• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    05月31日

    チンタラーの南川先生観察日記29:「王陽明と南川啓一:先生とゼミ②」というお話

    kc_hed3.gif

    head_cat_2015.jpg

    先生が忙しそうだ。アジアの雑貨や石けんが入った箱に囲まれながら作業をしていたかと思うと、即席のアジアン雑貨店を開いて学内で販売していた。

    kc_20160527_01.jpg
    アジアン雑貨店 南川啓一店主と愛弟子たち

    どうもアメリカという国から来た宣教師さんがこの学校を開いて131年目になる記念のイベントがあり、先生はそこで自らの研究活動の主なフィールドである東南アジアの雑貨を販売し、その売り上げを南の国の恵まれない子供たちの教育支援に役立てるようだ。

    先生の「ゼミ」の女の子も手伝っている。さすがに「情熱と行動の人」である先生の「ゼミ」らしく、学生はただ専門書を講読して論文を書くのでなく、実際に国際協力の仕事を体験し、行動して学ぶようだ。「知行合一」。確かに先生は朱子学というより陽明学の人だ。陽明学の祖、王陽明さんの肖像は少し痩せさせると、真剣なときの先生に似てなくもない(*)。

    kc_20160527_02.jpg
    左:王陽明さん(1472年~1529年)  
    右:「鋭さ」と「やさしさ」をあわせもつ「南川ゼミ」での先生 観察日記28参照


    常に社会的実践と行動を伴う先生の教育は「ゼミ」の女の子たちを大きく成長させることだろう。今日、お手伝いをしている女の子たちのなかには、今年夏に「かんぼじあ」に行き、先生と一緒に教育支援の仕事に携わる子もいるようだ。

    そういえば先生は外国から福岡に旅行に来ている人たちを助けようと、女の子たちを組織して「Goodwill Guide」というボランティア・グループも立ち上げた。

    kc_20160527_03.jpg
    お揃いのユニフォーム姿の先生と「Goodwill Guide」の女の子たち

    「Goodwill Guide」の女の子たちは得意な英語を活かして、福岡の街で道に迷っていたり、困ったりしている外国人観光客の人のサポートをしているそうだ。頼もしい限りである。

    実は、今回はこの小生自身、「Goodwill Guide」の女の子たちのGoodwillにあずかった。忙しさのあまり小生への食料供給を忘れてしまっていた先生に女の子のひとりがやさしく注意を促し、「今、やるべき行動」を思い起こさせてくれたのである。その後の小生の模様は下記写真を参照されたい。多謝。

    kc_20160527_04.jpg
    小生

    *岡田武彦著 『王陽明小伝』(明徳出版社、1995年)など

    footer_cat_2015.jpg

    2016年
    05月30日

    ICD Sports Festival/盛况空前的ICD运动会

    kc_hed3.gif

      ICD department had a sports festival a few days ago. It was the first time for freshmen, sophomores, and juniors to join their hands and spend a meaningful time together. Started with an opening greeting by one sophomore who volunteered to organize this activity, a few other games were introduced by other volunteers and actively participated by all.

    The participants were divided into four different teams and wore four different colored t-shirts. The games included martial arts practice led by one freshman, then followed by more exciting ones such as hula hoop race, shippo-tori, group rope jumping, all planned and organized by the voluntary members. 

      So far ICD department has held various events such as communicating with foreign students or talent show, however, except for those who are studying abroad; this sports festival is the first event that the largest number of students participated. Thanks to the voluntary members who planned and organized this event, freshmen, sophomores and juniors could have the opportunity to become one and have a wonderful time together. The sports festival was a great success! Thank you all! 
     



    国际职业学科日前举行了跨学年的“ICD运动会”。

    继2年级筹委会委员K.A同学(大分县立日田三隈高中出身)的开幕词、Y.I同学(久留米市立久留米商业高中出身)俨如名嘴一般的司会之后,在拥有少林拳段位的1年级M.S同学(福冈县立三池高中出身)的带领下,全体师生表演少林武艺,随着转呼拉圈、二人三足、拽尾巴游戏的不断升温,到了压阵戏的集体跳绳时,体育馆内欢声雷动,振聋发聩,盛况空前。

    国际职业学科还定期举办和留学生的交流会以及演员秀等活动,此次运动会除了在外留学的2年级学生以外,全学科学生在此拧成了一股绳。堪称有史以来参加学生最多、规模最大的一次盛会。


    kc_20160527_01.jpg
    kc_20160527_02.jpg
    kc_20160527_03.jpg
    kc_20160530_01.jpg
    kc_20160527_04.jpg
    kc_20160530_04.jpg
    kc_20160527_05.jpg

    kc_20160527_06.jpg
    kc_20160530_02.jpg
    kc_20160530_03.jpg
    kc_20160527_07.jpg
    kc_20160527_08.jpg
    kc_20160527_09.jpg
    kc_20160527_10.jpg
    kc_20160527_11.jpg

    2016年
    05月27日

    ​学生生活:盛り上がったICDスポーツ・フェスティバル

    国際キャリア学科では、先日、全学年合同で「ICDスポーツ・フェスティバルを開催しました。

    2年生の実行委員のK.Aさん(大分県立日田三隈高等学校出身)の挨拶とY.Iさん(久留米市立久留米商業高等学校出身)のプロさながらの名司会、そして少林寺拳法有段者の1年生M.Sさん(福岡県立三池高等学校出身)にならっての全員での演武で始まったスポーツ・フェスティバルは、フラフープ競争、二人三脚、尻尾取り競争など競技を重ねる都度、ヒートアップし、最後の競技、集団縄跳びになると体育館が割れるかのような大きな歓声が沸いていました。

    kc_20160527_01.jpg
    Y.Iさんの名司会

    kc_20160527_02.jpg
    少林寺拳法の演武で準備体操

    国際キャリア学科では留学生との交流会やタレント・ショーなどのイベントを定期的に開催していますが、今回は留学中の2年生を除く多くの学生が参加する過去最大のイベントになり、全学年が一つの輪となって大いに盛り上がりました。

    kc_20160527_03.jpg
    フラフープ競争

    kc_20160527_04.jpg
    二人三脚

    kc_20160527_05.jpg
    縄跳び-ヒートアップしました


    kc_20160527_06.jpg
    競技の合間にほっと一息-後輩が増えて「貫禄」が出てきた3年生

    kc_20160527_07.jpg
    kc_20160527_08.jpg
    仲間の競技を応援

    kc_20160527_09.jpg
    日頃、お世話になっている英語の先生方も参戦-右からイアン・ケニオン先生、アーサー・ナカノ先生、J・レイク先生

    kc_20160527_10.jpg
    イタリアからの留学生も参加、左はEuropean School of Economicsのルクレチアさん、右はベネチア・カフォスカリ大学のキアラさん、中央は今年夏、イタリアでのインターンシップに参加する3年生のK.Hさん:大分県立大分雄城台高等学校出身

    kc_20160527_11.jpg
    優勝の栄冠を射止めたTeam RED

    2016年
    05月25日

    ​授業紹介:北九州エアターミナル 今村常務取締役(日本航空ご出身)による講義②

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科では経済界と連携したカリキュラムの一環として、昨年に引き続き1年生を対象としたフレッシャーズ・セミナーの授業で、北九州エアターミナルの常務取締役を務められている今村裕明先生による講義を開催しました。

    kc_20160525_01.jpg

    以下では講義を受講した学生の感想をご紹介します。

    A.Tさん(福岡県立福岡中央高等学校出身)

    今回の講義を聞き、航空産業にたいへん関心を持ちました。航空会社の仕事、特に客室乗務員の仕事は今後、予想されるLCCの増加によってさらに複雑になり、臨機応変性が重要になってくると思われます。こうした資質はどのような仕事でも必要とされるので、将来に向かって多能性を身につけた女性になれるよう努力していきたいと思います。

    Y.Iさん(鹿児島県立志布志高等学校出身)

    今回の講義では航空業界の現状について様々な知識を得ることができました。最も印象に残ったのはLCCについてのお話です。講義の中で今村先生もお話しになっていましたが、英語力というのは必須であり、三か国語を話せることが強みになることを実感させられました。今回、学んだことをこれからの大学生活に活かしていきたいと思います。

    N.Sさん(福岡県立香住丘高等学校出身)

    客室乗務員やグランドスタッフは志願者が多く、TOEICの成績も航空会社が採用の最低基準としている点数よりプラス100点は取っておいた方がいいと伺い、私も一定のスコアがとれたからと言って満足せずに、常に上を目指すよう努力していこうと思いました。

    S.Nさん(福岡県立春日高等学校出身)

    世界の航空産業の歴史や業界再編の台風の目になっているLCCについて詳しく学ぶことができました。私は航空業界に関心があるので、今回の講義はとても興味深く、有意義な時間になりました。「そうなりたいと強く思うことが大切」という言葉を胸に、興味のあることは自ら調べ、学んでいきたいと思いました。

    M.Tさん(福岡県立京都高等学校出身)

    私たちにわかりやすく、なおかつ少しでも楽しみながら講義が聞けるように、たびたびクイズを挟みながら説明してくださったので、90分がとても短く感じただけでなく、常に好奇の心構えで内容を吸収することができました。私にとって将来への第一歩と言っても過言でないほど未来を考えることにつながりました。

    A.Tさん(クラーク記念国際高等学校出身)

    今回の講義では世界と日本の航空産業の歴史から現状まで、多くのお話をいただきました。特にLCCのことを詳しく聞くことは今までなかったので、初めて知ることが数多くありました。LCCは価格が安い分、安全性も他の航空会社に劣ると思っていましたが、実際には安全性も高く、今後、LCCが増えていくと航空機の利用者もさらに増えていくのではないかと思いました。

    N.Hさん(自由ヶ丘高等学校-北九州-出身)

    今回の講義を聴き、航空関係の仕事に関心を持ちました。これからはもっと多くの業種について知り、視野を広げていき、今後の就職活動に役立てていきたいと思います。

    K.Mさん(佐賀県立佐賀西高等学校出身)

    知らないことが本当にたくさんあって、勉強になりました。特に世界と日本の航空産業の歴史と現状に関心を持ちました。今まで自分の中になかったものを吸収していくことは視野を広げるうえでとても大切だと改めて感じました。

    M.Mさん(沖縄県立普天間高等学校出身)

    世界の航空産業について今まで知ることのなかったことを学べ、とてもいい経験になりました。また、自分の将来の夢について考える機会にもなりました。

    M.Sさん(大分県立大分西高等学校出身)

    北九州空港や世界の航空産業の歴史、注目されているLCCなど多くのお話が聞けて勉強になりました。今まで、「LCC=危ない、揺れる」というという印象がありましたが、実際は整備費削減のために新鋭の機種を採用していると聞いて、イメージががらりと変わりました。また、LCCの経営者には面白い人がたくさんいることも初めて聞きました。もっと航空産業について知りたくなりました。

    H.Nさん(福岡県立春日高等学校出身)

    世界の航空会社の経営者のなかには驚くような方法で経営されている方がいて、たいへん興味を持ちました。日本ではあまり受け入れられないような考え方がたくさんあって斬新でした。世界で競争していくには、形にとらわれない発想が必要だと改めて思いました。

    M.Hさん(福岡県立武蔵台高等学校出身)

    航空産業の歴史や世界の航空会社について知ることができ、とても実りの多い時間となりました。私は将来、航空業界で働きたいと考えています。そのために、知識、語学力、コミュニケーション能力を大学生活でしっかり身につけていきたいと思います。

    M.Kさん(福岡県立筑紫高等学校出身)

    日本の航空会社は東京オリンピックに向けて客室乗務員の採用を増やしています。憧れの職業を手に入れることができるかもしれません。今から自分にしかできないことを見つけ、とことん追求していこうと思います。北九州空港もぜひ利用させていただきます。素敵なお話やプレゼントをありがとうございました。

    M.Sさん(福岡女学院高等学校出身)

    将来、客室乗務員を目指しているため、今回の講義はとても興味深かったです。初めて耳にすることも多く、驚くばかりでした。LCCの経営戦略、特にサウスウェスト航空の「従業員第一、顧客第二」のスローガンはとても斬新だと思いました。夢をかなえる努力のひとつとして今村先生が勧められたジェームズ・アレンの『「原因」と「結果」の法則』を読んでみようと思います。

    K.Aさん(福岡県立嘉穂高等学校出身)

    今村先生は講義の最後にとても心に残るメッセージを伝えてくださいました。それは、何かひとつ得意なことを身につけ、そうなりたいと強く思うことです。心を打たれました。人生の成功を目指して、今の自分と真剣に向かい合っていきたいです。

    M.Hさん(山口県立西京高等学校出身)

    北九州空港のお話から世界の航空産業の歴史と現状まで幅広く学ぶことができ、クイズも交えての講義でとても楽しかったです。初めて知ることも多く、グランドスタッフを目指している私にとってまだまだ勉強不足だと感じた一方、これからもっと多くの知識を身につけていきたいと思える講義でした。

    K.Tさん(佐賀県立神崎高等学校出身)

    お話のなかで特にLCCのビジネスモデルにとても興味を持ちました。徹底的なコスト削減やカウントダウン運賃など、それまでの航空会社にはない、むしろ逆の発想の戦略に驚きました。今回のご講義は航空産業を目指す人だけでなく、経済や経営に関心の高い私にとってもとても勉強になるものでした。

    A.Uさん(福岡県立浮羽究真館高等学校出身)

    北九州空港の魅力や様々な取り組みについてたくさん知ることができました。また、世界の航空産業の歴史やどのようにして現在の航空業界に発展していったのかが詳しく分かりました。私は将来、航空業界で働くことを目指しているため、世界や日本の航空会社の歴史や現状について調べて、様々な情報を取り入れ、知識を増やしていきたいです。

    A.Iさん(長崎県立長崎北高等学校出身)

    現在、日本の航空会社は2020年の東京オリンピックでの来客者数の増加を見込み客室乗務員やグランドスタッフの新卒採用を増やしています。その際、一芸に秀でた人や英語プラスもう一か国語、話せる人を求め始めているといいます。私は航空業界を目指しているので世界のニーズにあった誰にも負けない能力を身につけていきたいと思います。

    C.Aさん(福岡市立福翔高等学校出身)

    特に印象に残ったのはLCCについての話でした。LCCの経営方針は見方を変えれば顧客が必要とする商品を提供するという顧客本位のサービスと受け取れると思います。しかし、日本人の国民性ともいえる他人とあわせる文化ではライアンエアーのようなやり方をそのまま採用しても拒絶され、失敗に終わると思います。しかし、何らかの方法によりこれからLCCは普及していくとみられます。これから注意深くフォローしていこうと思います。

    R.Iさん(スリランカ出身、弘堂国際学園出身)

    航空会社に就職しようと思っている人にとってとても貴重な講義でした。

    A.Kさん(福岡県立伝習館高等学校出身)

    私は航空会社への就職を視野においてこの大学に来ました。航空会社の仕事には英語力が重要で、採用の基準を満たしているからと言って油断はできません。もっともっと上を目指すことが必要になります。他の業界への就職にも非常にためになる講義でした。

    kc_20160525_02.jpg

    kc_20160525_03.jpg
       

    2016年
    05月23日

    ​授業紹介: 北九州エアターミナル 今村常務取締役(日本航空ご出身)による講義①

    kc_head04.gif

    kc_20160523_02_01.jpg国際キャリア学科では経済界と連携したカリキュラムの一環として、昨年に引き続き1年生を対象としたフレッシャーズ・セミナーの授業で、北九州エアターミナルの常務取締役を務められている今村裕明先生による講義を開催しました。

    今村先生は日本航空のご出身で、現在は北九州エアターミナルで北九州空港ビルの管理・運営や航空会社との調整などの仕事に携わられています。講義では36年以上に及ぶ豊富な実務経験をもとに、北九州空港の状況、日本と世界の航空業界の歴史と現状、航空会社で求められる資質(特に客室乗務員やグランドスタッフ)や採用動向などについて、途中、正解者には北九州空港に就航している日本航空、フジドリームエアラインズ、スターフライヤー各社のグッズが当たる楽しいクイズを交えながら、お話しいただきました。

    世界の航空業界の動きについては、①第二次世界大戦中の1944年11月にシカゴで行われた米英主導での話し合いの結果、確立した民間航空体制(シカゴ体制)が1978年に米国で行われた規制緩和の結果、大きく転換したこと、②米国の規制緩和後、ハブ・アンド・スポーク戦略などで競争力を強めたユナイテッド、アメリカン、デルタの三社を軸として米国の航空会社の集約化が進み、1990年代後半以降はこれら三社主導で世界の航空業界でアライアンス化が進められ、現在ではワンワールド、スターアライアンス、スカイチームの三つのアライアンスが鼎立していること、③マイケル・オレアリー(ライアンエア)、トニー・フェルナンデス(エアアジア)、ハーバート・ケレハー(サウスウェスト航空)など個性的な企業家が創業したLCC(格安航空会社)とエミレーツ、カタール航空、トルコ航空など中東の航空会社が業界再編の台風の眼になっていることなど、とても分かりやすく解説いただきました。
    kc_20160523_02_02.jpg
    また、航空会社を目指している学生が多いことを踏まえ、ご自身、日本航空の客室乗務員として乗務され、また人事・採用にも携わられたご経験を踏まえながら、客室乗務員やグランドスタッフの仕事を目指す学生が取り組むべきことなどについてもお話しいただきました。

    学生時代に取り組むべきことについては、『航空業界就職ガイドブック』など航空業界に関する雑誌、航空会社や専門学校のサイトなどをよく読んで最新の動向をフォローすること、そして何より「英語、敬語、礼儀、マナー」をしっかりと身につけることなどをアドバイスいただきました。

    英語力については「航空会社が採用の最低基準としているTOEICの成績よりもプラス100点は欲しいところで、英語力を高めることにより世界の大手航空会社に就職することも可能になってきます。学生時代に英語力の向上に努めてください」とお話いただきました。

    講義の最後には日本航空の再建に携わられた稲盛和夫同社名誉会長をはじめ多くの著名人に影響を与えてきたジェームズ・アレンの著書『「原因」と「結果」の法則』をご紹介いただきました。「そうありたいと強く思うこと、そしてそれに向けてアンテナをあげることが大切。そうすることで情報が集まり、チャンスが生まれて来ます。自分の夢に向けて、それを信じて頑張ってください」とエールをお送りいただきました。

    多くの学生の憧れである航空業界で長年、活躍されてきた大先輩からの胸に響く、そして楽しいご講義でした。学生たちは今村先生のジョークにときに笑いながらも真剣にお話を聞いていました。講義の終了後も航空会社志望の学生たちが今村先生を囲み、様々な質問をして課外講義をいただいていました。

    なお、5月28日には国際キャリア学科3年生がJapanese Career Fieldworkの授業のプログラムとして北九州空港を訪問し、空港施設やスターフライヤーの客室乗務員訓練施設を見学するとともに、航空会社への就職活動に向けての講義をいただく予定です。次回は講義を受けた学生の感想を紹介します。
    kc_20160523_02_03.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE