• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2017年
    12月06日

    千葉浩美教授がシカゴで開催されたアメリカ学会で研究発表を行いました

    kc_hed3.gif
    千葉教授が11月にシカゴで開催されたアメリカ学会(American Studies Association)年次大会に出席し、研究発表を行いました。この学会には世界各地から2,300名以上のアメリカ研究者が参加し、研究発表や意見交換を行いました。アメリカ合衆国に関するさまざまテーマに沿って、連日100以上、4日間で440ものセッションが組まれ、活発な討議がなされました。

    千葉教授は、大会2日目、カリフォルニア大学やアリゾナ州立大学などの教授と同じセッション、”Rethinking Japanese American Internment”(「日系アメリカ人の強制収容再考」)で登壇し、”Dissenting Opinions from Churches: Defending Japanese Americans during World War II”と題して、第二次世界大戦中の日系人強制収容に抗議した教会関係者の立場や支援活動を中心に発表しました。ある強制収容所が建設されたアリゾナ州の砂漠地帯はアメリカ先住民の保留地だったという歴史や、さまざまな抑圧にさらされてきたマイノリティーの状況や権利回復の闘争など、今後、発掘し、検討していくべき研究課題が、まだまだ山積みです。移民問題や人種差別、貧富の差の拡大など、深刻な問題を抱えるアメリカの現状ともつながるテーマでした。
    千葉①.jpg
    同じセッションで研究発表した研究者たちと(左から2番目が千葉教授)

    研究発表以外にも、学会の会期中いろいろなプログラムに参加し、多くの研究者や地元住民と交流する機会にも恵まれました。例えば、シカゴ南部の黒人教会ほか、地域住民の権利獲得の奮闘を描いた壁画アート見学、市内北部の移民コミュニティー(ベトナム難民、韓国系、日系、ヒスパニック系移民や、その後の若い世代が多く居住する地区)での交流、折しも開催中であった日系人強制収容に関する大規模展示の見学などです。短い米国出張でしたが、アメリカ理解を深める上で、たいへん有意義な密度の濃い時間となりました。
    千葉②.jpg
    シカゴ南部の壁画アート
    千葉③.jpg

    シカゴ市街地

    国際キャリア学科3、4年生が履修する千葉ゼミでは、地域研究分野の一つとして千葉教授の研究分野であるアメリカ合衆国の歴史、文化、政治社会問題などを深く掘り下げていきます。移民史、人種差別、銃の乱射事件、同性婚など、日々、ニュースで見聞きする問題と絡めながら、学生がプレゼンテーションを行い、各テーマの歴史的・社会的背景を学び、討論します。さらに4年次には、開発途上国の問題にも目を向け、たとえば、教育の機会のジェンダーギャップ、貧困・飢餓、地雷、難民問題について理解を深めていきます。

    IMG_3488.JPG
    現3年生の千葉ゼミのメンバー
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    2016年
    08月30日

    千葉浩美准教授がソウルで開催された国際宣教学会に参加しました

    kc_hed3.gif
    千葉准教授が、8月11日から17日まで韓国のソウルで開催された国際宣教学会(International Association for Mission Studies)の世界大会に参加しました。この学会は、キリスト教宣教やそれに関連する異文化交流、インパクトなどについて、国際的、学際的に研究することを目的として1972年に創設され、現在、本部はイギリスのオックスフォードに置かれています。

    メンバーは世界各地のさまざまな宗派の宣教学・神学などの研究者で、博士号またはそれに相当する学位を有していなければなりません。4年に一度開かれる世界大会では、すべての大陸の多様な国々から研究者が集まり、研究発表や学術交流をするほか、ホスト国の実情や歴史を学ぶため、いろいろなテーマ毎にグループに分かれて現地を見学します。宗派を超えた友情を実感できる素晴らしい交流の時でもあります。

    千葉准教授は、前回のトロント(カナダ)大会では、欧州から米国への難民受け入れに果たした教会の役割について研究発表を行い、その成果は国際学術雑誌に掲載されました。今回のソウル大会にも、世界中から200人近くの研究者が出席しました。千葉准教授は今回唯一の日本人出席者で、「宣教におけるジェンダー」「信仰の自由と迫害」と題した研究グループの討議に参加したほか、韓国の「光復節」(日本からの独立を祝う記念日)の集会では、フランスやドイツの研究者たちとともに、韓国のキリスト教会や殉教の歴史について、現地で見学したことをプレゼンテーションしました。

    kc_20160829_04.jpg
    プレゼンテーションを行う千葉准教授

    kc_20160829_03.jpg
    「信仰の自由と迫害」研究グループ。エジプト、南アフリカ、ロシア、インド、ドイツなどの研究者と。

    また、開会式や最終日の晩餐会、会議の合間には、韓国の一流音楽家たちによるミニ・コンサートが開かれたほか、ともに賛美し祈りを捧げる時間もあり、学術面のみならず、文化交流やスピリチュアルな面でも、たいへん有意義な密度の濃い時間となりました。準備にあたられた韓国のホスト委員会やスタッフの心遣いも心温まるものでした。

    次回開催地としては、現在、ベルギー、ドイツ、オールトラリア、インドの都市が名乗りを上げています。また、2年後をめどにパキスタンでアジア大会を開催する計画もあり、今後の発展や交流が期待されます。

    kc_20160829_01.jpg
    参加者の集合写真

    kc_20160829_02.jpg
    アメリカ、コスタリカ、インドの研究者と。

    kc_20160829_05.jpg
    オランダ在住のハンガリー人研究者と。

    kc_20160829_06.jpg
    ベラルーシとチェコの研究者と。

    kc_20160829_07.jpg
    朝鮮初のカトリック教会堂にて

    kc_20160829_08.jpg
    福岡女学院の第9代校長エリザベス・リーと縁の深い朝鮮初のメソジスト教会にて

    2016年
    04月01日

    山口教授の新著『改訂新版エジプト近現代史』が刊行されました

    kc_hed3.gif
    このほど山口教授の新著『改訂新版(電子書籍版)エジプト近現代史』(明石書店)が刊行されました。

    日本は幕末・明治以降、国家近代化に取り組みましたが、中東・北アフリカにはより早く近代化を試みた国があります。それがエジプトです。

    kc_20160401.jpg
    エジプトの首都カイロの旧市街

    本書は、エジプトの近現代の歩みを、19世紀初頭のムハンマド・アリー朝の成立から、近代化政策と欧州列強の軍事介入による挫折、スエズ運河開削に代表される近代化の再開と財政破綻による再度の挫折、英国による実質的な植民地化、第一次世界大戦後の独立回復と経済多様化に向けた試み、エジプト革命による共和制への移行、ナセル政権下のアラブ民族主義、アラブ社会主義の高揚と破綻、対イスラエル和平に代表されるサダト政権下での政策転換、ムバーラク長期政権と「アラブの春」によるその崩壊に至るまで、日本と比較しながら通観し、政治体制の硬直化、若年層の雇用問題など、今日のエジプトが抱える課題を解説しています。

    2006年に初版が刊行された後、ムバーラク政権崩壊を踏まえ2011年には新版が刊行され、「エジプト史の良書として多数のひとびとに読まれることを期待しておきたい」(山内昌之著『歴史のなかの未来』新潮社、2008年)、「本書は、中東史に対する理解を深めようとする者にとって必読の書であり、我が国の近代史と対比してエジプト通史を理解できる好著といえよう」(「治安フォーラム」2010年6月号)、「400ページほどもあるが、読みやすく、量的には負担に感じない。日本や他国の事例との比較・比喩が多く、理解を助ける。登場人物の個性を的確に描写し、事件を十分整理された形で叙述しており、マイナー国の通史にありがちな、データ羅列的で退屈な記述の弊を免れている」(「万年初心者のための世界史ブックガイド」内田樹教授ブログ、2015年1月21日)などと評されました。

    アラブ諸国(*)では2010年末のチュニジア人青年の焼身自殺を発端として急速に拡がった反政府運動により大きな政治変動が生じました。チュニジアのベン・アリー、エジプトのムバーラクの両長期政権が相次いで倒れたのに続き、リビアでは内戦が勃発し、40年以上続いたカダフィ政権が崩壊しました。アラビア半島では多数派のシーア派住民による反政府デモがバーレーン王制を揺るがせ、イエメンではサーレハ政権が退陣に追い込まれました。

    リビアを除くとほとんど外部勢力の介入によらず、自然発生的な抗議デモを契機として権威主義的な長期政権を退陣に追い込んだ一連の政変は先進諸国からは「大衆運動」による「民主化革命」「アラブの春」として歓迎されました。

    勃発から5年、「アラブの春」への期待は、懐疑に、そして幻滅に変わりました。チュニジアでこそ平和裏の政権交代が行われたものの、シリア、リビア、イエメンでは内戦が続き、各地で「イスラーム国」(ISIS)に代表されるイスラーム過激派の伸張を招いています。エジプトでも2013年7月、事実上のクーデターで前年に同国初の自由な選挙を経て就任していたムスリム同胞団出身のムハンマド・ムルシー大統領が解任され、翌年の大統領選挙ではクーデターを主導したアブドルファッターフ・アッ・シーシー前国防相が圧勝し、結局は軍人が主導するエジプト革命以降の体制に戻る結果となっています。

    今回、刊行された改訂新版(電子書籍版)ではこうしたムバーラク退陣以降の政治的変動を踏まえ、特に1980年代以降の現代史部分を大幅に加筆し、「アラブの春」が発生した要因とその挫折についても考察しています。福岡女学院大学の図書館にも電子書籍として入る予定ですので、興味のある方は図書館でご覧になってください。

    *「アラブ諸国」とはアラビア語を公用語とする国々で、1945年に結成された地域機構であるアラブ連盟に加盟している中東・北アフリカの22国・地域を指します。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE