• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2015年
    01月08日

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン2 受験での英語面接のツボ2

    kc_hed3.gif

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン2
    受験での英語面接のツボ(その2-「高校生活の紹介」英語例文付)


    kc_20141226_01.gif英語面接のツボ、第2回目は「高校生活の紹介」です。
    今回も重要な点を3つにまとめてみました。




     

    1.話す内容の整理

    面接はどのような環境で育ったか、どのようなことに関心を持っているのか、などについて面接官に知ってもらう大切な情報提供の場です。面接官は調査書を通して一通りの情報を得ていますが、受験生自らのことばで紹介されることを期待しています。したがって、話の「要点整理」が重要です。
    例えば、(1)学校紹介、(2)得意な教科、(3)その他の顕著な活動、などは面接官が知りたいところです。
    逆に言えば、この3点で十分。脈絡のない話しはかえって情報価値を低くし面接時間のロスにつながります。

     

    2.紹介の視点

    話のポイントが整理できたら、紹介の「視点」を考えましょう。
    「私は高校で…をしました」ではなく、高校での学習や活動が「大学での研究にどうつながるのか、また、少し大げさに言うと「大学にどう貢献できるのか」という視点が重要です。
    面接官は面接入試を通して入学した学生が、一般試験で入学した学生とどう異なり、どのような貢献をしてくれるのかに注目しています。大学が求めているのは「多様性」なのです。このツボを外さないようにしてください。
    それでは英語紹介例を見てみましょう。

     

    3.英語紹介例

    まず高校の紹介をします。

    I studied at ABC High School. The school was located in the suburbs of Oita city. I liked my school because it was not too large. I had a lot of friends there, and we often talked about …

    特に遠方から受験する場合は面接官がその高校についてよく知らない場合があります。簡単に高校の場所や学校に対する印象を述べると受験生と面接官との間に話しの「場」が生まれます。初対面では意外と大切なことなのです。

    次に得意な教科について話しましょう。

    My favourite subjects were English and Social Studies. Especially I liked English. The reason I liked studying English is that … . To improve my English ability, I read not only textbooks but also graded readers at home. … . … This is the reason why I applied to the English department of this university. This university … (現在形で話しても構いません)

    ここで大切なのは「どの教科が好き」ではなく「なぜ好きなのか」その理由です。また、簡単でよいのでどんな勉強をしてきたのか、なぜ受験につながったのか、などについて具体的に述べましょう。

    次は課外活動についてです。

    Besides school work, I worked with other students in the volunteer club called XYZ. We visited … . … I hope I can continue this work at university too. 

    課外活動についても具体的に話してください。
    ここでもその活動に参加した「理由」や「活動内容」が欠かせません。具体例ほど説得力のあるものはないからです。

     


    自己紹介②をまとめると、(1)内容整理、(2)紹介の視点、(3)具体例、でした。

    次回は自己紹介の3回目。大学での学習、将来の夢に関する表現法です。
    お楽しみに。

    2015年
    01月07日

    授業紹介:経済界などと提携したカリキュラム②

    kc_head04.gif

    授業紹介:経済界などと提携したカリキュラム②


    国際キャリア学科では3年次に国際ビジネスや国際協力の現場を体験するワークショップやインターンシップのカリキュラムを揃えています。

    今年度はそれに先立って11月には9名の1年生が福岡市内で開催された西日本国際ビジネスフォーラムの運営業務の仕事を体験しました。
    学生たちは3回の事前研修を受けてフォーラムに臨み、会場設営や受付・案内、懇親会パーティでの日本語と英語による司会、パワーポイントの操作、プチ通訳など貴重な体験をしました。
    kc_20150107_01.jpg
    kc_20150107_02.jpg
    kc_20150107_03.jpg

    また、学生が外部の機関の研修やインターンシップに参加することも奨励、支援しており、例えば1年生のM.Iさん(福岡県立八幡高等学校出身)は福岡県青年の翼実行委員会が主催するグローバル・ウイング2014の最年少の団員に選ばれ、11月にカンボジアとシンガポールで開催された海外研修に参加しました。
    kc_20141222_02.jpg

    西日本国際ビジネスフォーラムの運営業務のインターンシップは2015年度以降も継続する予定です。
    2015年度には国際協力の現場を海外で体感する機会も設ける予定です。
     

    2015年
    01月06日

    授業紹介:経済界などと提携したカリキュラム①

    kc_head04.gif

    授業紹介:経済界などと提携したカリキュラム①


    国際キャリア学科では将来、国際ビジネスや国際協力など世界とつながる実務の世界で活躍する女性の育成を目指しています。
    そのため、カリキュラムにも経済界などの方々と連携したプログラムを揃えています。

    今年度はフレッシャーズ・セミナーなどの機会に製造業や旅行業、航空業、貿易業、国際機関、国際協力NGOなどの分野の5つの異なる国籍の下記の方々にそれぞれのお仕事や求められる資質などについて講義をいただきました。

    ・林 淑恵 様 台湾貿易センター所長(台湾出身)→関連記事
    ・中島祥吾 様 タイ国政府観光庁マーケティング・オフィサー→関連記事
    ・呉 暁東 様 中日ビジネスサポート社長
     (中国出身、貿易・コンサルティング業)→関連記事
    ・横山 誠 様 アシアナ航空セールス・スーパーバイザー→関連記事
    ・今村裕明 様 北九州エアターミナル常務取締役(日本航空出身)→関連記事
    ・工藤和也 様 北九州国際技術協力協会副理事長(新日鐵出身)→関連記事
    ・古賀 勇 様 ハル・トラベル代表(日本通運出身)→関連記事
    ・ファジラ・バザリ 様 国際協力NGO主宰(マレーシア出身)→関連記事
    ・ロレッタ・ナポレオーニ 様 国際経済学者(イタリア出身)→関連記事
    ・アンナ 様 LoveFM DJ→関連記事
    ・森田宏子 様 国際連合経済社会局小島嶼国課長
    ・相良祥之 様 国際移住機関(駐スーダン)→関連記事

    講師の先生方の業種や分野の選定に際しては、各学生が前期に作成したキャリア・プランをもとにより多くの学生が将来の進路として希望している業界(航空業や旅行業など)の方にお願いしています。
    kc_20150106_01.jpg
    kc_20150106_02.jpg
    kc_20150106_03.jpg
    kc_20150106_04.jpg
    kc_20150106_05.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE