• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際キャリア学科
    5. 国際キャリア学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 国際キャリア学科

    国際キャリア学部 国際キャリア学科Today 一覧

    2016年
    08月09日

    (学生の活躍)英語学習:TOEIC挑戦レポート③(3年生M.Hさん-中村学園女子高等学校出身、785点)


    kc_head04.gif

    国際キャリア学科の英語学習カリキュラムはレベルごとに編成した少人数のクラスで、英語力をスキル別に高め、総合的に伸ばすことを目的に編成されています(*)。2年次には海外提携校に留学するプログラムもあり、現3年生では5割以上の学生が米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンの各大学の提携校に長期留学しました。

    さらに、国内外でのインターンシップや研修でも英語を使う機会が豊富にあります。こうしたカリキュラムを通じて、TOEICの得点を大幅に伸ばす学生も出てきています。

    以下では昨年の米国留学前のテストから大幅に得点を上げ、785点を達成したM.Hさん(中村学園女子高等学校出身)の報告を紹介します。

    M.Hさん(中村学園女子高等学校出身)のTOEIC挑戦レポート

    私のTOEICの勉強の中心はリーディングです。毎日、ひたすらリーディングの問題を解いています。この日はパート4を30題しよう、明日はパート5を15題、明後日はパート7を10題、といったように、1日に取り組むパートは分けています。問題を解く際は、時間を計ります。その方が本番に近い緊張感を持てるためです。時間を計ると、最初は焦って精読が不十分で正解率が下がりましたが、慣れとともに正解率も確実に上がります。

    また、問題で出てきた分からない単語、フレーズ、文法などはきちんとノートにまとめ、復習しています。リーディングのパートの勉強法で重要なのは、速読力、精読力をつけ、解答を正確に導き出すことだと思います。問題を解いた後は必ずもう一度解き直し、最期に音読をするようにしています。リスニングはほとんど勉強をしていませんが、普段からいろいろな国の英語(アメリカ英語、イギリス英語、カナダ英語など)を聞いて訛りになれるようにしています。(TOEICのリスニングパートは訛りが多いです)

    TOEICに特化した勉強を続けることも大事ですが、日々の生活で英語に触れることが一番大事だと思います。今後もより高得点を目指して頑張っていきます。


    kc_20160809_02.jpg
    M.Hさん

    kc_20160809_01.jpg
    英語とコミュニケーションを中心に学ぶ中島ゼミでのM.Hさん(前列左から3人目)

    *英語授業の紹介は下記をご参照ください。
    授業紹介:Communication Skills (担当:Paul Shimizu)
    授業紹介:Business Reading (担当:Darcy de Lint)
    授業紹介:Analysis and Discussion Ⅰ/Ⅱ(担当:Gregory J. O’Keefe)
    授業紹介:Communication SkillsⅠ/Ⅱ(担当:Gregory J. O’Keefe)
    授業紹介:Test Taking Skills(担当:横尾聡子)
    授業紹介:Reading and Writing SkillsⅡ(担当:Ian E. Kenyon)

    kc_fut.gif

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求