• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2014年
    09月26日

    グローバルキャリア発見の旅(北九州エアターミナル(株)今村常務取締役)

    kc_hed3.gif

    kc_todaytop.jpg

    今回は北九州エアターミナル(株)の役員を務められている今村裕明様にインタビューします。
    国際キャリア学科(ICD)では今村様をはじめ、国際ビジネスの第一線で活躍されている方々に講義やインターンシップなどでご協力をいただく予定です。
     
     

    kc_20140926_01.jpgQ1. 今村様は日本航空からの出向とお聞きしましたが、これまでのご経歴と北九州エアターミナルでのお仕事についてお教えください。

    日本航空では、国際貨物業務や収入会計、総務・人事・労務・従業員の健康管理など色々な仕事をしてきました。客室乗務員(CA)を務めたこともあり、当時、就航していたバンコク、カラチ経由のアテネ便やハワイ、香港、ロスアンゼルス、サンパウロなどへのフライトに乗務しました。熊本支店に勤務した時にはCAやグランドスタッフの採用にも携わりました。現在は北九州エアターミナル(北九州空港のビル運営会社)で、空港ビルの管理・運営や航空会社などとの調整などの仕事を行っています。

     

    Q2. 空港や航空会社での仕事に携わるにはどのような資質や能力が求められますか?

    どの業界でも同じと思いますが、人とコミュニケーションができることが一番大切と思います。
    それから、笑顔と気配りが自然にできること。サッカーでアイコンタクトという言葉がありますが、特に、航空会社の接客担当部門(CA、グランドスタッフなど)では、お客様のお顔を見て、そのお気持ちやご要望を察しての対応ができるようになることが大事と思います。

     

    Q3.客室乗務員(CA)の仕事や採用にもたずさわったことがあるとお聞きしましたが、CAになるにはどのような資質や能力が求められますか?

    CAには特に大事な2つの仕事があります。
    一番目は機内保安要員としての仕事です。これはお客様の安全を確保することで、乗務中には不測の事態が生じる可能性がありますので、危険察知能力や機敏な対応力、それからタフな体力が必要と思います。そのためには、日々の洞察や健康管理が大事です。精神的に強いことも大切です。
    二番目は機内サービス要員としての仕事です。お客様に快適なフライトをご提供するために、何より人が好きなこと、人への思いやりがあること、これが基本かなと思います。
     

    Q4. 大学生、高校生へのメッセージをお願いします。

    学生時代には、特に英語を研鑽すること、幅広く本を読むこと、そして好奇心旺盛にして何事にもチャレンジすることです。
    さらには、自分がなりたいものを強く思い、それに対してアンテナをあげて、広く情報収集することです。そうすると道が開けてきます。
    日本航空ではCA出身の女性が取締役専務執行役員に就任しています。西日本地区支配人(執行役員)と成田空港支店の支店長も女性です。女性の皆さんの可能性は今後、さらに拡がっていきます。

    「未来は今日始まります、明日始まるのではありません。」(ヨハネ・パウロ二世)。

    あなたができると思えばできるし、できないと思えばできない。答えはどちらも正しいのです。あなたは、どちらですか? 自分の未来に向かって頑張ってください。

    kc_20140926_02.jpg

    2014年
    09月17日

    International Students: Recommendation application 15/10 - 24/10/2014

    Fukuoka Jo Gakuin is one of the oldest women's institutions in Japan founded by an American Methodist missionary in 1885. The school has a good reputation for English education and career support.  

    The Faculty of International Career Development (FICD) was established in April, 2014, which consists of two departments:
    the Department of English as a Global Language (EAGL) 
    the Department of International Career Development (ICD).  
    Both departments are competitive in admission, and provide high standard of education. 

    The Department of International Career Development (Concentration areas)
    - International business area
    - Intercultural communication area
    - Regional studies/International cooperation area
     
    The department provides numerous language skills modules taught in English, and concentration modules taught both in English and Japanese. For further information, please visit the following curriculum website. 
    http://www.fukujo.ac.jp/university/faculty/kokusai_c_curriculum.html

    Recommendation Examination
    International Students who study at the designated language schools in Japan can be recommended by their institutions if they meet the application requirements. Since some modules are taught in Japanese, students need to meet minimal Japanese language requirements such as Nihongo Noryoku Shiken N2 level, Nihon Ryugaku Shiken 230 points level as well as intermediate English language ability. For further information, please read the 2015 Application Booklet.

    - Application: from 15 October to 24 October 2014
    - Examination: 8 November 2014
    - Test type: Interview in English and Japanese

    Japanese Language Support
    The faculty has a well-organised Japanese programme to support international students. The residence hall is also available for international students on campus. They can learn Japanese from the Japanse residents there.
     
    Financial support
    There are several scholarship supports for international students. For furhter information, please contact the publicity office at 092-575-2970.

    We welcome applications from the students who are seriously thinking about their future career.

    2014年
    09月16日

    公募推薦入試の出願資格に英検またはTOEICが入ります

    国際キャリア学部(国際英語学科・国際キャリア学科)は、2015年度入学試験より「公募推薦入学試験」を導入します。

    変更の趣旨

    学部が設定する一定の推薦条件を満たしておれば、全国どこからでも受験することが可能になりました。グローバル人材育成に地域枠を設ける必要性がなくなったと判断した為です。これにより「特別指定校推薦入試」は廃止して推薦入試を一本化します。本学部の教育に関心がある方は是非受験して下さい。

    試験日:2014年11月15日(土)

    推薦条件抜粋(詳細は入学試験要項(pp.6-9)をご覧下さい)

    1.全体の評定平均値が 3.5 以上で英語の評定平均値が 3.8 以上
    2.英検(実用英語技能検定)「準2級以上」または TOEIC 「450点以上」取得済み

    ※ 次回英検試験日は10月中旬、受付期間は2014年9月18日までです。受験予定者は手続きをお急ぎください。

    試験内容

    1.書類審査:志望理由書(HPから入手可能)
    2.小論文:英文を読み日本語で要約・意見を書く
    3.面接:自己紹介、志望動機、将来の目標など

    ※「志望理由書」は「入学試験要項」に綴じられていませんので、必ずHPからダウンロードするか、入試広報課にご連絡ください。

    重要なお知らせ

    1.英検準2級以上、TOEIC 450点以上の取得者は「合格証明証」または「公式認定証」を出願時に提出して下さい。
    2.英検2級取得者は「小論文」が免除になります

    出願資格の特例

    1.英検準2級を合格していなくても英検2級一次合格者は出願ができます
    2.高等学校及び正規団体を通して海外で半年以上の英語留学経験がある方は出願対象になります。入試広報課(092-575-2970)に連絡してください。

    ​学部の教育方針に賛同できる皆さんの出願をお待ちしています。
     

    2014年
    09月12日

    チンタラーの南川先生観察日記10
    「先生『かんぼじあ』から帰る」のお話

    kc_hed3.gif

    kc_20140401_01.jpg

    kc_20140912_01.jpg先生が「かんぼじあ」から帰ってきた。太陽が昇ったみたいにまわりが明るくなった。
    「かんぼじあ」では先生は恵まれない家庭の子の勉強の手助けのお仕事をする一方で、この大学の女の子が留学するために「かんぼじあ」と「たい」の大学と打ち合わせをしてきたようだ。
    打ち合わせは順調に進んだらしく、相変わらずご満悦な表情で、蘭先生とお話をしている。


    ご機嫌が影響しているのか、それとも小生の日記をどこかで読んだのか、帰ってから先生はこれでもか、これでもかというくらい次々とソーセージをくれる。しかも小生の好物の魚肉ソーセージだ。

    kc_20140912_02.jpgこういうと贅沢だと思われそうだが、さすがにここまで続くと少々飽きてくる。そろそろ例の普及品のドライタイプでもいいのでキャットフードもあわせてご用意いただきたいものだ。

    そういえば雨のためにお会いできなかったが、前回のオープンディの時にわざわざ小生に会いに来てくれた高校生の女の子がいたと聞いた。 たぶんソーセージも持ってきてくれたのだろう。本当にありがたい。この場をお借りにて厚くお礼申し上げたい。



    kc_chin_fut.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE