日本人のように身を削ってまで働くという概念は存在しません。カザーレ・マルケーゼでも、昼休みの時間が3時間あり、繁忙期の収穫時期であるはずなのにゆっくりとした時間が流れていました。

    しかし、この長い昼休み以外の時間帯はずっと電話が鳴り響き、来客も多く、仕事をしている時の皆さんの集中力とメリハリのよさに驚きました。イタリアの人たちは本当に明るくて、仕事に対して責任感も誇りも持ちつつ、いつもゆっくりおおらかに過ごしていて、それがとても心地良かったです。
    IMG_2563.jpg

    今回のインターンシップでは、なによりも人の温かさに感動しました。カザーレ・マルケーゼの方々は、カタコトのイタリア語しか話せない上にワインのことをほとんど知らない日本人の学生に丁寧に説明してくださり、些細なことでも評価してくださいました。インターンシップの主な内容は、同社の日本語HP用にイタリア語や英語で書かれた記事を訳するというものでしたが、私が切羽詰まっていないか、わからないことはないかと常に気を遣ってくださいました。「君のペースでやればいい。そのまま訳するのに限界が来たら、自分の文化に合わせた文章にしていけばいい」とアドバイスしていただき、急遽、ワインに合う日本食の例を挙げて紹介分に付け足すことになりました。
    ローマ⑦.jpg
    通訳のクラウディアさんとソムリエのレオナルドさんと

    ホームステイ先でも、いつも私の状態や仕事の進み具合を心配してくださっただけでなく、いろんなこと(パスタ麺の打ち方も含めて)をたくさん教えてくださいました。それに最高においしくて愛にあふれた食事を用意してくださいました。こんなにも人の温かさに触れたことはないと思ったほどです。最後に別れるとき、ただ “Grazie”の一言しか言えなかったことが本当に悔しかったです。もっと粋な表現ができたらいいのに、もっと上手に感謝を伝えられたらいいのにと何度も思いました。

    今回のインターンシップで私が得たものは本当にたくさんありました。仕事をする責任感、日本とは違う環境で働くこと、外国語そのもの、ものの見方や感じ方など、たくさんのことを学びました。今も感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

    ローマ④.jpg
    ホストマザーのソニアさんと
    ローマ⑤.jpg
    ソニアさんの手料理:この日はトルテッリーニという中に肉が入ったパスタ(毎日とても美味しい手料理でした)
    ローマ⑥.jpg
    Tutte le strade conducono a Roma

    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求