• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 子ども発達学科
    5. 子ども発達学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 子ども発達学科Today 一覧

    2015年
    06月10日

    論文の掲載について

    ​子ども発達学科の中山講師の共著論文が雑誌に掲載されました。
     
    • 會田千重・中山政弘・平野誠・黒木俊秀 2015 行動障害を有する重度・最重度精神発達遅滞児(者)に対する向精神薬の使用状況-国立病院機構7施設の「動く重症心身障害病棟」における実態調査と病棟担当医による意識調査-. 児童青年精神医学とその近接領域 56(1), 114-129.

    2015年
    06月08日

    保育等に関する本の出版

    子ども発達学科の岡花講師の分担執筆した本が2冊出版されました。


    1.「子育て先進国」ニュージーランドの保育
    book1.png
    http://www.fukumura.co.jp/book/b195416.html

     子育て先進国として知られOECDのレポートでも高く評価されているニュージーランドの保育について書かれた本です。子どもの学びの姿を評価する「ラーニングストーリー」や、多様な文化背景をもった子どもの育ちにも配慮したカリキュラムである「テ・ファーリキ」などのトピックをはじめ、ニュージーランドの研究者の視点からみた情報満載の一冊です。


    2.ロシアの障害児教育・インクルーシブ教育
    book2.png
    http://www.creates-k.co.jp/books/book.php?searchbk=1428456858

     ロシアでは障害児者をめぐる制度の転換期を迎えています。障害者権利条約の批准(2012)、ソチオリンピック・パラリンピック(2013)を契機に、障害のある子どもと家族をとりまく教育はどのように変わっているのか。ナショナル・カリキュラムから学校現場の実践まで、ロシアの多様な専門家たちとの交流からその実際に迫っています。
     

    2015年
    06月07日

    ミニ オープンキャンパス(6/7)

    2015年度第1回目のミニオープンキャンパスが開催されました。

    学科ブースには多くの高校生や保護者の方に来ていただきました。
    DSC_1685.JPG

    そして、福島准教授の模擬授業「音であそぼう!」では、
    手作りのおもちゃで音を楽しんだり、ML(ミュージックラボラトリー)教室でピアノを弾いたりしながら大学の授業を体験しました。
    DSC_1715.JPG

    進学相談コーナーでは、入試形態別のポイントや、実際の大学生活についてなどの質問があり、受験の意志を固めている方の熱心な姿がみられました。
    また、入試情報に加え、子ども発達学科の教育の特徴である「子ども学」や、2015年度から開設している特別支援学校教諭養成課程などについて説明しています。
    DSC_1775.JPG

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE