• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2015年
    11月03日

    体験!実践! ホグワーツ魔法魔術学校入学!

       言語芸術ワークショップ・フィールドワークのC・Gでは広島・尾道・鳴門・大阪、各地の実地研修を目指して学習と研究を重ねていきます。広島では平和学習、尾道では映画と文学の世界、鳴門では西洋美術の奥深さ、そして最終研修地の大阪ではUSJ・ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターを「必要以上に」楽しむために学びます。
     0001.JPG
      受講生、いや新入生の皆さんは写真にあるように、組み分け帽子により各学寮(教室は一緒です。いわばチーム学習です)にて学びます。その内容はハリー・ポッターの世界に関する多くのテーマの研究です。
      毎回必ず行われるのは「闇の魔術に対する防衛術」、つまり「善い」呪文の学習と取得、そして実践です。その多くは古代から中世、そして現代も学術言語として用いられているラテン語に由来しています。セブルス大島先生の指導により、毎回ラテン語を学び、派生語の英語ボキャブラリーを増しつつ、「必要以上に」魔法の世界を楽しみます。
     IMG_0649.jpg     IMG_0638.JPG
      
      上の写真はその最初。まずはエクスペリアームス、武器よさらば!です。
      その後はルーモス、光よ!です。
      どうすれば実践になるのか? こればかりはワークショップの秘訣ですのでお教えできませんが、興味のある方はぜひ言語芸術学科の様々な情報に是非ご注目ください。
     
    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。
    学科関係リンク: 学科の様子は以下のFACEBOOKやブログで詳しく知ることが出来ます。
    言語芸術学科FACEBOOK 学科の活動などが紹介されています。週に5回程度更新されています。
    言語芸術学科ネットラジオ局 学生が授業外で行っている活動の1つです。学生の作った音声番組などが配信されています。週2回程度更新されています。

    2015年
    08月07日

    古風なようで新しい ー短歌・インプロゲーム第二弾ー

       短歌と連句に取り組んだ新一年生の皆さん。歌人の先生方からも良い評価を頂戴しました。

       まずはそれぞれ、短歌を二句つくりました。そしてそのままでお終いではなく、お互いに評価。これも言語芸術学科でこその教育プログラム、インプロヴィゼーションの効果を学び、確認する内容です。

      写真はその場面です。青と黄色の色紙を手にしています。
      二句からどちらが良かったと思うかと、みんなで判定しているところです。多数決というのではありません。プロの歌人の先生からのコメントから、少数派でも優れたものが選ばれます。

      その短歌の一例を紹介しましょう。

      「君がふと月がほしいとつぶやいた  さらば飛び乗れ銀河鉄道」
      「密室であなたが綴る言の葉は  私の心つらぬく弾丸」
     
      「夕闇の迫る群青急く君に  投げた絵の具の色も知らずに」
      「シマメノウ幾重にも重なる色の川  何千年の大地の夢か」
     
      「君がいるただそれだけで輝くの  私の毎日色鮮やかに」
      「浴衣着て電車で向かう君のもと  胸の苦しみおさえながらも」

      iPad miniを駆使しつつ、古風なようで新しい言語芸術の営みです。


    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2015年
    08月06日

    言語芸術学科 ーインプロゲーム開催ー

      2015年度人文学部言語芸術学科1年生必修の授業、インプロゲームが8月4日(火)から行なわれています。学校に2泊3日宿泊し、インプロヴィゼーション(即興)として今年もクラスに分かれて連句に挑みました。仲間の句を受けて、互いによりよい言葉のつながりを生み出していく、言語芸術学科ならではの授業です。歌人の先生方の丁寧な指導をいただきつつ、ほとんどの学生が初めてのチャレンジをしました。全員学科ポロシャツに身を包みながら、季節を、恋をうたいました。
      どんな歌が生まれたのか?
      日を改めてご紹介申し上げます。

    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2014年
    03月06日

    学生と作る英語発音テキスト

     言語芸術学科の特徴として、教員スタッフと学生の共同作業が多いことがあげられます。演劇公演にせよ、ネットラジオにせよ、映画ロケにせよ、常に教員と学生の両輪(コラボ)で動いています。英語教育にもこの図式があり、現在、学科の英語担当教員と学生の共同作業で、英語発音に関するテキスト作りがすすんでいます。ごく一般的な日本の英語教育を中学・高校で受けて来た学生の発音を、矯正してゆき、その過程を音声ファイルでネット上にアップするというものです。協力してくれる学生は教員が組み立てた指導計画に基づき、実際に発音指導を受けます。指導するのは、福岡女学院短期大学部学部長の上原敬司先生(学部学科を超えてコラボ)です。先生は、英語朗読コンテストで日本一の方です。指導者としてはこれ以上の方はいませんね。
     今回、その指導の様子の一部を音声で紹介いたします。

    音声サンプル

     言語芸術学科は、英語教育に力を注いでいます。英語教職コースが設定されている学科です。
     学科が目ざす学生の英語力というのは、辞書さえ片手にあれば、英文学を鑑賞したりビジネス文書を読むことができる、また、インターネットなどにおける英語情報を理解できる、という英語力です。それには、基礎から鍛えなおすことが必要で、そのために、授業外活動として「言語芸術寺子屋」という時間が設定されています。
     ところで、言語芸術学科の英語教育で特筆すべきは、発音の徹底指導でしょう。一年次前期・後期を通じて、発音の授業が必修科目として設定されています(合計2700分)。言葉はまず音からです。自分の発音を磨くことで、英語リスニング力もついてきます。
     言語芸術学科の学生は、3年次に国内フィールドワークか海外フィールドワーク(選択必修科目)のどちらかを選択しなければなりません。後者を選択する学生は、英国での研修中、英国人による英語発音の徹底指導を受けます。そして、研修最終日に多くの英語ネイティブスピーカーの前で、英語朗読をします。
     最近は数多くの語学研修プランが存在しますが、本場の英語話者による徹底した発音指導が組み込まれているカリキュラムはとてもめずらしいものだと思います。もちろん、海外での研修カリキュラムも、英国の先生にまかせっきりのものではありません。現在現地と2015年度のフィールドワークに向けて、入念に連絡を取り合いながらカリキュラムの用意をしています。

    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応出来る逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2014年
    01月24日

    学生の活動 ドラマのロケ撮影

    IMG_0047.JPG 

     

    本日は学内でドラマのロケ撮影が行われました。言語芸術学科の学生5人がエキストラで参加。高校の運動部という設定で、出演者の後ろで体操をしているのですが・・・・。少し遠くてわかりにくいかもしれませんが、実は・・ハートマークをつくっています。

     でもこれが難しい!! 監督さん、助監督さん、メークさん、アシスタントさん、そして・・・カメラマンさんまでもが学生に演技指導です。
     言語芸術学科では「現場」での体験を重視します。3年生になるとフィールドワークとして国内外で活動。4年生になるとさまざまな形で社会に何かを発信することになっています。
     今回はドラマ撮影の現場ですが、昨年は映画撮影や演劇公演の現場も体験しています。
     
     今日、撮影したドラマについては後日、またご報告いたします。
     
     この写真はドラマのプロデューサーに撮影していただきました。さすが!
     
    (bunkei)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE