• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2014年
    11月28日

    授業紹介 OSMゼミより

     OSMゼミでは、福岡の女性の戦争体験記を集めたとても貴重な本である『あなたにバトン : 戦前・戦中・戦後の福岡の女性たちの体験記』を読んでいます。戦前・戦中・戦後、福岡の一般の日本人女性がどんな体験をしたのか。それを読み、琴線に触れた部分を、実際に音読してもらいました。
    anatani1.JPGanatani4.JPG
     音読するには、内容の理解をきちんとしていなければなりません。現代の女子大生には難しい漢字もありますし、インターネットで調べないと理解できない名詞や地名も出てきます。また、読む内容自体が、普段体験したことのないものですから、戸惑いもありました。みんな頑張ってくれたと思います。

     この試みには、この音声を聴いてくださる方に、当時の福岡の女性がどんな暮らしをしていたのかを知っていただきたいという願いも込められています。今日本は、集団的自衛権の解釈をめぐって、また、憲法9条をめぐって、大きく揺れ動いています。これからの日本を動かしていく若者は、この問題から目をそらすことはできません。まして、将来、自分の子供を産むであろう女性にとっては、今後日本がどのような方向へ進んでいくのかというのは、切実な問題なのです。
     ゼミ生全員今年度選挙権を得ます。この問題を、各ゼミ生がどのようにとらえ、どのような判断をし、選挙に臨むのか?とても楽しみです。

     
    『あなたにバトン』音声no.1 (←クリックすると朗読が聞けます)
     
    この活動をこころよく許可してくださいました井上様をはじめとする『あなたにバトン』編集の皆様に心より感謝いたします。
    書籍名 あなたにバトン : 戦前・戦中・戦後の福岡の女性たちの体験記
    著者    第2次世界大戦前・戦中・戦後の福岡の女性の体験を明日に伝える会
    出版社 第2次世界大戦前・戦中・戦後の福岡の女性の体験を明日に伝える会, 2010
    ページ数 362 ページ
    anatani3.JPGanatani2.JPG
     朗読の待ち時間の間、学生たちには、ネッド上に動画で紹介されている折り紙による財布作りをしてもらいました(iPad miniほんと便利です)。動画の指示通りに実際にやってみる。意外に難しいものです。
     最近大学の授業でSTUDY SKILLSという科目が流行っています。大学とはどんなところか、大学の授業の受け方、メモの取り方、レポートの書き方、などを紹介をする「授業科目」です。良し悪しは別にして、大学のエッセンスをサプリにして一気に飲ませているような感じがしてしっくりきません。昔は、それぞれの授業の中で、先生たちが伝授していったものでしたが・・・4年間、毎日の食事で、きっちりと栄養をつけていくようなイメージですね。
     どちらがいい? 当然、両方でしょうね。ただ、言語芸術学科の教育方針には、後者の方がしっくりきます。
     言語芸術学科のゼミでは、ゼミ自体がSTUDY SKILLSを知ってもらう場。卒業までの二年半、いろんな座学・実践項目を取り入れて、自然に伝えていきたいと思っています。学生には、何が自分の栄養になるのかをみきわめ、それを自分で吸収する力をつけてもらいたいと思います。今回の折り紙も、単に「折り紙で財布を作った」と捉えるか、それ以上の何かを見出すのか。それは彼女たちの思考力にかかっています。
     A word is enough to the wise. 「1を聞いて10を知る」ですね。
     
    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2014年
    11月11日

    授業紹介: 演劇公演案内『井尻商店街物語』

    昨年、言語芸術学科の授業の成果としていじ☆かるstudioで行った『井尻商店街物語』。PART2として今年も行います。

     今回は歌謡曲を中心にお話がすすみます。そして井尻アイドルプロジェクトのhipS Shipさんに協力していただき、現在の井尻商店街の様子をご紹介いたします。
    ijiri.jpg
    脚本・演出:岩井眞實
    出演:言語芸術フィールドワークB履修者
    制作:言語芸術フィールドワークD履修者

    開催日時:
    11月23日(日)11月30日(日)
    23,24,29,30日は14時から(開場は30分前)
    25日から28日   19時30分から(開場は30分前)

    学生前売り500円、当日700円
    一般前売り800円、当日1000円

    お問い合わせ:
    TEL 092-575-5873(福岡女学院大学言語芸術学科事務室)
    電子メール bunkei@fukujo.ac.jp(文屋研究室)

    協力:hipS Ship 
    https://www.facebook.com/hipSShip

    2014年
    11月05日

    写真展に出品

     前期に開講した「言語芸術ワークショップD」にイメージラボ写真教室を主宰されているプロの写真家の方を社会人講師としてお招きし、写真撮影の基礎について教えていただきました。授業中に学生たちが撮影した写真のうち、8人の作品を下記の写真展に出品いたしました
     2日間、プロの写真家のかたに指導を受け、学生たちの写真のスキルは大きくアップ。なかなかの作品に仕上がっています。お時間があるかた、ぜひご覧ください。


    フクオカ フォトフェスティバル2014・韓国交流写真展

      日時:2014年11月11日(火)〜16日(日)
          9:30-17:30(入館は17:00まで)
      場所:福岡市美術館(特別展示室B)

    2014年
    11月04日

    『井尻商店街物語』公演のお知らせ

    昨年、言語芸術学科の授業の成果としていじ☆かるstudioで行った『井尻商店街物語』。PART2として今年も行います。

     今回は歌謡曲を中心にお話がすすみます。そして井尻アイドルプロジェクトのhipS Shipさんに協力していただき、現在の井尻商店街の様子をご紹介いたします。
    ijiri.jpg
    脚本・演出:岩井眞實
    出演:言語芸術フィールドワークB履修者
    制作:言語芸術フィールドワークD履修者

    開催日時:
    11月23日(日)11月30日(日)
    23,24,29,30日は14時から(開場は30分前)
    25日から28日   19時30分から(開場は30分前)

    学生前売り500円、当日700円
    一般前売り800円、当日1000円

    お問い合わせ:
    TEL 092-575-5873(福岡女学院大学言語芸術学科事務室)
    電子メール bunkei@fukujo.ac.jp(文屋研究室)

    協力:hipS Ship 
    https://www.facebook.com/hipSShip

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE