• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2014年
    02月28日

    言語芸術学科の教育目標について

    言語芸術学科オリジナルブログ に学科の教育目標について完結にまとめられた文章がありますので、引用して紹介させていただきます。

     

    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応出来る逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

     「メロスは全く全力で走っていない」 
     先日、中学2年生が太宰治の『走れメロス』における記述を検証し、メロスの平均移動速度を算出。そして往路は時速3.9キロで走っていたのではないかという結論を導きだし、話題となりました。(「算数・数学の自由研究」作品コンクール(理数教育研究所開催)入賞作品より)
     
     文学作品を理数系の自由研究の題材にするという着眼点はとてもおもしろいですね。本来大学教育は、こういう柔軟な発想ができる人材育成に力を注ぐべきではないでしょうか。とくに文系は。

     言語芸術学科は、言語(日本語・英語)能力と思考力の徹底研磨に教育の焦点を置いています。
     特定のスキル取得のためのカリキュラムにはあえて背を向けている学科です。日進月歩で技術が進歩する社会では、今必要とされているスキルや資格が数年後にも通用するとは限りません。確かな言語能力と柔軟な思考力を備えた人材は、そういう時代の変化に合わせて、必要とされる環境に自ら対応していくでしょう。これはなにも、仕事やキャリア上のことではなく、結婚、出産、子育てなど、人生のあらゆる場面において必要な力(実践力)なのです。

    2014年
    02月23日

    学科カリキュラムについての学生の期待

     以前からご連絡しておりますが、言語芸術学科はネットラジオ局を開局しています。このラジオ局には現在「ラジオドラマ」「NEWS DJ」「F3」「極めつけ航海」という4つの番組があります。これらの番組の内容は教員が指示したものではなく、学生たち自身が考えています。さて今回のNEWS DJでは学生たち自身が2年生になって履修する科目について話をしているので、この内容が学科教員としてはかなり感動するものだったの、ぜひ紹介し、皆様にもお聞きいただきたいと思いました。

     大学の学部や学科のカリキュラムはそれぞれの「学部や学科の特徴」が反映された構成になっています。しかし実際の科目としてはおのおのの独立性が高く、カリキュラム全体の連関性は強くありません。言語芸術学科では学科の内容を検討するプロセスで、所属する教員が連日連夜議論してカリキュラム全体の有機的連関を意識して、それぞれの科目を構築しました。特に必修科目についてはカリキュラム全体の連関性の「かなめ」となる科目を配置し、「学生の好みに関わりなく」、学科カリキュラム全体を活かす科目になっています。学生自身は選択しない科目かもしれません。しかしその科目をきちんと勉強すれば、学科での今後の勉強をいかすことになります。こうした意図を学生たちはきちんと把握していました。
     どこの大学でもそうだと思いますが、大部分の学生は個々の科目の面白さに期待していて、学科のカリキュラム全体に期待するということは少ないと思います。しかし今回の学生たちの話を聞いていると、言語芸術学科の学生たちは個々の科目はもちろんのこと、学科全体のカリキュラムに対して期待していることがわかります。こういう期待は我々教員にとって大きなプレッシャーになりますが、それでも我々は学生の期待に応えられるようにしっかり準備します。

    http://net-radio-fj.seesaa.net/article/389396900.html

    <言語芸術学科の内容紹介>
     言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応出来る逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2014年
    02月09日

    iPad miniを使った教育が雑誌に!

     すでに紹介しているように言語芸術学科ではiPad miniを学生全員に配布して、さまざまな場面で活用しています。資料収集、教材、リポート作成、そして教員とのコミュニケーションなどです。そうした教育の取り組みがMac isLandというIT関連の雑誌に掲載されました。
     すでに多くの大学ではタブレット端末を使った教育が実践されていますが、すべてが成功しているわけではありません。福岡女学院大学ではすでに10年以上前から情報端末を利用した教育について準備を進めてきました。その成果が言語芸術学科での教育です。そうした試みが少しだけですが、業界で注目されはじめているという記事です。

    mac_island.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE