• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2013年
    01月31日

    「百読百鑑」レビュー 『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.ローリング by えりな

     

    ある日、ハリーポッターという男の赤ちゃんがダーズリー家に引き取られた。そしてその家で雑用させられながらひっそりと暮らしていた。ハリーは自分の両親が交通事故で亡くなったと聞かされていた。しかし実際は、ハリーの両親は魔法使いであり、悪の魔法使いヴォルデモートに殺されたのである。
     
    ハリーの身の回りでは多くの不思議な出来事が起こっていたのだが、それはハリーが魔法使いの血を受け継いでいるために生じた出来事だったのだ。ヴォルデモートは、両親と一緒にハリーも殺そうとしたのだが、魔法が跳ね返りヴォルデモートは肉体が滅びてしまう。ハリーはヴォルデモートから唯一生き延び、「生き残った男の子」として魔法界で有名になる。
     
    11歳になったハリーは魔法魔術学校に入学する。ハリーはグリフィンドール寮に入り、ロン・ウィーズリやハーマイオニー・グレンジャーと仲を深めていく。
     
    そして三人は学校の中に隠された重大な秘密へと迫っていくことになる。秘密について三人はスネイプの不可解な行動から彼が何かを知っているのではないかと疑っていた。だか、ハグリッドに掛け合っても全く相手にもされなかった。しかし三人はハグリッドがつい口にしてしまったニコラス・フラメルが謎の解明につながるのではないかと疑い、彼について調べだす。そしてフラメルはダンブルドアの友人だったことと、錬金術師で賢者の石を作り出した人だったとこと知る。賢者の石こそ学校に隠された重大な秘密であり、スネイプはこの石を狙っていると三人は確信した。ハリーたちはマクゴナガルにその事を知らせようとしたが全く相手にしてもらえない。さらにダンブルドアが緊急で魔法省に呼び出されて不在だった。三人はダンブルドアがいないこの機会を、スネイプが狙っていると確信する。そしてハリーたち三人はスネイプを追って三頭犬の下にある部屋へと入っていく。そうして辿りついた最後の部屋で待っていたのはスネイプではなく、クィレルだった。ヴォルデモートはクィレルの肉体を借りて生き延びていたのだった。クィレルはみぞの鏡を使って石を見つけようとしたが出来なかった。そこで、ヴォルデモートはハリーを鏡の前に立たせた。すると鏡の前には、ポケットの中に賢者の石を持っている自分の姿が映されていた。それを知ったクィレルはハリーから石を奪おうとするが、リリー・ポッターの魔法によりクィレルは焼死してしまう。再び肉体がなくなったヴォルデモートは、逃げてしまった。
     
    気絶していたハリーは目を覚ますと保健室にいた。そこでダンブルドアが現れ、こう言った。賢者の石は使おうとする者ではなく見つけようとする者の所に現れる。そして、ダンブルドアとフラメルは話し合って賢者の石を壊してしまった。
     
    学年末のパーティで四位と最下位だったグリフィンドール寮だったが、秘密をめぐる一連の事件での活躍により、ロンとハーマイオニーは五十点、ハリーは六十点を獲得する。その結果、一位だったスリザリンと並んだ。そしてここで、ネビル・ロングボトムの勇気ある行動により十点追加され、グリフィンドール寮は見事に優勝した。
     
    私はこの話を読み、実際の世界では起こらない事が起こってドキドキしながら続きが気になり、ワクワクして読んだ。また読んでいくうちに先が気になって本を読む時間が楽しくなった。

    2013年
    01月28日

    「百読百鑑」レビュー 『点と線』松本清張   by 黒まり

     

    「点と線」は多くの賞を受賞する作家“松本清張”の推理小説としては処女長編にあたる作品である。社会派推理小説とよばれ、推理小説のブームをまきおこした作品でもある。

     安田辰郎は東京にある料亭「小雪」の常連である。ある日、安田は料亭の女中2人を食事に誘い、その後に東京駅まで見送ってもらった際にある人物を見た。それは料亭で安田の係りをしているお時であった。お時は若い男性と話しながら九州の博多行の特急に乗り込んでいった。その数日後、お時は若い男・佐山憲一と香椎の海岸で死体となって発見された。2人は情死と思われた。だが、博多のベテラン刑事・鳥飼重太郎はこれを事件と考え、1人で捜査をすることにした。一方、佐山は社会をにぎわしている汚職事件の関係者であった。そしてその事件を追っていた本庁の刑事・三原紀一は九州に出向き鳥飼に出会う。2人は安田を殺人の容疑者として追及した。しかし、安田には完璧なアリバイ があった。三原はアリバイを崩すべく自らの足で捜査を始めるのであった。

     この作品で印象的なのは何と言っても“アリバイ崩し”である。アリバイという壁に亀裂が入ったかと思うとまた次の証拠が出てきて振出しに戻るという事の繰り返し。よく計算されている。特に列車の時刻表を使ったトリックはとても面白い。汽車の出入りする駅のホームでの見えるはずのない汽車が4分間だけ見ることができるという所などよく考え込まれている。また舞台が北海道から九州まで広いことが安田のアリバイを崩すのを困難にする要因の一つになっている。事件が起きたのは福岡。安田は北海道に行っていた。これには三原も読者も混乱させられる。そして、三原の視点で進んでいく話では、安田のみ注目しているため読者は安田が犯人にしか見えない。だが、完璧すぎるアリバイの前では安田は白にしか思えない。

    公共交通を使ったトリック。崩せないアリバイ。意外な犯人たちの関係。

    推理小説好きの人もそうでない人もぜひとも読んでもらいたい作品である。

    2013年
    01月26日

    「百読百鑑」レビュー 『たけくらべ』 樋口一葉 by たお

     

    登場人物は美登利、正太郎、信如、長吉の四人。物語の舞台は吉原周辺という特殊な環境。この特殊な環境のなかで思春期の四人が成長していく姿が描かれている。
     
    八月十八日の氏神・千束神社の祭りの日。吉原周辺の 子どもたちが大人たちの真似をしようと、揃いの浴衣に手を通している。「横町組」の大将は、鳶職の親方の息子の長吉。その長吉率いる横町組の敵は、表町に住む金持ちの田中屋の正太郎だ。どうしても正太郎の事が気に入らない長吉は学校で一番頭の良い信如のもとへ。自らを弱いという信如だが、長吉はそれでもいいと信如を仲間にした。
     
    長吉たちの横町組には三五郎という皆が認める面白いやつがいた。しかし三五郎にとって長吉たちの敵である田中屋の正太郎は、親子共々恩を受けており、命の綱のような存在であった。
     
    そんなある日、正太郎が三五郎を表町に遊びにこいと誘う。それがことの発端となり、長吉は三五郎のことを二股野郎と言い殴りかかり、長吉をはじめ横町組は三五郎を袋叩きにした。その時三五郎と一緒に居た美登利は長吉たち横町組に対して何もできない自分をもどかしく思うと同時に、長吉たちに三五郎を攻めるよう命令したであろう信如に対して幻滅したのであった。
     
    その後、信如が姉の店のへ届け物をする時に信如の下駄の鼻緒が美登利のいる大黒屋の前で切れてしまう。美登利は自分の気持ちを信如にぶつけるが、鼻緒が切れて困っている信如を見捨てることが出来ずに布切れを置いてその場を去る。そこに長吉が通りかかり、自分の下駄と信如の下駄を交換してやると言う。長吉は戸惑う信如に対し、自分たちは仲間じゃないかと伝える。
     
    月日が経ち、美登利はいっそう美しくなるが、初潮を むかえた美登利は以前のような生意気さが無くなり、吉原の人々は面白い子を駄目にしたと言った。
     
    私がこの作品の中で惹かれたところは、乱暴者の長吉が信如のことを本当に「仲間」として考え、困っている仲間に手を差し伸べるのは当たり前のことというのを信如に伝えるところである。前半を読んでいた時は長吉が人を利用していて「仲間」という言葉を上辺だけで使っていると思っていたが、予想外のところで長吉の強い仲間意識をあらわしていて驚いた。また、四人の心情の変化がとても細かく描かれており思春期の少年や少女が成長していく様子を読み取ることができた。

    2013年
    01月24日

    「百読百鑑」レビュー 『銀の匙』中勘助 by メイ

    この本は夏目漱石が「きれいだ、描写が細かく、独創がある」と称賛した中勘助の珠玉の名作である。主人公は書斎の本箱の引出しにしまってある小箱から銀の小匙を取り出した。この小匙は体が弱かった主人公の小さな口に薬を含ませるため、伯母が特別に探してきた匙である。体も弱く知恵の発達も遅れた人見知りの臆病な主人公は、医者の勧めで神田から空気の良い小石川に引っ越した。主人公は小石川で、伯母さんが連れてきた同い年の女の子と遊んでいるうち、様々な刺激を受けて知恵がつき体力も増した。

     
    日清戦争が始まり大和魂礼賛の風潮が広がった。しかしこれに対して主人公は、先生や兄から押し付けられる教育に反抗的な態度をとるようになる。そのころお寺の女の子と仲良くなって自由に寺に出入りし、気のいい貞ちゃんを先生にして凧揚げや蝉取りをして遊んだ。やがて主人公は中学に進学したが、貞ちゃんは奉公に出たため二人は離れ離れになる。
     
    あるとき母代りだった伯母を久しぶりに訪ねると目も耳も不自由になっていた。主人公は痩せこけた伯母を、これが見納めだという気持で眺めた。翌年の夏休み、伯母と同郷の花売りのお婆さんにお世話になりながら友人の別荘に一人で滞在した。その友に嫁いだ姉さまがその別荘に立ち寄って幾日か一緒に過ごす。その間主人公はなるべく顔を合わせないようにして、別れの挨拶も聞こえないふりをして黙っていた。どうして一言も挨拶をしなかったのだろう。肌の冷えるまで花壇に立ち尽くして、月が山の向こうからさしかかるころになってようやく部屋に帰った。そして、姉さまが置いて行った水蜜桃を手の平で包むように唇に当て、甘い匂いをかいだ。
     
    表現が非常に細かく、その場の雰囲気を想像しやすい。また、主人公の成長の様子がわかりやすく、成長を見守りたい気持ちになる。主人公の名前はなく、「私」で描かれた、少年の自伝的小説になっている。

    2013年
    01月23日

    「百読百鑑」レビュー 『銀河鉄道の夜』宮沢賢治 byチャーシュー小力

    宮沢賢治の童話作品。宮沢賢治童話の代表作の一つとされている。これまで数度にわたり映画化やアニメーション化、劇場化された他、プラネタリウム番組も作られている。

    貧しい家に生まれ、かつては仲がよかったカムパネルラとも距離が遠くなり寂しく孤独な生活を送っていたジョバンニ。そんなジョバンニは銀河のお祭りで一枚 の切符を手に入れる。一人で星空を眺めていた時、ジョバンニは空に何かが流れたかと思うと、眩しい光に包まれた。気がつくと銀河ステーションに立ってい て、目の前には汽車があった。そこからジョバンニとカムパネルラの不思議な旅が始まる。 旅の中では、化石を発掘し、昔存在した植物や動物を証明するために動いている人たちがいる場面、過去に起きた事件や出来事に関わる人々が次々に現れる場 面、またその人々が自分の天国で汽車を降りていく場面などがあるが、一つ一つどの場面を取っても宮沢賢治独特の発想と想像が詰まっている。また、比喩や擬 態語などの使い方がとても上手く、綺麗な言葉たちが、共に私たちを旅へ連れていってくれるような、そんな作品である。

    その中でも、ジョバンニが汽車を降りずに現実の町に戻ってこられたことが私にはとても感慨深く、不思議であった。私はそこで、お祭りの後川に遊びに行き、 そこで溺れかけていたカムパネルラがお別れと本当の気持ちをジョバンニに伝えるために一緒に旅へ連れて行ったのだと思う。また、その中でジョバンニがカム パネルラに一度渡した切符をカムパネルラが返すことで、ジョバンニを孤独から助けたのだとも思う。

    私はこの本を読んで、友情の素晴らしさを学び、常に相手の立場や気持ちを考えるようになった。この本は読者それぞれの世界観を広げてくれるに違いない。いつか私に子どもができたら、この作品の中へ連れて行ってあげたいと思う。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求