• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

    学部・大学院

    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 書式ダウンロード
    • 公式facebook
    • 進学相談2016
    • ミニオープンキャンパス2016
    • 公式facebook
    • 研究室訪問
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部

    人文学部Today 一覧

    2016年
    09月28日

    「第90回全日本いけばなコンクール」にて福岡県議会議長賞受賞!

    「第90回全日本いけばなコンクール(西日本地区)」に言語芸術学科のIさんが出品し、「福岡県議会議長賞」を受賞しました。今後の活躍を期待したいと思います。

    itoyamablume.jpg
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。


     

    2016年
    09月26日

    Love FMで新番組が始まります。

     言語芸術学科では、開設以来、学科のネットラジオを運営してきております。
     そのネットラジオを最初に立ち上げたKさん(現在4年生)とそのネットラジオを引き継いでいる学生の一人(もう一人の)Kさん(現在2年生)が、ご縁があって、福岡のソラリアプラザ1Fのサテライトスタジオから放送されているLove FMの番組に、レギュラー出演することになりました。
     この番組は、4人の現役女子大生で繰り広げられる音楽とトークの番組です(他のお二人は福岡大学の学生さんです)。みなさん、きっと、楽しいトークをくりひろげてくださることでしょう。
     応援よろしくお願いします。

     10月1日(土)から始まります。毎週土曜日15:00から16:00です。
     
    campus beats 1.jpg
    Love FM:  Campus Beats
    ↑番組のHPはこちらから

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月23日

    言語芸術「海外フィールドワーク(実践)」報告7

     言語芸術学科では、毎年、約1か月間、イギリスで研修が行われます。マンチェスターの語学学校でイギリス英語の発音訓練を受け、イギリス文学にゆかりのある土地を巡り、ロンドンでイギリス文化を学びます。

    今日はロンドン市内を散策しました。
    image2.JPG
    主要な名所旧跡を巡りながら、イギリスの歴史と文化を学びました。
     
    image1-3.JPG
    セント・ポール大聖堂
     
    image3-2.JPG
    バッキンガム宮殿

    ナショナルギャラリーでは本物のゴッホのひまわりを見ることができました。今日は雨が降りましたが、とても有意義な時間でした。(M.T.さん、S.S.さん)

    翌日は一日快晴でした。午前中、大英博物館に行きました。
    IMG_1162.jpg
    ロゼッタストーン、ミイラ、パルテノン神殿の大理石などたくさん見ました。日曜日ということもあって、とても人が多かったです。
     
    IMG_1202.JPG
    午後のフリータイムのあと、夜はシェイクスピアのグローブ座で「夏の夜の夢」を見ました。ミュージカルのようで楽しく観劇しました。(M.M.さん)
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月21日

    シンガポール研修に行ってきました③

    メディア・コミュニケーション学科の夏季集中講義「フィールドワークF」で、シンガポール研修に行ってきました。今回は学生のみなさんの報告、最終回です。
     
    0921-1.jpg

     

    ・今回の研修は自分にとって大きなものとなりました。実際に自分の目でその土地と人々の生活を見て、さらに現地で働く日本人の方たちの話を聞くことで、行く前とは考え方に大きな差が出ました。
    私は今まで日本から出たことが無く、今回初めて海外に行くという経験をしました。日本の中の事しか知らなかった為、自分の中に「海外」という言葉はありませんでした。そんな状況で行ったわけですが、たくさんの方のお話を聞かせて頂いたことで「生きる場所として選ぶのは日本だけでなくとも良い」と思う事が出来ました。そして、出来るなら留学などしてみても良いかと考えるようにもなりました。この研修に行かなければそのような視点を得る事すら出来なかったことでしょう。
     
    0921-2.jpg0921-3.jpg

    日本の事しか知らず、今まで無意識に海外に出向いてみるという考えを排除して生活してきたため、留学してみたいと周りの人に言うと驚かれました。しかし、一番驚いているのは自分自身です。普段の自分では絶対にそんなことを考えないという事を知っていたからです。しかしそれを変えてしまうほどに今回の研修は自分にとって大きなものでした。この研修に参加したことで得ることが出来た新しい考え方を大事にしていきたいと思います。(3年 F.Oさん)
     
    0921-4.jpg0921-5.jpg
     
     

    ・私は今回のシンガポール研修で人の優しさと視野の狭さに気づくことができました。研修中は何度もトラブルに見舞われましたが、その度に現地の方々に助けていただきました。日本人は海外の方を日本人に比べて優しさがないとよく口にしますが、私は全く感じませんでした。むしろ、フレンドリーに接してくれて楽しく過ごすことができました。
     0921-6.jpg0921-6.jpg


    今まで私は就職に関して国内のことしか目を向けていませんでしたが、たくさんの方々からありがたいお話や痛いところを突かれるようなアドバイスをして頂いて、自身の視野の狭さを実感し、感動しました。今回の研修で得たことをいろんな場面で活かしていきたいと思います。(2年 M.Iさん)
     

    2016年
    09月20日

    言語芸術「海外フィールドワーク(実践)」報告6


    言語芸術学科では、毎年、約1か月間、イギリスで研修が行われます。マンチェスターの語学学校でイギリス英語の発音訓練を受け、イギリス文学にゆかりのある土地を巡り、ロンドンでイギリス文化を学びます。

    今日は詩人ウィリアム・ワーズワースのふるさと、湖水地方に行きました。
    IMG_1039.jpg
    息をのむ景色。カメラにはおさまりきれません。
    IMG_1018.JPG
    ワーズワースが学んだグラマースクールで講義を受けました。当時は朝6時から夕方5時まで、休み時間をのぞいて、一日9時間、週6日、授業が行われていたそうです。
    IMG_1026.JPG
    ワーズワースが住んだ家ダブ・コテージ
    IMG_1030.JPG
    ワーズワースの椅子と「水仙」の詩に歌われている寝椅子。ここで有名な作品が生まれたんだと思いながら見学しました。(M.M.さん)
     

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月18日

    授業紹介:舞台製作I パート2

     舞台制作I(集中講義)が無事に終了しました。最終日は1限目から5限目まで、丸一日の長丁場でしたが、学生たちは集中力を切らすことなく最後までやり通しました。
     
     次は2月に後期に集中講義で行われますが、すでに2月の最後に行われる公演の準備は始まっています。

    image.jpeg

    image-1.jpeg
    授業最後はチームに分かれてワンシーンを音響照明付きで発表しました。

    image.jpg
     課題はたくさん残りましたが、後期に向けていい勉強になったようです。
     発表後、全員でバラシ(後片付け)。裏方集団クロコブの先導であっという間に現状復帰しました。

     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。



     

    2016年
    09月16日

    授業紹介:舞台製作I

    image2.jpg
     

     今日、明日の二日間、集中講義の舞台制作Iの後半の授業が行われています。
     今回からは役者チームと裏方のチームに分かれてやります。
     役者チームはストレッチと呼吸、発声を念入りにやったあと、作品の一部の立ち稽古。
     裏方チームは、音響のミニ講座を受けたあと、プラン作りに挑戦。音と照明、パネルを使って、作品の世界をどう表現できるか、想像力の羽を羽ばたかせています。
     明日は役者と裏方が一緒になって一部のシーンを合わせます。

     本番は来年の2月。演目はあの名作の舞台版です。何の演目かは後日お知らせしますので、どうぞお楽しみに!

     
    image.jpg
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月15日

    シンガポール研修にいってきました②

    メディア・コミュニケーション学科では、今年度、夏の集中講義「フィールドワークF」でシンガポールを訪問しました。そのもようはこちらをごらんください。
    今回からは、参加した学生のみなさんの感想をご紹介します。
     
    0915.jpg
     
    今回の3泊5日のシンガポールでの研修旅行は、私にとってとても大切な時間になりました。現地で様々なことを学ばせてもらいましたが、一番印象に残っているのは、シンガポールに住んでいる日本人のためのフリーペーパーを作成している「COMM」という会社を訪問したことです。
     
    0915-1.jpg

    フリーペーパーとは、広告ありきのメディアであり、90%の広告収入と10%のイベント・催し物で成り立っているということを教えていただきました。読者にとって何が必要な情報で、どんな情報をどのように載せたら手にとってもらえるのか、多くの人とコミュニケーションをとりながら試行錯誤し1つの形にしていく。実際に仕事現場を拝見していないので完全には分かりませんが、この過程がどれだけ大変なのかということを少しだけ知ることができた気がします。私は文章を書くことが好きなので、元々こうした職業にも興味はありました。自分で取材し、自分で書いた文章が、1つの本になって多くの読者に届くというこの職業はとても素敵だと改めて思うことができました。
     
    0915-2.jpg
     
    今回の研修旅行で感じたことを忘れずに、きちんと自分と向き合って将来のことを考えていきたいと思います。(報告:2年 R.Oさん)
     
    0915-3.jpg

     

    2016年
    09月15日

    「国内フィールドワーク(実践)」奄美 報告3

     「国内フィールドワーク(実践)」(3年生選択必修科目)では、奄美大島での様々なフィールドワークを通して、歴史、文化、宗教、自然などについて理解を深めます。また、奄美での10日間は普段のキャンパスライフとはかなり違った環境での集団生活となります。協調生や社交性などについても自ずと考えさせられる10日間となりました。
     さて、今回は、最終3日間の様子をご紹介します。
     まず、島体験として、黒糖作り、陶芸、島料理、よもぎ餅作り、島唄などを体験します。
    黒糖作りは、畑に生えているさとうきびから黒砂糖を作る過程を経験します。黒砂糖と奄美や薩摩藩の歴史を学んだ上で、作った黒砂糖を改めて見ると、歴史の重みを感じてしまいます。

     IMG_0074 のコピー.JPG
    島唄体験では、実際に一曲歌い上げます。楽器好きな学生は体験後もずっと弾き方を習っていました。

    14233100_1169344489806504_4409734429281929387_n.jpg
    夕方、元気な学生は、マリンスポーツを楽しみました。

    14316791_1169344463139840_6320885647731959102_n.jpg
    記念撮影。
    ​最終日、空港へ向かう途中で、奄美パークに寄り、奄美の自然や生活について最終的なおさらいをしました。後期の「国内フィールドワーク(理論)」の材料集めをする学生もいました。また、ここには、奄美の自然を描いた田中一村の美術館があります。絵画好きの多い言語芸術学科の学生は、じっくりと鑑賞していました。
    14291735_1171340532940233_8599329939478011807_n.jpg
    空港の手前にある宇宿貝塚史跡の見学風景です。長時間にわたる説明をしていただきました。その内容の面白さに、教員も学生もグイグイ惹き付けられました。

    14322292_1172755212798765_1135908546046178628_n.jpg
    無事フィールドワークを終え、福岡へ。
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

     

    2016年
    09月14日

    言語芸術「海外フィールドワーク(実践)」報告5

    言語芸術学科では、毎年、約1か月間、イギリスで研修が行われます。マンチェスターの語学学校でイギリス英語の発音訓練を受け、イギリス文学にゆかりのある土地を巡り、ロンドンでイギリス文化を学びます。

    今日の授業のテーマはエレガンス。ジェーン・オースティンの小説を題材にして、エレガントな女性とは、どのような女性なのかを学びました。授業では、歌やダンスも教わります。
    IMG_0980-2.jpg
    18世紀のエレガントな女性を学ぶためのダンスワークショップ。なめらかな動きがとても難しかったです。(M.M.さん)

    今日はタトン・パークという貴族のお屋敷を見学しました。写真はお屋敷の中を写したものです。
    img-6025.jpg
    客間
    IMG_6027-2.JPG
    書斎
    IMG_6036-2.JPG
    食堂

    壁にはたくさんの絵画が飾られており、家具や装飾品がとても美しかったです。
    (A.T.さん)

    お屋敷の中を見学したあと、外に出て庭園を見学しました。
    IMG_3287-2.JPG
    タトン・パークの庭園はとても広く、緑鮮やかできれいでした。
     
    IMG_3313-2.JPG
    建物や植物について説明を聞きながら歩きました。
    自然にふれた心地よい一日でした。(K.A.さん)
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月13日

    シンガポール研修に行ってきました①

    夏の集中講義「フィールドワークF」で、シンガポールを訪問しました。
    今回は、現地で都市計画に携わるUrban Designerの守山健史さんにご案内をしていただき、観光ではなかなか触れることができない、シンガポールの今を知り、世界の今を考える旅となりました。

    SNG-1.jpg
     
    シンガポールと日本は、国交を樹立して今年で50年という節目の年でもあります。急速な経済発展を遂げ、東南アジアの金融の要衝となったシンガポールですが、今もさまざまな変革の中にありました。

    SNG-2.jpg
    SNG-3.jpg

    今回、守山さんのご案内で都市開発、都市のデザインという視点から、街を散策してまわりました。思わず見上げてしまう最新鋭の高層建築の中に溶け込むように残されている歴史的な建造物。東南アジアの経済拠点としてのエネルギー。そんな街と同居する自然。団地に住む人々の何気ない日常—。「都市」とは何なのか。誰がつくり、そして誰のためのものなのか。私たちが日頃何気なく過ごしている街について考える、たくさんの契機にふれました。

    SNG-5.jpg
    SNG-6.jpg

    また、日本語メディア企業を訪問したり、現地で活躍されるライティング・デザイナーの方のお話をおうかがいする機会もいただきました。気がついたら1日20Km以上歩いた日もありましたが、その疲れも忘れてしまうような発見に満ちた毎日でした。

    SNG-4.jpg

    もちろん、ホーカーズの屋台でローカルフードを楽しんだり、ショッピングで掘り出しものを見つけたりと、英語でコミュニケーションをする楽しみも感じられる旅でした。詳しくは、また改めて、参加した学生のみなさんに報告してもらいましょう!
    現地でお世話になったみなさん、本当にありがとうございました。(報告:林田真心子) 
     
    SNG-7.jpg
    SNG-8.jpg

    2016年
    09月13日

    「国内フィールドワーク(実践)」奄美 報告2

     奄美は自然、文化、宗教、文学、歴史のフィールドワークにはもってこいの島です。
     どの分野のフィールドワークも大変濃縮された要素に溢れています。

     今回は、マングローブの森でのカヌー体験や大島紬の染の体験の様子をご紹介します。
     どちらも、自分自身の意外な面を発見できる体験だったようです。
    14224895_1433981699951146_9111004464401325853_n.jpg
    まずは朝のお祈りから。
     
    14222142_1431576766858306_1873418049265317164_n.jpg
    簡単にパドリングをマスターする人もいれば、そうでない人も・・・
     
    14199494_1433981633284486_5134634317017070033_n.jpg
     14224920_1433981663284483_3713260729350905662_n.jpg
    実際に泥の中に入って染めるんです。
    大島紬が出来上がっていく行程を実際に見ると、伝統芸の奥深さに納得。
    引率者からは思わず「高いわけだー」という声が。

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月10日

    言語芸術「海外フィールドワーク(実践)」報告4

    言語芸術学科では、毎年、約1か月間、イギリスで研修が行われます。マンチェスターの語学学校でイギリス英語の発音訓練を受け、イギリス文学にゆかりのある土地を巡り、ロンドンでイギリス文化を学びます。

    今日は一日フリーだったので、私たちは自分で計画を立ててリヴァプールに行きました。まず、ウォーカー美術館を訪問しました。
    IMG_0877.JPG
    有名なヘンリー8世、エリザベス1世とともに写真撮影。

    次に、ビートルズで有名なマシュー・ストリートを歩きました。キャヴァン・クラブやエリナ・リグビーの像を見ました。
    IMG_0890.JPG
    ビートルズと一緒に。

    それから、ユネスコの世界遺産に登録されているアルバート・ドックへ移動し、海洋博物館で奴隷貿易やタイタニック号のことを学びました。
    最後に、英国国教会の中でもっとも大きなリヴァプール大聖堂に行きました。
    IMG_0905.JPG
    IMG_0902.JPG
    人間と比べると、大聖堂がどれだけ大きいかがわかります。

    リヴァプールでは、みんなで楽しく過ごすことができました。私たちは日帰りでしたが、翌日も一日フリーだったので、リヴァプールで一泊した人たちもいました。(M.M.さん)
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月06日

    「国内フィールドワーク(実践)」奄美 報告1

     9月1日に始まった奄美における「国内フィールドワーク(実践)」(3年次選択必修科目)の様子です。
     台風の心配もありましたが、プログラム進行にはほとんど影響もなく、着々と進んでいます。
     宗教、文学、自然、色んなフィールドワークの題材に溢れた島ならではの研修です。
     
    amami20160905-1.JPG
    朝の礼拝も大自然の中で。
     
    amami20160905-3.jpg
    島尾敏雄の文学碑の前で。

    amami20160905-4.jpg
    マングローブの森でのカヌー体験

    amami20160905-2.jpg
    極めつけは、満点の星空。「星が降ってきそう」とはこのこと。学生は当然感動していました。
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月05日

    言語芸術「海外フィールドワーク(実践)」報告3

    言語芸術学科では、毎年、約1か月間、イギリスで研修が行われます。マンチェスターの語学学校でイギリス英語の発音訓練を受け、イギリス文学にゆかりのある土地を巡り、ロンドンでイギリス文化を学びます。

    今日のフィールドワークのテーマは、スポーツ、戦争、絵画でした。
    IMG_0821.JPG

    サッカーで世界的に有名なマンチェスター・ユナイティッドのスタジアム、戦争博物館、ラウリ―美術館に行ってきました。(M.M.さん)


    今日はシェイクスピアのふるさと、ストラットフォード・アポン・エイヴォンに行ってきました。
    IMG_152450 (1).jpg

    小さな街ですが、さまざまなお店が並んでいて、丸一日ここで過ごすこともできそうです。
    IMG_171921.jpg

    各自で散策したあとは、ホーリー・トリニティ教会に集合。シェイクスピアのお墓の前で写真をとりました。貴重な経験ができました。(N.K.さん)


    夕食はフィッシュ・アンド・チップス。そのあと、日本で予習していた劇を見るためにロイヤル・シェイクスピア劇場へ。
    RSC20160905.jpg

    ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの『リア王』を観劇しました。イギリスのトップ俳優アントニー・シェアが演じるリア王はすばらしかったです。(M.M.さん)
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月03日

    「国内フィールドワーク(実践)」奄美 出発

    9月1日(木)、「国内フィールドワーク(実践)」履習者が奄美へ向けて出発しました。
    (この授業は、3年次選択必修科目です。「海外フィールドワーク」または「国内フィールドワーク」のどちらかを選択しなければなりません。)
    amami20160903.jpg
    今回のフィールドワークは、以下のようなプログラムとなっています。
    瀬戸内町立郷土館
    俵の民俗資料館見学、
    須子茂の祭りの場の見学
    薩川の祭りの場の見学
    ​実久の神社、祭りの場の見学 
    於斉のガジュマル見学
    呑之浦の島尾敏雄文学碑、戦跡見学
    諸鈍シバヤ見学
    大鈍神社を散策
    スリ浜で礼拝
    要塞跡地
    奄美市立奄美博物館研修
    黒潮の森マングローブパーク研修
    名瀬市内フィールドワーク
    野生生物保護センターコース 博物館コース 図書館コース 奄美 FM コース教会巡り
    カトリック笠利教会、墓所等見学・研修
    大島紬村フィールドワーク(泥染め体験、大島紬製作研修)
    島体験フィールドワーク
    黒糖作り、作陶、島料理、島唄体験等
    奄美パーク、田中一村美術館
    宇宿貝塚史跡

    心配された台風の影響ですが、わずかに奄美をそれたため、ほとんどプログラムには影響なかった様子。
    体調に気をつけてフィールドワークを楽しんできてください。
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    09月02日

    軍艦島に行ってきました

     総勢17名の4年ゼミで長崎県の軍艦島(正式名称は端島)に行ってきました。ご存じの通り、軍艦島は他の明治日本の産業革命遺産とともに、2015年に「世界文化遺産」に登録されています。
     今回の活動は授業ではなくゼミ旅行の色合いが強いものでしたが、軍艦島を見学先にしたゼミ生の選択に、デザインを専攻した学生ならではの感覚を改めて感じました。クルーズ船上でゲリラ豪雨に遭うなど大変こともありましたが有意義な一日でした。
     以下に、今回の日程を計画してくれたM.K.さんの感想を掲載します。
    (清川 直人)

    image5.JPG

     今回、世界遺産に登録されている軍艦島に立ち入り、その場の空気を直接感じることができました。船で島に近づくと異世界に来たような気持ちになります。いざ着岸して降りてみると、実際に人が住んでいた跡や働いていた跡をそのまま残しながら朽ちている様子を目の当たりにできました。
     雨風にさらされて倒壊した部分も沢山あり、これから先に修繕されることはないそうです。廃墟を通る風の音、炭鉱ならではの黒さ、全てを感じる事ができたのはとても良い経験になりました。
    (4年 M.K.さん)

    image6.JPG

    2016年
    08月30日

    言語芸術「海外フィールドワーク(実践)」報告2

     「海外フィールドワーク(実践)」の報告②が届きました。

     言語芸術学科では、毎年、約1か月間、イギリスで研修が行われます。マンチェスターの語学学校でイギリス英語の発音訓練を受け、イギリス文学にゆかりのある土地を巡り、ロンドンでイギリス文化を学びます。
    IMG_4469.JPG

    マンチェスターはお店や中心部に向かうバスの交通も充実しており、とても過ごしやすい場所です。毎日多くの人々で賑わっており、現地の人々も親切です。日本ではなかなか見られないような可愛いお店やお家が沢山並んでいます。(S.K.さん)


     今日は、朝からハワースへ行きました。エミリー・ブロンテの小説『嵐が丘』の舞台として描かれた景色を見たり、ブロンテ姉妹が住んでいた牧師館に行ったりしました。
    IMG_8153.JPG

     目の前いっぱいに広がる景色に感動しました。そこに咲く紫のヘザーの花はとても綺麗でした。(T.H.さん)
    IMG_8150.JPG

    古い建物が並ぶハワースの町並みは、とても可愛らしかったです。(S.N.さん)


    今日は、私たちをいろいろサポートしてくれたイラリアさんとの簡単なお別れティーパーティをしました。
    IMG_8177.jpg
     みんなでジェーン・オースティンをイメージした小さな人形を作って楽しい時間を過ごしました。(T.H.さん)
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    08月27日

    言語芸術「海外フィールドワーク(実践)」報告1

     8月19日(金)に「海外フィールドワーク(実践)」(3年生選択必修科目)の履修学生が、英国マンチェスターへ向けて出発しました。
    20160819england.jpg
     一週間が経ち、学生から報告や写真が届き始めましたので、ご紹介いたします。

    イギリス研修便り①
    言語芸術学科では、毎年、約1か月間、イギリスで研修が行われます。マンチェスターの語学学校でイギリス英語の発音訓練を受け、イギリス文学にゆかりのある土地を巡り、ロンドンでイギリス文化を学びます。
    20160827e-4.jpg
    語学学校です。裏庭からの風景。とても歴史ある建物です。授業の合間に、庭でティータイムがあります。
     
     
     今日は産業革命時の様子を学ぶ事ができる『Quarry Bank Mill』へ行ってきました。
    2016-827e-10.jpg20160827e-9.JPG
     機械の迫力は想像以上で、皆圧倒されました。産業革命を学習する上で、この施設を訪れることができ、とても良い経験になりました。(S.N.さん)
     
    20160827e-8.JPG 
    語学学校での授業風景。ブックメイキングの内容を考えている様子。
    これからマンチェスターでの出来事を本にしていきます。(M.M.さん)

    学生から届いた写真の一部もご紹介します。
     
    20160827e-12.jpg20160827e-14.jpg20160827e-15.jpg
    20160827e-3.jpg20160827e-2.jpg 
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    08月25日

    第4回言語芸術朗読コンテストご報告

     8月21日(日)、第4回言語芸術朗読コンテスト本選が開催されました。
     本年度は、170名の応募から第1次審査を通過した9名による激戦でした。
    13698105_1417736921575624_7418489301671621305_o.jpg
     結果は次の通りです。

    最優秀賞:
    福岡県立城南高等学校 M. Tさん

    優秀賞:
    福岡女学院高等学校 M. Kさん

    観客賞:
    筑紫女学園高等学校 E. Nさん
    14086194_1417737001575616_5986024884790930954_o.jpg
    おめでとうございます。

    来年も同時期に開催予定です。
    またのご参加をお待ちしております。

    さて、本年も審査員のみなさまからは、たくさんのご助言をいただきました。
    本年度の審査員は、審査委員長の吉田教授をはじめとし、本年もゲスト審査員として、
     吉竹史さん (フリーアナウンサー)福岡女学院中学・高校出身。NHK 『ニュースで英会話』、テレビ西日本 『ももち浜ストア』などにご出演中
     公式ブログ『Lift up your hearts!〜心を高く上げよう〜
    にご協力いただきました。
    また、本年も、たくさんの審査員の方にご参加いただきました。
    ☆立花 麻理(たちばな まり)さん(民放アナウンサー)『ルックアップふくおか』、『ぐっ!ジョブ~九州元気主義経済~』、『cafe7』などにご出演中。
     公式ブログ『花っちのいつでも上機嫌
    ☆酒瀬川真世(さかせがわ・まよ)さん(女優)ドラマ・映画などの映像作品やラジオ・TVCMのナレーションなどでご活躍。近年、カフェ落語茶屋や韓国釜山との演劇交流を開始。
    ☆北方李奈(きたかた・りな)さん 第23回NHK全国大学放送コンテスト朗読部門優勝、第24回、第25回NHK全国大学放送コンテスト朗読部門準優勝。
    ☆A. Nさん 現在言語芸術学科の4年生。第59回NHK杯全国高校放送コンテスト朗読部門で優秀賞、第30回NHK全国大学コンテスト朗読部門で優勝。
    心より感謝いたします。
    14125153_1417737024908947_5712901224078986382_o.jpg
     
    審査員の皆様と言語芸術学科学生スタッフ
    (出場者のみなさまの写真は、肖像権の問題もございますので、音声と一緒に後日郵送いたします。)
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE