• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2018年
    01月09日

    (授業紹介)First Year English(1年生必修科目、担当:Arthur Nakano)

    kc_head04.gif
    国際キャリア学科の英語科目は定期的に実施するテストに基づき、レベルごとにクラスを編成しています。カリキュラムは英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されており、授業の多くは英語圏のネイティブの教員が担当しています。

    6______________Nakano_______N_10929.jpg3______________Nugent_N_11137_(1).jpg4______________Alan_N_11155.jpg
    三先生.jpg

    以下は1年生を対象とし、レベルごとに分けられた三つのクラスで学ぶ「First Year English」(国際キャリア学科1年生必修科目)を担当しているアーサー・ナカノ先生(Mr.Arthur Nakano、英語教育センター講師、アメリカ出身)による授業紹介です。

    授業紹介:First Year English(Arthur Nakano先生)

    As the name implies, First Year English, is an introductory class in learning English. The class focus is on getting the students accustomed to being in an English speaking environment and having varied interactions in pairs or small groups. Having "FUN" is important on the road to your English goal.

    P1200538.JPG

    H.Mさん(長崎県立島原高等学校出身)

    アーサー・ナカノ先生のFirst Year Englishの授業では、主にペアと実践的に英語で会話をします。自分が思っていることを英語で伝えられない時はもどかしいのですが、それが英語学習に向けての向上心に繋がるので、毎回、良い刺激になっています。

    A.Oさん(宮崎県立都城西高等学校出身)

    アーサー・ナカノ先生のFirst Year Englishの授業はペアワークがほとんどで、毎回が楽しく、時間があっという間に過ぎてしまいます。ペアワークのおかけで実践的な英語を聞く力と話す力を身につけることができています。私が一番好きな内容は先生から提示されたテーマについて3分間で英語でペアと話すことです。この活動のおかげで英語で話すことへの抵抗感も少なくなり、日々、英語の上達を実感できています。

    H.Iさん(福岡県立香椎高等学校出身)

    アーサー・ナカノ先生のFirst Year Englishの授業では、すぐに応用できる英語表現を学ぶことができます。クラスメイトと会話形式で教科書の内容を学ぶことができ、いつも楽しみながら授業を受けています。会話形式で学んだ表現をすぐに使うことで、より英語力が身についていると実感できます。先生はまた、リスニングや発音の練習もしてくださいます。発音の練習では、DVDで学んだり、先生の発音を聴いて、その後にクラスメイトとお互いに発音を聴き合い、確認したりして学んでいます。英語の発音には苦手意識がありましたが、先生が分かりやすく教えてくださるので、苦手意識がなくなりました。課題はDualingoというアプリで行います。スマートフォンを活用してリスニングや文法、表現の練習ができて、とても便利で楽しみながら学んでいます。

    S.Yさん(福岡県筑紫中央高等学校出身)

    First Year Englishの授業では日本語を使うことがほとんどなく、先生とは必ず英語で話すため、自然と英語が出てくるようになりました。身近な生活で使う表現も学べるので、頭に入ってきやすいです。

    A.Yさん(福岡県立東筑高等学校出身)

    英語をより身近に楽しく学べるので週2回のFirst Year Englishは大好きな授業のひとつです。ネイティブの先生方の英語はとても聴きやすく、発音の勉強になります。毎回、誰かとペアになって英会話の練習をするため、相手のことをより深く知ることができ、クラスのみんなと仲良くなることもできます。

    M.Mさん(福岡常葉高等学校出身)

    First Year Englishの授業はペアワークが多く、英語を繰り返し話すため、高校生の時よりもはるかに英語で自分の意志を伝えたり、文章をスムーズに書けるようになってきました。何よりとても楽しい授業です。

    P1200542.JPG
    P1200545.JPGP1200551.JPG
    kc_fut.gif

    ICD *I Can Do
    International Career Development

    img02.jpg 






     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE