• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2017年
    08月22日

    第5回言語芸術朗読コンテスト結果

     20日(日)に第5回朗読コンテストが開催されました。今回は145名の応募があり、その中から10名の方が本審査に出場されました。
     審査の結果、下記の学校の方が各賞を受賞されました。
     
    最優秀賞:ルーテル学院高校(熊本)
    優秀賞:筑紫女学園高校

    観客賞:九州産業大学付属九州産業高校
     
    20988894_1836536986362280_6971571819661901747_o.jpg

     おめでとうございます。
     年々、レベルが上がる本大会。本審査に出場する最大のメリットはきめの細かい指導です。各方面で活躍されている審査員の方から直接、自分の朗読に対するコメントを詳しく聞き、さらに質問することができます。
     来年度も開催予定です。ふるってご応募ください。
     
    21013795_1836537106362268_6822393361462980734_o.jpg
    今回の審査員の先生です(前列)
    左から、酒瀬川真世さん、ゲスト審査員吉竹史さん、審査委員長、福岡女学院大学言語芸術学科・吉田修作教授、立花麻理さん、北方李奈さん、南部朱音さん
     
    審査員の先生方のご紹介:
    酒瀬川真世さん:
    現在、言語芸術学科の非常勤講師として学生の指導をしていただいております。1994年より、福岡・九州を拠点にさまざまなカンパニーで舞台経験を重ねられ、現在は、俳優プロダクション”パブリックチャンネル”に所属されています。ドラマ・映画などの映像作品やラジオ・TVCMのナレーションなど多方面で活動されております。また近年では、カフェ落語茶屋や韓国釜山との演劇交流を開始し、さらに活動の幅を拡大されております。

    ゲスト審査員吉竹史さん:
    福岡女学院中学・高校のご出身で、2014年までは、大阪のMBS毎日放送のアナウンサーとして活躍されておりましたが、その後東京へ移られ、フリ ーアナウンサーとして活動されております。現在は、テレビ西日本『ももち浜ストア』にMCとしてレギュラー出演されており、 テレビを中心に様々なメディアでご活躍さてれおります。

    審査委員長、福岡女学院大学言語芸術学科・吉田修作教授:
    専門は日本古代文学、民俗学で、妖怪や地域の研究を行われております。特に妖怪については、しばしばテレビなどでインタビュー出演されております。

    立花麻理さん:
    TVQ(テレキュー)で唯一のママアナウンサー兼記者として、女性目線、母親目線を大切に、ニュース取材から企画取材・編集までを担当されております。月曜日~金曜日は4月から新たにスタートした報道番組『ふくおかサテライト』のメインキャスターを務めています。『ぐっ!ジョブ~九州元気主義経済~』ではナレーションを担当中です。

    北方李奈さん:
    福岡女学院大学人文学部表現学科を卒業されました。学生時代、一年生の時に、第23回NHK全国大学放送コンテスト朗読部門において見事優勝されました。また、続く、第24回、第25回、第26回のNHK全国大学放送コンテスト朗読部門においてもそれぞれ準優勝されています。

    南部朱音さん:
    福岡女学院大学人文学部言語芸術学科を卒業されました。高校時代、第59回NHK全校高校放送コンテスト朗読部門で優秀賞を獲得し、2013年度は、第30回NHK全国大学放送コンテスト朗読部門で優勝しました。
     
    20170820お花.jpg
     今回も、お花は、凰馨流(こうけいりゅう)脇教授の糸山さん(言語芸術学科第1期生)にお願いしました。いつもありがとうございます。

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2017年
    08月21日

    ただ今、イギリスで研修中 その1

    言語芸術学科では、毎年夏休みに、約1ヶ月間、イギリスで研修が行なわれます。英語の発音訓練を受け、イギリスの文学・文化・芸術について学びます。現地でどのようなことをしているのか、学生のレポートを紹介します。

    私たちは香港経由でイギリスに向かいました。機内食は予想以上に美味しかったです。
    IMG_3873.JPG

    機内から見下ろしたマンチェスターです。地域ごとに外観が統一されていて、お洒落で可愛い町並みでした。(E.N.さん)
    IMG_3907.JPG

    初めての長距離フライトだったので、きつかったけど、無事に到着しました。(K.O.さん)
    DSC_0231.JPG

    朝の7時に到着したのですが、ゆっくり休む暇もなく、9時から授業が始まりました。(O.T.さん)
    IMG_2532.JPG


    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2017年
    08月09日

    第5回言語芸術朗読コンテスト

    いよいよ8月20日に本審査が開催されます。
      今回は10名の高校生が本審査に臨みます。 
      当日は一般公開されておりますので、どうぞおいでください。

     
    日 時

    2017年 8月 20日(日)

    13:00〜16:00(予定)
    (本選出場者は10:30〜17:00)
    場 所 福岡女学院大学 エリザベス・リー ホール
    〒811-1313 福岡県福岡市南区日佐3丁目42-1  →交通アクセス
    審査員(予定)

    吉竹史 フリーアナウンサー、ゲスト審査員

    酒瀬川真世 女優

    吉田修作 福岡女学院大学言語芸術学科教授

    民放アナウンサー1名

    NHK全国大学放送コンテスト朗読部門優勝経験者

    表彰

    最優秀賞: トロフィー、賞状、副賞(iPad mini®)
    優秀賞: トロフィー、賞状、副賞(図書カード)
    参加賞: オリジナルグッズ
     ※iPad mini®は、Apple社の登録商品です。

    過去の課題文

    一次審査 本審査
    第4回 2016年 三島由紀夫「潮騒」 よしもとばなな「アナザー・ワールド」
    第3回 2015年 泉鏡花「高野聖」 羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」
    第2回 2014年 夏目漱石「こころ」 柴崎友香「春の庭」
    第1回 2013年 森鴎外「山椒大夫」 三浦しをん「船を編む」

    過去の課題文

     
    最優秀賞 優秀賞 観客賞
    第4回 2016年 福岡県立城南高等学校 福岡女学院高等学校 筑紫女学園高等学校
    第3回 2015年 福岡県立城南高等学校 佐賀県立佐賀西高等学校 筑紫女学園高等学校
    第2回 2014年 大分県立大分雄城台高等学校 福岡県立筑紫高等学校 筑紫女学園高等学校
    第1回 2013年 福岡女学院高等学校 福岡県立朝倉高等学校 筑紫女学園高等学校
     

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

    学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2017年
    07月21日

    第5回言語芸術朗読コンテスト第1次審査結果発送のお知らせ

    このたびは、第5回言語芸術朗読コンテストにご応募いただきありがとうございました。
    今回は145名の高校生のみなさんがご応募くださいました。
    九州だけでなく、関西、山陰、中国、四国地方の皆さんからもご応募いただきました。
    感謝いたします。

    第1次審査が終了し、本選出場者10名が決定いたしましたことをご報告いたします。

    審査結果は7月19日に発送いたしました。ご確認ください。
    なお、7月26日になっても結果が届かない場合は、下記までご連絡ください。
    〒811-1313
    福岡県福岡市南区日佐3丁目42-1
    福岡女学院大学人文学部言語芸術学科
    メールアドレス:fjgengo@gmail.com

    第1次審査通過者の本審査は、8月20日(日)です。
    福岡女学院リーホールにて13:00より開催されます。
    本年も、アナウンサー吉竹史さん(福岡女学院高校出身)をゲスト審査員としてお迎えする予定です。

    吉竹さん.jpg

    吉竹史さん


     どうぞお楽しみに。
     コンテスト本審査の見学は自由です。どなたでも見学いただけます。

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2017年
    07月03日

    第五回言語芸術朗読コンテストにご応募いただきありがとうございました。

     第五回言語芸術朗読コンテストの応募を6月30日(金)に締め切らせていただきました。
     今回も140名を超える皆様からのご応募をいただきました。
     ありがとうございます。

      これから順次審査を行い、7月下旬に結果を郵便にて発送予定です。
     発送作業が終わりましたら、こちら(言語芸術学科TODAY)にて発送のお知らせをいたします。
     問い合せ先    福岡女学院大学 人文学部 言語芸術学科 092-575-5873

    なお、本審査は以下の要領で開催されます。
    日 時 :  2017年 8月 20日(日)  13:00〜16:00(予定)
      (本選出場者は10:30〜17:00)
    場 所: 福岡女学院大学 エリザベス・リー ホール
      〒811-1313 福岡県福岡市南区日佐3丁目42-1

    yoshitake-sensei.jpg

    ゲスト審査員に、吉竹史フリーアナウンサーを予定しております。

    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備え、アクティブ・ラーニングによる効果的な教育を目指しています。」
     

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE