• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2014年
    12月26日

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン1 受験での英語面接のツボ

    kc_hed3.gif

    細川教授のワンポイント・イングリッシュ・レッスン1
    受験での英語面接のツボ(その1-英語例文付)


    kc_20141226_01.gif受験生の皆さん、そして高校生1・2年生の皆さん、受験シーズンがやってきました。
    受験生の皆さんは目前に、その他の高校生の皆さんは近い将来、英語面接を受ける方がいるかもしれません。留学をせずに日本で勉強してきた皆さんにとって、これは悩ましい問題かもしれません。
    しかし、面接を選んだとするなら悩むことなく準備にとりかかりましょう。

    このシリーズでは英語面接のツボを紹介します。
    とは言っても大学によって求められる英語レベルは様々なので、ここでは一般的な心構えと英語表現を紹介します。

     

    1.やさしい英語を使うこと

    英語面接は受験生と面接官とのコミュニケーションを総合評価します。したがって、面接を通してやさしい英語で、つまり自分の言葉で考えを表現することが大切です。
    難しい表現を使って完璧に英語を覚えたとしても、面接官の質問で口ごもってしまえばかえって印象を悪くします。これは絶対に避けたい。
    「失態は避ける!」これが英語面接の鉄則です。やさしい英語で表現できる、とは実は難しいことなのです。

     

    2.発音・イントネーションを大切に

    英語は日本語と違ってイントネーションのある言語です。また、子音+母音の日本語と異なり、英語は子音が続く単語も多くあります。
    例えば、splendid(すばらしい)。子音が3つ続いて初めて母音が現れます。個々の単語をしっかり発音すると共に文のイントネーションにも注意を払って下さい。
    文章を覚えるときはイントネーションに注意して練習するということです。短時間の面接は「印象」がものを言います。面接官にいかによい印象を与えるか、これが勝負です。短い会話文の暗記、教科書の音読をしっかりやって下さい。

     

    3.自己紹介①

    さていよいよ自己紹介。ここで大切なことは「あわてない」ことです。そのためにはやさしい言葉で順を追って話しましょう。例えば、

    My name is Sakura Fukuoka. I am from Oita city. Actually I was born in Nagasaki, but I moved to Oita when I was one. Since then I have lived in Oita. 

    こんな調子で始めてよいのです。出身地は言わなくても構いません。日本語面接では触れないこともあります。

    ただし、出身地を述べる場合は具体的に伝えることを勧めます。つまり「Oita」と言っても「Oita city」なのか「Oita prefecture」なのか分かりません。
    また、生まれが異なる場合は、どこで生まれてどこに移ったのか、などを具体的に説明すると面接官に伝わりやすいですね。

    また、上の例文ではしっかり「過去形」と「現在完了形」が使われています。適切な文法が使われているか、これも審査の対象になり面接官が目を光らせています。

     


    自己紹介①をまとめると、(1)あわてない、(2)具体的に、(3)正しい文法で、でした。

    次回は高校での生活について紹介しましょう。お楽しみに。

    2014年
    12月24日

    チンタラーの南川先生観察日記12-クリスマス特集号
    「先生、真珠の養殖に乗り出す」のお話

    kc_hed3.gif

    kc_20141224_01.gif

    kc_20141224_02.jpg寒い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。小生も吹きすさぶ寒風の中、「すぃいなむたーん」(*1)との熾烈な競争を展開しながら、春が来るのを待っている。
    我々は冬が苦手だ。ただ、先生の部屋だけはいつも暖かそうなのはなぜだろうか。
    そのためか、今日もおおぜいの女の子が相談やおしゃべりに来ている。

    ところで、本日記(*2)にて先生が熱帯から温帯にいたる様々な野菜や果物を育て、この大学の「一人農学部」と呼ばれていることをご紹介したことは憶えておいでだろうか。
    その先生が今度は水産学にもその専門領域(*3)を拡げる。真珠の養殖に乗り出すのだ。真珠と言っても淡水真珠で、その養殖をすることで水質の浄化にもつながるらしい。
    先生は茨城県の研究機関と技術提携し、キャンパス内の水質浄化から着手し、将来的には「かんぼじあ」などでの技術協力にも活用する腹積もりのようだ。

    kc_20141224_03.jpg日本の御木本幸吉(1858年~1954年)が成功させた真珠の養殖は第一次世界大戦後、天然真珠の採取に依存していたペルシャ湾岸の国々の経済に大きな打撃を与え、結果的にそれが欧米の国際石油資本への石油開発利権の付与につながり、サウジアラビアのガワール油田やクウェートのブルガン油田など世界最大の油田の発見をもたらした(*4)。
    先生の淡水真珠の養殖がこうした世界史的な変動につながるかどうかは小生も確信がないが、先生には夢があるらしい。来年から養殖をはじめて、4年後に卒業する国際キャリア学科の二期生にひとつずつプレゼントすることだ。

    kc_20141224_04.jpgなお、先生は年末年始、恵まれない家庭の子の支援のためにまた東南アジアに行くそうだ。その間、代わりにソーセージをお持ちいただく奇特な方がいらっしゃいましたら、ぜひキャンパス内の6号館1階裏庭周辺をお訪ねいただければと思う。
    これは自分の口からいうことではないかもしれないが、小生に会うと運がつくという伝説があることを最後に付言しておきたい。



    *1.親塔垃著「チンタラーの南川先生観察日記11」(2014年10月31日)1頁
    *2.親塔垃著「チンタラーの南川先生観察日記9」(2014年8月18日)1頁
    *3.「専門領域」とは学者の先生たちがよく使う言葉で、小生にとっての先生の観察と分析がそれにあたる。
    *4.山口直彦著『中東経済ハブ盛衰史』(明石書店、2013年)115頁



    kc_chin_fut.jpg

    2014年
    12月22日

    授業紹介:Critical Thinking (1年生前期必修科目)

    kc_head04.gif

    Critical Thinking (1年生前期必修科目)


    kc_20141222_09.jpgこの授業では、様々なアクティビティーを通して、資料の分析、意見と事実の区別、議論の建て方のトレーニングを行い、批判的思考力を養います。



     

    学生の感想


    kc_20141222_08.jpg○英語でディスカッションやプレゼンテーションをすることに対して初めはできるか不安でした。しかしやってみるとすごく楽しく、先生が表現の仕方をアドバイスして下さるで、今では英語で話すのがとても楽しいのでこの授業が楽しみです!
    YF(福岡市立福岡女子高等学校出身)

    ○このCritical Thinkingの授業はすべて英語で行われます。この授業で思考力やリスニング力、スピーキング力、コミュニケーション能力が向上すると思います。なぜならまず自分で英文を理解し、考えて自分の意見を持ちそれをグループでそれぞれの意見を交わして話し合い、発表するといったステップがあるからです。私は恥ずかしくて英語をなかなか口に出せなかったのですが、入学して今までのたった3ヶ月間で、自分ではっきりわかるくらいそれぞれの力が向上しました。また外部講師として外国の方が来られて会話をすることもありとても楽しく英語を学ぶことができる授業です。
    MI(福岡県立八幡高等学校出身)

    ○この授業は英語でディスカッションなどをする授業です。私は大学に入る前まで、英語を使ってディスカッションを行うことが少なかったので授業が始まった当初は不安でした。でも話している英語が分からなかったりすると、先生が丁寧に何度も説明してくださるので不安が消えました。そしてこの授業で自分の意思を伝えることの大切さに気がつくことが出来たので自分が成長出来る良い授業だと思います。
    KN(九州産業大学付属九州高等学校出身)

    ○Critical Thinkingの授業では、クラスのみんなと英語でディスカッションをします。ディスカッションをしてみると、一人一人の考え方が違い新たな発見をすることもあります!そして、この授業では英語でディスカッションをするので英語力もつきますよ!
    NK(熊本信愛女学院高等学校出身)

    ○私はCritical Thinkingという授業を通して、英語で自分の考えを誰かに伝える難しさを学びました。しかしそれと同時に伝わった時の喜びも同時に学ぶことができました。
    NS(九州産業大学付属九州高等学校出身)

    ○Critical Thinkingは簡単に言うとdiscussionをできるようになるための基礎を学びます。言語は英語です。しかし自分の知識内の語彙力で行います。もちろん知らなかった単語や表現はその場で学びます。とても明るい先生が気になった発音や誤った表現をその都度指摘してくれます。そしてみんなで練習します。機会があれば外国の方を招いてスピーチを聞くこともあります。みんなの前で英語で話す自信がつきますよっ!! 
    KS(福岡県立春日高等学校出身)

    ○Critical Thinkingの授業は、英語の文章を読んで、それについて色々な角度から考え、その考えを英語でディスカッションやプレゼンをします。今までにやったことのない授業ですが、先生が丁寧に教えてくれるので実践的な英語も学べ、より英語力を深められます。 
    RT(中村学園女子高等学校出身)

    kc_20141222_10.gif○この授業は英語を使って自分の意見を言ったりディスカッションする授業です。普段使わないような単語やディスカッションする時の英語の話し方などをたくさん学べて将来に役立つ授業です。
    AK(福岡県立筑紫中央高等学校出身)

    ○このクラスは全て英語で授業が行われています。英語を聴き取ること、また、自分の意見を英語で伝えることの難しさを痛感しました。それと同時に、リスニングとスピーキング両方の力がつく、とてもためになる授業です。
    IT(福岡県立輝翔館中等教育学校出身)


     

    2014年
    12月22日

    授業紹介:フレッシャーズ・セミナー(異文化コミュニケーション分野) Learning English through Movies

    kc_head04.gif

    フレッシャーズ・セミナー(異文化コミュニケーション分野)
    Learning English through Movies


    kc_20141222_06.jpg

    国際キャリア学科(国際キャリア学部)のフレッシャーズ・セミナーでは国際ビジネス、国際協力、異文化コミュニケーションの各専門分野に関する入門的な授業を行っています。

    異文化コミュニケーションI・IIでは、映画 Stuart Little 2(前期)と Legally Blonde(後期) を教材とし、CALL機器を用いて、英語らしいリズムとイントネーションを身につける訓練を行います。また、映画を通して英語の表現や英語圏の文化について学びます。
     
     

    受講している学生のコメント


    ○英語ではこんなふうに表現するのか!と思うことが多く、日本語と英語の表現の仕方の違いを学びました。また、パートナーと練習のあとプレゼンをするのでお互いに刺激し合いながら楽しく学習できます!
    K.Tさん(聖和女子学院高等学校-長崎―出身)
     
    ○字幕を見ながら英語を聞きとるのではなく、実際に自分達が登場人物になりきってアフレコをするので、楽しみながらも聞きとり、会話力をつけることが出来ます。
    M.Oさん(筑紫台高等学校-福岡-出身)
     
    ○自分の発音を録音して聞くのはちょっと恥ずかしいけれど、映画を見ながらの授業なので楽しみながらネイティブの発音を学ぶことができます!
    A.Yさん(鹿児島第一高等学校出身)

    kc_20141222_07.jpg


     

    2014年
    12月22日

    授業紹介:Presentation Skills (1年生後期必修科目「う・クラス」)

    kc_head04.gif

    Presentation Skills (1年生後期必修科目「う・クラス」)


    プレゼンテーションというと、故スティーブ・ジョブスのアップルの新商品紹介やオリンピック誘致での滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」が有名ですが、ビジネスの世界では顧客への新商品や企画の提案だけでなく、社内の会議や上司への報告、人事面接などプレゼンテーションの機会がますます増えています。

    この授業ではプレゼンテーション、なかでも英語による効果的なプレゼンテーションについて学んでいます。国際キャリア学科1年生の「う・クラス」の前回までの授業では、まずは英語でのプレゼンテーションに慣れることを目的に「私の好きな国、行ってみたい地域」というテーマで、パワーポイントを使ったプレゼンテーションを行いました。英語でのプレゼンテーションもパワーポイントの作成も初めての経験でしたが、各自、趣向を凝らしてパワーポイントを作成し、発表しました。

    これからは「私の大学の歴史と特徴」というテーマで5つのグループに分かれて役割分担をし、グループでのプレゼンテーションを行う予定です。
    kc_20141222_05.jpg

    学生の感想

     
    ○とても楽しかったです。今後は聴いている人の興味をよりいっそう惹きつけるようなプレゼンテーションができるように取り組んでいきたいです。
    I.Kさん(佐賀県立佐賀北高等学校出身)
     
    ○英語のパワーポイントと発表原稿を作成する作業はたいへんでした。プレゼンテーション本番も初めてで少し緊張しましたが、とてもいい経験になりました。
    N.Gさん(福岡県立筑前高等学校出身)
     
    ○英語でのプレゼンテーションの方は原稿を憶えるのも難しく、日本語みたいにはいきませんでした。効果的に自分の考えを伝えることができるように今後も取り組んでいきたいと思います。
    M.Mさん(福岡市立福岡西陵高等学校出身)
     
    ○印象的なパワーポイントを作成するよう取り組みました。人前で英語を使って発表することにはとても緊張しました。これからさらに頑張っていきたいです。
    N.Tさん(福岡県立嘉穂東高等学校出身)

    kc_20141222_04.jpg
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE