• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    06月29日

    ​授業紹介:Critical Thinking (1年生必須科目、担当:千葉浩美)

    kc_head04.gif
    メディアが発達した今日、私たちの周りには多くの情報が氾濫しています。特に急速なインターネットやSNSの普及で、情報の入手は格段に容易になり、便利になりましたが、さまざまな危険もはらんでいます。私たちはどの情報を信じていいのか、何を指針として行動すればよいのか、わからなくなることもあると思います。

    そのような状況の中、本科目は良識ある判断力に基づいて行動できるグローバル人材を育成するための重要科目です。科目名は直訳すると「批判的思考」ですが、それはあら探しをしたり、すべてを疑ってかかる姿勢ではありません。物事を先入観、固定観念、偏見にとらわれずに理解し、色々な角度から複眼的に検討し、自分の行動の指針とすることです。

    kc_20160629_02_01.jpg

    授業では英語のテキストを使用し、ディクテーション、リーディング、英作文、ボキャブラリー問題、グループ・ディスカッションなども取り入れています。また、テーマごとに学生による口頭発表があり、テーマの要約や各自の意見発表が行われます。テーマの例としては、思考の整理法としてのブレイン・ストーミング、メディア・リテラシー(メディアを読み解く力)、ステレオタイプの危険、事実と意見の違い、英語学習者の落とし穴(英語圏からの視点に影響を受けやすいこと)、ジェンダーの偏見などがあげられます。

    kc_20160629_02_02.jpg

    kc_20160629_02_03.jpg

    以下は受講学生の感想です。

    M.Sさん(福岡県立三池高等学校出身)

    以前は他人から聞いたり、少し調べたりしたことを信じ込む傾向にありました。しかし、この授業を通して、今までの行動や考えを振り返ると矛盾だらけだったと気づきました。固定観念を持って何かをしようとすると間違った方向に進んでしまうこともわかりました。今、私たちに必要な思考能力が身につけられる良い機会となっています。

    N.Uさん(日向学院高等学校-宮崎-出身)

    この授業で、物事を鵜呑みにしないことの大切さを知ることができました。また、国境を越えて海外と日本の文化の違いも知ることができました。クラスの皆の発表を聞くことで、色々な意見や考えを知るのも面白いです。この授業は「不思議」を追求していく授業だと思いました。

    K.Tさん(佐賀県立神崎高等学校出身)

    内容はどれも自分の身の回りのことに関係があって、とても勉強になります。国際キャリアを目指す者として、世界の出来事に目を向けることの大切さも再認識しました。

    Y.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)

    人それぞれの見解や意見が聞けてとても面白いです。自分を見つめ直す良いきっかけになっています。これから社会に出た時に活用できる内容です。

    M.Iさん(九州産業大学付属九州産業高等学校出身)

    内容がとてもためになりますし、英語力もつき、私の中では一番力を注いでいる授業です。学力向上の必要性を感じさせてくれるこの授業に感謝です。

    K.Aさん(福岡県立嘉穂高等学校出身)

    情報を鵜呑みにせず、さまざまな角度から物事を見る能力をこの授業で養うことができています。Critical Thinkingは、現代社会で積極的に行動するための鍵となると感じました。

    H.Nさん(鳳凰高等学校-鹿児島-出身)

    色々な情報が飛び交う世の中で、自分で正しい考え方で、正しい情報を得て、正しく知識を駆使することが非常に大切になっています。Critical Thinkingは、その一連の流れを行えるようになるためにとても役立つ道具だと感じています。

    M.Fさん(福岡県立直方高等学校出身)

    今、私たちは情報社会で生活していながら、うまく情報と付き合えておらず、逆に痛い目にあう場合が非常に多いことがわかりました。

    S.Fさん(佐賀県立神崎高等学校出身)

    広告やコマーシャルを見る時には、気をつけて細部まで見ようと思いました。何気なく使用している情報も慎重に取り扱うことが大切だということを学びました。

    kc_20160629_02_04.jpg

    2016年
    06月29日

    海外留学先からの報告㉒:K.Nさん(カナダ:セントメアリーズ大学-日向学院高等学校出身)

    kc_hed3.gif
    このコーナーでは留学中の学生からの報告をシリーズで紹介しています。以下はカナダのセントメアリーズ大学に留学中のK.Nさん(日向学院高等学校出身)からの報告です。

    留学先からの報告-K.Nさん(日向学院高等学校出身)

    私は留学する前にTOIECを受けました。なぜかというと自分のレベルを知って足りないところを勉強するためと、留学から帰ってきて受けたときに比べられるようにしたかったからです。また、外国人が来るイベントに積極的に参加し、春休みを利用して地元の友達に会ったり、家族との時間を増やしたりしていました。

    留学してあらためて外から日本という国をみて、いい面もそうでない面も知ることができました。授業では最初、日本との授業スタイルの差に戸惑ったり、先生のおっしゃることが理解できなかったりしましたが、年齢や国籍も様々な素晴らしいクラスメイトに恵まれて、みんなで頑張っています。授業では常に自分の意見を求められて、それをみんなと共有しなければなりません。

    日本はどうなのかと聞かれたときにあまり答えられないこともあり、日本のことももっと知らないといけないと思いました。授業の後はとにかく予習、復習を頑張っています。授業中に知らない単語が沢山でてきますので、その日のうちになるべく覚えるようにしています。パワーポイントを使ってプレゼンテーションをしなければならない時は、慣れていない分、他の人より練習しなければならないと思っています。

    クラスメイトはみんな仲が良く、放課後に一緒にスポーツをしたり、ご飯を食べに行ったりしています。英語を通じてみんな繋がっていて、英語の大切さを実感しています。休日はハリファックスの様々なイベントやアクティビティーに参加しています。自分次第で何事も変わってくると思うので、これからもどんどん参加していきたいです。

    ハリファクスにきてまだ一か月と少ししか経っていませんが、私はこの街が大好きです。自然がいっぱいで、みんな優しくて、何より毎日を楽しく自由に生きています。この街で様々なことに挑戦して、もっともっとカナダ人の友達を増やしていきたいです。そして、英語学習に力を入れ、日本に関する知識を増やして、将来は日本と世界の架け橋になれるように頑張りたいです。

    kc_20160629_01.jpg

    kc_20160629_02.jpg
    留学仲間と

    kc_20160629_03.jpg
    学んでいる校舎

    kc_20160629_04.jpg
    寮のキッチン

    2016年
    06月28日

    ​授業紹介: Test Taking Skills(担当:横尾聡子)

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科の英語科目はレベルごとに少人数のクラスを編成しています。カリキュラムは英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されています。2年次には海外提携校に留学するプログラムもあり、現3年生は昨年度4割以上の学生が長期留学し、今年7月からフィリピンのバギオ大学に留学する学生を含めると3年次編入生を除き半数以上の学生が留学を経験することになります。

    こうしたカリキュラムを通じて、3年生の中には今年5月に実施されたTOEICテストで800点以上を取る学生も出てきています。ちなみに企業で海外部門に所属する人材のTOEICの平均は679点(TOEIC公式サイト参照)と言われています。

    以下では、このTOEIC対策に重点を置いた「Test Taking Skills」の授業を紹介します。

    Test Taking Skills

    「Test Taking Skills」(担当:横尾)では、TOEIC対策を中心に授業を行います。

    kc_20160628_01.jpg

    TOEICはビジネス英語のテストと言われますが、ビジネスの場面では迅速に英文を処理することが重要です。そのため、TOEICの英文読解は実際のビジネスでよくあるような英文が大量に出題されます。授業では、速読を意識するために時間を計って問題を解くこともあります。

    ビジネス英語のテストとはいえ、文法も重要です。特に、文の構造、品詞を理解していることが重要なのですが、高校までに学ぶ英文法や多くの人が受けたことのある英検では、それほど重点的に取り上げられません。そのため、文の構造を意識している人が少ないように思えます。しかし、品詞の問題を苦手にしていては、TOEICで高得点を取ることはできません。この授業では、TOEICで頻出する品詞の問題を重点的に練習します。

    リスニング問題を練習する際は、問題を解くだけでなく、それを使って、ディクテーションやシャドーイングを行います。リスニング力を授業中の練習だけで上げることは難しいので、普段から英語を聞いてほしいと思います。授業外では、音楽でも映画でも何でもいいので、自分の好きなものを少しずつ継続して聞くのがお勧めです。

    色々な英語の勉強法について、授業後であれば、個別にアドバイスもできますよ。

    kc_20160628_02.jpg

    2016年
    06月27日

    海外留学先からの報告㉑:A.Fさん(オーストラリア:モナシュ大学-長崎県立上五島高等学校出身)

    kc_hed3.gif
    このコーナーでは留学中の学生からの報告をシリーズで紹介します。以下はオーストラリアのモナシュ大学に留学中のA.Fさん(長崎県立上五島高等学校出身)からの報告です。

    留学先からの報告-A.Fさん(長崎県立上五島高等学校出身)

    私は一年の後期から留学を希望し始めました。それからは、授業で習った会話表現などの復習に力を入れました。単語に関しては高校の時から勉強している英単語を記憶するシリーズの本を使い、語彙をできる限り増やすように取り組みました。アルバイトでも海外の方とお話しする機会の多いところに変えてもらったり、英語を使う仕事を選んだりしていました。

    留学してみると、授業を受ける校舎が大学のメイン・キャンパスから離れたところにあり、滞在先もホームステイなので、自分から積極的に行動し、現地の方と知り合うように努めています。私のクラスには、日本人のほか、中国やサウジアラビア、クウェートなどからの留学生がいます。授業は簡単なものから始まりましたが、だんだん難しくなってきています。日本人は文法やスペルの正確さはすごく長けているのに、話すときになると躓いたり、言葉が出てこないことが多いと感じます。クラス内ではお互いに助け合っています。休憩中は年の近い中国人の女の子たちとお話したりしています。中国の人は日本人のことを好きな人が多いと感じました。

    留学を終えたらまずTOEICを受け、その後も定期的に受け続けたいと思っています。在学中は、英語を話す機会をできるだけ見つけて、積極的に行動したいです。将来、就きたい職業についてはまだ決まっていませんが、二・三年次には簿記や秘書などの検定も受けようと考えています。

    kc_20160627_01.jpg
    ご指導いただいているダニエル先生と

    kc_20160627_02.jpg
    キャンパスの建物の内部です

    kc_20160627_03.jpg
    お世話になっているホストマザーのマーガレットさんと

    kc_20160627_04.jpg
    休日に友達と遠出して行ったパッフィンビリー鉄道

    2016年
    06月23日

    ​授業紹介: 北九州空港、日本航空、スターフライヤーでの研修「Japanese Career Fieldwork」②

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科3年生を対象とした専門科目「Japanese Career Fieldwork」(担当:山口)では国際ビジネスの促進に取り組んでいる北部九州地域の企業、公的機関、産業関連施設などを訪問し、国際ビジネスについて実地で学ぶ授業を行います。

    先日はその最初のプログラムとして、北九州空港での研修を実施しました。学生たちは北九州エアターミナルの今村常務取締役(日本航空ご出身)のご説明を受けながら日本航空のチェックイン・カウンターの表と裏、グランドスタッフの方々のバックオフィス、ちょうど機長、副操縦士と運航担当の地上職員の方との出発前打ち合わせが行われていたオペレーションルーム、整備控室など空港内の諸施設を見学した後、エプロンサイド(駐機場)に出て、預託手荷物のソーティング・エリア、羽田から到着したばかりの日本航空B737型機の周りを一周しながら、飛行機のエンジンを真近で見てその大きさを実感し、給油や手荷物・貨物の搭降載業務などをすぐそばで見学しました。

    kc_20160623_01.jpg
    kc_20160623_03.jpg
    kc_20160623_02.jpg

    続いて、北九州空港に本拠を置くスターフライヤーの乗務員(パイロットと客室乗務員)訓練施設を訪問し、総務人事部の廣池担当課長より日本版顧客満足度指数(JCSI)で7年連続第一位を記録している同社の顧客サービスの概要についてご説明いただいたのち、客室乗務員(CA)の方々が訓練を受けるモックアップで現役のCAでもある野見山指導教官のご指導を受けながら機内サービス実習などを経験しました。

    モックアップには緊急脱出設備も設置されており、学生たちは「緊急脱出の際は客室乗務員が即座に 判断して対応します。客室乗務員はサービス要員であるとともに保安要員です」という野見山教官のご説明を真剣な表情で聞いていました。

    kc_20160623_05.jpg
    kc_20160623_06.jpg
    kc_20160623_07.jpg

    施設見学と体験の間には、今村常務より「世界と日本の航空産業の概要」「北九州空港の歩みと現状」「航空産業への就職を目指す人へのアドバイス」の各テーマの講義をいただき、特に就職活動へのアドバイスについては現役の客室乗務員やグランドスタッフの方々に事前に実施いただいたヒアリングをもとにわかりやすく、詳しく解説いただきました。来年、就職活動を控えた学生たちにとって非常に有意義なご講義でした。

    「Japanese Career Fieldwork」の次のプログラムは8月第四週に実施し、門司税関や北九州港太刀浦コンテナターミナル、国際協力機構(JICA)九州国際センター、北九州活性化協議会、北九州市環境ミュージーアム、佐賀銀行、佐賀県庁、リーガロイヤル・ホテル小倉などを訪問し、各機関・企業の方々からご講義をいただくとともに研修やワークショップに参加する予定です。

    以下では北九州空港訪問を終えた学生たちの感想のいくつかをご紹介します。

    N.Sさん(福岡県立柏陵高等学校出身)

    実際にエプロン(駐機場)に出て、マーシャリング(飛行機の誘導)を行っている方のすぐ後ろで、飛行機が真正面に到着するのを見たときは迫力に圧倒されました。スターフライヤー社の客室乗務員訓練施設では現役の客室乗務員の方からご指導やアドバイスをいただき、身が引き締まる思いがしました。自分の未熟な面も発見することができ、より一層、夢に近づきたい思いでいっぱいになりました。現場で働かれている方々のお姿を拝見し、生のお声を聞けたことで多くの刺激を受けることができました。今回の貴重な経験は就職活動に向けて大きな力になると思います。

    I.Tさん(福岡県立輝翔館中等教育学校出身)

    改めて将来について考えるよい機会になりました。何事も自分の目で見て、体験しないとわからないと実感しました。もっといろいろなことに挑戦しようと思えた貴重な研修でした。

    S.Nさん(佐賀県立鳥栖高等学校出身)

    視野が広がりました。特に就職活動に関する講義では準備の仕方や心得など知りたかった情報をたくさん得ることができました。本を読むようにとのアドバイスもいただきました。本には多くの言葉が使われており、エントリーシートを書く際や面接の際に必要な「言葉」のレパートリーを増やし、伝えたいことを上手に表現できるようになると思います。これからしっかりと本を読んでいきたいと思います。

    M.Kさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)

    客室乗務員やグランドスタッフは憧れだけでなれる職業ではないと実感しました。常にお客様のことを第一に考え、もし何かあったら自分の命をかけてでもお客様を助けるという覚悟と誇りを持って働かれているお姿に強く打たれました。今回の 研修で「働く」ということを学べました。今後の就職活動に活かしていきたいと思います。

    N.Mさん(福岡県立福岡中央高等学校出身)

    今回の研修で「仕事とは何か」について多くを学び、得ることができました。表に見える華やかな部分はもちろん、裏の目に留まらないところでも様々な職種の方が関わって空港を利用できていることを頭に置き、今回、見せていただいた職種以外の仕事にも関心を持ち、職業研究を進めていきたいと思います。

    S.Mさん(那珂川町立福岡女子商業高等学校出身)

    今回の北九州空港研修でたくさんの新しい目標をいただきました。航空業界への就職活動までもう1年もありません。毎日、こつこつと勉強し、自分の夢を実現させたいと思います。

    M.Iさん(福岡県立八幡高等学校出身)

    この研修に参加させていただき、多くの発見をし、感動を味わい、航空関係の仕事への関心が以前よりもさらに高まりました。今回、北九州空港様と先生方のご尽力により貴重な経験ができたことに感謝し、今後もこのような機会があればぜひ参加し、多くのことを学びたいと思います。

    N.Mさん(長崎県立島原高等学校出身)

    航空業界に関することだけでなく、面接に関する情報やアドバイスなど就職活動を行うすべての人に向けた講義も聞かせていただき、とても貴重な体験をさせていただきました。就職活動に向けて今からできることもたくさんあると教えていただいたので、今回の研修を無駄にしないように笑顔や言葉遣い(敬語)、読書などできることから準備していこうと思います。

    K.Uさん(熊本県立玉名高等学校出身)

    就職活動に関する講義で様々なアドバイスをいただいたことで自分が何をしていけばいいのか明確にわかりました。一番、時間がかかり、大変な自己分析などは早めに手を付け、自分の強みを活かして「この会社に入らせていただけたら私はこういうことをし、こういう利益につなげます」と堂々と言えるくらいのしっかりとした準備をしていきたいです。

    kc_20160623_04.jpg

    kc_20160623_08.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE