• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2016年
    12月23日

    言語芸術研究 展示

     先日、福岡市井尻商店街にある女学院の施設「イジ☆カルstudio」にて、二日間に渡り、4年生(Uゼミ学生)による研究内容の展示が行われました。
     スタジオは、演劇公演だけでなく、写真、花などの展示にも利用されています。

     「言語芸術研究」では、3年次に仕上げた卒業論文の内容をさらに発展させて、自分流に発信できる形にすることが大きな目的です。今回、Uゼミでは、展示という形になりましたが、これはあくまでも一つの例でしかありません。展示に際して、会場作りから、展示場の運営に至るまで、すべてが学生によってなされます。その際、学生間の意見の食い違いによる言い争いなど様々なことに直面しますが、それらすべてを学生自身でおさめて行くのも、こういったイベント開催の意義と言えるでしょう。また、展示に訪れる一般の方々とのコミュニケーションも重要な要素となります。
     
    img_1318.jpgIMG_1322.png
     
     
    みなさん、お疲れさまでした!
    あとは卒業あるのみです。
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備え、アクティブ・ラーニングによる効果的な教育を目指しています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    12月20日

    授業紹介: フィールドワークCG 平和授業

     フィールドワークC G受講者は、2月に広島を訪れます。
     このフィールドワークの最初の訪問地が、広島流川教会です。今回もこの教会での礼拝から、フィールドワークが始まります。福岡女学院らしい始まり方だと思いませんか。

     この教会は、谷本清牧師と関係が大変深い教会です。
     そして、今回の事前授業は、谷本清先生についての講義でした。
    img1349.jpg
     谷本先生は、広島の原爆投下後、即救済に全力を尽くされました。そして、原爆被害の実態について、講演活動を通して、アメリカに紹介し続けたのです。しかし、日本ではまだまだ先生のことを知らない人が多いのが現状です。
     フィールドワークCGは、こんな素晴らしい方の軌跡をたどることから始まります。2月が楽しみです。
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備え、アクティブ・ラーニングによる効果的な教育を目指しています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    12月18日

    ホグワーツのクリスマス

    言語芸術学科ワークショップC・G恒例イベント「ホグワーツのクリスマス」
    IMG_1341.JPG IMG_1345.JPG IMG_1346.JPG IMG_1347.JPG

    この連続授業は月曜日の午後の4時間、ラテン語に基づくハリー・ポッターの言葉と世界、西洋絵画の時代・歴史・作品、戦争と平和の歴史と現在、映画と文学の世界とその意義を、たっぷりと学びます。そのためのフィールドワークを目指した実習には調理と食が重要です(これホント)。
    シチュー、ミートボール、パンケーキ、バタービールまでは、共通の指導とレシピ(セブルス大島の魔法薬学が多少入っています)です。
    さてそこからは自主性に一切委ねた「学寮対抗ブッシュ・ド・ノエル制作」。ご覧の通りとなりました。
    image1327.jpg 
    話し合って作っていたらいつのまにかこんな風に。

    image1328.jpg
    アロホモーラ(開け!)の呪文をイメージして。

     IMG_1340.JPG
    銀色のHは、スリザリンとホグワーツのH。

    image1326.jpg
    シンプルイズベストをモットーに。

     通常授業時間に課題として与え、今日まで重ねてきた様々な努力が、全て素晴らしく、かつ美味しく、仕上がりました。これでフィールドワークへの願いと思いを強めることが出来たというものです。
     全ての作品が相応しい賞を受賞しています。ダンブルドア賞、セブルス賞、ミネルバ賞、ハグリッド賞等々。
     どれがどれなのか?ご想像にお任せ申し上げましょう。
     皆さん、お疲れ様でした。そして楽しんで頂けたでしょうか?
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備え、アクティブ・ラーニングによる効果的な教育を目指しています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    12月09日

    2016年度国内フィールドワーク:ポスター発表

     言語芸術学科では3年次に国内・海外いずれかのフィールドワークに臨みます。2016年度のフィールドワークは、夏休みの期間に、海外は約一月間イギリス(マンチェスター)、国内は10日間奄美大島で行われました。
     今回はその国内フィールドワークの後期の集大成、参加学生全員によるポスター発表の展示の場面です。
     学内のリーホールに展示されました。
    15304148_342393999476278_971930050982361527_o.jpg
     見ているのは1年生。先輩たちの努力の結果を見て、身が引き締まる思いの学生もいます。
    15369966_342394266142918_1553063197810909789_o.jpg 15326161_342394322809579_8828084704558033962_o.jpg

     どっちを選ぶか、まだまだ悩んでいる学生もいれば、これを機に真剣に考える学生もいます。更に一歩進めて、奄美大島のこういう部分を更に知りたいと願う学生もいます。
     学年を越えた教育効果の一環を見た思いがして、嬉しい限りです。
     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備え、アクティブ・ラーニングによる効果的な教育を目指しています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    2016年
    12月03日

    2期生の自主フィールドワーク

     大島ゼミ2期生の宗像フィールドワーク報告、第二弾。
     沖縄の歴史・宗教をテーマとする学生が、自主的に宗像大社へ。宗像・沖ノ島の大国宝展と共に、調査・研究。ゼミ生仲間4人で行きました(私は同行してません。だから自主的)。

    14991030_329905117391833_4717876403135562995_o.jpg

     ゼミでの提案と本人からの申し出が、早速に学習効果を高めたようです。言語芸術学科ではアナログ・デジタルの両方の活用を指導していますが、その実現を見た思いです。
     指導教員として、こんなに嬉しい事はありません。

    15170925_333204880395190_2302101597834053672_n.jpg15056509_329905017391843_6248357356527590585_n.jpg

     

     15129646_333202833728728_8946967797836084441_o.jpg 15055600_333204567061888_5870555047108977945_n.jpg

     ゼミ生のコメントです。
    「今回本当に偶然奇跡的にSさんというボランティアガイドさんに出会って、その方に宗像大社の歴史や大島、沖ノ島の歴史まで深くお話を聞くことが出来ました!途中から『これはボイスメモに録音しておこう!』と思い、お話しは録音しました!これをもとに、また宗像大社の神話や歴史について、沖縄の神話などと比較、共通してる点を見出していけたらなと考えています」

    「ガイドの方が付き添いの私たちにも分かりやすく神社の歴史を語って下さって、私たちも興味がわいてきて、本当によかったです。現地に行ったからこそ分かる歴史の楽しさがありました!!」


     神社それぞれの祭神や縁起を知る事は、はじめの一歩。でもそういう鉄則を外して、何となくという学びが多い中、基本の鉄則を守ってくれたようです。そうでないと地政的・歴史的、さらに現代の意義においても説明の出来ないことが多くあるのが宗教。その大きな気付きを得てくれたことに感謝です。
     一人の関心に友が寄り添い、そして知的関心が高められる。
     ありがたいことです。

     

     
    「言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備え、アクティブ・ラーニングによる効果的な教育を目指しています。」

     学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。

    言語芸術学科FACEBOOK
    学科の活動などが紹介されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局
    学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE