• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    02月28日

    (学生生活)International Day!国際交流イベントを開催しました!

    kc_head04.gif

    国際キャリア学科が設立されてからこの春で4年になりました。この4年間、「強い好奇心を持つ」「新しいことに恐れずチャレンジする姿勢」など学科が目指す人間像を目標にして、教職員が一体になって努めてきました。
     
    その結果、今春卒業予定の4年生は次々と第一志望の企業から内定をいただき、下級生たちも国連機関や米国政府、福岡県、福岡市の人材育成・海外派遣プログラムに次々と選ばれるなど、様々な分野で目覚ましい活躍を見せてくれました。以下では、学科設立4年にあわせて学生たちが企画し、実施した国際交流イベントについてご紹介します。
     
    国際キャリア学科には、中国、ネパール、ベトナム、スリランカ、フィリピン、ミャンマーなどのアジア諸国からの留学生も在籍しています。これら留学生の出身国の文化を日本人の学生により知ってもらい、交流を深める目的で、M.Oさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)とネパールからの留学生のD.Pさん(東アジア日本語学校出身)の二人の3年生が企画したのが、今回、紹介する国際交流イベント「International Day」です。

    ID①.jpg
     
    イベントでは留学生たちが民族衣装を着て誇りをもってそれぞれの文化をアピールしたのに続き、各国のお菓子を食べながら交流を深めました。短い準備期間でしたが、学生たちの努力に応えたかのように会場は大勢の来場者で賑わい、「様々な国・地域のお菓子や飲み物に出会えてよかったです。ありがとうございました!」「普段、あまり話すことがない学年の人と話せてよかったです。お菓子おいしすぎ!」「留学生のお国自慢が楽しそうで、ほっこりしました」などなど大好評でした。寒い冬の日でしたが、会場は熱く盛り上がり、全学年が繋がりを一層、強め、ひとつのチームになりました!

    ID②.jpg
     
    日本経済団体連合会によるアンケート調査によると、新卒者(2014年卒)の採用選考で企業が重視した資質の第1位はコミュニケーション能力、第2位は主体性、第3位はチャレンジ精神でした。国際キャリア学科の学生は学びの三分野のひとつとして異文化コミュニケーションを学び、それを様々な機会に実践してきました。また、学生生活のすべての面で失敗を恐れず、自らチャレンジしていこうとする姿勢が強く感じられます。これからもたくさんの経験を積んで、社会に貢献できるような人材になるに違いないと信じています。国際キャリア学科の皆さん、今年も頑張ってください!応援します!加油!(蘭紅艶)

    以下は「International Day」を企画・運営した二人のコメントです。

    M.Oさん(鹿児島県立加治木高等学校出身)

    国際キャリア学科の留学生を中心に、現地から取り寄せた11ヶ国のお菓子などの特産品と飲み物を味わいながら、気軽に異文化交流をするイベントを企画しました。企画した理由はふたつあります。留学生と日本人学生が一つのことを成し遂げる機会を設けたかったこと、そして留学生の国の文化をより日本人学生に知ってもらうことです。計画段階では「このような雰囲気でお菓子を食べながら進めたいな」とイメージが描けていましたが、実際に企画を文章に起こしたり、人に伝えようとすると、なかなか上手くいかなくて、もどかしい思いをしました。しかし、大学の事務局の方や日本人学生、留学生からたくさんの協力を得て、無事、当日を迎えることができました。参加者全員が笑顔で交流していたことがとても印象的でした。ありきたりな言葉ですが、やり遂げてよかったと思いました。これからは、この企画を後輩達にどう引き継いでいくかが課題です。最後にご協力頂いた方、参加してくださった方、本当にありがとうございました。

    D.Pさん(東アジア日本語学校出身)

    「International Day」を企画して、いろいろなことを学びました。準備の段階から最後の片付けまでたくさんの方々と関わることができ、留学生からも日本人学生とも、留学生同士でも絆が深まったという感想をいただきました。それぞれの国の民族衣装を展示し、国ごとのブースにテーマを与えるとともに、各国の音楽も流して、アジアの雰囲気を出すよう試みました。来場者にも民族衣装の試着をしていただきました。ポスター、ポップ、看板作りなども全部、日本語に書きましたので、留学生には日本語で自分の国の紹介をする挑戦にもなりました。最後にはクイズでおおいに盛り上がりました。普段、めったに口にできない様々な国の飲み物や食べ物を楽しんでいる参加者の姿を見て、またこのような企画をしたいと思いました。アンケートにも「参加してよかった」という声が多く、嬉しかったです。大学の学生課の方々や先生方、このような貴重な体験をさせて頂いたことを心より感謝します。

    Our university provides grant to students who take initiatives to plan and implement projects in order to get more students involved in challenging themselves as well as to enhance their leadership. This year my friend and I decided to organize an “International Day” with the cooperation of all international students studying in our university. Unlike other international days organized in different schools we decided to import popular snacks, sweets and drinks from 11 different countries in Asia including Japan. The number of international students is rising year by year but, we hardly get time to interact and foster friendship among us. Hence, the main goal of our project was to conduct the cultural exchange between foreign students and Japanese students. After our proposal was approved by Students Affair Department, we formed a group of 12 members to discuss about how, what and when to import. Our target was to invite around 100 students.

    At the first phase, we decided to organize the event at the school’s cafeteria on 26th of January. We asked each student from Nepal, China, Korea, Philippines, Vietnam, Taiwan, Sri Lanka and Myanmar to place the order and continued preparing for the event from our side. As ICD department conducts study tour to Cambodia and Thailand, we also decided to include these two countries. We printed out flyers, used our Facebook and Instagram accounts to promote the event in our school and friends from universities too. After all the preparations were completed, we requested our friends to participate as volunteers to decorate and design booths for each country. On the main day, we drew the outline map of Asia on the floor and placed the booths in exact location as in the map. This also helped participants to know where respective countries are located. Each booth consisted of a flag, a panel with each country’s general information, simple greetings and pictures of famous places. Few cultural dresses were also decorated near booths. We displayed the drinks, sweets and snacks with Japanese hand-written pops on each item with basic introduction. Each participant was handed a program schedule and a survey form. We played the classical music of each nation as the background music and assigned each booth with topic to carry out the conversation related to culture, food, movies, drama, fashion, lifestyle etc. Cafeteria was filled with laughers and talks which made the atmosphere exciting. And, it got even more interesting when the quiz was conducted with sweets as prizes from different countries. Participants were busy taking pictures and asking about the snacks they saw for the first time.

    The event overall was a great success. We were very pleased to see participants enjoying the snacks and drinks, along with fun conversations. I think the “International Day” not only allowed Japanese students to know more about different countries, but also allowed international students to present their culture and costume to their friends through food. As an organizer, we got the opportunity to work with different departments of our school. We are very thankful to our teachers, school staff and friends for their full support. We hope to continue this as the culture of our department every year with new excitement and more creativity. We even received the word of praise and compliments. Few messages from the participants are as follows; “I was very happy to talk with foreign students, all snacks were delicious”, “I learned few words from my Vietnamese friend”, “Sweets from other countries are sweeter than in Japan”, “Thank you for organizing this event, we hope to take part in coming years too.”, “I could wear Nepali traditional dress for the first time, everyone praised on how I looked. Thank you!” 

    左:ミャンマーのことを紹介できててもうれしいと語るK. K. さん(国際キャリア学科1年生、FLA学院出身)
    右:国際交流に熱心で、好奇心が強い3年生の3人!民族衣装を着て輝いています!せっかくなのでセルフィを!

    ID⑦.jpgID④.jpg

    各国のお菓子や飲み物!どこの国のものがわかりますか?

    国際交流①.jpg 国際交流②.jpg 国際交流③.jpg 国際交流④.jpg 国際交流⑥.jpg 国際交流⑤.jpg 国際交流⑦.jpg

    国境を越え、深まった友情!  We did it!

    ID⑤.jpg
     
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE