• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2015年
    06月27日

    言語芸術朗読コンテスト第1次審査応募締め切り迫る

     第三回言語芸術朗読コンテストの第1次応募審査締め切りは、6月30日(火)となっております。
     どうぞふるってご応募ください。

     第1次審査通過者の本審査は、8月23日(日)です。
     本年も、東京で活躍されているアナウンサー吉竹史さん(福岡女学院高校出身)をゲスト審査員としてお迎えする予定です。
    yoshitake.jpg
     どうぞお楽しみに。
     
     詳しくは、第三回言語芸術朗読コンテスト概要をご覧ください。

    2015年
    06月11日

    【言語芸術シネマ】のお知らせ

    言語芸術学科では映画の撮影支援だけでなく「見るべき価値があるのにあまり映画館では鑑賞できない映画」を上映する「言語芸術シネマ」という活動も行っています。

     今回の上映作品は、『ノー・ヴォイス』です。
     主演の市瀬秀和さんは「ウルトラマンコスモス」で注目を集め、その後、様々な演劇活動を展開されているのですが、今回上映する『ノー・ヴォイス』では2014年新人監督映画祭で主演男優賞を受賞され、2015年は「舞台NARUTO」でイルカ先生役を好演! 現在注目株の俳優さんです。まだDVDになっていない作品です。

     
    NV.jpg

    映画『ノー・ヴォイス』
    2015年6月12日(金) 18時30分上映開始
    2015年6月13日(土) 14時上映開始
    鑑賞料 500円(高校以下無料)
    場所:福岡女学院エリザベス・リーホール

     
    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2015年
    06月09日

    授業紹介:映画研究J

     先週木曜日に行われた「映画研究J」、映像プロダクション「和エンタテインメント」の代表取締役小野さんを社会人講師にお迎えして、「和エンタテインメント」が実施されている映像製作の方法や考え方について話ししていただきました。
     実は「和エンタテインメント」が2013年に制作した「禁忌」(2014年劇場公開、和島香太朗監督、杉野希妃製作・主演)は、多くの撮影を福岡女学院大学のキャンパスで行い、現在の3年生は制作スタッフ、ケータリング、エキストラなどで参加しています。授業後も4名ほどの学生が残ってお茶を飲みながら懇親会に参加し、映画業界について様々なお話を聞いていました。
     小野先生、お忙しい中、ありがとうございました。
    moviestudy1.jpg

    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE