• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2014年
    12月25日

    授業紹介:卒業論文は3年次で完成させます。

     言語芸術学科では、3年次の『言語芸術演習Ⅰ・Ⅱ』において卒業論文を書き上げなければなりません。4年次の『言語芸術研究Ⅰ・Ⅱ』では、その論文の内容をさらになんらかの形にして、外部へ発信することが要求されます。本を出版する、演劇で上演する、電子媒体を使って全世界へ発信する、などが考えられるでしょう。
     そんなわけで、我がゼミ生(2年生)も、のんびり構えているわけにもいきませんから、本年度のゼミの締めくくりとして、先日、卒業論文の中間発表の時間を持ちました。
    presentation.JPG
     各ゼミ生の現在取り組もうとしている題材の一部を紹介いたします(今回はとりあえず、3名)。途中経過ですから、今後方針の変更もあるでしょうけれど。
     
    YSさん 
     漫画『ピーナツ(スヌーピー)』全作品の分析。約50年続いた漫画ですから、読むべき英語の量たるや膨大なものになります。また、単に漫画として捉えるだけでは不十分な分析にもなるでしょう。現に、この漫画のキャラクターの心理学的分析なども存在しますから。登るべき山は大きいです。
     しかし、分析資料が多いというのは、ある意味ラッキーかもしれません。すでに、なんらかのパターンが見えてきているようでした。YSさんによれば、セリフの量や、コマ割りなどに年代的な特徴があるようです。また、作品の中で成長するキャラクターに目を向けると、おもしろいこともありそうです。
     
    MYさん
     夏目漱石の『こころ』の分析。ちょうど100年前に書かれたこの小説に文体論のメスをいれようという試みです。MYさんは現在、語りの問題に興味があるようです。『こころ』には複数の語り手が存在します。このような小説では、ある人物をどのように呼ぶのかを詳細に見ることが、キャラクター同士の心情や場面の理解につながります。
     漱石は英語(特に読み書き)の達人でした。彼の小説には、きっと英語による小説の手法の影響もあるでしょう。MYさんの研究がそういった点にまで広がるといいなと思います。
     
    ANさん
     オスカーワイルドの短編"The Happy Prince" (1888)(『幸福な王子』)を、日本語の訳本と比較しながら、朗読というポイントから分析しようという試みです。英語と日本語では、意味だけでなく、文章のリズム、文章自体が強調している語の配置などが違います。例えば、ニュートラルな場面において、Tom loves Mary.といった場合と、Mary is loved by Tom.と言った場合では、意味上の核が違うので(通常文末の内容語に核があります)二つの文はイコール関係にはありません。ANさんの分析には、こういった音声学の理論も必要になってきますね。
     ANさんは最終的に、原文になるべく近い、読みやすい、また、聴きやすい日本語訳本の制作を試みたいとのこと。がんばりましょう!
    pudding.JPG
    (SKさん手作りのプリンをいただきながらの発表会でした)
     
    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2014年
    12月21日

    授業紹介 Michiyukiゼミ

    みなさんこんにちは、道行ゼミです。
    私たちは主にシェイクスピアについて勉強しています。年内最後の授業でイギリス伝統のアフタヌーンティーをしました。

     
    m seminar.jpg
    手作りの美味しいスコーンやサンドイッチ、可愛いケーキを持ち寄りみんなでわいわいと賑やかな時間を過ごせました。ドレスコードは「イギリスっぽい服装」。

    1人ずつクリスマスやアフタヌーンティーにまつわる豆知識を披露し、英国についての知識を深めることができました。来年のイギリス研修*に向けて英語力の向上、そしてもっともっと英文学の知識を増やさなくては…!みんなで楽しく学んでいきたいです。機会があれば是非またアフタヌーンティーで楽しい時間を過ごしたいです。

    * イギリス研修: 「フィールドワーク海外(実践)」という3年次開講の選択必修科目です。マンチェスターに行きます。最初の10日間はブリティッシュイングリッシュの発音訓練。徹底的な訓練です。次の10日はワーズワース、ブロンテ、シェークスピア、ベアトリクス・ポターなどの作品とその舞台になった土地巡り(文学散歩)、そして最後の5日間はロンドン巡りをします。
    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。


     

    2014年
    12月08日

    授業紹介: 井尻商店街物語 報告

        23日から30日まで公演した「井尻商店街物語PART2」。無事に終了いたしました。のべ108名のお客様に楽しんでいただくことができ、スタッフ、役者一同、大変感謝しています。
     8日間の連続公演をこなした学生たちは一段と成長したと思います。今後もいろいろなイベントを行っていきます。これからも皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
    ijiriphoto.jpg
    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応出来る逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求