• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2017年
    07月31日

    (学生の活躍)国際キャリア学科のN.YさんとM.Hさんが「福岡県グローバル青年の翼」の団員に選ばれました!

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科2年のN.Yさん(福岡県立光陵高等学校出身)と1年のM.Hさん(福岡県立久留米高等学校出身)が福岡県グローバル青年の翼実行委員会が主催する「福岡県グローバル青年の翼」の団員として、ミャンマーとマレーシアで開催される海外研修に参加することになりました。

    国際的な視野を備え、将来、企業や団体などの青年リーダーとして活躍する人材を育成するために福岡県などが行っている事業が「福岡県グローバル青年の翼」です。ふたりは書類選考と面接を経て、団員に選ばれました。国際キャリア学科の学生が「福岡県グローバル青年の翼」の団員に選ばれるのは、3年前のM.Iさん(現4年生、福岡県立八幡高等学校出身)、一昨年のY.Iさん(現3年生、久留米市立久留米商業高等学校出身)、昨年のK.Mさん(福岡県立春日高等学校出身)とM.Kさん(福岡県立八幡高等学校出身)に続き4年連続となります。

    ふたりは福岡県の施策や国際協力活動、、福岡県企業の海外展開、訪問国の社会や文化、経済、産業などに関する事前研修などを経て、11月5日からミャンマーとマレーシアを訪問し、産業やインフラストラクチャー、文化施設、社会貢献活動などを視察するとともに、現地で活躍されている日本人などとの交流会に参加します。

    石油・ガス資源を有するマレーシアは東南アジアにおける日系企業の重要な活動拠点になっており、イスラーム金融やハラル認証をはじめとするイスラーム圏の特色を活かした産業振興でも注目されています。民政移管とともに経済改革に取り組んでいるミャンマーも成長が期待できる有望市場として注目され、日系企業の進出が相次いでいます。歴史的に日本との関係が深く、国際ビジネスの世界でも注目されている両国への訪問と現地で活躍する日本人駐在員などとの交流を通してふたりがさらに成長するのが楽しみです。
     
    IMG_2996.JPG
    「福岡県グローバル青年の翼」の団員に選ばれたN.Yさん(右:光陵高等学校出身)とM.Hさん(左:久留米高等学校出身)

    なお、国際キャリア学科には世界を目指す積極的な学生が集っており、福岡県、福岡市や国連機関が開催する海外派遣事業の団員や奨学金の奨学生に次々と学生が選抜されるなど、その活躍は高く評価されています。国際キャリア学科、そこには世界への扉があります。

    評価が高まる国際キャリア学科生の活躍

    2017年度

    福岡県グローバル青年の翼  団員に選抜(マレーシアとミャンマーに派遣予定) N.Yさん(2年、光陵高等学校出身)
    M.Hさん(1年、久留米高等学校出身)
    文部科学省 外国人留学生学習奨励費受給学生に選抜 S.Bさん(2年、弘堂国際学園出身、ネパール出身)
    福岡よかトピア国際交流財団  海外留学奨学生に選抜(アメリカに長期留学) K.Mさん(2年、春日高等学校出身)

    2016年度

    福岡県国際協力リーダー育成プログラム 団員に選抜(ミャンマーに派遣) A.Aさん(2年、筑紫高等学校出身)
    福岡県グローバルステージ  団員に選抜(ブラジルに派遣) M.Sさん(2年、三池高等学校出身)
    福岡県グローバル青年の翼 団員に選抜(マレーシアとミャンマーに派遣) M.Kさん(2年、八幡高等学校出身)
    K.Mさん(2年、春日高等学校出身)
    福岡よかトピア国際交流財団 海外留学奨学生に選抜(カナダに長期留学) M.Iさん(3年、福翔高等学校出身)
    平和中島財団 外国人留学生奨学生に選抜 D.Pさん(3年、東アジア日本語学校出身、ネパール出身)
    福岡市 レインボー留学生奨学金奨学生に選抜 L.Xさん(3年、九州言語教育学院出身、中国出身)

    2015年度

    福岡県国際協力リーダー育成プログラム 団員に選抜(スリランカに派遣) K.Sさん(4年、大島高等学校出身)
    福岡県グローバルステージ 団員に選抜(ボリビアに派遣) N.Kさん(3年、城南高等学校出身)
    福岡県グローバル青年の翼 団員に選抜(タイとミャンマーに派遣) Y.Iさん(3年、久留米商業高等学校出身)
    文部科学省  外国人留学生学習奨励費受給学生に選抜 L.Dさん(4年、九州言語教育学院出身、中国出身)

    2014年度

    福岡県グローバル青年の翼 団員に選抜(シンガポールとカンボジアに派遣) M.Iさん(4年、八幡高等学校出身)
    *学年は現時点です。

    IMG_1097.jpg
    福岡県国際協力リーダー育成プログラムの団員としてミャンマーで活動中のA.Aさん(左から二人目、筑紫高等学校出身)
    ハラル産業開発公社視察.jpg
    福岡県グローバル青年の翼の団員として訪問したマレーシアのハラル産業開発公社でプレゼンテーションするK.Mさん(春日高等学校出身)
    _______________________________.jpg
    福岡県グローバルステージの団員としてブラジルで活動中のM.Sさん(右から二人目、三池高等学校出身)
    IMG_2402.jpg

    福岡よかトピア国際交流財団 海外留学奨学生に選抜されカナダに留学中のM.Iさん(中央、福翔高等学校出身)
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

     

    2017年
    07月31日

    (学生生活)前期の授業が終わりました

    kc_hed3.gif
    先週、国際キャリア学科の学生は前期の授業と試験を終え、夏休みに入りました。

    4年生は社会に向けさらに歩みだし、就職活動を控えた3年生は夏休み期間中に国内外で実施される国際ビジネスなどの現場を体験するインターンシップやフィールドワークに参加します。2年生は海外提携校に前期留学した学生が帰国し、かわりに後期留学の学生が出発します。1年生は英語力を高めるための宿題や後期授業に向けた宿題をこなしつつ、初めての大学生の夏休みを経験します。9月にさらに成長した姿をみるのが楽しみです。

    1年生:ポール・シミズ先生(英国出身)の英語の授業で
    IMG_2880.JPG
    IMG_2856.jpg

    2年生:ニュージーランドのオークランド大学へ留学中の学生(上)とアメリカのテネシー大学マーティン校に留学中の学生(下)
    IMG_1784.jpg②.jpg
    UTM FB_IMG_1492280196833.jpg

    3年生:前期を終えた千葉ゼミ(米国研究)のメンバー(上)、夏休みに向け練習に力を入れるラクロス部員のH.Iさん(左、山門高等学校出身)(下)

    IMG_3485.JPG
    ラクロス1.jpg

    4年生:就職活動の嬉しい報告を次々と伝えに来てくれています-Dream Comes True!
    IMG_2893.jpg

    IMG_2818.jpg
    IMG_3000.JPG
    IMG_2918.jpg


    「国際キャリア入門」のテストを終えた1年生。大学生初の夏休みのスタートです。
    IMG_2962.JPG
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    07月28日

    (授業紹介)International Relations I(国際関係論、3年前期科目)

    kc_hed3.gif
    世界には、民族紛争、戦争、難民、貧困、人種差別、環境破壊、核の脅威、食料廃棄物など、相互にからみ合った地球規模の難題が山積しています。また、国際情勢は刻一刻と変化しています。

    002.JPG「International Relations(国際関係論)」の授業(担当:千葉)では、さまざまな学問領域の手法を取り入れて国際問題を学び、現状に対処する方法について考察します。深い教養と国際感覚、複雑な問題を分析できるグローバルな視野、語学力(とくに英語力)を養うことを目的としています。また、それぞれのトピックの学習を通して、私たちの生活とグローバルな問題との密接なつながりについて、理解を深めていきます。

    本科目では、CLIL(Content and Language Integrated Learning: 科目内容と言語学習を統合したアプローチ)を取り入れています。英語テキストや補足資料、英語音声教材、動画、ドキュメンタリー映画など、いろいろな材料を使用するほか、各トピックの専門家をゲスト講師として招くこともあります。また、学生全員が学期に1回、英語での口頭発表を担当し、学期末には英語でターム・ペーパーを提出します。さらに、英語語彙力アップのため、トピックごとに単語調べが課され、単語テストがあります。

    ②千葉先生.jpg
    九州大学法学部名誉教授、藪野祐三博士による特別講義
    千葉先生①.jpg
    生物分類学者、千葉秀幸博士による生物多様性についての特別講義

    本学期に取り上げたトピックは以下の通りです。
    Stereotypes and Racism:映画やTV番組など、メディアに潜む固定観念や人種差別について
    Culture and Fashion:社会の変遷や女性の地位を映し出す鏡としてのファッションの潮流について
    Food:飢餓の一方で大量の食料廃棄物が発生している現状やその原因について
    Global Warming:地球温暖化の原因や深刻な影響、際立って低い日本の食料自給率と高いフードマイレージについて
    Endangered Species:絶滅危惧種の急増、その背景、生物多様性の経済的価値について

    c.jpg

    IMG_3494.JPG

    後期の「International Relations II」では、国連平和維持活動、JICA、NGOなどによる国際協力、冷戦の歴史やアジアの現状、ジェノサイド(大量虐殺)、人権などについて学ぶ予定です。以下は、受講学生の感想です。 

    Y.Cさん(山口県立下関南高等学校出身)

    講義を受けるまでは知らなかった日本の危機、地球の危機について知ることができました。私たちが当たり前のように行っている行動が、世界の人々や未来の地球にいかに影響を与えているのかを知ることができてよかったです。意識すればより良い環境が作れると思いました。もっとたくさんのことを知りたいと思うきっかけとなる講義でした。 

    Y.Tさん(福岡県立香椎高等学校出身)

    この講義では、いつもテーマに関する映像や実物などが紹介され、ただ教科書を使うだけよりも断然、興味を持って知識を取り入れることができます。また、恒例の単語テストはとても良いと思います。実際に、この授業で初めて覚えた単語が他の授業のテストに出て嬉しかったです。 

    H.Mさん(福岡県立鞍手高等学校出身)

    食、地球温暖化、ファッション、健康といった、さまざまな内容を学ぶことができたので、とても視野が広がりました。動画を見ることによってよりわかりやすく、楽しく受講できました。

    D.Pさん(東アジア日本語学校出身)

    I really like various documentaries shown in the class, and also like to write final papers doing various different research that helps us in broadening our knowledge. Our presentations also helped us in improving our presentation skills. If I had to rate this class with full score of 10, it would be 10 on 10 for me. I enjoyed every class and every topic and am looking forward to taking International Relations II in the fall semester. 

    H.Nさん(九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    この授業は、テキストで学び、クラスの皆のスピーチを聞き、さらに関連のある動画を見るので、変化があり、楽しく、スムーズに内容を自分の中へ取り込みやすかったです。後期の授業も楽しみです。 

    M.Iさん(大分県立中津南高等学校出身)

    社会問題からファッションのような身近なテーマに至るまで、幅広い内容を学べました。教材だけでなく、他の文献を使用し、テーマに関連した映画や動画も見ることができ、深く理解できる機会が多くあり、とても良かったです。 

    Y.Nさん(山口県立長府高等学校出身)

    難しい英単語もありましたが、現在、話題になっているテーマを挙げながら、明確に親しみやすく、分かりやすく教えてくださっていると感じました。 

    H.Eさん(佐賀県立小城高等学校出身)

    興味のある国際問題が取り扱われたので、楽しんで授業を受けることができました。自分の知らない世界観や新しいことを学ぶのがとても好きなので、地球温暖化、ファション、絶滅危惧種のことなど、より深く学ぶことができてよかったです。後期の授業も楽しみにしています。 
    IMG_3493.JPG

    K.Yさん(福岡県立糸島高等学校出身)

    この授業を通して自分の視野が広がったと思います。他国のいろいろな面を知ったと同時に、日本社会の寛容性の乏しさを実感しました。 

    Y.Kさん(東筑紫学園高等学校出身)

    映画や映像をたくさん見て理解することができ、飽きずに学べました。また、一人一人がトピックごとに発表をするので、そのトピックについての理解が深まったと思います。Final reportも自分の好きな内容について調べることができ、さらに勉強になりました。 

    H.Gさん(福岡市立福岡女子高等学校出身

    この授業を通して、普通では学ぶことがないようなところまで学ぶことができ、考えることがないところまで知ることができました。たくさんのことを知る喜びを感じることができました。 

    M.Eさん(九州国際大学付属高等学校出身)

    プレゼンテーションで自分の調べた内容を話して、シェアできるのが良かったです。ビデオや資料も知らなかった内容が多く、理解を深めるとともに、より知りたいという興味が持てました。 

    M.Mさん(久留米信愛女学院高等学校出身)

    ステレオタイプと人種差別、ファッションのトピックがとても刺激的でした。ステレオタイプと人種差別では、子供向けアニメや漫画に焦点を当てることにより、深く掘り下げることができて、大変興味深い授業内容でした。 

    S.Tさん(佐賀清和高等学校出身

    私はCulture and FashionとFoodについてのトピックが特に興味深かったです。内容を勉強した上で映像を見ることで、授業以外の日々の生活でも学習したことを思い出すようになりました。

    IMG_3485.JPG
    米国研究の千葉ゼミの3年生
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    07月27日

    3年生の海外留学経験者と1年生との懇談会を開催しました

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    先日はこうした海外留学経験者の3年生とこれから留学を検討する1年生との懇談会を開催しました。1年生たちは熱心に先輩たちの体験談に耳を傾け、様々な質問をしていました。国際キャリア学科のパイオニアである一期生、二期生の経験は後輩たちに引き継がれていきます。

    IMG_2691.JPG
    IMG_2686.JPGIMG_2693.JPG

    現在、留学中の2年生の様子です
    IMG_5548.jpgIMG_0669.jpg
    unnamed (4).jpgIMG_5758.jpg
    IMG_1784.jpg②.jpgIMG_3695.jpg②.jpgIMG_9772.jpg②.jpg
    DSC_0725.jpg4.jpgIMG_3397.jpg②.jpg
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2017年
    07月24日

    第2回ミニオープンキャンパスへのご来場、誠にありがとうございました

    kc_hed3.gif

    7月23日の第2回ミニオープンキャンパスへのご来場、誠にありがとうございました。国際キャリア学科では、学科ブースでの在学生との懇談、学科教員による模擬授業と進学相談を行いました。

    IMG_2978.JPG模擬授業では、主に海外からの留学生向けの日本語教育を担当している大里泰弘先生から「言葉からみるグローバリゼーション」と題して学科の学びの三分野のひとつである異文化コミュニケーションについてお話ししました。聴講された方からは「将来の夢はまだ決まっていませんが、ぜひ海外で働きたいと思っているので、非常に勉強になりました」「大学で学びたいと思っていた内容で、聴講できてよかったです」などの感想をいただきました。

    IMG_2975.JPG

    進学相談では学科の学びや入試についてのご説明を行いました。ご相談にいらした高校生の方々は世界とつながる仕事を目指されており、学科の授業内容や留学制度、国内外でのインターンシップ、卒業後の進路や4年生の就職活動の状況などについて積極的に質問されていました。

    IMG_2982.JPG
    多数の来場者の方々で賑わった学科ブース

    今回のミニオープンキャンパスでは、学科ブースでの説明を担当した3年生のM.Oさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)と2年生のM.Tさん(福岡県立京都高等学校出身)、1年生のM.Hさん(福岡市立福翔高等学校出身)に加え、全体運営担当としてY.Yさん(明光学園高等学校出身)とベトナムからの留学生のH.Lさん(日本国際語学アカデミー出身)の2名の1年生が会場の設営から資料の配布、来場された高校生の皆様と保護者の方々のご案内まで大活躍しました。

    以下は学科ブースを担当した三人から高校生の皆様へのメッセージです。

    M.Oさん(3年、鹿児島県立加治木高等学校出身)

    ミニオープンキャンパスはいかがでしたか。国際キャリア学科は座学だけでなく、海外、国内での様々なインターンシップや研修を通じて幅広い知識と教養が得られる学科です。意欲があれば、先生方は一生懸命、学生の挑戦をサポートしてくださいます。また、刺激を受けあい、目標に向け一緒にチャレンジできる友達もたくさんいて、大学生活はとても充実しています。ぜひ、私たちと一緒に有意義な大学生活を送りませんか。

    M.Tさん(2年、福岡県立京都高等学校出身)

    本日はお越しいただき、ありがとうございました。国際キャリア学科には、国際ビジネス、国際協力、異文化コミュニケーションなど幅広い分野のカリキュラムがあり、グローバル化が進むなか、ますます重要になっている実践的な英語を学ぶ環境が整っています。留学プログラムも充実しており、将来、国際的な舞台での活躍を目指している人にとって不可欠な「使える英語」を身につけることができます。皆さん、ぜひ一緒に学びませんか。

    M.Hさん(1年、福岡市立福翔高等学校出身)

    国際キャリア学科には、様々な経験をお持ちの個性的な先生方がいらっしゃって、毎日、楽しく授業を受けています。英語の授業は自分のレベルにあった少人数のクラスで勉強することができます。留学生も多く、一緒に授業を受けるため、日頃から異なる文化や価値観に触れることができます。私は大学の寮(カナン寮)に入っていますが、寮生活もとても楽しいですよ。国際キャリア学科で皆様をお待ちしています。

    IMG_2985.JPG
    大活躍した学科ブースの3人

    jennie2.jpg次回は8月5日(土)と6日(日)にオープンキャンパスが開催されます。模擬授業では地域研究担当の千葉浩美先生から「To Be a Global Citizen-国際問題と身近な生活とのつながり」と題して私たちの身の回りにある国際問題に地球市民としてどう関わっていくべきなのかについてお話しし、国際協力担当の南川啓一先生からは国際キャリア学科の学生たちも毎年、参加しているカンボジアでの支援活動などを例にとり国際協力の意義についてお話します。

    なお、国際キャリア学科のブースでは英語、中国語、韓国語、ネパール語でのご質問にもお答えできます。留学生の方のご訪問も歓迎いたします。

    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE