• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    07月29日

    Junior seminar(3年次ゼミ)②(アメリカ研究・地域研究分野、担当:千葉浩美)

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科3年生は、今年度から国際経済・経営、国際協力、地域研究、異文化コミュニケーションの各専門分野のゼミ・クラスに分かれ、専門科目を重点的に学んでいます。

    kc_200160728_02.jpg

    このうち地域研究分野の千葉ゼミでは、アメリカ合衆国の歴史、文化、政治社会問題などを深く掘り下げていきます。移民史、人種差別、大統領選、銃の乱射事件、同性婚など、日々ニュースで見聞きする問題と絡めながら、各テーマの歴史的・社会的背景を学び、討論しています。20世紀初めの白人中流社会の家族観、黒人分離政策の実情、大きな変革の時となった1960年代のカウンターカルチャー・ムーブメント(公民権運動、女性解放運動、ベトナム戦争反戦運動、ヒッピー文化を包む)についても学びました。後期には、米国内の経済格差、教育事情、訴訟社会、人工中絶論争なども取り上げる予定です。

    America: Images and Realitiesというテキストを使用していますが、授業の中心となるのは、2〜3人ずつのチームによる英語でのプレゼンテーションです。各チームは、担当のテーマについて、図書館の資料やさまざまなデータベースを駆使して自主的にリサーチし、パワーポイントを用いて、学期に一度研究発表をします。各問題の概要理解に加え、焦点を絞って深く分析していくため、各チームの発表に際しては90分の授業時間が短く感じられます。各学生の入学以来の大きな成長、特に、自主性や英語力、発表力、国際人としての意識向上などがうかがえる、充実したゼミ展開となっています。

    kc_200160728_01.jpg

    学生の研究発表以外に、担当教員の補足資料による学習、映画の鑑賞なども行い、各テーマがより身近で現実味を持つものとなるよう努めています。各学期末には、プレゼンテーションの内容を各自が英語論文としてまとめ提出します。

    以下は、受講学生の感想です。

    N.Kさん(熊本信愛女学院高等学校出身)

    アメリカ文化に関連したさまざまな出来事を学んでいますが、どのトピックもとても興味深い内容でした。こんなにも深く調べて英語でプレゼンするのは、今回のゼミが初めてでした。準備は大変でしたが、プレゼンを全員の前で終えると、達成感でいっぱいになり、自信にもつながりました。また、他のグループの発表もとても良くて、良い刺激を得ることができました。

    H.Mさん(福岡県立城南高等学校出身)

    アメリカに関するテーマについて調べ、他のメンバーと共有しながら知識や考えを深めています。私は移民の流入の歴史について調べましたが、アメリカを理解することは、世界の情勢や歴史を考えることにもつながります。今までは表面的にしか知らなかった出来事も、その背景を知ることで、より深く考えることができます。ゼミでの学習を通して、視野を広げることができたと思います。今まではニュースを見ていても、日本で生活している自分としての立場でしか考えられませんでしたが、今はさまざまな国の立場や状況を踏まえて考えられるようになりました。これからもゼミで多くのテーマについて知り、考えていきたいです。

    A.Mさん(長崎県立大村高等学校出身)

    プレゼンでは、アメリカの移民の歴史についてまとめました。ヨーロッパの種々の危機から逃れてきた人々、奴隷として強制的に連れて来られたアフリカ人、ゴールドラッシュのためにやってきたアジア人など、米国への移民の背景にはさまざまな理由があり、今もこの国は、夢を抱く多くの移住者を引きつけています。色々な文化や背景を持った人々が暮らす米国には、多様性という面だけでなく経済的、社会的に良い点があると思います。が、同時に、本当の意味での「アメリカ人とは?
    など、日本人である私には理解が難しい点も多くありました。

    N.Tさん(福岡舞鶴高等学校出身)

    ふだんあまり深く考えないことを学べるので、とても勉強になります。またプレゼンでたくさん下準備をするので、調べるのが楽しかったし、英訳するので勉強になりました。その際に自分はやはり語彙力が乏しいので、もっと単語の勉強をしなければならないと痛感しました。

    Y.Nさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)

    ゼミでは、アメリカの問題を深く勉強していくことができます。私は少し知っていた人種差別について調べていったのですが、調べれば調べるほど、問題の複雑さを知り、今まで「知った気になっていた」ことを身をもって感じました。また、ゼミで取り上げるどの問題も興味深くて、授業後はもっと知りたいと思うような授業です。

    K.Mさん(久留米市立久留米商業高等学校出身)

    自分が今まで知らなかったアメリカや世界のことを勉強できるちので、とても楽しいです。少人数のゼミだからこそできる先生や学生同士の意見交換も、とても良い刺激になっています。

    M.Hさん(西海学園高等学校出身)

    「メルティング・ポット論」と「サラダ・ボウル論」という人種統合論を中心に、移民の問題や文化の違いを交えてプレゼンしました。知識が少なかったので、勉強の必要性を感じました。ゼミでは、アメリカについて詳しく知れるので、とても勉強になるし、楽しいです。先生は知識が豊富で、実体験なども聞けてとても興味深いです。

    M.0さん(筑紫台高等学校出身)

    私は、米国での同性婚合法化までの長い道のりや現状について発表しました。自分たちで調べるので、普通に授業を受けるだけではわからないような深い部分まで学ぶことができます。アメリカはさまざまな文化が入り混ざっていますが、そこが良い点でもあると同時に、悪影響を与えていることを認識しました。

    H.Gさん(福岡市立福岡女子高等学校出身)

    私はカウンターカルチャー、特にヒッピーやウッドストック・フェスティバルと女性解放運動についてプレゼンしました。このゼミでは、アメリカについて深く学ぶことができ、一つ一つの内容を深く掘り下げて勉強するので、とてもためになります。

    K.Hさん(大分県立大分雄城台高等学校出身)

    私は1960年代アメリカにおける社会運動、特に女性運動について研究しました。60年代まで女性は「家庭にいるべき者」と見なされ、仕事の制限もありましたが、公民権運動、ベトナム反戦運動などの社会運動の中で、女性解放運動も生まれました。このゼミでは、米国を中心にさまざまな国際問題について学びます。国の歴史を振り返り、問題の現状を調べることで、その国の深部まで知ることができ、とても面白いです。

    R.Sさん(福岡女学院高等学校出身)

    アメリカの銃社会や銃規制の法律について調べましたが、正直難しかったです。日本と状況が大きく違うので、銃のある社会や人々の生活はどうなのか等、予想できなかったのですが、背景となる歴史などを調べていくうちに、少しすっきりしました。このゼミは、アメリカについて、一つ一つのトピックをゆっくり深く理解していけて、とても良いです。映画などでさらに理解を深めることができるのも良いです。

    M.Kさん(佐賀県立鹿島高等学校出身)

    今まではアメリカの良いところしか見ていなかったけれど、ゼミを通して、良い所と悪い所の両面を見るようになり、見方が変わったと思います。毎回興味深い内容なので、とても楽しいです。

    M.Tさん(福岡工業大学付属城東高等学校出身)

    アメリカについてグループ毎に深いところまで発表していく形式は、最初、英語だけで伝わるのかと思っていましたが、先生が途中途中で補足されるので、わかりやすくて良いと思います。それぞれの感想を話すことで、「そんな考え方もあるのか」と気づくこともでき、今後も楽しみです。

    N.Tさん(福岡県立嘉穂東高等学校出身)

    中学高校で学んだアメリカ史をさらに深く学んでいます。アメリカについて学ぶことで、日本の歴史や世界と関わりのある出来事が多くあることがわかりました。私たちが表面的にしか知らなかった歴史を学ぶことができ、とても楽しいです。まだまだ知らないことが多いので、もっと多くのことを知っていきたいと思います。

    kc_200160728_03.jpg

    2016年
    07月27日

    「Business InternshipⅠ」-イタリア研修事前講義

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科には、国内、海外で国際ビジネスの現場を体験し、研修するための科目「Business Internship」(3年生対象)があります。今年9月には3年生のK.Hさん(大分県立大分雄城台高等学校出身)とA.Nさん(福岡県立筑紫高等学校出身)の2名が同科目を履修し、トリノ(イタリア)の企業においてインターンシップ生として研修を受けることになっています。

    kc_20160727_01.jpg先日、その準備のための講義をイタリアなどヨーロッパ諸国とのビジネス交流を促進しているディサント株式会社の吉村友見(よしむら ともみ)様を講師としてお招きし、「イタリア企業から学ぶビジネスの知恵とイタリア文化」と題して開催しました。講義では、より良いコミュニケーションの取り方や文化の違い、イタリアで仕事をし、生活する際に注意すべきことなど、興味深いお話を吉村様の実体験を交えながら、楽しく紹介していただきました。

    kc_20160727_02.jpg
    熱心に聴講する学生。1年生や2年生も参加しました。熱心にメモをとる姿も。

    講義の後は、現在、ディサント株式会社でインターンシップ生として研修中のフランチェスカさん(ピサ大学)とジュリオさん(ヨーロピアン・スクール・オブ・エコノミックス)から、インターンシップ予定者のふたりにイタリア人の気質やイタリア生活での心得について、Q&A形式でアドバイスしていただきました。

    kc_20160727_03.jpg
    レクチャー後のQ&Aタイムでは英語(一部、イタリア語)でやりとりしました

    kc_20160727_04.jpg
    左からフランチェスカさん、K.Hさん、ジュリオさん、A.Nさん、吉村さん

    2016年
    07月26日

    海外留学先からの報告㉙:K.Sさん(カナダ:セントメアリーズ大学-九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    kc_hed3.gif
    このコーナーでは留学中の学生からの報告をシリーズで紹介します。以下はカナダのセントメアリーズ大学に留学中のK.Sさん(九州産業大学付属九州産業高等学校出身)からの報告です。

    留学先からの報告-K.Sさん(九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    私は福岡女学院大学国際キャリア学科に入学することを決めた時に、留学に行く決意をしました。留学をしたいと思った理由は、英語が話せるようになり、世界中に友達を作り、将来は英語を使って仕事をしたいと考えたからです。

    入学後の最初の説明で、留学に行く為にはGPAが2.8以上必要だと知りました。そこでまず2.8以上のGPAを取ろうと決意して、学校生活を送りました。特に学校を絶対に休まない、課題をきちんと行う、勉強してテストで良い点数を取ることの三つのことを意識し、全力を尽くしました。また、留学に行くまでに英語力を向上させたかったので、毎月、TOEICのテストを受けました。

    TOEICを受けることによって、自分の実力を知ることが出来て、英語の勉強をする意欲につながりました。留学が決まってからは、日常会話や海外の文化を知るために、洋画を週に4本見ました。字幕なしでは分からなかったので、英語の字幕を付けて見ました。様々なジャンルの洋画を見ましたが、とても良い英語の勉強になったと思います。音楽を聞くときも洋楽にしました。あとは文法の確認や英単語の暗記をして留学に備えました。

    留学して感じていることは文化の違いと英語を学ぶ楽しさです。例えば、他の国の友達と話す時、母国語の話をしたりします。あるとき、中国人の友達が「おはよう」の意味を聞いてきました。教えてあげると、それから毎朝、「おはよう」と私に挨拶するようになりました。 韓国人の友達は、私が小物を見て「かわいい」と言っていると、意味を聞いてきます。答えると、とても喜んで次の日からあらゆる私の持ち物(日本の小物)に「かわいい」と言ってくるようになりました。イントネーションが異なっていて不自然な感じがしましたが、日本語に興味を持ってくれていることがとても嬉しかったです。

    他にも私の「キムチ」の発音で韓国人の友達に「No, your pronunciation is wrong.」と言われました。最初、私は何が違うのか分かりませんでしたが、韓国語には口を閉じて行う発音があり、キムチのムは口を閉じて発音しなければならないと教わりました。私も時々、友達に韓国語や中国語やアラビア語を教えて貰います。とても難しいですが、言語を知ることで相手によりづけたような気がしてとても嬉しいです。

    言語以外にも漫画などの話をよくします。中国人の友達は「中国人は皆、日本の漫画が好きだよ」と教えてくれました。特にどんな漫画を知っているか聞くと「NARUTOやONE PEACEや鋼の錬金術師やコナンやドラゴンボールを知っているよ」と教えてくれました。私も日本の漫画が好きなので登場人物の話やストーリーの話をしました。映画の話になった時は、ジブリの話をしました。韓国人の友達も中国人の友達も宮崎駿を知っていて、「とても面白い」と絶賛してくれました。ジブリの中の好きな登場人物の話でも盛り上がりました。

    日本のことを知って貰えていることや日本を評価してくれているということがとても嬉しかったです。生活する上でも、もっと他の国の友達と話をしたいので、カナダの文化や中国の文化や韓国の文化を常に意識するようになりました。例えば、どんな音楽が流行っているのか、どんな映画が流行っているのか、どんな食べ物を食べるのか、どんな習慣があるのか、日本と共通している物は無いかを生活の上で常に考えるようになりました。

    留学してしばらくは、他の国の人には英語も通じないし、何を話していいか分からなくて、とても困りました。他の国の人と仲良くなる為には、相手の文化を知ることと英語を流暢に話せるようになることだと考えました。その習慣を続けていくうちに、他の国の友達と仲良くなれました。英語が通じてくると、とても嬉しいです。他の国の友達が笑顔になってくれると、もっと英語を勉強しようという気持ちになれます。毎日、英語を学ぶことができて、とても楽しいです。

    学校のクラスは6クラスに分けられていて、最初のテストの成績によって振り分けられます。授業は、テキストに基づいて行われます。テキストはクラスのレベルによって異なります。セミスターが変わる時(2ヶ月間)に、クラスが一つ上に上がります。授業内容としては、リーディングとスピーキングとライティングとグラマーを交互に行います。週に1回程度の頻度でテストが行われます。私のクラスには、中国人が3人、韓国人が3人、日本人が6人、アラブ人が1人います。授業は大体3時半に終わります。

    kc_20160726_04.jpg
    大学のキャンパス

    kc_20160726_05.jpg
    韓国人のクラスメイトとディスカッション


    授業が終わるとレジデンスに帰ります。私は帰宅するとすぐに晩ご飯を作ります。晩ご飯は大体5時に作り終わります。作り終わったらルームメイトの様子を確認して、食べられそうな時間に皆で食事をします。8時位まで宿題や今日の復習や明日の予習を行います。8時からは大学のジムに行きます。そこには、沢山のマシーンとサウナがあります。私は毎日、ランニングして、サウナに入っています。ジムにはシャワーもあるので、お風呂にも入ることが出来ます。10時ごろに帰宅し、翌日の準備をして寝ます。休日は買い物に出かけたり、大学が企画するイベントに参加したりします。大学が企画するイベントには、ローラースケートやロッククライミング、動物園やアップルブロッサム・フェスティバル等の様々イベントがあります。私はカナダの文化に触れあうために、イベントにも積極的に参加しています。

    kc_20160726_01.jpg
    寮(レジデンス)の部屋です

    kc_20160726_03.jpg
    韓国人のクラスの友達とローラースケート

    留学に来て私が頑張っている事は自分の欠点と向き合うことです。自分の欠点とは、安定していないことです。日本にいる時、私は起きる時間や寝る時間がバラバラでした。そして、頑張る時と頑張らない時にムラがありました。そのため、留学期間中は決まったリズムで生活することを意識しています。ある程度決まった時間に起きて、毎日ジムに行って運動をして、英語の勉強をして、晩ご飯を作るというようなリズムです。

    その最低限の事をした上で余裕があれば、趣味など自分の時間を楽しむようにしています。まだ自分が特に頑張っていると思うことはありません。強いて言うならば、この4つの事をさぼったことが無いという事です。すぐに結果が出る訳ではないですが、留学から帰って来た時に、少しでも自分の力になっていてくれていたら良いなと考えています。

    私は約8ヶ月の留学を予定しています。私がその中で成し遂げたいことは、英語を自分の物にすることです。毎日、英語の勉強はしています。しかし、まだまだこの勉強量では足りていないと考えています。今の生活にも慣れてきたので、勉強のレベルを少しずつ上げていきたいと考えています。目標としては、流暢に英語が話せるようになることとTOEICで最低700点以上を取ることです。

    今はまだ自分の目標には追い付いていません。今の生活を続けたとしても、自分の目標を達成することは難しいと考えています。一日一日を大切にして、英語の勉強に取り組みたいです。そして日本に帰るころには、今後もずっと関わっていけるような他国の友達を作りたいです。私はこれから世界の色々な国に行ってみたいと考えています。この期間で親友と呼べるくらいの他の国の友達を作りたいです。

    日本に帰ったら、3年生になります。就職活動まであと1年の年です。私は、就職活動の対策や英語の勉強を頑張りたいと考えています。春休みなどには短期留学も考えています。今後、この留学で学んだ他の文化を受け入れる力を生かして、様々な人と関わっていきたいです。その中で色々な話を聞いて、人生を豊かにしていきたいです。

    kc_20160726_02.jpg
    隣のクラスの友達とバスケットボール

    kc_20160726_06.jpg
    担任のダグラス先生と

    2016年
    07月25日

    Reading and Writing SkillsⅢ(2年生必修科目、担当:中島あクラス)

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科2年生を対象とする「Reading and WritingⅢ」では、様々なタイプのパラグラフの書き方を学びます。授業は最初に、Japan Timesから選んだ記事について担当者がレポートすることから始めます。その後はテキストに沿いながら、単元ごとに異なるタイプのパラグラフを学習しますが、同時に英語を書く上で必要な文法や句読法についても復習します。

    学期最後にはプロジェクトとして、映画「リトル・ダンサー」(Billy Elliot)を皆で視聴し、その後、Movie Review Collectionとして冊子を仕上げました。英語も内容も、素晴らしい作品ばかりで、ここで紹介できないのが本当に残念!

    kc_20160724_01.jpg
    学生が作成したMovie Review Collection

    以下は受講している学生の感想です。

    D.Pさん(東アジア日本語学校出身、ネパール出身)

    For me the classes were perfect because I learned different ways of writing by revising my paragraphs. I can feel the improvement in my writing. I will try to improve my writing more. Another good thing is that we had opportunities to present and view news in the class. We could know about different aspects of Japan. Thank you sensei for being so patient and generous. I will always keep the booklet we prepared with me. 

    M.Sさん(福岡インターナショナルスクール出身)

    I think the best part of this class is that you can improve your grammar and learn how to write different styles of paragraphs properly. I was also glad that I could watch a wonderful movie Billy Elliot. I think I have improved my overall writing skill. Thank you for teaching us. I have learned a lot from this class and I think it will be very useful in the future. 

    M.Iさん(福岡市立福翔高等学校出身)

    I couldn’t write formal English paragraphs before I took the class. However, now I can write them. Thank you ! I think this class helps me to write reports for other classes. The atmosphere is good, so I could enjoy the class! 

    M.Oさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)

    Ms. Nakashima checked my writings in details. It was good for me. Thank you very much. I want to improve my writing skills.

    M.Uさん(中村学園女子高等学校出身)

    英語パラグラフの仕組みがわかるまでは大変でしたが、できてくると、とても将来役にたつものだと思い頑張れました。また、わかりだすと次第に書くのが楽しくなりました。

    S.Iさん(九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    教科書の内容を解くだけではなく、Writingのテーマも旅行、自分の性格、映画の感想など、興味の湧きやすいものだったので書くことが楽しかったです。たくさん間違えても、丁寧に添削してくださったのが嬉しかったです。

    S.Tさん

    一つ一つを分かりやすく教えてくださったので、分かりやすかったです。答えを間違えても先生がうまくフォローしてくださるので気持ちが楽でした。一年生のときよりもずいぶん英文の書き方が上達したと思います。ありがとうございました。

    kc_20160724_02.jpg
    kc_20160724_03.jpg
    課題は全てパソコンに打ち込んで、先生から指摘された箇所について修正しながら最終原稿を仕上げます。

    kc_20160724_04.jpg
    完成したMovie Review Collectionを手に記念撮影(国際キャリア学科2年生あクラス)

    2016年
    07月22日

    Japanese Industry (3年生前期科目)

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科3年生を対象とする「Japanese Industry(日本産業論)」(担当:山口)は今年度の講義を終え、先日、期末テストを実施しました。

    この科目では、太平洋戦争の敗戦と戦後復興、高度経済成長、石油ショックと安定成長への移行、プラザ合意とバブル景気、バブル崩壊と長期デフレ、現在のアベノミクスまでと戦後日本経済の変遷をたどりながら、各時代の日本経済をけん引した繊維産業、鉄鋼産業、自動車産業、総合商社など主要産業の概要と現況を学ぶ講義(日本語・英語)を進めました。

    kc_20160722_01.jpg

    期末テストは講義で学んだ日本経済や主要産業に関する問題のほか、戦後の日本経済の歩みと現下の状況、そしてそれらを踏まえた各自の目指す進路について記述する小論文で構成され、学生たちは真剣な表情で取り組んでいました。

    後期に開講する「Current Business」(担当:山口)では国際ビジネスの第一線で活躍されてきた様々な業種の方々を招き、今度は実務の視点から日本の産業や企業経営、国際ビジネスなどについて講義いただく予定です。現在のところ、鉄鋼産業、繊維・ファッション産業、医療機器製造業、航空運輸業、旅行業、金融業、貿易業、官公庁、商工団体などの方々に講義を依頼する予定で、西日本シティ銀行との提携講義もシリーズで開催します。

    「定評のある英語教育で英語力を総合的、かつスキル別に高めながら、専門科目については実務、現場からの視点を重視しながら効率的に学ぶ」、これが国際キャリア学科のカリキュラムの特色といえます。

    以下は「Japanese Industry」を受講した学生のコメントです。

    M.Oさん(筑紫台高等学校出身)

    「Japanese Industry」を受講してからニュースをよく見るようになり、新聞記事の切り抜きも始めるようになりました。どういう流れで日本の経済が変わってきたのかを学ぶのが楽しくなって、「今の日本はどうなんだろう」と思ったからです。この授業を受けて、自分の意識が大きく変わったのを実感しています。

    A.Yさん(鹿児島第一高等学校出身)

    日本の戦後の復興、発展のスピードは素晴らしいものだったと改めて感じました。労働力の増加、資本ストックの増加、イノベーションなどの要因が重なり、達成できた世界でも稀有のことではないかと思いました。私も1日だけでいいのでバブルを経験してみたかったです。

    S.Nさん(佐賀県立鳥栖高等学校出身)

    将来、社会人として海外に出た時に日本の経済について知らないと恥をかくので、この科目は欠かせない授業だと思います。指定されていた参考書『日本経済論・入門』には難しい専門用語が多かったですが、先生が配布してくださった解説書がわかりやすく、理解が進みました。

    K.Hさん(大分県立大分雄城台高等学校出身)

    この授業を受けて、日本の経済がどのような状況であったのか、日本の産業がどのような構造になっているのかを知ることは今後の進路にとってもとても重要であると再認識しました。授業だけで終わらせるのではなく、自分の将来に活かせるように学び続けていきたいと思います。

    H.Mさん(福岡県立城南高等学校出身)

    この講義を通して感じたことは日本経済に対する海外からの影響の大きさです。経済をとらえる際に国際的な視点から考えることが非常に重要だと思いました。

    K.Mさん(久留米市立久留米商業高等学校出身)

    講義の中で特に総合商社や企業グループについて学んだことが印象に残っています。飲食店でアルバイトをしていますが、銀行や企業の方からビール・メーカーを指定されることがありました。なぜなのかわかりませんでしたが、企業グループについて知ってから「そうだったのか」と納得しました。

    A.Mさん(長崎県立大村高等学校出身)

    この講義では戦後に起こったことがどう今の日本につながっているのか、なぜその出来事が起こったかなど、様々なことを知ることができ、役に立ちますし、勉強していて楽しくなりました。

    Y.Nさん(福岡市立西陵高等学校出身)

    日本経済がどのように発展してきたかを知ることができ、とても興味深い内容でした。考えてみると、敗戦からあまり経ってない時期にあれほどの復興と発展を遂げられたことはその時々の人々が真剣に学び、考えて、底力を発揮したからだと思います。私もそのころの人みたいに意欲を持ち、学び続けて、日本をもっと発展させるように貢献できる人になりたいと思います。

    kc_20160722_02.jpg
    kc_20160722_03.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE