• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 表現学科
    5. 表現学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 表現学科

    人文学部 表現学科Today 一覧

    2011年
    12月28日

    特別授業に参加してみませんか

    表現学科では授業で学外より講師をお招きし、特別授業を3回おこないます。

    3回とも受講者以外でも参加できますが、人数に限りがあります。
    参加希望の方は授業担当の金藤先生または表現学科学科事務室にお問い合わせください。

    人生はデザイン

    デザイン制作の現場についてお話いただく予定です。

    日時 1月10日(火) 2限目「ビジュアル表現論」
    場所 131教室
    講師 平松 聖悟先生 (キャリアデザインエンタープライズ代表)

    【略歴】
    ●所属
    ・(社)日本グラフィックデザイナー協会本部役員
    ・NPO東京タイプディレクターズクラブ技能会員
    ・アジアデザイナーズネットワーク代表幹事 他
    ●主な作品
    JAXSA/NASA共同開発 気象衛星レーダ『DPR』ロゴデザイン / 西鉄路線バスニューデザイン / ジャパネットたかたネーミング及びロゴマークデザイン / テレビ西日本TNCのロゴマークデザイン 他
    ●作品収蔵
    ニューヨーク近代美術館 / カナダストラットフォード美術館 / アメリカコネチカット大学 他

    シルクスクリーン技術からみた表現の広がり

    身近にたくさん使われている孔版印刷についてお話いただく予定です。

    日時 1月18日(水) 3限目「ビジュアル表現基礎」
    場所 造形実習室
    講師 古本 元治先生 (九州産業大学芸術学部 教授)

    【略歴】
    ●受賞
    ・'92版画[期待の新人作家]大賞展 買上賞受賞(伊勢丹新宿店美術画廊・その他全国巡回展'92)
    ・第8回アジア国際美術展日本委員会奨励賞 受賞(福岡市美術館)(田川市美術館'93)
    ・第1回谷尾美術館大賞展 優秀賞 受賞(谷尾美術館'94)
    ●作品収蔵
    医療法人親和会 / 昌原大学校(韓国) / University of Pennsylvania / 添田町美術館 / 谷尾美術館 / 早良美術館るうゑ 他

    インタラクティブ表現の世界

    インターネットとヒューマンインターフェースを利用したメディアアートについてお話いただく予定です。

    日時 1月20日(金) 3限目「表現演習Ⅱ(金藤ゼミ3年生)」
    場所 CG室
    講師 藤岡 定先生 (九州大学大学院芸術工学研究院 学術研究員)
    的場 寛先生 (九州大学大学院芸術工学府コンテンツクリエーティブデザインコース中村研究室博士後期課程3年)

    2011年
    09月28日

    メディア論の林田真心子講師が後期より着任

    表現学科では、9月よりメディア論専門の林田真心子氏を新たに教授陣に迎えました。
    夏休みには林田講師による集中講義が開かれ、多くの受講生が集まりました。受講者からはこのような感想が寄せられました。


    表現学科ワークショップ表現D後期から表現学科に着任される、メディア論の林田真心子先生の集中講義、ワークショップ表現Dを受講しました。
    4日間に渡り、実践を交えながらメディア・リテラシーワークショップの例や、メディアの歴史に触れ、最終日には実際にわたしたちも身近な「携帯電話」を使ったワークショップを行いました。
    その名もフォト川柳。
    「夏の思い出」「わたしと女学院」「未来へ」という三つのテーマで、自分達の撮ったケータイの写真に川柳を作り、グループごとに発表。さすが表現学科、写真も川柳もユニークなものばかり!
    ゲストとして来られた、メディアリテラシーのワークショップをされている東京大学大学院教授の水越 伸先生や、NPO子ども文化コミュニティの高宮 由美子さんも唸るような傑作ができあがりました。
    水越先生、高宮さん、ありがとうございました!
    林田先生の講義は、今年度後期からスタート。新しい情報メディアのあり方を考えていきたい方、受講必須です。


    林田講師を迎えて、新たなスタートを切った表現学科を、これからもよろしくお願いします。

    2011年
    06月27日

    表現学科卒業公演「バンク・バン・レッスン」(7月8-10日)

    岩井ゼミの卒業公演を下記の通り行います。今年は表現学科第1期生以来6年ぶりに、学外での公演となりました。
    お誘い合わせの上お越しください。

    福岡女学院大学表現学科卒業公演「バンク・バン・レッスン」
    作:髙橋いさを 演出:岩井眞實

    日時 2011年7月8日(金)19:00、7月9日(土)14:00/19:00、7月10日(日)14:00
    (開場は開演の30分前です)
    場所 ぽんプラザホール
    博多区祇園8-3 ぽんプラザ4階
    料金 前売800円、当日1000円
    チケット予約
    お問い合わせ
    メール / TEL:080-1734-4371(上野)
    チラシ PDF:2,067KB

    2010年
    06月23日

    公開講演会「川上音二郎とその時代」

    001.jpg

    表現学科・岩井眞實教授による福岡女学院大学公開講演会が下記の通り行われます。

    「川上音二郎とその時代 ー川上音二郎100年忌を記念してー」
    日時:7月3日(土)13:30〜15:00
    場所:福岡女学院大学 4号館421教室
    入場無料

    2010年は川上音二郎100年忌にあたります。
    博多生まれの川上音二郎は、
    オッペケペー節を大流行させた人物として有名ですが、
    彼の業績はそればかりではありません。
    オッペケペー節は彼の人生の一コマに過ぎません。
    演劇といえば歌舞伎しかなかった時代に、
    新しい演劇つまり現在の新派・新劇のもとを創ったのは川上です。
    また妻の貞奴は、日本最初の女優であり、
    1900年パリ万国博覧会のスターでもありました。
    川上夫妻の軌跡は、そのまま冒険活劇さながらの物語です。
    今回の講演では、その物語を紹介し、
    あわせて彼らの生きた近代日本がどのような時代であったか
    ということについて考えたいと思います。

    2010年
    06月23日

    Mission Festa in 天神

    DSCF4235.JPG6月12日(土)、13日(日)両日、福岡女学院創立125周年記念イベント「Mission Festa in 天神」が開催されました。
    イベントは天神ソラリアプラザ1階ゼファにおけるステージパフォーマンスと、天神の街に出て行っての募金活動・清掃活動など、学生約350名が参加しました。
    表現学科の授業「舞台制作演習」を履修している学生も、5グループからなるオムニバス劇「福岡女学院125年史」を上演しました。
    他にも落研・ダンス部など、「学芸会」レベルではないクオリティの高いパフォーマンスを上演できたと思います。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE