• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2017年
    09月29日

    海外留学留学先からの報告67:C.Aさん(フィリピン:バギオ大学-福岡市立福翔高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。67回目となる今回は今年度後期からフィリピンのバギオ大学に留学しているC.Aさん(福岡市立福翔高等学校出身)からの報告です。

    C.Aさん(福岡市立福翔高等学校出身)からの留学報告

    福岡女学院大学国際キャリア学部から留学した私たちは三人でバギオ大学で唯一の日本人として勉強しています。

    バギオ2017①.png
    C.Aさん(右)、一緒に留学しているN.Hさん(自由ケ丘高等学校出身)、K.Rさん(福岡県立光陵高等学校出身)と

    バギオはフィリピンの首都マニラの北の標高の高い地帯にあり、気温の高いマニラに対し、涼しい地域です。夕方は雨が降る日が多く、そうなると肌寒くなり、一日の気温差が大きいです。雲が地上に降り、深い霧が発生することもよくあります。

    バギオ2017④.jpg

    私たちはバギオ大学の創立者の方の家にホームステイさせていただき、三人で寝食を共にしています。学校へは公共交通機関であるジープを使い、他の学校の学生・生徒や地域の人と共に約20分かけて通学しています。

    私を含めた二人は犯罪学部で勉強し、専攻科目として「犯罪学及び犯罪心理学基礎」を共通して履修し、「少年犯罪とその抑止」と「個人識別」をそれぞれ履修しています。もう一人は観光学部で学んでいます。三人共通して副専攻として英語の科目2つとタガログ語の授業を取っています。

    バギオ2017⑥.jpgバギオ2017⑤.jpg
    犯罪学部(左)、観光学部(右)の制服姿の三人

    現地の言葉はタガログ語で、町中でも英語が通じない地域があります。大学でもタガログ語で授業を進める時もあります。これがまず苦労している部分です。授業数は一単位に対して1週間で3時間あり、時間も午前8時から午後6時30までさまざまです。朝の授業が早い時には渋滞を避けるため、朝5時に起床し、6時には家を出ています。

    IMG_20170922_134736.jpg
    大学の図書館:停電中でもみな勉強しています

    日本と全く違う環境の中で現地の学生と一緒に大学生活を送ることは決してやさしいことではなく、はじめは逃げだしたくなることもありました。しかし、その環境を受け入れ、日々の生活で成長できることはそれ以上に大きいと期待しています。2か月近く過ごしたなかでフィリピンの人々の温かさなど学んだことがたくさんあります。これからも積極的に行動して、多くのことを学び、身に着けていこうと思います。

    1505479071006.jpg
    Magandang hapon 
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    09月27日

    アシアナ航空と提携してソウルで客室乗務員実務研修を実施しました②

    kc_head04.gif

    福岡女学院大学国際キャリア学科では学科独自のインターンシップ科目であるBusiness InternshipⅠの一環として、昨年度に引き続きアシアナ航空の全面的な協力を得てソウルで客室乗務員実務研修を実施しました。

    DSC00602.JPG
    IMG_3759.jpg

    研修プログラムはアシアナ航空の新入社員教育課程に沿って構成され、参加した学生たちはアシアナ航空の教官や客室乗務員の方々からご指導いただきながら客室乗務員としての身だしなみ(メイク、髪型等の指導)にはじまり、表情・挨拶・対話・立ち居振る舞いを中心としたイメージ・メイキング、歩き方や正しい姿勢の実習、ボイス・トレーニングと機内アナウンス実習(英語、韓国語、日本語)、訓練用モックアップ(実物大の航空機模型)を使った機内サービスと非常着水訓練、模擬面接などに取り組みました。
    IMG_3777.jpg
    Asiana1.png
    DSC01069.JPG
    DSC01106.JPG
    DSC00786_s.jpeg
    DSC00800.JPG
    DSC00948.jpg

    以下では参加した学生の感想のいくつかをご紹介いたします。

    (この研修はアシアナ航空のフェイスブックでも取り上げられました。https://ja-jp.facebook.com/asiana.jp/

    なお、国際キャリア学科では来年度もアシアナ航空と提携して2018年8月27日から31日の日程で ソウルでの客室乗務員実務研修を実施する予定です。

    M.Tさん(3年、福岡県立福岡中央高等学校出身)

    IMG_3756.jpg②.jpgこの研修を通して客室乗務員になる切符を来年、絶対に掴みたいと思いました。今回、学ばせていただいたことを活かして、ご指導いただいた教官の方々のような素敵な客室乗務員になれるよう日々、努力していきます。この研修を経験してよかったと心から思います。アシアナ航空福岡支店の方々、旅行会社の方々、先生方など、たくさんの方々が私たちのために動いて下さっていて、感謝の気持ちでいっぱいです。私もいつか人の夢をフォローする側につきたいと感じました。本当にありがとうございました。

    K.Sさん(3年、九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    アシアナ航空の教官の方々は、皆さんとても美しく、そのうえそれぞれに個性があり、心から素敵だと思いました。皆さん、仕事に誇りとやりがいを持たれていて、充実した日々を送られているように感じました。今回の研修を経験してあらためて客室乗務員になりたいと強く思いました。
    DSC00651.JPG
    IMG_3727.jpg②.jpg

    L.Eさん(3年、福岡女学院高等学校出身)

    このような貴重な経験をさせていただいたことへの感謝の気持ちを忘れず、アシアナ航空の研修で身につけたこと、学んだことすべてを活かすことができるようにこれからも頑張っていこうと思います。本当にいい経験で、とても楽しいインターシップとなりました。
    DSC00730_s.jpeg
    IMG_3720.jpg

    K.Oさん(3年、福岡県立嘉穂高等学校出身)

    研修のなかでも一番印象に残ったのは、一分間スピーチのフィードバックをいただける時間でした。そこでは教官の方が、問題点と改善点を指摘してくださいました。当事者だけでなく、周りで聞いている人にもとても参考になる内容でした。同じことは機内アナウンス実習でも感じることができました。当初、機内アナウンス実習はあくまで客室乗務員の仕事を体験するものという認識を持っていましたので、正直、ここまで改善に向けたアドバイスをいただけるとは思っていませんでした。実習後、多くの学生が教官の周りに集まり、個別に指導いただいていました。今回の研修でお世話になった教官の方々に今度は先輩後輩という関係でお会いできるようにという目標を掲げ、それが達成できるように残りの大学生活を過ごしたいと思います。
    DSC01072.JPG
    DSC01139.JPG

    M.Tさん(福岡県立八幡高等学校出身)

    この研修では、自分自身を見つめる機会が多かったように感じます。自分が人からどのようにみられているか、どのような印象を与えているのかを知ることができました。改善すべき点もたくさん出てきたので、これから就職活動までに改善して、弱みを強みに変えていきます。研修中、教官の皆様の雰囲気がとても明るく、優しい感じで、ぜひアシアナ航空で働きたいなと思いました。目が合うたびに、にこっと微笑んでくれたのがとても印象的です。教官の方々はお忙しいなか、この研修のためにいろいろ考えてくださったんだと思うと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    IMG_3732.JPG

    M.Iさん(福岡市立福翔高等学校出身)

    アシアナ航空での客室乗務員研修はとてもいい経験でした。研修の中で最も印象深かったものは、3日目に行った自分のスピーチを撮影した映像で振り返るものです。普段、自分のスピーチしている姿を見る機会がないため、どのように話しているのか予想もつきませんでした。見終わった後、教官の方が良いところと悪いところ、そしてどう改善すると良くなるのかについて細かく指摘してくださったので、とても勉強になりました。面接官の視線から自分を見ることができたので、就職活動までに悪い点を改善し、いい点はさらに伸ばしていけるように努力しようと思います。
    DSC00970.jpg
    DSC00752_s.jpeg

    M.Iさん(3年、大分県立中津南高等学校出身)

    アシアナ航空での客室乗務員研修はとても価値あるものでした。ただ教えられるのではなく、なぜという部分を説明を加えながらご指導くださり、加えて各個人に対するたいしての細かなアドバイスもしていただけて、とても濃い時間を過ごすことが出来ました。なかでもイメージコンサルタントは最も勉強になりました。二日目に行ったスピーチの様子を撮影した映像をみて、その場で教官からアドバイスをいただくという内容でした。客観的に自分のスピーチをみることはなかなかないのでとても恥ずかしかったです。しかし、自分のくせや姿勢、話し方を知ることができ、今後、改善を進めていくのにとても有意義な時間でした。今後の就職活動でも普段の生活のなかでも、今回、アシアナ航空研修で学んだ知識を活かしていこうと思います。
    DSC00734_s.jpeg
    DSC00777.jpg

    S.Nさん(宮崎県立都城西高等学校出身)

    この研修では本当に多くのことを学べ、素晴らしい経験になりました。今回、学んだことをこのあと迎える就職活動に活かして、夢であるグランドスタッフを目指したいと思います。この研修に参加することができて本当によかったです。ありがとうございました。
    DSC00657.jpg
    S.Nさん(中央)、右はA.Kさん(3年、佐賀県立佐賀商業高等学校出身)

    M.Nさん(2年、福岡県立ありあけ新生高等学校出身)

    本当に貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。今回の研修で学ばせていただいたことを今後の企業研究や就職活動に役立てていきたいと思います。挨拶や美しい姿勢、所作にも常に気をつけます。これからもチャレンジ精神を忘れず、インターンシップなど多くのことに挑戦していこうと思います。
    DSC01052.JPG

    M.Kさん(1年、福岡市立福岡舞鶴高等学校出身)

    アシアナ航空での客室乗務員研修では多くの学びがあり、他にはないとても貴重な経験となりました。たくさんのことを教えてくださった教官の方々に心から感謝しています。またアシアナ航空福岡支店の方々、旅行会社の方々、学科の先生方など、この研修を支えてくださった方々がいらっしゃらなければこのように充実した研修にはなっていなかったと思います。本当にありがとうございました。貴重な経験ができ、目標に向かって今まで以上の意欲がわきました。ご指導いただいた先生方に成長した姿を見せられるよう、今後、1日1日を充実したものにしていきたいです。
    DSC00791.JPG

    A.Sさん(1年、福岡県立柏陵高等学校出身)

    この研修で、客室乗務員の実際の仕事内容やアシアナ航空の素晴らしさを知ることができました。とても大変な仕事だと思いますが、それ以上にやりがいがあり、さらに客室乗務員の仕事に就きたいという気持ちが高まりました。これからは、様々な航空会社について調べたり、研修に参加していこうと思います。そして、アシアナ航空の客室乗務員の方々のように努力を忘れず頑張ります。
    DSC00806.jpg②.jpg 

    R.Iさん(1年、福岡県立武蔵台高等学校出身)

    将来、航空業界を目指しているため、一年生で少し早いかとも思いましたが、アシアナ航空客室乗務員研修に参加しました。三年生中心の研修なので、先輩たちの近くで研修を受けることができ、とても多くの刺激をいただきました。短い期間でしたが、たくさんのことを学びました。アシアナ航空の方が撮影してくださった写真を見て、アシアナ航空の客室乗務員の一員になれた気がして本当に嬉しかったです。大切な宝物です。最後の修了式での教官の方々とのお別れはとても悲しかったです。この研修で学んだことを大切にして、将来の夢に役立てていきたいと思います。
    IMG_3766.jpg①.jpg
    jennie2.png
    昨年度、本研修に参加した現4年生は航空会社(客室乗務員、グランドスタッフ)のほか、旅行会社、金融機関、アパレル・ファッション企業などから内々定をいただくなど、それぞれの夢を叶えてきています。今回の研修も航空会社志望者にはもちろんですが、違う業界を目指している学生にも自分を知り、理解し、今後どのように努力していけばいいのかを考えるとてもよい経験になったようです。

    福岡女学院大学国際キャリア学科、そこには「世界への扉」「夢へのステップ」があります。

     
    IMG_3748.jpg①.jpg
    IMG_3780.jpg
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

     

    2017年
    09月25日

    (授業紹介)Senior Seminar (中島ゼミ:英語学・異文化コミュニケーション分野)

    kc_head04.gif
    4年生を対象とするSenior Seminarのゼミのうち英語学・異文化コミュニケーション分野の中島ゼミでは、映画の中のセリフ、会話表現、ストーリー、映像を様々な切り口で分析した上で、英語と日本語、そしてその背景となる文化の違いについて考えます。同時に、3年次までに培ってきた「英語を使って情報を収集し分析、議論する」力、「英語でプレゼンテーションを行うる」力、「英文を書く」力をさらに伸ばしていきます。

    IMG_1739.jpg

    ゼミも2年目となった4年生は、卒業プロジェクトに向けてテーマを決め、現在それぞれのペースで研究を進めています。以下は前期最終日に行った中間発表を終えてのゼミ生の感想です。

    K.Tさん(聖和女子学院高等学校出身)

    中間発表を行い、言葉にすることで自分が目を通した本からの内容を整理し、理解することができました。また、他のメンバーのプレゼンテーションにはヒントになる部分も多く、とても参考になりました。それぞれ特徴があって、テーマは同じでも着眼点が違っていたり、興味深かったです。質問で盛り上がる場面も多く見られ、ゼミとしていい雰囲気だなと思いました。 

    N.Iさん(Golden Secondary School−カナダ-出身)

    私は日米の映画のシーンを用いて、子育てにおける相違点を研究しています。自分の発表については、まだ具体的な流れや何を重点的に調べるかを絞れておらず、そこを発表することができたらなと思いました。特に参考になったのがA.Nさんの発表で、ディズニー映画に登場する悪者を2タイプに分け、発話の長さやピッチを測り、データを表にしていました。とてもわかりやすく、私も使ってみたい方法だと思いました。 
    IMG_1712.jpg
    T.Kさん(左)とN.Iさん(右)

    K.Nさん(九州産業大学付属九州高等学校出身)

    私は映画のセリフに注目して、言語が相手にどのように影響するのかについて調べています。3年次にTag questionについて勉強したとき、同じ言葉や表現でも相手との関係性によって伝わり方が違うと学んだことをきっかけに、このテーマについて調べようと思いました。英語で自分の思いを発表していくのは本当に難しいと感じますが、中島先生やゼミ仲間が暖かい雰囲気で真剣に聞いてくれて、とても嬉しかったです。後期ではみんなと協力し合い、より深く調べていきたいです。 
    IMG_1852.JPG

    K.Sさん(福岡県立春日高等学校出身)

    それまではざっくり描いていたのですが、プレゼンテーションの準備をするうちに内容も明確になってきて、研究の方向性をより明確にするいい機会になりました。自分の研究内容に対するゼミのメンバーの反応も聞くことができて、今後、もっと深く勉強して、発表したいと思いました。
    IMG_1783.jpg
    K.Sさん(右)、左はゼミ仲間のN.Hさん(福岡県立香椎高等学校出身)

    N.Sさん(九州産業大学付属九州高等学校出身)

    自分が好きな映画から気になる題材について調べるので、とても自由に調べることができて楽しいです。ただ自分でテーマや映画を決めるので、独りよがりな選択にならないように気をつけています。みんなの発表を聞いて、私には到底思いつかなかったようなテーマがあり、刺激になりました。また、私の発表内容について、ゼミ仲間からの様々な意見を知ることができたのも良かったです。これから自分が納得できるまで調べようと思います。先生にも相談にのって頂くことがあると思います。よろしくお願いします。 
    IMG_1751.jpg

    M.Hさん(中村学園女子高等学校出身)

    4年生になって就職活動が始まり、忙しい日々の中での研究ですが、大好きな映画で、大好きなアイルランドを研究できるのが本当に楽しみです。卒論テーマをアイルランドにしたのは、私の大好きな映画「処刑人」を使いたかったからですが、先生が以前「アメリカでは一般的に、警察官や消防士にアイルランド系移民が多いと言われている」と聞いていたので、「アイルランド人のステレオタイプを検証してみるのはどうか」というアイデアが浮かび、そこからテーマをまとめました。今後は「処刑人」だけに絞らず、他にもアイルランドの文化や歴史を扱った映画を集めてみたいと思います。これからもよろしくお願いいたします! 
    IMG_1721.jpg

    D.Lさん(九州言語教育学院出身、中国・厦門出身)

    映画を使って英語の勉強をするのはとても面白いし、内容も分かりやすいです。普通はただ映画を観るだけですが、授業で学んだ内容を実際に映画の中で見つけると「ああ、この意味もあるか」と発見できて嬉しいです。以前は映画を観るとき、映画の台詞は全然気にしていませんでしたが、授業で勉強したhedges、 boosters 、tag questionに注意しながらもう一回観ると、キャラクターが一番表現したいのは何なのかが気になり、映画をもっと深く理解することができました。

    semior seminar ____________DSC_0093.jpg

    IMG_1233.jpg
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    09月20日

    アシアナ航空と提携してソウルで客室乗務員実務研修を実施しました①

    kc_head04.gif

    福岡女学院大学国際キャリア学科では学科独自のインターンシップ科目であるBusiness InternshipⅠの一環として、昨年度に引き続きアシアナ航空の全面的な協力を得てソウルで客室乗務員実務研修を実施しました。

    IMG_3748.jpg①.jpg
     
    IMG_3736.jpg研修プログラムはアシアナ航空の新入社員教育課程に沿って構成され、参加した学生たちは客室乗務員としての身だしなみ(メイク、髪型等の指導)にはじまり、表情・挨拶・対話・立ち居振る舞いを中心としたイメージ・メイキング、歩き方や正しい姿勢の実習、ボイス・トレーニングと機内アナウンス実習(英語、韓国語、日本語)、訓練用モックアップ(実物大の航空機模型)を使った機内サービスと非常着水訓練、模擬面接などをアシアナ航空の教官や客室乗務員の方々からご指導いただきながら行いました。

    研修が行われたのはソウルの金浦空港に近い同社本社に隣接するアシアナ航空トレーニング・センターで、研修期間中は全員、同社の客室乗務員の制服を着用し、昼食、夕食も社員食堂で社員の方々と一緒にとりました。
     
    本研修はアシアナ航空が外部から受け入れる研修としては最も長い集中コースで行われましたが、その間、学生たちは目に見えて成長し、最終日に行われた修了式では同社サービス・コンサルティング部のウォン・へヨン次長はじめ教官の方々から高く評価いただきました。研修終了後は、学生たちも、教官の方々も感極まって涙ぐみ、教官の方々からは「この研修期間でみなさんを私たちの会社、アシアナ航空の後輩だと思うようになりました。ぜひ夢を叶えるよう、これからも頑張ってください」との励ましのお言葉もいただきました。

    昨年度、本研修に参加した現4年生は航空会社(客室乗務員、グランドスタッフ)のほか、旅行会社、金融機関、アパレル・ファッション企業などから内々定をいただくなど、それぞれの夢を叶えてきています。今回の研修も航空会社志望者にはもちろんですが、違う業界を目指している学生にも自分を知り、理解し、今後どのように努力していけばいいのかを考えるとてもよい経験になったようです。次回は参加した学生の感想をご紹介します。
     
    なお、本研修はアシアナ航空のフェイスブックでも取り上げられました。

    https://www.facebook.com/asiana.jp/?hc_ref=ARQlJUKN5xqBAZ2yP09OwcRcLL3e1orMc


    また、韓国のメディアからも注目され、2017年8月30日付の「ソウル経済新聞」の産業面では下記のとおり学生の写真入りで紹介されました。 

    日本の大学生にサービスマインドを伝えたアシアナ航空
    2017年8月30日付ソウル経済新聞)
     
    福岡女学院大学の学生達が、29日、ソウル江西区のアシアナ航空本社教育訓練棟で行われた客室乗務員研修で笑顔でメイクアップ講義を受けている。アシアナ航空は福岡女学院大学の学生を対象にイメージメイキング課程、ヘアドゥ&メイクアップ課程、サービスロールプレイ課程、非常着水訓練課程などを行う。アシアナ航空関係者は、「この研修は将来の客室乗務員の育成という目的に加えて韓国を広報する効果まであげている」と話した。

    DSC00594.JPG
    アシアナ航空トレーニング・センターへ、少し緊張気味です
    IMG_1130.jpg
    DSC00596.JPG
    DSC00612.JPG
    開講式:ご指導いただく現役の客室乗務員の先生方のご紹介
    IMG_3759.jpg
    DSC00914.JPG
    アシアナ航空客室乗務員の制服を着用して研修の開始
    DSC00657.jpg
    いい笑顔
    DSC00749.JPGDSC00777.jpg
    DSC00806.jpg②.jpg
    歩き方と正しい姿勢の訓練
    IMG_3750.jpgIMG_3766.jpg①.jpg
    IMG_3763.jpgIMG_3756.jpg②.jpg
    IMG_3777.jpg
    ボイス・トレーニングと機内アナウンス実習(英語、韓国語、日本語)
    DSC00970.jpg












    DSC01020.jpg
    非常着水訓練
    IMG_3727.jpg②.jpg
    DSC01059.jpg
    IMG_3722.jpg
    モックアップを使った機内サービス訓練
    DSC01133.JPG
    修了式:アシアナ航空の皆様、ありがとうございました 감사합니다
    DSC00576.jpg
    オフタイムには美味しい韓国料理を堪能 맛있었어요

    IMG_3780.jpg
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    09月19日

    海外留学留学先からの報告66:M.Kさん(福岡県立八幡高等学校出身)「糸島高校の生徒さんたちをオークランド大学にご案内しました」

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。66回目となる今回はニュージーランドのオークランド大学に留学したM.Kさん(福岡県立八幡高等学校出身)からの報告です。

    M.Kさん(福岡県立八幡高等学校出身)からの報告

    私がニュージーランドのオークランド大学に留学しているときに、糸島高等学校の生徒さん26人がオークランドに研修にいらっしゃいました。約2週間ホームステイをしながら、ニュージーランド文化を学んだりと、とても内容の濃い研修であったのではないかと思います。

    2週間のプログラムのなかにオークランド大学の訪問があり、そこでオークランド大学の学生2名と私を含めた2名の留学生で大学案内を行いました。 楽しそうに見学しながら写真を撮る生徒さんたちを見て、3年前の自分を思い出しました。私自身も高校生のときにニュージーランドに短期研修に行き、それがきっかけでニュージーランドを留学先に選んだからです。

    大学案内の最後には「なぜニュージーランドに留学しているのか」というお話をさせていただきました。私自身、高校時代の短期研修がきっかけになったこととをご紹介しながら、「この2週間の研修で皆さんの進路にも大きな変化があるかもしれませんね」などと、自分自身の経験と絡めながらお話ししました。糸島高校の生徒さんたちにとって、今回の研修が将来に向けてのきっかけになると嬉しいなと思っています。

    01B96E18-7041-482C-9436-6232DD7703F6.jpg
    糸島高校の生徒さんたちと(前列左端がM.Kさん)
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 


     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求