• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    07月19日

    (学生の活躍)国際キャリア学科の留学生が香住丘高校の実践型英語学習にゲストとして招かれました!

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の海外からの留学生5名が、福岡県立香住丘高等学校で行われた実践型英語学習にゲストとして招かれ、高校生25名と英語で交流を行いました。

    このプログラムは、夏休みにニュージーランドでホームステイする同校の生徒さん向けの事前学習として企画されたもので、英語を話す環境に慣れ、文化の異なる人とのコミュニケーションを体験することを目的としています。留学生の自己紹介に続いてグループごとに高校生の自己紹介があり、そのあとはお互いの文化や生活について紹介し合うなど、終始、笑顔と笑い声が絶えない1時間となりました。

    5人の留学生にとっても忘れられない貴重な体験となりました。英語学科主任の瀧本先生はじめ香住丘高等学校の皆様、そして企画をしてくださった株式会社エイチ・アイ・エス九州営業本部の皆様、このような機会をいただき、ほんとうに有難うございました!

    IMG_2360.JPG IMG_2371.JPG IMG_2379.JPG IMG_2426.JPG IMG_2378.JPG

    以下は参加した留学生の感想です。

    D.Pさん(東アジア日本語学校出身)

    We had an exchange program with students of Kasumigaoka Senior High School. Aim of this exchange program was to make high school students familiar with English speaking environment and intercultural communication. It was my first time to visit a high school here in Japan and I was really looking forward to spending time with students. Program started with opening note from staffs of H.I.S and introduction of international students of ICD. Five of us were assigned to five different groups and we had 15 minutes of rotational conversation with each group. Our conversation was mainly focused in practicing self introduction, explaining different Japanese food, tradition and other useful phrases . Most of the students tried their best in expressing themselves, they had also prepared picture cards for better understanding. They explained us what they are looking forward in their first home stay abroad, what souvenirs they were buying and how will they spend their time. Few of them were nervous and shy for the first round but were actively participating after they got used to with the questions. Towards the end of the program, we could give them advices on learning second language and living as foreign students in different culture and environment. We encouraged them not to hesitate in speaking English, making mistakes, learning from it and making many foreign friends as possible. I hope they have a wonderful time and great experience abroad.This program was an amazing experience for us. High school students’ eagerness of learning English motivated us too. I am really thankful to H.I.S and ICD for providing this opportunity.

    IMG_2464.JPG

    T.Kさん(くるめ国際交流学院出身)

    I would like to thanks to H.I.S for providing such a wonderful opportunity to us. It was really a good experience having a conversation with high school students. I appreciate all student and class teacher for create a friendly environment. I found all students were well prepared and had good English knowledge, they share their hobbies and interest or planning for New Zealand, some topics are difficult for them to describe like Japanese foods and culture but they tried to explain themselves. I hope our conversation will be helpful for them. I would like to wish them good luck for their bright future.

    IMG_2385.JPG

    S.Bさん(弘堂国際学園出身)

    We spent about an hour having English conversation with 25 high school students of Kasumitakasi Senior High School(香住丘高校). They were divided into five small groups and we talked about 15 minutes with each group. It was really great time. All students had well preparation to interact in English. I asked about their introduction, images of Fukuoka prefecture, how they are spending their leisure time, their aim, hobby, their plans in New Zealand and so on. They answered confidently in correct English with good pronunciation. All students like English and want to work where they can use English in future. Definitely, they can gain their aim because they have good English skills and they are doing their best. We had a wonderful English conversation that day. Further, I got knowledge about Fukuoka and also could have image of Japanese high school students, because it was my first experience with high school’s students of Japan.  It was a very good experience for me and I would like to go again if have such a chance. I think students also got good practice in English for their next trip to New Zealand. I wish them to have a great time in New Zealand and bright future ahead.

    IMG_2440.JPG

    T.Dさん(愛和外語学院出身)

    had taken part in many exchange meetings before, but it was the first time for me to speak only in English. So it was a precious experience for me, and I really enjoyed it. The students were very shy, but they like English, the piano, football and singing. I don't have any talent, so I really admire them. Their English pronunciation was beautiful. I believe the students I met the other day are trying hard to improve their English, so they will have a great success in the future. I hope we will have another chance to meet a lot of people like this one in the future. Thank you for giving us this opportunity.

    IMG_2382.JPG

    K.Kさん(FLA学院出身)

    香住丘高等学校の皆様へ:先日は皆様と会話できて、本当に楽しかったです。とてもよく英語でコミュニケーションがとれていました。これからも勉強、頑張ってください。ホームステイも楽しんでね! Please experience and explore the new things.Have the great time and make the happy memories.Good luck. Wish you all the best.

    IMG_2447.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg
     

     

    2018年
    05月22日

    (International Students)熊本復興イベント「九州がっ祭」で国際キャリア学科のネパールからの留学生達のダンス・チームが活躍しました!

    kc_hed3.gif

    3月に熊本市で開催された熊本復興イベント「九州がっ祭」で国際キャリア学科のD.Pさん(4年、東アジア日本語学校出身)らネパール人留学生と日本人学生からなるダンス・チーム「福女パンチャカンニャ」が活躍しました。

    「福女パンチャカンニャ」は古代インドの叙事詩ラーマーヤナに出てくる理想的な5人の女性「パンチャカンニャ」の名をとって、国際キャリア学科のネパールからの留学生とK.Aさん(大分県立日田三隈高等学校出身)、A.Kさん(佐賀県立佐賀商業高等学校出身)の二人の4年生が結成したダンス・チームです。

    ②75E72B5B-BB21-4B30-923E-6A741EBA390E.jpg5人は熊本城おもてなし武将隊を大学での講演に招聘して熊本観光復興支援に取り組んでいる現代文化学科の佐島教授の引率でイベントに参加し、熊本城二の丸広場と市内繁華街で伝統的なネパール・ダンスを披露しました。咲き始めた桜のもと、5人は優雅な手の動きと軽やかなステップ、それに華やかな伝統衣装で観客を魅了し、多くの人たちがリズムに合わせて手拍子をしてくださいました。5人の思いは復興に取り組まれている熊本の方々にしっかりと届いたようです。
    頑張れ!熊本! Well done!「福女パンチャカンニャ」!

    ②7F0AECD3-7543-4EC0-91C7-3947ABBFB0C1.jpg
    ②51C49357-50ED-4123-AB80-D55698E09E41.jpg
    華麗で優雅なダンス!
    ②9374A3DA-CB3A-4B78-91AD-8948887C77FB.jpg
    熊本城おもてなし武将隊の加藤清正さんと

    以下ではチームのリーダーを務めたD.Pさんからの報告をご紹介します。 

    九州がっ祭に参加して

    国際キャリア学科4年 D.P
     
    今年3月に熊本で行われた九州がっ祭に福女パンチャカンニャが参加しました。
     
    「パンチャカンニャ」はネパール語で5人の女性を意味します。その名の通り福女パンチャカンニャはネパールからの留学生4人と日本人学生1人で構成されるダンス・チームです。
     
    2015年にネパールで大地震が起きた時、国際キャリア学科の友達が「Friends Without Border」と言うイベントを開催してくれたこと、その際、一緒に募金活動をしたことが大きな励ましになりました。同じ年の学科のクリスマス・イベントでは初めてネパールのダンス・チームを作り、伝統的なダンスを披露しました。
     
    そして、昨年、ダンスを通して少しでも復興に頑張っておられる熊本の方々に元気を届け、笑顔になっていただき、ネパール復興のために支援してくださった皆様に感謝の気持ちを伝えようと、第一回の九州がっ祭に参加しました。本当にいい思い出になり、今年もがっ祭の実行委員の方々と熊本市の方々の応援のおかげで参加することとなりました。
     
    熊本市にはまだ復興途上のところもたくさんありました。熊本城も立ち入り禁止のままです。町中に桜が咲き始めた頃でしたので、地震の被害にもかかわらず、市内がとても美しかったです。天気にも恵まれ、赤色の長いスカートの上にブラウス、ネパールの伝統的なアクセサリーに着飾って歩くと町中の方々に注目されました。
     
    踊ることもワクワクしましたが、たくさんの方々に関心をもっていただき、ネパールの国や文化についていろいろと聞かれて、さらに喜びが増しました。町中にネパールの音楽が流れ、踊りはじめた時、拍手とともにエネルギーが倍になりました。熊本は水が美味しいと言う評判があり、ネパールにも水がおいしいと言われる村がありますので、今回は水の美味しさを称えた「パニーミト」と言う曲を選びました。昨年よりも多くの方々にネパールの文化を伝えることができました。2日目には学長が審査員席にいらっしゃったことで少し緊張しましたが、大きな励ましになりました。日本全国の大学から参加したチームと交流しながら盛り上がる機会もありました。
     
    今回も九州がっ祭に参加してとてもよかったと思います。参加申し込みから準備までご指導、ご支援いただいた佐島先生、ネパールのダンスに興味を持って一緒に踊ってくれた同級生のA.Kさん、チームマネジャーを務めてくれた同じく同級生のK.Aさん、一生懸命、練習し、頑張った後輩の留学生たち、そして学科の先生方のサポートに心から感謝しています。4年生の私の参加は今年で最後になりますが、福岡女学院の伝統としてこれからもこのように日本人学生と留学生が一緒に参加することを願っています。後輩の皆さん、いつまでも心の奥に残る誇りいっぱいの思い出を友達とたくさん作ってください。

    744F46D7-7D75-43FA-958F-3682373B0924.jpg
    高島前学長と記念撮影(一番右がD.Pさん)
    kc_fut.gif
    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    2018年
    01月22日

    (留学生の活躍)国際キャリア学科3年生のD.Yさん(中国出身)がグルメイベントでの活躍で福岡市城南区長から表彰されました!

    kc_hed3.gif

    中国からの留学生で国際キャリア学科3年生のD.Yさん(富士インターナショナルアカデミー出身)が福岡市城南区のグルメイベントである「城南ぐるグルメ」の開催に貢献したことで、梶原城南区長より感謝状を授与されました。

    「城南ぐるグルメ」は福岡市城南区の飲食店の知名度向上と集客増を目的に開催された城南区初のイベントで、D.Yさんは企画段階から参画し、実行委員長で城南区内で飲食店を営まれている田崎様とともにイベントへの協力を求め100店舗以上を訪問し、開催にこぎつけました。その後も広報から期間中のイベント運営まで一切を担当し、区内の71店舗が参加した同イベントは大成功に終わりました。

    img156.jpg
    IMG_4874.jpg

    以下では感謝状をいただいたD.Yさんからの報告です。

    「城南ぐるグルメ」運営に携わって

    国際キャリア学科3年 D.Y

    福岡市城南区の「城南ぐるグルメ」は地域の名店の知名度アップと集客を目指すイベントで、区内の飲食店100店舗以上に参加を打診し、70店舗以上に参加していただきました。私は、運営事務の一切を任せていただき、参加店舗の開拓、取材、ポスターの版下作成、集金や寄付金集め、予算管理、イベント抽選などにかかわりました。城南区全体でこれだけの規模のイベントを行うのが初めてだったので、全てが手探りでしたが、チームが一丸となって成功を目指しました。その結果、イベントは大成功を収め、西日本新聞をはじめとする地元紙誌で大きく紹介されただけでなく、私も城南区長から感謝状を頂きました。これまでの大学生活でも最も印象に残る活動となりました。

    IMG_4702.jpg
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg 

    2017年
    10月04日

    国際キャリア学科で学ぶ留学生が次々と奨学生に選ばれました:Scholarship Wins by Four ICD International Students:就读于国际职业学科的外国留学生接连不断地被选为今年度的外国人留学生奖学生

    kc_hed3.gif
    国際キャリア学科で学ぶ海外からの留学生が今年度、次々と外国人留学生奨学生に選ばれました。

    文部科学省の外国人留学生学習奨励費の受給生に選ばれた2年生のS.Bさん(弘堂国際学園出身、ネパール出身*)に続き、同じ2年生のD.Kさん(くるめ国際交流学院出身、ネパール出身)は福岡県と公益財団法人福岡県国際交流センターの福岡アジア留学生里親奨学金の受給生に、R.Iさん(弘堂国際学園出身、スリランカ出身)は福岡よかトピア国際交流財団の福岡市レインボー留学生奨学金の受給生に選ばれました。
    http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/497

    IMG_3803.jpg
    奨学生選抜の報告に来た左からD.Pさん、D.Kさん、R.Iさん

    また、昨年、平和中島財団外国人留学生奨学生に選ばれた3年生のD.Pさん(東アジア日本語学校出身、ネパール出身)は、今年度は福岡よかトピア国際交流財団のよかトピア留学生奨学金(就業体験付き奨学金)の受給生に選ばれました。4人には今年4月からの1年間、それぞれ奨学金が支給されます。

    4人を含む留学生たちは大学での勉学に加え、学外でのインターンシップやボランティア活動にも積極的に参加しています。今後、ますますの活躍が期待されます。

    Scholarship Wins by Four ICD International Students​

    As we reported in August, Miss S. B., a sophomore student from Nepal, was awarded a scholarship for foreign students by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. Miss D. K., another sophomore student from Nepal, was selected as a recipient of a scholarship sponsored by Fukuoka prefecture and the incorporated foundation of the Fukuoka Prefecture International Exchange Center. We have received more good news from Miss R. I., a sophomore student from Sri Lanka, who was awarded the Fukuoka City Rainbow Scholarship for foreign students; and from Miss D. P., a junior student from Nepal, who was awarded the Heiwa Nakashima Foundation Scholarship for foreign students in 2016, was granted the Yokatopia Scholarship for Foreign Students sponsored by Fukuoka Yokatopia International Exchange Foundation this year. Miss D. P. will be also given a chance to work as an intern by the foundation. Each of these scholarships will be provided for one year.

    ICD is delighted that these four students' hard work has led to such great achievement. In addition to their university studies, they actively participate in activities such as internships and volunteer work. We wish them continued success in the achievement of their goals.


    就读于国际职业学科的外国留学生接连不断地被选为今年度的外国人留学生奖学生

    继荣获文部科学省外国人留学生学习奖励费的二年级S.B同学(弘堂国际学园毕业,尼泊尔出身)以后,又有两名二年级的D.K同学(久留米国际交流学院毕业,尼泊尔出身)和R.I同学(弘堂国际学园毕业,斯里兰卡出身)分别获得了福冈县与公益财团法人福冈县国际交流中心颁发的福冈亚洲留学生养父母奖学金和福冈市国际交流财团的彩虹留学生奖学金。

    此外,去年被选拔为和平中岛财团外国人留学生奖学生的三年级D.P同学(东亚日本语学校毕业,尼泊尔出身)今年再次获得了福冈市国际交流财团YOKATOPIA留学生奖学金(含体验就业的奖学金)。

    以上四名学生从今年四月起获得为期一年的奖学金。她们与其他留学生一道,不但在校内精于学业,还积极参与校外的企业研修、社会公益等活动。

    期待她们今后再接再厉,取得更加长足的发展。

    __________________________________________.jpg
    17435908_1004808712952160_3416309362938608605_o[1]__2[1].jpg
    熊本復興記念イベントで日本人学生と一緒に活躍(今年3月)http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/440
    ADPCIMG_5758.jpg
    ADPCIMG_5760.jpg

    ADPCIMG_5762.jpg
    タイのADPC(アジア大規模災害防止機構)でインターンシップ中のD.Pさん(今年8月)http://www.fukujo.ac.jp/university/kokusai_c/archives/528
    P1200159.JPG
    日本語教育担当の大里先生と国際キャリア学科で学ぶアジア諸国からの留学生たち


    05.png国際キャリア学科には世界を目指す積極的な学生が集っており、福岡県、福岡市や国連機関が開催する海外派遣事業の団員や奨学金の奨学生に次々と学生が選抜されるなど、その活躍は高く評価されています。

    福岡女学院大学国際キャリア学科、そこには「世界への扉」「夢へのステップ」があります。

    評価が高まる国際キャリア学科生の活躍

    2017年度

    日米カウンシル、在日米国大使館、メットライフ生命共催女性リーダー育成プログラムTOMODACHI MetLife Women’s Leadership Programに選抜(米国に派遣予定) M.Eさん(3年、純心女子高等学校出身)
    福岡県グローバル青年の翼  団員に選抜(マレーシアとミャンマーに派遣予定) N.Yさん(2年、光陵高等学校出身)
    M.Hさん(1年、久留米高等学校出身)
    文部科学省  外国人留学生学習奨励費受給学生に選抜 S.Bさん(2年、弘堂国際学園出身、ネパール出身)
    福岡県と公益財団法人福岡県国際交流センター福岡アジア留学生里親奨学金受給生に選抜 D.Kさん(2年、くるめ国際交流学院出身、ネパール出身)
    福岡よかトピア国際交流財団
    福岡市レインボー留学生奨学金受給生に選抜
    R.Iさん(2年、弘堂国際学園出身、スリランカ出身)
    福岡よかトピア国際交流財団 よかトピア留学生奨学金(就業体験付き奨学金)受給生に選抜 D.Pさん(3年、東アジア日本語学校出身、ネパール出身)
    福岡よかトピア国際交流財団  海外留学奨学生に選抜(アメリカに長期留学) K.Mさん(2年、春日高等学校出身)

    2016年度

    福岡県国際協力リーダー育成プログラム 団員に選抜(ミャンマーに派遣) A.Aさん(2年、筑紫高等学校出身)
    福岡県グローバルステージ  団員に選抜(ブラジルに派遣) M.Sさん(2年、三池高等学校出身)
    福岡県グローバル青年の翼 団員に選抜(マレーシアとミャンマーに派遣) M.Kさん(2年、八幡高等学校出身)
    K.Mさん(2年、春日高等学校出身)
    福岡よかトピア国際交流財団 海外留学奨学生に選抜(カナダに長期留学) M.Iさん(3年、福翔高等学校出身)
    平和中島財団 外国人留学生奨学生に選抜 D.Pさん(3年、東アジア日本語学校出身、ネパール出身)
    福岡市 レインボー留学生奨学金奨学生に選抜 L.Xさん(3年、九州言語教育学院出身、中国出身)

    2015年度

    福岡県国際協力リーダー育成プログラム 団員に選抜(スリランカに派遣) K.Sさん(4年、大島高等学校出身)
    福岡県グローバルステージ 団員に選抜(ボリビアに派遣) N.Kさん(3年、城南高等学校出身)
    福岡県グローバル青年の翼 団員に選抜(タイとミャンマーに派遣) Y.Iさん(3年、久留米商業高等学校出身)
    文部科学省  外国人留学生学習奨励費受給学生に選抜 L.Dさん(4年、九州言語教育学院出身、中国出身)

    2014年度

    福岡県グローバル青年の翼 団員に選抜(シンガポールとカンボジアに派遣) M.Iさん(4年、八幡高等学校出身)
    *学年は現時点です。
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 



     

    2017年
    08月17日

    (学生の活躍)S.Bさん(弘堂国際学園出身)が文部科学省の外国人留学生学習奨励費の受給生に選ばれました

    kc_hed3.gif

    国際キャリア学科2年のS.Bさん(弘堂国際学園出身)が文部科学省の外国人留学生学習奨励費の受給生に選ばれました。S.Bさんには1年間、文部科学省から奨学金が支給されます。

    S.Bさんはネパールの出身で、昨年、国際キャリア学科第三期生として入学しました。入学以来、日本語の学習に努める一方、英語や専門科目を含む他の授業の受講態度もまじめで、優秀な成績を収めてきたことが評価されたようです。今後、ますますの活躍が期待されます。

    IMG_2848.jpg
    S.Bさん(弘堂国際学園出身)
    17435908_1004808712952160_3416309362938608605_o[1]__2[1].jpg

    熊本復興記念イベントで活躍中のS.Bさん(左端)
    kc_fut.gif
      * I Can Do:International Career Development 

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE