• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2014年
    08月28日

    海外フィールドワーク(実践) 2015年度実施予定地調査報告 1

     言語芸術学科長の上田です。
     8月25日から英国マンチェスターに来ております。来年度から始まる「海外フィールドワーク(実践)」(3年生選択必修科目)の打ち合わせを、こちらの語学学校とするためです。
     言語芸術学科の前身である表現学科が、長い間、語学研修プログラムをこの語学学校で実施してきました。そのプログラムの内容は、単なる外国体験ツアーに「レッツ、スピーク、イングリッシュ!」タイプの授業がくっついたようなものではありません。文化理解や文学探訪をメインにしたかなり奥深く、ユニークな内容のものです。例えば、たった今行われている午前の授業では、産業革命について語られています。午後は、実際に博物館へ行くそうです(ここマンチェスターは、産業革命の地ですからね)。マンチェスターの周りには、湖水地方(「ピーターラビット」のベアトリクス・ポターや詩人のワーズワースなど)、ストラットフォード・アポン・エヴォン(シェークスピア)、などなど有名な地域があります。もちろん、そこへも行きますよ。
     来年度から始まる言語芸術学科のプログラムは、表現学科のこのプログラムを引き継ぎ、さらに、一週間ほどの発音のインテンシブコースを付け加えたものになる予定です。全体で約4週間のプログラムになります。英国人の先生から本場のブリティッシュイングリッシュの発音を学ぶ集中講座です。なんとも魅力的ではありませんか!
    manchester1.jpg
     今回は、とりあえず、学校の外観だけ。
     帰国したら詳しくご報告します!
    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
     

    2014年
    08月26日

    ​速報 第2回言語芸術朗読コンテスト 結果

    速報!!
     第2回言語芸術朗読コンテストが無事に終了しました。
     166名の中から選ばれた11名による激戦でした。結果は次の通りです。
     
    最優秀賞: 大分雄城台高等学校 吉良 奈菜子さん
     優秀賞: 筑紫高等学校    濱田 雄成さん
     観客賞: 筑紫女学園高等学校 細野 阿希さん
     
    おめでとうございました。

     参加された全高校生のみなさんの今後の朗読にとって、このコンテストが少しでも有益な催しとなったことを願っております。
    2014contest1.jpeg
    コンテスト後の審査員への質問の時間。真剣なやりとりが続きました。

     今回は(前年に引き続き)吉竹史アナウンサーとTVQの天野貴子アナウンサーに審査員として参加していただきました。
    2014contest guests.jpeg
    テレビの世界で活躍されている方ならではのアドバイスを拝聴でき、主催側のスタッフにも大変参考になりました。
     
     吉竹さんや天野さんのお話、コンテストの様子などについては、後日(録音スケジュールなどの都合上、9月中くらいになります)、この学科TODAYや言語芸術学科ネットラジオ局などで、詳しくお伝えいたします!
     お楽しみに。


    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2014contest2.jpeg2014contest3.jpeg
    本コンテストは、司会も撮影もお花(凰馨流に所属する学生糸山さん)も、ほとんどすべてが学生によるものです。スタッフの学生さん、おつかれさまでした!

     

    2014年
    08月22日

    インプロゲーム(必修科目)合宿のご報告1

     8月4日〜6日まで、キャンパス内で「インプロゲーム」(言語芸術学科必修科目)の合宿をしました。
    impro2014-1.jpg
     昨年同様、エリザベス・リーホールに布団を敷いて、1年生全員が同一空間に宿泊。また、入浴も近所の銭湯を利用しました。集団生活に慣れてもらうことが、「インプロゲーム」の1つの目的だからです。
    impro2014-2.jpg
    (お風呂上がりの2年生:お手伝い感謝!)
     さらりと書いてしまえばなんてことないこの合宿スタイルですが、昨年はこのやり方に落ち着くまでに関係部署との交渉を何度もしなければなりませんでした。しかし今回は、全く問題なし。昨年の「インプロゲーム」で1期生がきちんとやってくれたからですね。
    さて、昨年の「インプロゲーム」は、創作&劇が中心でしたが、今年は短歌・連句に挑戦!学生にとっては初体験だったわけですが、合宿が終ってみればほとんどの学生がすっかりハマっておりました。それくらい面白かったのです。
    SNFでは、このインプロゲームの報告を3回に分けてお送りします。
     今回は、初日の短歌についてご報告。短歌を指導くださったのは、歌人桜川冴子さん(福岡女学院中学・高校の竹添智美教諭)です。ありがとうございました。
     言語芸術学科ネットラジオ局の1年生による番組『SNF』で、その様子が話されています。どうぞお聞きください。(約21分です)
     
    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2014年
    08月03日

    花畑校区のみなさんとの交流イベント(音声)

     7月13日に行われた交流イベントでは、花畑校区の子どもリーダーさんたちや役員のみなさんに参加していただき、トーク番組を作りました。
     その時の音声をご紹介いたします。(子どもリーダーさんたちの音声の最初に流れるジングルは、当日その場で子どもリーダーさんたちが作ったものです。)
     今回のイベントは、ネットラジオにかかわっている学生にも大変貴重な体験となりました。キャンパスから飛び出してみて本当によかったと思います。
     ご協力いただいた花畑校区のみなさん、ありがとうございました。
     
    Hanahata.png
     
    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE