• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2015年
    03月22日

    速報:撮影支援映画が映画祭7部門で受賞


    本年1月に撮影支援した「インビジブル」という映画が、マニラで開催中のSinag Maynila Film Festという映画祭で、8部門中7部門を受賞しました。
    BEST PRODUCTION DESIGN
    BEST CINEMATOGRAPHY
    BEST SCRIPTPLAY
    BEST ACTOR
    BEST ACTORESS
    BEST DERECTOR
    BEST FILM
    award1.jpg

    1年生のM. Nさんは学内のロケだけでなく福岡市内での撮影にも参加し、この映画を通じて、マニラでの映画祭にも参加しました。
    撮影支援の詳細はこちらへ。
    award2.jpg
    受賞後の記念撮影.
    M. Nさんも写っています。

     言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。  
     
     ですから、本学科は、映画を【教材】として頻繁に使います。例えば、「映画と社会」「映画研究E」「映画研究J」「言語芸術基礎Ⅰ(上田担当分)」などの授業で映画を【主教材】としますし、「ポップカルチャーJ」「古典文化J」「ワークショップC」「ワークショップD」「フィールドワークC」「フィールドワークD」などでは【副教材】として使用します。映画は、通称「言語芸術シネマ」という映画館さながらの環境で上映されます。また、授業外では、「福岡インディペンデント映画祭2014(fidff 2014)」のお手伝いや、映画『禁忌』(アジアフォーカス・福岡国際映画祭でのプレミア上映作品)のロケ支援なども行ってきました。
     こういった環境の中で学生は、映画の文化背景・言語・構成などについて学びます。また、学ぶ環境は、教室だけでなく映画館やロケ現場の場合もあるわけです。

     しかしながら、言語芸術学科は映画制作を専門に勉強する学科ではありません。本学科は、映画を、文学作品や演劇と同様、言語芸術の1分野として捉え、語学力・思考力・実践力を身につけるための【教材】としてカリキュラムの中で機能させています。ですから、今回の映画撮影支援も、実際の撮影現場を経験することで思考力(効率的な段取り、プラン力など)や実践力(社会人としてのスキル:あいさつ、言葉遣い、マナー等)を身につけるための【フィールドワーク】としてとらえ、学生に参加を促しました。
     今回M. Nさんは、彼女の英語力やコミュニケーション能力、また努力だけでなく、運も手伝ってこういった場面を体験することができました。
     こういった貴重な体験ができたのは、学科が撮影支援の手伝いを呼びかけた時に、思い切って「ハイ!」と自ら手を上げて活動に参加したからですね。
     これからもチャンスを逃すことなく飛躍していってほしいと思います。

    2015年
    03月21日

    速報:第3回言語芸術朗読コンテストのお知らせ

    2015年度も言語芸術朗読コンテストを開催いたします。
    おかげさまで、今回第3回目となります。
     【第1回 応募数    207名  第2回 応募数 166名 でした】

    今回も高校生のみなさんのご参加をお待ちしております。

    現在開催に向けて準備中です。
    4月になりましたら、詳細をこちらでご覧になれるよう情報を掲載いたします。
    また、郵送という形で、各高校にお送りいたします。

    現在決定している内容は以下の通りです。

    [一次審査]
    応募〆切    
    2015年 6月 30日 (火)
    ■郵 便 30日必着
    課題文の掲載は4月半ばに行います。
    課題送付方法    録音音声をMP3形式音声データで提出してください。 カセットテープなどMP3形式以外は審査対象外となります。

    送り先〒811-1313
    福岡県福岡市南区日佐3丁目42-1
    福岡女学院大学人文学部言語芸術学科

    [本審査] 
    日 時    
    2015年 8月 23日(日)
    13:00〜16:00(予定)
    場 所    福岡女学院大学 エリザベス・リー ホール
    〒811-1313 福岡県福岡市南区日佐3丁目42-1

    審査委員長 岩井眞實 福岡女学院大学言語芸術学科教授
    審査員 酒瀬川真世 女優 他
    ゲスト審査員 第1回・第2回ゲスト審査員 吉竹史(予定) フリーアナウンサー

    2015年
    03月12日

    木ノ脇学長インタビューより 国内フィールドワーク奄美のお話し

     言語芸術学科の学生は、3年次に選択必修科目である海外フィールドワークまたは国内フィールドワークのどちらかを選ぶことになります。
     海外フィールドワークは、英国マンチェスターでのホームステイ生活の中で、英国の発音の集中訓練や文化文学探訪(シェークスピアのストラトッフォードアポンエイボンなど)の経験、また、1週間弱のロンドン探索などが計画されています。
     国内フィールドワークは、歴史的観点から見て宗教・政治・文化にたいへん特徴のある、また豊かな自然にかこまれた島である奄美での実施が計画されています。
     今回ご紹介するのは、その奄美についてのお話です。

     以下は、昨年4月に1年生の志賀島研修において、木ノ脇学長(奄美ご出身)がお話しくださった奄美のお話です。インタビュアーは、言語芸術学科学生です。
     
    海.JPG

     沖縄の歴史はご存知のとおりですが、奄美の歴史はそれに輪をかけて複雑なものです。しかし残念なことに、沖縄ほど注目されておりません。奄美は、幕末期や2次大戦中・後の複雑な日本の歴史を知ることができる島です。例えば、ご存知でしたか?奄美の戦後も沖縄のようにアメリカの軍政下に置かれていたことを。
    マングローブ.JPG島尾.JPG

     
    大自然あり(マングローブ) 知っておくべき歴史あり(特攻兵器震洋(しんよう))・・・

     言語芸術学科スタッフは、2010年から、奄美へ下見に行き、3年次の国内フィールドワークの準備をしてきました。木ノ脇学長には、この下見の段階から協力いただいております。
     2015年度夏、いよいよこの奄美のフィールドワークが始まります。準備に5年をかけたフィールドワークです。きっと有意義なものとなるでしょう。
     では、お楽しみください。(約44分です)

    音楽 奄美のお話(音声ファイル)

    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応出来る逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2015年
    03月11日

    いってらっしゃ〜い 1年間カナダへ

     言語芸術学科は日本語と英語の基礎を教育の柱にしています。英語をしっかり勉強したい人のために、選択必修科目として「海外フィールドワーク」という科目があり、4週間イギリスで勉強します。そのほか、大学には交換留学、認定留学という留学制度があり、半年間あるいは1年間、大学が協定している海外の大学で勉強することができます。
    canada2.jpg
     今回2年生の学生が約1年間、カナダの大学で勉強することになりました。先日、この学生が福岡空港から留学先のカナダに出発しましたので、ご報告いたします。しっかり勉強して、自分を磨いてほしいと思います。
    canada1.png

    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。 

    2015年
    03月02日

    「百読百鑑」レビュー ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』 by ゆいのすけ

    百読百鑑」レビュー ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』 by ゆいのすけ

     この作品はイギリスの小説家ダニエル・デフォーの代表的な作品の一つで、ロビンソン・クルーソーという人物の生涯を描いた物語である。
     ロビンソン・クルーソーは架空の人物だが、実際に無人島で生活したスコットランドの航海長アレキサンダー・セルカークの実話を基にしたといわれている。
     最初はロビンソンが海に飛び出すという強い思いを抱いてる場面から描かれている。そんな息子の思いに気付いた父は、ある日ロビンソンを部屋へ呼び出し、「生まれたこの土地でこのまま暮せば十分にコネもある上、懸命に努力すれば一財産をつくって安らかで楽しい人生を送る見込みだってある。きみの境遇は社会の中くらい、上流ではないがこれは人として幸福に一番近い境遇だ。肉体労働をおこなう人たちの惨めさとつらさ、汗と苦痛から護られ上流の人たちの驕り、贅沢、野心や嫉妬に悩まされることもない。国王のように責任の重い地位に生まれたせいでひどい目に遭っていると嘆き、卑しい人びとと高貴な人びとの中間に身を置くことができたらと願うこともない。中くらいの境遇を選ぶことで、あらゆる面から健全で愉快な暮らしが約束される。」と愛情をこめた口調で考えを改めようとした。しかしロビンソンはほんの三日ほどで決意が鈍り二、三週間後には家を出ることを心にきめていた。そんなある日港町へ遊びに出かけ遊び仲間の一人に誘われ船に乗った。
     ここからロビンソンのさまざまな困難や不運がはじまった。
     自然との戦い、奴隷生活、脱出、異国での生活そして船の難破により無人島に一人流されてしまう。そして自分だけの力で生活をきづいてゆく。この無人島には時々近くの島の住人が上陸していて、住人達はこの無人島で捕虜の処刑や食人をおこなっていた。その捕虜の一人が後々忠実な従僕となったフライディである。
     フライディとともに島で28年間過ごすことになる。ロビンソンは挫折することなく懸命に生きてゆく姿が描かれていた。
     私はこの物語を読んで最初のロビンソンの父の言葉から感心させられることがおおかった。中くらいの境遇、つまり日常的な平凡な生活がどれだけ幸せなことなのかを凄く実感したからだ。だからもっと大切にしていこうと改めて気づかされた作品である。この作品はまた何度も繰り返し読み返して新たな発見をしていきたい。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求