• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 大学院
    4. 発達教育学専攻
    5. 発達教育学専攻Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    大学院 人文科学研究科 発達教育学専攻

    大学院 発達教育学専攻Today 一覧

    2017年
    09月26日

    【発達教育学専攻】発達教育学講演会 お礼

    9月23日(土・祝)、大学院人文科学研究科 発達教育学専攻主催の講演会を開催いたしました。
    講師は、内田伸子 本学大学院客員教授(お茶の水女子大学名誉教授)で、「子どもの目線に立つ子育て・親育ち~どの子も伸びる共有型しつけのススメ」について、最新の脳科学や発達心理学からの実証的なデータに基づき、子どもと同じ目線に立ち心の声を聴くことの大切さについて共に考えました。

    DSC05661.JPG
    (学長挨拶)
    DSC05676.JPG
    (発達教育学専攻運営委員挨拶)

    1.png
    (内田伸子 本学大学院客員教授:お茶の水女子大学名誉教授)

    講堂は、親子や保育関係者、行政や病院関係等多くの方に参加いただきました。
    DSC05716.JPG
    多くのデータに基づいた内容の講演後には、質疑応答の時間が設けられました。
    ◆子どもの食事場面における共有型しつけについて
    ◆保育行事と子ども中心の保育について
    ◆幼児期における外国語との触れ合い方について
    など、家庭、保育現場、小学校の外国語活動で関心が高い内容が質問され、一つひとつに対して内田先生は丁寧に回答されていました。
    質疑応答は時間一杯行われ、質問ができなかった方には、Web子育て支援のメールアドレスへ質問を送って頂くよう案内がありました。

    また、会場では、内田先生の新著(2017/5)「子どもの見ている世界」が発達教育学講演会特別価格で販売されました。
    50冊限定で準備していましたが、完売でした。
    販売されて4ヶ月、すでに増刷となっている子育て支援本です。
    著者紹介欄には、本学大学院客員教授であることも掲載されています。
    4393373294.jpg

    今回の講演は、子どもとのよりよい関係を育むためのかかわり方だったこともあり、多くの子育て中の方が来られ、事前申し込み30名の託児はすぐに定員に達しました。そして締切後も申し込みが続き倍以上の希望がありました。
    講演中、子ども発達センターでは保育園さながらの託児が行われ、発達教育学専攻教員(医師)、看護師有資格院生、保育士有資格院生、現職保育士が託児スタッフとして活躍していました。

    DSC05753.JPG(託児以外の院生スタッフ)


    2.png
    子ども発達センターでの託児締切が定員数に達したため、講堂の外に簡易の遊びスペースを設置しました。
    (写真は絵本の読み聞かせごっこ:絵本を読んでもらっている本専攻教授)

    子育てや保育、教育などの実践に貢献する学問“発達教育学”。
    今後も多くの方が幸せになるための研究を追求し、地域のみなさまに研究知見を提供できるよう研鑽してまいります。
                      発達教育学専攻運営委員 西、坂田

     

    2017年
    08月17日

    【発達教育学専攻】発達教育学講演会のご案内

    大学院人文科学研究科 発達教育学専攻主催の講演会を2017年9月23日(土・祝)に開催いたします。
    講師は、今年4月に本学大学院客員教授に着任した内田伸子先生(お茶の水女子大学名誉教授)です。

    演題は、「子どもの目線に立つ子育て・親育ち~どの子も伸びる共有型しつけのススメ」です。
    ★イヤイヤ、ダダコネなんのため?
    ★叱られながらの学びは身につかない
    ★英語の早期教育に「待った」の理由
    ★家庭の経済事情と学力に関係はあるの?
    ★共有型しつけと強制型しつけでどちらに軍配?
    最新の脳科学や発達心理学からの実証的なデータに基づき、子どもと同じ目線に立ち心の声を聴くことの大切さについて共に考える内容となっています。

    参加費は無料です。
    参加ご希望の方は大学ホームページ申し込みフォーム、メール、FAXのいずれかでお申し込みください(詳細はPDFファイルをご参照下さい)。
    みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

    ne_170817_01.jpg
     講師:内田 伸子 福岡女学院大学大学院客員教授
    (十文字学園理事・十文字学園女子大学特任教授,お茶の水女子大学名誉教授)
     
    【専門分野】発達心理学、認知科学、保育学
    【主要著書】『世界の子育て―貧困は超えられるか』(金子書房, 2012)、『子育てに「もう遅い」はありません』(冨山房インターナショナル, 2014)、『発達の心理―ことばの獲得と学び』(サイエンス社, 2017)、『子どもの見ている世界―誕生から6歳までの「子育て・親育ち」』(春秋社, 2017)ほか多数
    【社会活動】NHKのおかあさんといっしょの番組開発やコメンテーター、ベネッセの子どもチャレンジの監修、しまじろうパペットの開発、創造性開発の知育玩具「エポンテ」シャチハタとの共同開発(「日本おもちゃ協会」知育玩具部門優秀賞, 2015年)。

    17.jpg2017kouen.pdf
                 


     

    2017年
    08月04日

    【発達教育学専攻】「発達心理学特論」振り返り会

    内田伸子 大学院客員教授(お茶の水女子大学名誉教授:専門 発達心理学、認知科学)による「発達心理学特論」が、前期授業の最終回をむかえました。

    受講者は現職中学校教諭、現職幼稚園教諭、小学校特別支援員の院生ですが、加えて多数の聴講希望がありました。助産師の研究生、乳児保育担当経験保育士、留学生、看護師養成教員など、実践に貢献する学問「発達教育学」専攻ならではの授業風景です。

    また、事前に授業資料を配布しているので、授業では活発な質問や考えの交流が行われました。
    そして毎回のことですが、昼食も先生と一緒にいただいています。
    DSC05447.JPG

    授業後は場所を移動して振り返り会をしました。
    あたたかい雰囲気の中、研究について意見交流し、内田先生の的確なご指導を受けました。
    場を共にし、同じものを食し、院生達は心から先生との時間を味わいました。
    「学習」ではなく「楽習」を。内田先生の言葉です。

    DSC05473.JPG

    後期は内田伸子客員教授の担当回を筆頭に、西・猪狩・柳田・坂田教授で「発達教育学研究法」を担当します。

    また、後期授業が始まる9月下旬には、内田客員教授の公開講演会を予定しています。
    公開講演会の申し込みは近日大学HPに掲載いたします。
    多数のご参加をお待ちしています。

     発達心理学特論担当:内田伸子、坂田和子

    2017年
    06月19日

    【発達教育学専攻】2017年度第1回修士論文中間発表会

    2017年度がはじまり、修士課程2年生の7名は、修士論文の提出に向けて日々奮闘しています。うち3名は、修士論文と同時進行で教員採用試験の受験勉強中でもあります。
    そのような中、6月17日、発達教育学専攻では第1回修士論文中間発表会を開催しました。

    DSC03680.JPG 開会の挨拶(西 教授)

    発表内容は、小学校教育、乳児保育、子育て支援、日中比較や看護教育学などで、発達教育学の多様な研究が発表されました。
    M5.png

    DSC03739.JPG

     m4.png

    20分の発表後、質疑応答です。院生や教員から質問や助言等、活発なやりとりとなりました。
    DSC03900.JPG 

    M6.png 

    m3.png

    発表終了後、総評を猪狩教授が行いました。発表者の成長、研究への期待、研究に関する重要事項、準備・運営を担当したM1ならびにM2 長期履修生へのねぎらいなど、あたたかい言葉と雰囲気に包まれました。
    DSC03909.JPG 

    最後に、11月に予定されている第2回修士論文中間発表会に向け今以上に邁進していくよう西教授から閉会の言葉をいただき、長時間にわたる第1回中間発表会を終えました。

     (運営委員 西,坂田)

     

    2017年
    05月08日

    【発達教育学専攻】「発達教育学講究I」内田伸子先生授業

    発達教育学専攻では、現職教諭などの社会人の学び直しやキャリアアップを支援しています。
    今まで入学した院生には、毎年現職社会人がいます。学び続ける社会人のために、専攻では受講者のニーズに対応し、授業を土曜日などに実施することがあります。

    今日は、大学院客員教授に着任された内田伸子先生(お茶の水女子大学名誉教授:専門分野/発達心理学・認知科学)に来て頂き、M1必修科目「発達教育学講究I」を行いました。
    今回の授業は専攻教員FDを兼ね、内田先生を含む担当教員と履修登録者のM1だけでなく、M2や研究生、専攻ならびに学科教員に公開しました。

    1-1.png 1-2.png

    1-3.png

    1-4.png

    「母子相互作用の文化差」では観察法のタイムサンプリング法について、「助数詞の獲得過程」では実験法:エラー検出法・パペットパラダイムについて、「女性と男性の会話」についてはエスノメソドロジー(民族誌的方法論)の研究をデータに基づき丁寧に学びました。
    内田先生から直接学ぶ、研究につながるRQ(リサーチクエスチョン)と、研究計画(デザイン)、分析と考察の仕方は、研究初学者のみならず教員も学び合いの機会となりました。

    後期授業「発達教育学研究法」では、今回学んだ研究への思考をさらに深めます。

     (運営委員 西、坂田)

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE