• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    01月22日

    ​授業紹介:Asian Studies (前期:Culture) (後期:Politics)

    kc_head04.gif

    Asian Studies (前期:Culture) (後期:Politics)

    kc_20160122_01.jpg
    国際キャリア学科2年生を対象とした「Asian Studies」(担当:陳齢)は前期と後期を通して、文化と政治の話題を中心に中国社会を多視角から捉えようとしています。マスコミでは中国を形容する際によく「混沌」、「膨脹」などの言葉を使っていますが、そういった「混沌・膨脹」の中国を可能な限り明晰な縮図で見ようとするのが主眼です。

    方法としては『時事中国語の教科書』(三潴正道・陳祖蓓著、朝日出版社)を用いて、過去一年間の中国の出来事を紹介し、そこに出てくる事象について歴史、文化、政治などの背景に関連付けて掘り下げます。
    kc_20160122_02.jpg
    以下は受講している学生の感想です。

    K.Hさん(大分県立大分雄城台高等学校出身)

    最も印象に残ったのは「ユーラシア大陸を結ぶ新シルクロード」に関する授業です。漢の時代に作られたシルクロードが現在も新たな姿として経済交流に活用されていることに驚くとともに、欧州と中国をつなぐその偉大さを感じました。

    I.Kさん(佐賀県立佐賀北高等学校出身)

    最も印象に残っている授業は「海を越え、生死を超えた恋」の話です。日中関係が決して良好とは言えない状況下で中国人と日本人が恋に落ちるエピソードにひかれました。国対国の関係になると、国益が絡み、日中戦争の影響もあるため、良好な関係を築くのが難しいところもありますが、人間対人間であれば強い絆で結ばれることは難しくないと思います。直接、現地に行って人々と触れ合うことによって間違った先入観を取り除き、お互いを人として尊重しあう気持ちが持てると思いました。

    この授業を通じて、外交や政治のみならず、「人の温かみ」や「愛」について考えさせられました。愛する気持ちがあればどんなに困難なことも乗り越えられ、またどんなに小さなことでも感謝することが大切だと改めて思いました。

    A.Kさん(福岡県立筑紫高等学校出身)

    日中関係は必ずしも良好とはいえないところもありますが、日本は歴史的に中国の文化から大きな影響を受けてきました。これからも両国がお互いの文化を認め、取り入れながら、持ちつ持たれつの関係でいるべきであると思います。
    どちらの方が優れているという優劣をつけるのではなく、両国が協力して一緒にアジアを盛り上げようという意識を持てば、少しは何かが変わると思います。

    H.Mさん(福岡県立城南高等学校出身)

    最も印象に残ったのは「チマキ」と「ゲッペイ」に関する授業です。中国の伝統食品であるこれらの起源や歴史、現在の姿について知り、それを通じて各国には文化的に伝統を受け継いでいくべきものが多くあり、私たち若い世代はその伝統をなくさないように、ある部分では少し変化をさせつつ、良さを大切に後世につないでいくべきだと思いました。

    N.Kさん(熊本信愛女学院高等学校出身)

    最も印象に残っている授業は中国のスマートフォン事情です。最近ではネット社会が更に進んでいて、「スマホ無しでは生きていけない」というスマートフォン依存の若者が増えてきています。
    一番驚いたことは中国にはFacebookなどの制限があったということです。確かに、Facebookには人とつながることができるという利点がある一方でリスクも伴います。その点ではこうした制限も理解できます。

    M.Oさん(筑紫台高等学校-福岡-出身)

    最も関心の持ったのは中国の高齢化問題です。中国も日本と同様に高齢化社会であり、2008年の時点で総人口の12%が60才以上だと言われています。高齢者人口の増加に伴い、中国政府は去年、一人っ子政策の取りやめを決定しました。少ない労働人口で多くの高齢者を支えなければならないからです。
    日本も少子高齢化が進んでいるので、子供ができても女性が仕事を続けられるような社会づくりが必要だと思いました。

    2016年
    01月21日

    ​授業紹介:3年次からの専門分野の学びとゼミ

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の開設とともに入学してきた一期生はこの4月に3年次に進みます。3年次からはこれまでの教養科目と英語力を総合的かつスキル別に伸ばすことを主体とした学習から、国際キャリア(国際ビジネス)、地域研究、国際協力、異文化コミュニケーションの各専門分野に関する学びに移行します。

    この中心になるのがゼミ(3年次:Junior Seminar、4年次: Senior Seminar)です。高校までの担任に当たるアドバイザーも3年次からは所属するゼミ・クラスの担当教員にかわります。1月18日には学生が熟慮して、提出してきた希望を踏まえて決定したゼミのクラス分けを発表しました。

    一期生たちは4月からは国際キャリア(国際ビジネス)、地域研究、国際協力、異文化コミュニケーションの各分野の6クラスに分かれて主体的に学習し、その成果を論文などにまとめます。

    kc_20160121_01.jpg
    ゼミの担当教員の例

    3年次には国際ビジネスや国際協力の現場で学ぶインターンシップやフィールドワークなどの科目も設けています。研修先は学生が1年次から提出しているキャリア・プランなどに基づき、関係する企業・機関と調整を進め、海外ではイタリアのファッション・デザイン業界でのインターンシップとソウルにあるアシアナ航空の研修施設での客室乗務員研修などを実施します。

    国内では、例えば貿易業界を志望している鹿児島県出身の学生には同県の代表的な貿易商社である弓場貿易でのインターンシップを実施する予定です。専門分野の学びを深め、様々な経験を積んで、一期生たちが一段と成長していくのが楽しみです。

    kc_20160121_02.jpg
    Business Internshipで実施予定のアシアナ航空研修施設での客室乗務員研修
    (写真提供:アシアナ航空)
     

    2016年
    01月19日

    ​授業紹介:フレッシャーズ・セミナー(国際キャリア・地域研究分野)②

    kc_head04.gif

    フレッシャーズ・セミナー(国際キャリア・地域研究分野)

    国際キャリア学科1年生を対象としたフレッシャーズ・セミナーでは、国際キャリア・地域研究、国際協力、異文化コミュニケーションの各専門分野に関する入門的な授業を行っています。

    このうち国際キャリア・地域研究(担当:山口)の後期の授業では、パリの同時多発テロ事件などで世界を揺るがせている「イスラーム国」(ISIS)について、なぜこうした組織が生まれてきたのか、そしてシリアに入り、「イスラーム国」に殺害されたジャーナリストの後藤健二さんの行動や報道姿勢について、各自が調べ、考えてきた結果に基づいて、グループごとに議論し、その結果を発表する授業を進めました。

    kc_20160119_02.jpg
    kc_20160119_03.jpg
    グループごとに議論する1年生

    「イスラーム国」が生まれてきた要因については、現在、進行中のシリア内戦や2003年のイラク戦争とその後の米国による占領統治の誤りなど直近の要因に求める意見から、第二次世界大戦後の米国の石油戦略など中東への大国の介入に求める意見、第一次世界大戦後のオスマン帝国のアラブ領土の解体・分割など英仏主導の戦後処理に求める意見、さらには7世紀のイスラーム成立期以降、続くスンナ派とシーア派の対立に求める意見など、多くの意見が出されました。

    kc_20160119_05.jpg
    kc_20160119_06.jpg
    各グループの代表による発表

    他方、後藤さんの行動については積極的に評価する意見から、中立的な意見、批判的な意見まで、分かれましたが、議論を通じて、各グループとも「世界で何が起きているのか知ろうとすること、そして自分たちには何ができるのか考えていくことが大切である」、「自分たちが平和な環境にいることに感謝し、後藤さんの死とその遺志を無駄にしないように努めることが大切である」といった考えに集約していきました。学生たちは必ずしも「正解」がないことについて考え、議論することを学んだようです。
     

    以下はディスカッションを終えた学生の感想です。

    M.Iさん(大分県立中津南高等学校出身)

    今まで深くは知ろうとしなかったことを考える機会を与えていただき、自分にとってとても良い機会でした。自分で調べることによりニュースや新聞だけでは得られない様々な角度からの情報を得ることができました。今までニュースから流れてくる情報が全てだと思っていましたが、ニュースの情報だけで判断をするのは情報不足であったことに気づくこともできました。

    今後の「イスラーム国」の動きやその動機などを正確に知ることは難しいですが、世界の問題について改めて考えることができ、もっと興味を持ち、調べていこうと思いました。多くの情報のなかから正しい情報を見極めることの大切さを知ることができた授業でした。

    N.Kさん(福岡県立城南高等学校出身)

    知ろうとすること、疑問を持つこと、考えること、どうでもいいような日本での日常が実はとてつもない幸せであること、そうした日常に感謝すること、以上のことを今回の課題を通して学ぶことができました。

    M.Iさん(福岡市立福翔高等学校出身)

    この授業を受ける前まで、「『イスラーム国』はわけのわからないことを考えている悪い人の集まりである」というくらいの考えしか持っていませんでした。しかし、「イスラーム国」について調べ、先生からの説明を受けた時、考えが大きく変わりました。

    なぜこのような状況になってしまったのか。私たちはニュースからしか情報を得ることができません。この授業を受けなければ、ただ批判し、冷たい目で見るだけで終わるところでした。大学生活の間で、紛争地域の現実と事実を、ニュースだけに頼らず自分で探して、考えていこうと強く思いました。この授業をきっかけに、自分の中にある思い込みや偏見をなくしていきたいです。

    Y.Yさん(福岡県立香椎高等学校出身)

    意見を出し合えば出し合うほど疑問に思うことが出てきて、考えが深まり、ほかの人の意見を聞くときの自分は、とても生き生きしていいたと思います。正解が必ずしもないことについて話し合うことも大切だと感じました。

    kc_20160119_01.jpg

    2016年
    01月18日

    海外からの留学生-昨年、最も印象に残ったこと、そして2016年の抱負

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科に昨年、入学した留学生の代表が昨年、最も印象に残ったこと、そして2016年に向けての抱負を語ってくれました。

    X.Lさん(中国、九州言語教育学院出身)

    あっという間の、そして充実した一年でした。
    大里先生の日本語の授業はとても面白く、ネパールからの留学生と仲良くなって、異文化コミュニケーションの実践学習ができました。

    葡萄祭では、日本人学生と力を合わせて韓国のチヂミ屋を出店しました。役割分担や仕込みなど大変でしたが、完売し、大成功に終わりました。成功は簡単に手に入ることではないことが心から理解できました。日本人学生とも協力し、とてもよい関係を築くことができました。学外の留学生グループ活動でもたくさんの友人ができました。

    2016年度は英語の勉強をさらに頑張り、日本語や韓国語の検定試験にトライしていきたいと思います! 

    kc_20160118_01.jpg
    左:Presentation Skillsの授業で英語でのプレゼンを行うX.Lさん
    右:大成功に終わった葡萄祭の模擬店

    D.Pさん(ネパール、東アジア日本語学校出身)

    色々な経験がいっぱいの1年間でした。
    オープンキャンパスでは学科スタッフとして来場された高校生と交流できました。母国の高校と日本の高校の違いもわかりました。また、FISCCという福岡県の留学生サポートセンターからは様々な日本文化に親しむ企画に携わる機会をいただきました。

    ネパールは様々な文化がある国です。民族によってそれぞれの衣装もあります。葡萄祭では日本人の学生と一緒にネパールの民族衣装を展示しました。学内外の多くの方に興味を持って試着していただき、とても嬉しかったです。

    2016年度も今年度と同じくたくさんの友人をつくり、日本文化と日本語をもっと学びたいです。色々なグループでも活躍して、英語も活かしていきたいと思っています。

    kc_20160118_02.jpg
    左:オープンキャンパスで活躍(南川先生、先輩、同級生と)
    右:葡萄祭でのネパールの民族衣装展示(同級生のH.Nさん:九州産業高校出身と)

    G.Kさん(ネパール、くるめ国際交流学院出身)

    My first year was full of fun and everyday I got a new thing to learn. This was special because it helped me to become a new person.

    I am sure I would not have such features of character as determination, self-confidence, purposefulness and commitment. I owe this to the special supports of the teachers and people around me.

    Furthermore, I have decided to leave no stone unturned to improve my Japanese this year. I just want to do something that is worthwhile.

    kc_20160118_03.jpg
    左:ネパール地震の後、同級生たちが開いたチャリティ・コンサートで(書をプレゼントしてくれた同級生のY.Yさん:香椎高校出身-左、Y.Mさん:佐賀北高校出身-右と)
    右:オープンキャンパスで活躍(左は同級生のN.Kさん:城南高校出身と)

     

    2016年
    01月15日

    海外留学経験者の報告⑥: M.Mさん(江戸川女子高等学校-東京-出身、オークランド大学留学)

    kc_hed3.gif
    このコーナーでは海外留学から帰国した学生の報告をシリーズでお伝えします。第7回はニュージーランドのオークランド大学に留学したM.Mさんの報告です。

    M.Mさん(江戸川女子高等学校出身)

    私は昨年4月から約8か月間、ニュージーランドのオークランド大学に留学しました。

    kc_20160114_01.jpg

    留学当初は、周りの友人の会話力の高さに圧倒され、自分の英語力の低さを実感しました。特に思ったのは、他国の友人は自分の国のこと、例えば文化、政治、歴史などについてよく知っているということです。そして、彼らは自身の国を誇りに思っているように見えました。

    私のホームステイ先での夕食では、文化や政治の話題がよく出ました。そのため、使う単語が難しく、当初は相手の話を理解することも、自分から話すことも大変、難しかったのを覚えています。
    私も、日本のことを英語で伝えようと自分なりに頑張ったつもりでしたが、まだ自分の国について知らないことが多いと思いました。英語力を高める事も大事ですが、同様に自身の国についての知識を増やすことも重要だと考えます。

    kc_20160114_02.jpg
    お世話になったホストファミリーの方々と


    ホームステイでは、日本との生活スタイルの違いで気づいたことがありました。夕食スタイルの違いです。日本では家庭によりますが、毎日、家族がそろって食事をとることが少ない一方、ニュージーランドでは毎日、家族全員揃っていました。また、夕飯の時はテレビをつけません。なぜなら、家族とコミュニケーションをとる方が重要だからです。日本ではこういった家族との過ごし方が欠けているように思いました。

    滞在中は現地の方々(ネイティブ・スピーカー)と会う機会が多くありました。休日にはホームステイ先の近くにあるコミュニティー・センターに連れて行っていただき、そこで開かれたパーティーに参加しました。さらに、ホストファミリーを通じて、他にもネイティブ・スピーカーの友人をつくることが出来ました。

    今回の留学では、様々な経験をし、有意義な生活を送る事が出来ました。この留学を機に更に英語力を高めていきたいと思います。

    kc_20160114_03.jpg
    学習風景

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE