• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    07月12日

    海外留学留学先からの報告96:M.Mさん(オーストラリア・モナシュ大学-筑陽学園高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。96回目の今回は今年度前期からオーストラリアのモナシュ大学に留学しているM.Mさん(筑陽学園高等学校出身)からの報告です。

    M.Mさん(筑陽学園高等学校出身)​​​からの留学報告

    私はこの4月からオーストラリアのメルボルンにあるモナシュ大学に留学して、英語を学んでいます。

    私のクラスには、中国、オマーン、サウジアラビア、ベトナム、日本の5ヶ国から留学生が集まっています。クラスは17人ですが、日本人は私だけなので、常に英語を使わざるを得ない環境です。

    授業では、Listening、Writing、Reading、Speakingの英語の4技能を幅広く学んでいます。授業では、よく前日に出された宿題をもとにグループでディスカッションするので、きちんと内容を理解したうえで、自分の意見を持っておかなければなりません。Speakingがまだまだ苦手な私は言いたいことがうまく伝わらずに苦戦しています。それでもクラスメイトは耳を傾けてくれたり、助言をしてくれたりします。Speakingの授業では、グループに分かれてそれぞれのテーマに沿ったプレゼンテーションをしていますが、クラスメイトは用意していた内容だけでなく、聞き手の興味をひくために臨機応変にプレゼンテーションをしていました。とても自然体で、ついつい引き込まれました。

    授業はもちろんですが、クラスメイトから学ぶこともたくさんあります。それと同時に自分に足りないことが明確にわかるので、課題を発見しやすいです。毎日、早めに学校に行き、前日に終わらなかった宿題をしたり、昼はクラスメイトと食事をとりながら話したりしています。クラスメイトのほとんどが日本に興味を持っているので、日本語を教えることもあります。

    ____________________________________.jpg
    プレゼンテーションの授業で
    7AE74A4E-80F1-42E9-9CC7-A19C31FC2C1D.jpg
    仲良しの中国からのクラスメイトと

    ホームステイ先はホストマザーお一人なので、お皿を洗ったり、掃除をしたりなど、自分にできることを手伝っています。夕食のときはその日に起こった出来事を話してコミュニケーションをとっています。たまにホストマザーの娘さんやお孫さんが訪ねてきます。先日は客室乗務員の娘さんが仕事帰りに訪ねてきて、お仕事のお話やご家族のお話をたくさんしてくれました。休日は友人たちとシティに買い物に行ったり、カフェに行ったりして楽しんでいます。どこに行っても英語に触れることができるので、常に学ぶことがたくさんあり、一日一日がとても濃いです。

    IMG_7738.jpg
    サッカーの試合を観戦

    オーストラリアに留学して数か月ですが、伝えたいことがあるのに相手にうまく伝わらなかったことが何度かあり、とても悔しい思いをしました。しかし、その悔しさはもっとたくさん学びたいというやる気につながっています。これからもより自分にあった英語の修得方法を見つけ、頑張っていきたいです。

    94FEE6CE-E492-45A8-A3EF-B24CE393631E.jpg
    メルボルン中央駅前で
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    07月09日

    海外留学留学先からの報告95:K.Yさん(西オーストラリア大学-純心女子高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。95回目の今回は今年度前期から西オーストラリア大学に留学しているK.Yさん(純心女子高等学校-長崎-出身)からの報告です。

    K.Yさん(純心女子高等学校出身)​​​​​からの留学報告

    私は、今年4月半からオーストラリアのパースにある西オーストラリア大学に留学しています。

    パースに来てすぐの頃には、ホームステイや大学など新しい環境でこれから過ごすことに対して、不安でいっぱいでした。しかし、今ではホストファミリーや学校の友人たちと楽しく過ごしています。ホストファミリーとの会話は今でも少し難しく感じる時もありますが、英語の文法や発音が間違っていたら、優しく訂正してくださったり、私が英語で話せるようにと毎日話しかけてくださったりと、ホストファミリーの方々のおかげで、授業以外でも着実に英語力を身につけられていると実感しています。

    IMG_8111.JPG
    親切で優しいホストマザーと

    クラスの人数が少ないこともあり、クラスメイトとはすぐに仲良くなり、休日には一緒にパース市内に観光に行ったりしています。また、お互いに英語力を伸ばすために、放課後に一緒に勉強したり、それぞれの国の言葉を教えあったりと、日々、いい刺激を受けています。クラスメイトのおかげで、オーストラリアだけでなく、他の国の文化や常識など日本との違いを学べています。また、授業ではアクティビティなども交えながら学ぶので、クラスメイトと楽しく英語を学ぶことができ、Aussieならではの英語を学ぶことができます。

    これからも西オーストラリア大学で自分の英語力を伸ばして、ホストファミリーやクラスメイトともっとたくさんの話ができるように頑張りたいです。

    IMG_7551.JPG
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    07月04日

    海外留学留学先からの報告94:Y.Kさん(西オーストラリア大学-福岡県立八幡南高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。94回目の今回は今年度前期から西オーストラリア大学に留学しているY.Kさん(福岡県立八幡南高等学校出身)からの報告です。

    Y.Kさん(福岡県立八幡南高等学校出身)​​​​​からの留学報告

    unnamed2.jpg私は今年の春から西オーストラリア大学(UWA)へ留学し、主に英語を学んでいます。この留学は私にとって初めての海外で、出発前はオーストラリアでの生活に慣れることができるかという不安が大きかったです。着いてすぐの頃はホストファミリーやクラスメイトが話していることがほとんど理解できていませんでしたが、1週間ほどで耳が慣れてきて、今では毎日、楽しい生活を送っています。

    私の学んでいるコースにはレベル2からレベル6までのクラスがあり、自分の実力に合ったクラスで学ぶことができます。クラスによって学生数や男女比などが異なります。私のクラスには日本を含め7か国からの留学生がいて、皆、とても仲良しです。先日は英語をより理解するために劇をしました(下の写真がその模様です)。ただセリフを覚えるのではなく、一つ一つの単語の意味を理解したうえで演技するのでとても勉強になり、発音の練習にもなりました。授業の復習だけでなく、苦手なリスニングやスピーキングを克服するために毎日、CDを聞いたり、日本人の友達とも英語のみで会話をしたりするなどして、最終タームにはレベル5に行けるよう頑張っています。

    unnamed4.jpg

    放課後はサークル活動にに参加したり、外国人の友達とご飯を食べに行ったりしています。パースのダウンタウンやキングスパーク、ショッピングセンター、スワン川などが学校の近くにあるので、充実した日々を送ることができています。

    unnamed6.jpg
    7つの国からのクラスメイトと学んでいます!

    お世話になっているホストファミリーの方々は、いつも本当の家族のように接してくださいます。一緒にデザートを作ったり、家事を手伝ったりしてコミュニケーションをとっています。20歳の誕生日を海外で迎えるという貴重な経験もできましたし、ホストファミリーにも盛大に祝っていただいて嬉しかったです。オーストラリアと日本では生活習慣がかなり違いますが、困ることなどは特になく、その違いを楽しんでいます。

    unnamed.jpg
    本当の家族のようなホストマザーと!
     
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    07月03日

    海外留学先からの報告93:Y.Fさん(西オーストラリア大学-福岡県立久留米高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。93回目の今回は今年度前期から西オーストラリア大学に留学しているY.Fさん(福岡県立久留米高等学校出身)からの報告です。

    Y.Fさん(福岡県立久留米高等学校出身)​​​​​からの留学報告

    私はオーストラリアのパースにある西オーストラリア大学に留学しています。

    この大学ではクラスが5つに分かれており、私のクラスではスピーキングを主とし、リスニングとライティングを学んでいます。このクラスには7つの国籍の計17人の学生が学んでおり、日々、とても刺激を受けることができます。スピーキングの授業では、先日、自国の特別な料理やオーストラリアでの旅行などについてパワーポイントを用いてクラスメイトに発表をしました。日本語でのプレゼンテーションでも苦手なので、英語でのプレゼンテーションはとても緊張しました。しかし、クラスメイトはみなフレンドリーで、私のプレゼンテーションに対して様々な反応をしてくれたので、嬉しかったのと同時に、人前で英語で話すことに少し自信をつけることができました。しっかりと取り組んで良かったなと感じました。週の終わりにはその週に学んだ単語や文法などを覚えることができたかを確認をする目的で小テストが行われます。その週に学んだことを定着させることができるので、いつもこのテストで満点を取れるよう取り組んでいます。

    放課後には、友人とショッピングに行ったり、大学で一緒に食事したりしています。休日には、ホストファミリーがパースのおすすめの観光地やイベントに頻繁に連れて行ってくださるので、とても充実した生活をおくっています。

    私の今後の目標はホストファミリーの会話に溶け込み、自然にコミュニケーションをとり、本当の家族のように接し合うことです。今の時点では私の英語力はまだ低く、食事中にホストファミリーが話していることを理解できないときもあります。しかし、ホストファミリーはそれでも私に話を振ってくれたり、ゆっくり話してくれたりします。留学中にその恩を返すことができるように英語の勉強を頑張りたいと思います。

    IMG_7280.jpeg
    いろいろな国からの留学生仲間と
    IMG_5266.jpeg
    海の向こうはインド洋!
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    06月26日

    海外留学留学先からの報告92:M.Mさん(オーストラリア・モナシュ大学-福岡県立筑紫中央高等学校出身)

    kc_hed3.gif

    photo05.jpg

    国際キャリア学部には海外提携校に長期留学する「Study Abroad」科目が設けられています。このプログラムでは成績などの履修条件を満たしている希望者は9カ国・地域にある16の提携校のいずれかに留学し、留学先と提携して行う成績評価によって単位が認定されます。したがって、卒業が遅れることなく、学期中に留学することが可能です。

    留学中の学びを活かして帰国後にTOEICの成績を大幅に上げ、700点台から800点台の得点をあげる学生も相次いでいます。

    このコーナーでは海外提携校へ留学した学生の報告をシリーズで紹介しています。92回目の今回は今年度前期からオーストラリアのモナシュ大学に留学しているM.Mさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)からの報告です。

    M.Mさん(福岡県立筑紫中央高等学校出身)​​​からの留学報告

    私は今年4月からオーストラリアのメルボルンにあるモナシュ大学に留学して、英語を学んでいます。

    モナシュ大学では、Speaking、 Writing、 Listening,、Readingの英語の4技能を高めることができる、とても役に立つ授業を受けています。クラスメイトと話し合う機会も多く、様々な意見を聞くことができて、毎日がとても楽しいです。私のクラスには中国とサウジアラビアからの留学生もいますが、私たちとはまったく違う意見を持っていたり、自分の意見を最後まで変えないところがあったりと、一緒に話していて刺激を受けます。クラスは雰囲気がとてもよく、間違いを恐れずに発言できるので、伸び伸びと学ぶことができます。ただ、まだ自分の伝えたいことをうまく言葉にできないときもあり、とても悔しい気持ちになることもあります。しかし、そうした悔しさを糧にどうしたらより自分の考えを正確に伝えられるのかを常に考えながら、Speaking Skillを伸ばしていきたいと思っています。

    IMG_1029.jpg
    授業の後、クラスの先生に質問

    私が学んでいるモナシュ大学のキャンパスはメルボルンの町の中心にあります。授業が終わった後は友人とダウンタウンを散策したり、近くの図書館で勉強したりしています。メルボルンは、街並みがとてもきれいな素敵な町です。また、様々な国籍の方が暮らしているため、とても住みやすいです。この素敵な環境で英語を学べることへの感謝の気持ちを忘れずに、残された留学期間も充実した日々になるよう、過ごしていきたいと思っています。

    IMG_1032.jpg
    親切なホストファミリーの方々と
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE