• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 大学院
    4. 発達教育学専攻
    5. 発達教育学専攻Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • 夢ナビ
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • グレープカップ
    • 公式facebook
    • 公式facebook
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 奨学金・特待生制度について

    大学院 人文科学研究科 発達教育学専攻

    大学院 発達教育学専攻Today 一覧

    2017年
    05月08日

    【発達教育学専攻】「発達教育学講究I」内田伸子先生授業

    発達教育学専攻では、現職教諭などの社会人の学び直しやキャリアアップを支援しています。
    今まで入学した院生には、毎年現職社会人がいます。学び続ける社会人のために、専攻では受講者のニーズに対応し、授業を土曜日などに実施することがあります。

    今日は、大学院客員教授に着任された内田伸子先生(お茶の水女子大学名誉教授:専門分野/発達心理学・認知科学)に来て頂き、M1必修科目「発達教育学講究I」を行いました。
    今回の授業は専攻教員FDを兼ね、内田先生を含む担当教員と履修登録者のM1だけでなく、M2や研究生、専攻ならびに学科教員に公開しました。

    1-1.png 1-2.png

    1-3.png

    1-4.png

    「母子相互作用の文化差」では観察法のタイムサンプリング法について、「助数詞の獲得過程」では実験法:エラー検出法・パペットパラダイムについて、「女性と男性の会話」についてはエスノメソドロジー(民族誌的方法論)の研究をデータに基づき丁寧に学びました。
    内田先生から直接学ぶ、研究につながるRQ(リサーチクエスチョン)と、研究計画(デザイン)、分析と考察の仕方は、研究初学者のみならず教員も学び合いの機会となりました。

    後期授業「発達教育学研究法」では、今回学んだ研究への思考をさらに深めます。

     (運営委員 西、坂田)

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE