• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2018年
    05月28日

    授業紹介:美術館・博物館フィールドワーク

     言語芸術学科生が2年次から履修できる「美術館・博物館フィールドワーク」は、福岡のミュージアムを1つ選んで予備学習をし、実際に展示を見て、学ぶ授業です。
     今はその事前学習として、福岡県内にある美術館・博物館の特徴や見どころを、7つのグループに分かれて発表しています。
     取り上げたのは、福岡市博物館、福岡県立美術館、福岡市動物園、福岡アジア美術館、博多の食と文化の博物館ハクハク、北九州市漫画ミュージアム、松永文庫の7つです。(写真は福岡市博物館)
     
    福岡市博物館
     
     いつどのように出来たか、誰が運営しているかなどの基礎的情報に加え、これから開催されるオススメ特別展の紹介や実際に行ってみた学生たちの体験レポートなど、発表の仕方も様々。授業を担当する私も今年度福岡に引っ越してきたばかりですが、どの場所も魅力的で、様々な工夫を凝らして運営されていることを改めて感じました。
     この授業は、ただ博物館や美術館を楽しむだけではありません。運営に際しての課題や昨今のミュージアムをめぐる動きなども視野に入れながら、美術館・博物館の裏側、つまり見えない部分について学びます。それは物語の裏のメッセージを読み解く、言語芸術の学びとも通い合うものです。
     さて、後半からは1つのミュージアムに焦点をあて、フィールドワークにむけての学びが始まります。実習の様子については、追って報告いたします。

    2014年
    05月05日

    高校生対象の朗読ワークショップ詳細

    先日お知らせした高校生対象の朗読ワークショップの詳細です。
    ワークショップの指導に当たるA Nさんが、言語芸術学科ネット・ラジオ局の番組『F3(エフスリー)』のインタビューの中で、当日のワークショップの内容を詳しく説明しています。

    朗読ワークショップ詳細


    ↓ どうぞダウンロードしてお使いください。
    朗読WS.pdf

    6月28日(土)、高校生対象の朗読ワークショップを開催いたします。
    朗読による表現をテーマに、朗読について一緒に考えていこうというものです。ワークショップは2部構成となっています。
    第2部では、実際にコンテストの形式をとり、参加者と審査員の立場から体験していただきます。
    朗読に興味のある高校生のみなさん、どうぞご参加ください。観覧でしたら一般の方も参加できます。
    (ただし、ワークショップ参加者については、人数の関係で、こちらで参加者の調整をする場合もありますので、ご了承ください。)

    日時: 6月28日(土) 13:30より
    場所:福岡女学院大学 421教室および422教室
    主催:言語芸術学科
    後援:福岡市教育委員会
    指導:A N(第30回NHK全国大学放送コンテスト朗読部門優勝者)
    企画・運営:言語芸術学科2年生

    なお、参加には申し込みが必要です。
    【申し込み締切: 5月30日(金)】
    参加希望の方は、福岡女学院大学言語芸術学科 092-575-5873 までお問い合わせください。

    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2014年
    04月27日

    朗読ワークショップ(高校生対象)

     高校生対象の朗読ワークショップを開催いたします。
     朗読による表現をテーマに、朗読について一緒に考えていこうというものです。ワークショップは2部構成となっています。
     第2部では、実際にコンテストの形式をとり、参加者と審査員の立場から体験していただきます。
     朗読に興味のある高校生のみなさん、どうぞご参加ください。観覧でしたら一般の方も参加できます。
    (ただし、ワークショップ参加者については、人数の関係で、こちらで参加者の調整をする場合もありますので、ご了承ください。)

    日時: 6月28日(土) 13:30より
    場所:福岡女学院大学 421教室および422教室
    主催:言語芸術学科
    後援:福岡市教育委員会
    指導:A N(第30回NHK全国大学放送コンテスト朗読部門優勝者)
    企画・運営: A N、N I、K E、M F、M Y (言語芸術学科2年)

    なお、参加には申し込みが必要です。
    【申し込み締切: 5月30日(金)】
    参加希望の方は、福岡女学院大学言語芸術学科 092-575-5873 までお問い合わせください。


    WS.jpg


    言語芸術学科は、言語芸術作品(文学や映画)を【教材】として使いながら、言語(日本語・英語)能力と思考力を徹底的に鍛え、何事にも臨機応変に対応できる逞しい人材を育てることを【教育目標】においているリベラルアーツ系の学科です。【教材】と【教育目標】をリンクさせる【教育手段】として、フィールドワークなどの実践科目を豊富に備えています。

    2014年
    04月06日

    志賀島での宿泊研修

    DSC00184.JPGDSC00188.JPGDSC00198.JPG

     言語芸術学科の宿泊研修は2泊3日国民休暇村志賀島で実施しました。この研修は「大学生になったのだから、こういう心構えが必要です」というようなたんなるオリエンテーションではなく、「言語芸術学科の学生は、こういう授業をうけて、こういう風に勉強します」という学科の授業を先取りした内容になっています。
     日常生活から切り離され、電話も途切れがちな場所で、初日から身体を使ってみっちり運動をし、そして疲れ果てるまで脳を回転させます。そして温泉に入ってリフレッシュ。先輩たちに助けられながら、同級生たちと一緒に課題を解決するために共同作業を行う体験をします。こうして自然のなかで3日間、新入生たちはみっちり研修を体験しました。

    2013年
    11月10日

    「井尻商店街物語」千秋楽

     9日間におよぶロングラン公演「井尻商店街物語」(伏見武 脚本・演出)、無事に千秋楽をむかえることができました。期間中、教職員の皆様、学生の保護者の方々にご来場いただき、大変感謝しております。学生たちは大学の講義、課題をこなしながらの公演で、大変だったと思います。多くの方々にご迷惑をおかけしたことをここでお詫びいたします。
     学生たちはこの2ヶ月、この公演に打ち込んできました。そして大きく成長したと思います。この経験を糧にして、これからもがんばっていくと思いますので、暖かく見守ってくださるようにお願いいたします。DSCN0898.JPG

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE